2018年12月02日

鉄道博物館

東京編再開です。

ムスメのアパートは女子専用なので僕だけは別の宿。
その定宿の最寄り駅であるJR飯田橋駅から東京駅へ向かいます。東京駅でヨメと待ち合わせなのです。

s-IMG_9937.jpg s-IMG_9939.jpg
総武線E231系500番台/中央線快速E233系

御茶ノ水駅で中央線快速に乗換え,東京駅7番ホームでヨメと合流すると上野東京ラインで大宮まで。

s-IMG_9941.jpg s-IMG_9943.jpg
E233形/埼玉新都市交通2020系

大宮から埼玉新都市交通に乗ります。

車窓からは

s-IMG_9947.jpg

富士山が。
東海道新幹線では米原から小田原まで爆睡だったので富士山を見ていなかった僕は思わぬ富士山の姿に喜々としてシャッターを切っておりました。
埼玉からも意外とでかく見えるんだな。知らなかったよ。

鉄道博物館駅で下車。

s-IMG_0142.jpg s-IMG_9949.jpg

そう,この日の目的地は大宮の鉄道博物館でございます(←タイトル見れば分かるってw)。え?先月も鉄道博物館へ行ったじゃないかって。あれはJR西日本が運営している京都鉄道博物館。こちらはJR東日本が運営している鉄道博物館です。なお,JR東海が運営しているのはリニア・鉄道館。
なお,神田にあった交通博物館にも行ったことがあります。もともとテツになる素質,潜在能力はあったのかもしれないね。

まず,入場するのにはSuicaがあると便利です。Suicaがそのまま入場チケットとなりICカード対応のゲートをくぐればよいのです。ただ駅の自動改札のようにそのままゲートを通過できるわけではなく,券売機でSuicaで支払いを済ませるとSuicaが入場券代わりになるというシステム。Suicaを持っていない人は入館専用のICカードを貸し出してくれます。慣れている人には便利なんだろうけど何人かはこのシステムが理解できないようで・・・僕の前の前の人もずーっと機械を操作してて全然僕の並んだ列は進まないのよ(泣)

s-IMG_9955.jpg s-IMG_9963.jpg

鉄道には全く興味がないヨメと一緒に鉄道博物館に来るメリットはこのように写真を撮ってもらえること(笑)
ヨメが隣にいるとじっくり展示を見てられないので別行動にしようと提案したんだけど,こんなところで一人ぼっちにされても困ると言われると何も言い返せないわけで。

とりあえずメシ食うかと日本食堂へ(別途記事にします)。
メシ食ってから再びテツモードへ。

s-IMG_9966.jpg s-IMG_9967.jpg

s-IMG_0007.jpg s-IMG_0008.jpg

懐かしい券売機にオレンジカード。オレンジカードって桃鉄で見て以来かもw

s-IMG_0009.jpg s-IMG_0013.jpg

駅弁と一緒によく購入したお茶にピンを指していくタイプの発券システム。これらも懐かしい。でも僕が覚えているお茶の容器はもっと安っぽかったと思うんだよな。

歴代の新幹線のうち,僕が絶対に乗ったことがないと確信できる唯一の車両がこの400系(それ以外は乗った可能性があるんだよね)。先代の山形新幹線専用車両ですから。

s-IMG_0026.jpg

その400系に乗れちゃうと言う贅沢。
京都鉄道博物館ではほとんどの車両に入ることはできず外から眺めるだけだったのですがこちらの鉄道博物館は逆にほとんどの車両に実際に乗ることができるのです!!

s-IMG_0028.jpg s-IMG_0027.jpg

で,このシートに座ったところでヨメと決別。ヨメはこのシートでお昼寝をしていただくことに。ええ,他の特急車両もそうなんですが座って寝てるオッサンとかがちらほらいるのよね。子供に付き合わされたお父さんとかおじいさんとかね。


s-IMG_0043.jpg s-IMG_0042.jpg

寝台車にも乗れます。

s-IMG_0046.jpg s-IMG_0048.jpg

s-IMG_0050.jpg s-IMG_0054.jpg

s-IMG_0062.jpg s-IMG_0057.jpg
新幹線200系でお昼寝中のオジサンを激写

s-IMG_0078.jpg s-IMG_0080.jpg

この直角イスの快速電車。
乗ったよね〜。学生時代,山に登るときはこれだったよ。夜行電車。

s-IMG_0087.jpg

別室にあるのが新幹線0系。
0系内部の懐かしい造作を。

s-IMG_0110.jpg s-IMG_0101.jpg

s-IMG_0111.jpg s-IMG_0103.jpg

OPPにはキツイ・・・昔のトイレ。

s-IMG_0136.jpg

s-IMG_0138.jpg

蒸気機関車やジオラマ,シミュレータはパス。それでも結局5時間ほどいたんですよ。なお,途中からヨメは400系から特急「とき」へ移動し昼寝を継続しておりました(笑)。だって400系は人の出入りが激しくて騒がしくて寝心地が悪かったんだもん。とのこと。

なお,昔の車両のイスはみんなフカフカなのよな。フカフカといっていいのかどうかは人により異なりますが。

この後,ヨメは夕方からお友達と新宿でごはん,僕は宇ち中氏と飲み歩きが待っています。

ふたたび埼玉新都市交通に乗り,

s-IMG_0143.jpg s-IMG_0147.jpg

大宮まで。

いやあ楽しめましたよ(ヨメはそうでもなかったようだが想定内w)。




posted by poptrip at 00:00 | Comment(11) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほわわースゴいですね!
乗り物系だけでなく、あのお茶やパタンパタンとめくってピンを指す発券機、まさかあんなのまで展示してるとは・・・いやあ懐かしいw
小学生の頃、旅行へ行く時の電車の手配は自分の担当でした。
1月前ぐらいに温泉駅まで切符を買いに行ったものです。
もちろん交通費もちゃんと計算して母にもらって行きます。
デカい時刻表買ってきて、距離を計算して乗車券、特急券や指定席、乗り換え割引なども計算して、こんだけちょうだいって言うわけです。
周遊券などを頼むと、あの発券システムを何度もパタンパタンとめくって、イロイロ探してる感じがちょっと面白かったのを覚えてますw
Posted by くらん at 2018年12月02日 21:39
おお、てっぱくに行きましたか!私も一度だけ行ったことがありますが、オープンしてあまり経っていなかったせいもあり、とにかく混んでました。券売機やお茶の容器など懐かしいですよね〜。
今度は電車で行こうっと(←てっぱくなのに、車で行った私)
Posted by 郡山人 at 2018年12月02日 22:29
おおっ! こちらにいらしていたとはっ!
と言っても、私は鉄道博物館には行ったことはありませんが・・。
Posted by くまごろう at 2018年12月03日 06:47
>くらんさん

鉄オタっていう感覚じゃなく,「懐かしい」っていう感覚の方が勝っていたかも(笑)

子どもの頃のことってよくおぼえてるんですよね〜。あの発券システムは見てて楽しかったですよね。乗り換えの割引があるのを知ったのは僕は大人になってさらにずいぶん経ってからのことですw
Posted by poptrip at 2018年12月03日 20:32
>郡山人さん

僕が行ったときも混んでましたがたぶん以前よりは落ち着いたんじゃないかなあと。京都の鉄道博物館も混んでいるのがいやだったからオープンしてからずいぶん経ってから行っているのです(つい先月くらいのハナシですねw)
僕もリニア・鉄道館にはバスで行きました。ていうかこの「てっぱく」もJRじゃなく埼玉高速鉄道ってやつに乗らないといけないのよね。不思議なことに(もちろん大宮駅から歩くこともできますが・・・)
Posted by poptrip at 2018年12月03日 20:38
>くまごろうさん

このあたりに来たのはジョン・レノンミュージアムに来て以来です。いつの間にかあのミュージアム閉館しちゃってたんですよね。クスン。

しかし何が一番の驚きだったかっていうと,富士山がでっかく見えたってこと。目を疑いましたもん。あんなに大きいのが富士山なのか。でもあんな形をしてる山は富士山以外にないしなあYahoo!知恵袋で確認した次第です(笑)
Posted by poptrip at 2018年12月03日 20:40
私も昨年、埼玉近辺の新幹線の車窓から、とても大きく富士山が見えてたまげました。見えるもんなんですね。
Posted by 郡山人 at 2018年12月03日 22:15
そうなんですよね! 意外と富士山デカく見えるんですよ!
私の住んでいるところの近くの荒川を渡る羽根倉橋(R264)から見る富士山は
なかなかですよ! しかも渡った隣町は『富士見市』ですから。
Posted by くまごろう at 2018年12月04日 18:03
失礼しました。羽根倉橋はR463でした。
Posted by くまごろう at 2018年12月04日 18:06
>郡山人さん

僕は新幹線では主に睡眠と読書(笑)であるため過去に大宮を通ったときに全く富士山には気づきませんでした。ほんとびっくりですよね,発見したときには。
Posted by poptrip at 2018年12月04日 20:25
>くまごろうさん

いやマジであれは凄いと思いました。
富士見って地名があるのも納得です。

なお,僕にはR264もR463も区別がつきません(笑)
Posted by poptrip at 2018年12月04日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: