2018年09月03日

みちのくひとり旅〜山形でテツ分摂取その2〜

再び今泉駅を目指す。宿泊地は山形市。荒砥から山形市へ行くにはフラワー長井線で赤湯まで行くのが時間がかからず効率的なのだが・・・お金がかかる。今泉から米沢経由で山形までJRで移動すれば青春18きっぷを利用できる。今泉〜赤湯間は未乗車となってしまうが別にフラワー長井線の全線制覇とかに拘るほどの乗り鉄ではなく,どちらかといえば僕の場合ケチ鉄(笑)

帰りは最上川橋梁を通過するところを動画撮影でもしようかと思ったのだが,

s-IMG_8802.jpg

ご覧の通り

s-IMG_8805.jpg

二人の同好の士(夫婦かな)が最前列を占拠中。

ということで撮影はあきらめ,おとなしく座って電車の振動を感じるのみ。

s-IMG_8811.jpg s-IMG_8812.jpg

長井駅は島式1面2線式。

そこを過ぎると分岐がある。

s-IMG_8818.jpg s-IMG_8819.jpg

ここでJR米坂線とフラワー長井線が分かれるのだがここから今泉駅までの単線はJRと線路を共用しているのだ。

今泉には定刻に到着。
乗継時間は3分だが,跨線橋をわたるだけなので余裕のよっちゃん。

s-IMG_8821.jpg s-IMG_8822.jpg

15:06今泉発米沢行JR米坂線に。

s-IMG_8824.jpg
JR東日本キハ110系気動車

s-IMG_8829.jpg s-IMG_8830.jpg

米沢駅に15:35着。
ここからこの日の宿泊先である山形市まで移動するのだが,奥羽本線は1時間に1本しかなく,次の電車は16:27。1時間近くあるので辺りをぶらつくことに。徒歩圏内に観光地はなさそうなので踏切を見に行くことにした。

そう,山形新幹線は在来線の線路と共用なので踏切があるんでげすよ。

15分ほど歩いて第一小国踏切に到着。

s-IMG_8843.jpg

s-IMG_8849.jpg



ま,画像の通りの風景を見たと,それだけなんですけどね。じっと駅で待ってるよりは有意義な時間の過ごし方だったと・・・言っておくれよ。言ってほしい。言わぬなら言うまで待とうホトトギス。

いや,上杉神社とかも歩いて往復できないことはなかったんだけどさ(往復4.6kmなのでかなり厳しいが)。もう1本あとの電車にするという最終手段もあったのだが,早めに山形に着いておきたかったんだよ。翌日も早朝5:53発の電車に乗らなきゃいけないし。

s-IMG_8850.jpg s-IMG_8851.jpg

米沢駅にはICカード対応改札口があるが,モバイルSuica特急券のみ対応でふつうのSuicaはつかえないらしい。なんでそんな中途半端な仕様になってるんだろう。9月15日にICOCCA対応となる鯖江駅などの北陸線ではこんなことにはならないように願いたい。

s-IMG_8852.jpg

s-IMG_8853.jpg

16:37に山形行普通電車に乗り,山形駅には17:17に到着した。

s-IMG_8854.jpg

この日の収支を。

普通電車乗車区間は飯田橋〜那須塩原2,590円,米沢〜今泉往復820円,米沢〜山形840円=4,250円で,青春18きっぷは2,370円だから4,250-2,370=1,880円のプラス。
で,那須塩原〜米沢(新幹線)は,5,190円(乗車券2,590円+自由席3,110円)。何を基準にするかで得したとか損したとかが変わってくるわけだが・・・まあ快感を覚えるほどのお得感はなかったかな。


(つづく)

posted by poptrip at 20:20 | Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長井線の車窓って、のどかですねえ。以前乗った群馬県〜栃木県を走る両毛線にも似てるように思えます。それに比べて、列車のラッピングの派手さったら!一度乗りに行ってみたいです。
Posted by 郡山人 at 2018年09月04日 22:14
>郡山人さん

のどか。
そのワード,出てこなかったなあ。記事中に使いたかったなあ(笑)
乗りに行くときにはヒマつぶしのための小道具を持参することをオススメします。僕は東野圭吾の文庫本でした。
両毛線・・・テツ初心者のぼくは初めて聞きました。たぶん・・一生乗ることはないかな。といって数年後に乗っちゃってたりするのが人生の面白いところ。
Posted by poptrip at 2018年09月05日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: