2018年06月01日

文殊山#26(大村コース)

5月27日(日) はれ

半年ぶりの文殊山。
二上駐車場に行ってみるも満車。駐車場が空くのを待っているクルマもあるという・・・待つのが大嫌いな僕は大村コースへ変更。SKKSになってもやっぱりせっかちなのは治らない。タバコはやめることができても(まだ禁煙治療中であり禁煙に成功したわけじゃないけどな)性格というのはそう簡単に変えられるものではないのだw

大村コースは実に5年振り。

s-IMG_6053.jpg

s-IMG_6054.jpg s-IMG_6055.jpg

ツチノコ坂(笑)を登り,

s-IMG_6057.jpg

s-IMG_6059.jpg

s-IMG_6063.jpg s-IMG_6064.jpg
四等三角点 西袋(204.50m)

三角点を通過してしばらくすると二上コースと合流。
ここからはお馴染みの慣れ親しんだ道。

s-IMG_6071.jpg s-IMG_6072.jpg

s-IMG_6073.jpg s-IMG_6078.jpg

s-IMG_6074.jpg

軽く息が上がった感じで山頂(366m)に到着。

けっこう自分としては負荷をかけて頑張って歩いたつもりだったのだが登りは43分。
5年前に登ったときは文殊霊水に立ち寄って42分とあったが,まあこんなもんだろ。

s-IMG_6076.jpg

残念ながら春霞。
春霞恋絵巻です(←あ,みんな知ってると思うけど石川秀美の迷曲のタイトルね!)

s-IMG_6075.jpg

肉眼ではうっすらと白山も拝めたのだけれど写真機ではその姿を捉えるのはムリ。

s-IMG_6077.jpg

新聞記事にもあったとおり,文殊山本堂再建のため寄付金を募っている。僕も被害に遭ってから何度か登ったときには小銭の処理もかねてほんのわずかな金額を入れている。

文殊山本堂半壊、再建へ支援の輪 登山愛好家やランナーが募金箱(福井新聞ONLINE )

shinbun.gif

この記事で一番驚いたのは再建費用が数千万円というところ。えーっ!って千原ジュニアの物まねしちゃいましたよ(いやできないんだけど)。そんなにかかるのか・・・まずはこの予算を見直すことから始めないといけないんじゃなかろうか。ていうか掲示されていた文書には

s-IMG_6098.jpg

再建のメドについては
@再建場所は元の位置か,風を少しでも避けれる位置にするのか
A本堂一帯は埋蔵文化財の包含地になっており文化財保護法が適応されるため,より検討が必要
B先立つものがある程度見通せる段階
 でメドをお示ししたいと考えています。
なお,予算総額は決めておりません。それなりの額に応じたお堂を考えております。
  文殊山・楞厳寺住職


とあり,この記事の数千万円という数値がどこから出てきたものなのか分からないわけなんだが。加計文書とおんなじで伝聞の伝聞じゃあ困るんだよなあ。

水を飲んですぐ引き返すことにする。
気持ちが乗ってきたら奥の院まで行こうかしらん,などと考えていたのですが残念ながらテンションは下がり気味。体力的にはまだ余裕があったんだけど・・・

s-IMG_6092.jpg

s-IMG_6086.jpg

s-IMG_6097.jpg

s-IMG_6099.jpg

無事下山。
本堂再建にはいろんな困難があるようですがなんとか・・・


登り:43分
下り:33分
獲得標高:340m
歩数:5030+4234歩
消費カロリー:431+244kcal



s-Screenshot_20180527-161952.jpg s-Screenshot_20180527-162006.jpg
fitibitによる,登り(左)と下り(右)の計測データ


posted by poptrip at 23:00 | Comment(0) | 文殊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: