2018年10月31日

読書日記 2018年8月〜10月


片思い/東野圭吾

性同一性障害を扱ったミステリー。面白かったです。ちょっと強引なところもあるけれど。旅行中ヒマに任せて2度も読んじゃいました。
「秘密」>>「片思い」>「手紙」って感じっすか。



太陽のパスタ 豆のスープ/宮下奈都

この本の著者紹介の項を読むと「懸命に生きる普通の人たちの輝きを瑞々しい文章で丹念に描き出した作品が支持され」云々と書かれており,ああそうだ。僕が彼女の作品を読んで感じるのはまさにそれだと。そういうことを書けない僕はホントに読書感想文が苦手なのよね。この作品も普通のOLが主人公のそういう作品。まあまあだったかな。
偶然だけどこの作品にも性同一性障害の子が出てくるのよね(主人公ではないけどいい味だしてます)。



東北新幹線殺人事件/西村京太郎

十津川警部・・・なつかしすぎる。中高生のころいっぱい読んだんだよなあ西村京太郎。ただ当時と違うのは現在の僕はテツにハマってるってこと。鉄道に関する記述が面白すぎ(笑)
ストーリーよりも東北新幹線のことぼろくそに書いてるのが笑えるわ。1984年刊行ということでまだ国鉄時代です。防犯カメラやスマホがある現代ではもうこんな犯行は成り立たないよなあ。



十津川警部さらば越前海岸/西村京太郎

・・・暇つぶしにはいいかな。いや時間の無駄だったような気もするわ。




日本の鉄道乗り換え・乗り継ぎの達人/所澤秀樹

僕のハマった鉄道本「鉄道会社はややこしい」と同じ方が書いた本。そこそこ面白かったかな。



s-82.jpg
「時刻表」はこうしてつくられる/時刻表編集部OB編著

ちょっと説明が分かりずらいかなあ・・・もっと写真とか図があるとよかったと思うんだけど。


s-IMG_20181001_0001.jpg
北陸政界2018秋季号/

ま,いつものとおりの内容。
安定の北陸政界(笑)




果つる底なき/池井戸潤

江戸川乱歩賞受賞作品だそうです。まだストーリーも文章も粗削りですね。




人体 失敗の進化史/遠藤秀紀

非常に興味深い本でした。
進化というのは本当に不思議なものです。




夢幻花/東野圭吾

東野圭吾としては・・・並の作品かな。でも続きを読みたがらせるテクニックは相変わらずで深夜まで読書に耽ってしまったわけで。罪な男だよ,東野さんは。



posted by poptrip at 19:30 | Comment(2) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもと違う人にピアノの調律をしてもらった後、この音いい♪って思ってた随分後に羊と鋼の森を読み、そういう事なんだと納得しました。宮下さんの本はこれしか読んでないので機会があれば他のを読んでみたいですね。

容疑者Xは入りませんか^^;私は断トツなんですwその次手紙かなw
鯖江市頑張ってると思うんですけど、、牧野市長辞めてほしい人が多いってことですかねww
Posted by nipper at 2018年11月01日 08:38
>nipperさん

容疑者Xはですね・・幸か不幸か先に映画を見ちゃったんですよ(テレビでやってたのをたまたま見た)。
そしたら,めっちゃ面白くてね,今まで3〜4回は見てます。堤真一のこと,アレを見てから少し印象がよくなりましたw

で,何回か映画を見た後小説を読んでもやっぱイマイチなんですわ。これはもうどうしようもないっすね。たぶん映画より先に小説を読んでたら・・・でもガリレオシリーズってあの福山のイメージが強すぎてww
僕は池井戸潤とか伊坂幸太郎の小説はほとんど映像を見てませんので小説を楽しむことができております。

牧野市長は・・・さすがにもう年齢的にアレだと思いますよ。
Posted by poptrip at 2018年11月01日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: