2018年11月04日

京都鉄道博物館・水族館きっぷの旅(その4・京都鉄道博物館)

旅の最終目的地。京都鉄道博物館。
前々から行きたかったんだけどなんかいっつも混んでるっていうハナシばかり聞いていて行く気にならなくて。

今は亡き東京・神田の交通博物館も名古屋のリニア・鉄道館も行ったことがあるのだけれど残念なことにそのころはテツに特に惹かれていたわけでもなく・・・今行くと全然見方が違うんだろうな。ということでこの京都鉄道博物館はすげえ楽しみにしてたんですよ。

梅小路公園にたくさんある京都市電

s-IMG_1528.jpg

の静態保存車両を横目に京都鉄道博物館へ急ぎます。すでに15時を過ぎていて閉館時間は17時半。1分1秒が惜しい。伏見桃山でケチって京阪とか近鉄を使わないからで,身から出た錆なわけなので誰も責めることはできない(←いや原因はオレ自身だよ。まさに獅子身中の虫w)

s-IMG_1529.jpg

さて,旅行前に幹事さんからたくさんもらった切符で使用していない最後のきっぷ(というかクーポン?)がこちら。

s-tetsudou.jpg

京都水族館もそうだったんですが,このJRの切符のような券がそのまま入館券となるのですが帰りの切符も一緒に見せないと入館できません。

s-IMG_1531.jpg
0系新幹線

アラフィフにとっては新幹線と言ったらやっぱりこれなのよ。

s-IMG_20181104_0001.jpg
昭和47年 だるまや屋上にて 兄と

僕が東京へ行った最初の記憶は,従姉の結婚式。たぶんそのときに上野動物園でランランとカンカンを見たのだと思うのだけれどもちろん記憶はあやふや。飛行機に乗ったという記憶はないからたぶん新幹線で行ったはず。だとしたら少なくとも1回はこの0系新幹線に乗っているはずなのよ。

s-IMG_1533.jpg s-IMG_1534.jpg

運転席に乗ることができました。

s-IMG_1536.jpg s-IMG_1537.jpg

そしてここで撮影した写真を購入しちゃったのよ(←おバカさん)。
1,100円もしました。オレってホントはケチじゃないのかも(笑)

s-1612.jpg

いちおうフォトブックみたいなのに入れて印刷されたものをもらえたのですが上記画像はダウンロードサービスからダウンロードしたもの。

s-IMG_9258.jpg s-IMG_9259.jpg

こういうの,だれが買うんだよ!
とか思いつつたまーに買っちゃうんだよな。
東京ディズニーランドのスプラッシュマウンテンでも買っちゃったし,ハワイで



こんな写真買っちゃってるし(笑)

ま,旅先ではさすがの僕も多少は財布の口が,きんちゃく袋のように固くしまった口も緩むのですよ。

s-IMG_1551.jpg

s-IMG_1549.jpg

屋内展示へ。

s-IMG_1553.jpg

やっぱ500系新幹線はカッコイイ。

s-IMG_1556.jpg

子どものころから何度もお世話になった

s-IMG_1554.jpg
雷鳥

僕が唯一グリーン車に乗ったことがあるのがこの雷鳥なのですよ。
新婚旅行の時,福井から大阪まで雷鳥のグリーン車に乗ったんだけど,全然セレブ感が感じられずがっかりした覚えがあります。雷鳥ってもともとあんまり快適な車両じゃなかった気がするんだよね。だいたい北陸線の特急は・・・以下略。

s-IMG_1557.jpg s-IMG_1558.jpg

s-IMG_1568.jpg s-IMG_1561.jpg

s-IMG_1631.jpg

s-IMG_1569.jpg s-IMG_1572.jpg

僕の中で特急といったらこのカラーリングとヘッドマーク,この形なのです。当時はJRのことを汽車,福鉄のことを電車と言っていました(我が家だけ?)。

s-IMG_1610.jpg
トワイライトエクスプレス

トワイライトエクスプレスは,いつか乗りたいなあと思っているうちに営業が終わっちゃいました。ま,たくさんあるやってみたいことリスト(ドリフターズリフト)のなかで優先順位はずいぶん下の方だったんですけどね。

車両の展示だけでなく動力を伝える仕組みだとかブレーキの仕組みが

s-IMG_1597.jpg s-IMG_1600.jpg

非常に分かりやすいスケルトンのモデルがあり,しかも自分で動かしたり止めたりできてこれ面白いと思います。いかにも科学の学習素材って感じがして。

s-IMG_1615.jpg
旧式の自動改札機

そして,こちら↓のICカード対応自動改札機には,きっぷ購入体験(自販機で切符を買うだけなんだけど小さい子供なら面白いかもね)で手に入れた切符をこの自動改札に入れてこの機械の中を通って出てくるのを見ることができます。

s-IMG_1617.jpg

といってもあっという間に出てくるので僕の衰え始めた目では,どこをどう通ってきたのかもちろんわかりませんでしたけどね。

そして,もうひとつ楽しめたのがマルスシステム体験。

マルスってのはみどりの窓口で切符を発行してくれる機械のこと。
「通路側でいいですか」「はい」「あ〜満席ですね。次のしらさぎなら空いてますけど」とかって言いながらパネルをタッチしてるじゃないですか。あれですよ,あれ。

s-IMG_1619.jpg

もちろん好きな切符を購入できるわけではなく,模擬体験なので発行できるきっぷは決まっていてここを押してくださいってところに色がついているのでそこを順番にタッチしていきます。

s-IMG_1620.jpg s-IMG_1621.jpg

ははは。ちゃんと発券されました。
僕は結構面白かったけど・・・どうなんだろ?
一般人には全く面白くないかもしれないので・・・

s-IMG_1565.jpg s-IMG_1567.jpg
100系新幹線

高校の修学旅行では九州に新幹線で行ったのですが,年代的にこの100系に乗ったんじゃないかと思われますがもちろん定かではありません。僕,いまだに新幹線と富士山を見るとわくわくしちゃうんだけど,おかしいんだろうか?医者に行った方がいいのかw

そろそろ文章を書くのが面倒くさくなってきたのであとは写真の羅列で勘弁願いたい。

s-IMG_1596.jpg s-IMG_1593.jpg

s-IMG_1542.jpg s-IMG_1545.jpg

s-IMG_1571.jpg s-IMG_1623.jpg

s-IMG_1618.jpg s-IMG_1614.jpg

s-IMG_1629.jpg

s-IMG_1632.jpg

s-IMG_1634.jpg

s-IMG_1638.jpg s-IMG_1637.jpg
お召列車

閉館時刻17:30の10分ほど前に退館。
まだまだ楽しめたんだけどオッサンには疲労が蓄積されていたので蒸気機関車をさらりと見学し,退散させていただきました。

s-IMG_9395.jpg
きっぷ購入・自動改札体験用きっぷ/マルス体験で発券したきっぷ

何年か後に,もう一回くらいは来てもいいかな・・・


(つづく)

posted by poptrip at 20:50 | Comment(6) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔は東京への出張が多かったもので
混んでる時期には会社からの旅費+αで使える
東京グリーン往復割引きっぷをよく使ってました
おかげで新幹線としらさぎのグリーンには結構乗ってます

それにしてもその写真はないわー
買わないわー
Posted by Herr Katze at 2018年11月05日 01:12
>Herr Katzeさん

ワオッ!
出張でグリーンっすか・・・いい時代でしたな。

写真・・・ちょっぴり後悔・・・してないっす。
Posted by poptrip at 2018年11月05日 21:25
買った写真、運転台のセルフタイマーのやつですね。買わないなー。(笑)
次回はジオラマや蒸気機関車乗車も是非。親子連れに混じっておやじひとりという孤独感を味わえます。
Posted by uchidaholic at 2018年11月06日 10:23
>宇さん

蒸気機関車に独りというのも・・・アリかな(笑)

そうそう,セルフタイマーの奴。
写真売り場のお姉さんも,「えっ。このオジサン独りなのに買うの?」てな顔をしてましたが,なかなか恥ずかしかったっす。お姉さんの「あっ。かっこよく写ってますよ〜」って社交辞令も虚しかったわけでw

「dancyu12月号」楽天ブックスで注文しましたよ。てへへ。酒飲みでもないのに。
Posted by poptrip at 2018年11月06日 21:16
ボクはセルフタイマーのところで、鉄道帽子をかぶって自撮りしてました。お姉さんの冷たい視線を感じながら。それに比べれば売り場のお姉さんの社交辞令は、愛に満ちていると思います。

dancyu12月号は、前回購入いただいた5月号に比べればかなり価値のある1冊だと思います。
Posted by uchidaholic at 2018年11月07日 08:21
>宇さん

なかなか神経が図太いですね(笑)

しかし,あの写真300円くらいにすればもっと買う人増えるような気がするんだけどなあ。dancyuたのしみにしてます。どのお蕎麦屋さんが紹介されているのか。
Posted by poptrip at 2018年11月07日 20:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: