2018年07月09日

deuter spider25というデイパックを購入してしまったわけだ

ソロでの2000mあるいは3000m級の登山はもうあきらめた。
もうそれだけの情熱がないから。日本100名山のうち半分の50は踏破したいなあと淡い希望を抱いていたのだけれどもうそれは叶わぬ夢。情熱を失った理由はもちろんSKKS(心筋梗塞)に発症したこと。
死にかけたわけで,生に対する執着心みたいなものが多少芽生えた気がする(少なくとも子供たちが大学を卒業するまでは大過なく生き抜く必要がある)。登山は楽しい。達成感は半端ない。ただ,ソロでの山行は正直言ってリスクが高い(病気を抱えていなくても)。白山で滑落したこともある。
リスクを負ってまでソロで登山をする意味があるのだろうかと考えてみると,残念ながら今の僕の状態では否である。万が一,高山でSKKSが再発したときのことを考えると正直ブルーになる。これ以上会社に迷惑をかけることもできない。

なので今はソロでは,携帯の電波がバリ3(←死語)である里山にしか登っていない。
その場合は,フランスの老舗メーカーであるMILLET(ミレー)のデイパック(プラロ14とかいう超ミニサイズ)で充分。またこのデイパックはテツを楽しむときや街歩きにも重宝している。



ただ,この14Lのデイパックはノートパソコンが入らないのよね。ほかにもやはり収納があまりにも少なすぎて,もうちょっと大きめのデイパックが欲しいなあと思っていたところ,とあるルートで入手したのが10,000円の商品券。渡りに船。僕はヒマラヤのザック売り場へ。

父親からもらったTATONKAというブランドの30Lくらいのザックを使用しているんだけど・・・正直かっこ悪いんすよ。古いモデルだからいろいろと使い勝手もよくないし。

僕の登山に対する知識は25年前からほとんど変化していない(あるいは退化しているw)ため,未だに憧れのザックといったらMILLET一択なのだが,10,000円でMILLETは正直厳しい。それにヒマラヤに実店舗は品ぞろえがイマイチで選択の余地がほとんどない。10,000円+αで買えるデイパック(30L前後)を物色すると,deuter(ドイター)のspider25というやつが目を引いた。税込み10,260円とある。予算ぴったりじゃないか。容量が25Lというのがちょっぴりアレなんだけど小屋泊2泊3日の山行なら25Lでも行ける自信はある。ノートパソコンも収納できるしドイターは評判も悪くない。これにしよう!!即決である。

レジに持っていくと,「あ,これバーゲンで値引きされてますね。7,182円になります。」「えっ。マジ?」「端数はPontaのポイントが使用できますが」「お願いします」と7,000円分の商品券とPontaカードを差し出す。



いやいい買い物だった。棚から牡丹餅。これはいい。

一旦家に帰って余った3,000円の商品券の使い道を考える。
ヨメにプレゼントするというのは最終手段(笑)
何も買うものが思いつかなかったら,ゴキゲンを取るために。

そして一週間後。

余った3,000円の商品券で登山用のTシャツを買おうと再びヒマラヤへ。しかしヒマラヤには登山用ブランドの選択肢が少なくコロンビアのものくらいしか置いていない。ので,



アンダーアーマーの速乾Tシャツを購入。税込み3,024円だったのでまた24円はPontaのポイントを使用。

うん,いい買い物だったよ。
3,000円もするTシャツなんて最近買ったことないもんな。
大事に使いたい・・と思うわけです。

もちろん山でも使いたいね。



【山登り雑記の最新記事】
posted by poptrip at 19:45 | Comment(4) | 山登り雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたくしもドイターを使っております。
airstripesシステムが気に入って購入しました。
まあ通勤用なんですけどね。(^_^;)
Posted by ささじ at 2018年07月10日 21:04
>ささじさん

おおっ!お仲間でしたか。

僕ももっぱら平地用です(いまのところw)
そのうち・・・これでアルプスに・・・行くのかな。自分でも全く今後の展開が予想できないのでございます(笑)
Posted by poptrip at 2018年07月10日 23:32
コレ着てアレ担いでいたら、popさんだと思いますw
Posted by nipper at 2018年07月13日 08:24
>nipperさん

コレ着てアレ担いでる別人はたぶん日本中をさがせば僕のほかに2人くらいはいると思うので気を付けてください(笑)
コレ着てアレ担いでるイケメンなら僕で間違いないです(ウソ)
Posted by poptrip at 2018年07月13日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: