京都鉄道博物館・水族館きっぷの旅(その2・伏見桃山徘徊)

宇治駅にやってきた京都行各駅停車

s-IMG_1277.jpg
クハ204形(クハ204-1003)

に乗って桃山駅まで。

s-IMG_1278.jpg

かなり寂れた感のある駅なのはJR奈良線だからしょうがない。
京阪や近鉄の駅も近くにありますし・・・

まずは目をつけていたラーメン屋さんでこってりしたラーメンを食べて,再び歩きます。

とりあえず,司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」を通して10回以上は読んでいる僕が目指すのは「寺田屋」。

現在寺田屋を称する建物(同一敷地内)には、事件当時の「弾痕」「刀傷」と称するものや「お龍が入っていた風呂」なるものがあり、当時そのままの建物であるかのような説明がされている。しかしながら、現在の寺田屋の建物は明治38年(1905年)に登記されており、特に湯殿がある部分は明治41年(1908年。お龍はその2年前に病没)に増築登記がなされているなどの点から、専門家の間では以前から再建説が強かった。平成20年(2008年)になって複数のメディアでこの点が取り上げられ、京都市は当時の記録等を調査し、同年9月24日に幕末当時の建物は鳥羽・伏見の戦いの兵火で焼失しており、現在の京都市伏見区南浜町263番地にある建物は後の時代に当時の敷地の西隣に建てられたものであると公式に結論した。
京都市歴史資料館のウェブサイトにある「いしぶみデータベース」では、「寺田屋は鳥羽伏見の戦に罹災し、現在の建物はその後再建したものである。」と紹介している
(wikipediaより)。

s-IMG_1288.jpg s-IMG_1289.jpg

というなかなか怪しい史跡なんですが(笑),外観だけ眺めて終了。
まあ「竜馬がゆく」だって創作ですからね。
あの小説に出てきた主人公坂本竜馬のモデルになった坂本龍馬がこのあたりにあった寺田屋という宿で会津藩士たちに襲われて,風呂に入っていたおりょう(のモデルになったお竜)が素っ裸で階段を上って敵が来たことを知らせ(←これは創作なのか史実なのかよくわからない),薩摩藩邸まで助けを求めて走って行ったというね。

なお,僕はエネーチケーの「西郷どん」は見ておりませんので。

さて,このあたりの観光スポットはというと・・・酒蔵。
伏見桃山は酒蔵が多いのです(初めて知った事実)。

s-IMG_1291.jpg

もともとアルコールはあんまり好んで飲まない僕。

s-IMG_1318.jpg s-IMG_1290.jpg

とくに日本酒などというものは得意じゃなくて勧められても断るくらいの僕。
でも,こういう機会じゃなきゃ酒蔵なんて見ないからと月桂冠大倉記念館へ。

s-IMG_1311.jpg

入場料400円を払うと,

s-IMG_1293.jpg

いろんなものが見れて

s-IMG_1299.jpg

酒の作り方とかの勉強になります。

s-IMG_1298.jpg

でも酒の作り方っていまいち理解できなくて(興味がないからだなw),

s-IMG_1303.jpg

なんか手持ち無沙汰(笑)
さっさと出ればいいんだけど400円のモトをとらないと!(←これが大事)

ただこんなふうに

s-IMG_1305.jpg s-IMG_1306.jpg
薩摩軍が幕府軍に撃ち込んだ大砲の弾/薩摩郡の洋式中の弾

僕の気を引くものもあったりして。

見学が終わると利き酒サービスがあります。

s-IMG_1307.jpg

3種類のお酒をいただくことができました。

そしてこちらが

s-IMG_9248.jpg

おみやげにいただいたお酒。
うーん,このまま飲まずに部屋のインテリアになりそうな予感が・・・

s-IMG_1310.jpg

記念館をあとにして,ほろ酔い気分で僕はそのまま伏見薩摩藩邸跡まで歩いてみました。寺田屋からは約1km,走れば5~6分てとこか。

s-IMG_1319.jpg
坂本龍馬寺田屋脱出後避難之地とあります

このようなマイナースポットを訪れる人はほとんどいないようで・・・まあこの石碑がなければここに薩摩屋敷があったことなど分かりはしないのだから。



s-IMG_1322.jpg s-IMG_1323.jpg

京阪と近鉄の踏切を渡り,JR桃山駅へ。
京阪と近鉄の丹波橋駅のすぐ横の踏切なんで,丹波橋から京都へ向かうというのが最も効率的なのですが,追加料金が必要。ぼくの周遊きっぷはJR限定。丹波橋~京都間は210円。このときの僕は210円が惜しかった(笑)

・・・のでここから1kmほど歩いて桃山駅へ戻ってきたというわけ。お金の節約にもなるしダイエットにもなるし一石二鳥じゃないか(時間はムダになるけどね)。

桃山駅でトイレをお借りします。

s-IMG_1327.jpg

なかなかレトロな・・・。
階段を2段のぼらないとうんこができないという素晴らしい構造。
今回は小の方を利用させていただいたのですがいちおう大の方ものぞいてみましたが予想通り和式。このへんがやっぱ奈良線だよな。

さて,京都駅に戻り水族館と鉄道博物館へ向かうことにします。

(つづく)

この記事へのコメント

  • Herr Katze

    あら日本酒はお好きじゃなかったんですか

    美味しいのに(美味しいやつは、ですけどね)

    冬は魚も美味しくなるし
    もっぱら日本酒ですわ

    多少なりとも生魚って生臭いじゃないですか
    アレを洗い流して旨さに変えるのって
    日本酒しかないと思うんですけど
    2018年11月03日 00:06
  • くまごろう

    日本酒美味しいですよね。特にこれからの季節は良いですよね。

    ですが、連休で翌日の予定が特に無いときしか飲みません。
    一口では終われないし…。
    2018年11月03日 09:42
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    今回日本酒を飲んでみて,日本酒も悪くないかなあ・・・と思った次第です。

    なお僕は,アツカンを作ったことがありません(作れません)。町内の公民館でやるような飲み会とかでアツカンを用意しろとかえばって言うおっさんがいたりしますが僕は無視するのですw
    2018年11月03日 21:47
  • poptrip

    >くまごろうさん

    福井というところはクルマがないと生きていけないので(←半分マジ),お酒を飲むには適していない土地なのです。といっても飲む人は飲むんですけどね(笑)
    2018年11月03日 21:50
  • Herr Katze

    ちゃんとした燗をつけるのは難しいんですが
    とりあえずの燗ならば
    レンジがあればチンですみます

    一応うちのレンジでは燗のメニューがあって
    通常・ぬるめ・熱めが選べます
    2018年11月05日 01:17
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    なんか沸騰させてしまって怒られている若い人を何人か見たことがあるような(笑)

    レンジでチンっすね。
    そんんあメニューがレンジにあるんですね。うちのにもあるのかもしれませんが・・・
    2018年11月05日 22:03