2018年12月04日

トレインレストラン日本食堂

日本食堂とは「日本レストランエンタプライズの前身(旧社名)。日本国有鉄道(国鉄)、東日本旅客鉄道(JR東日本)のエリアで車内販売、食堂車、駅構内の食堂などを営業していた会社。」(wikipediaより)だそうです。

鉄道博物館には日本レストランエンタプライズが運営するトレインレストラン日本食堂があるのです(行ってみて初めて知ったのだけれどw)。

s-IMG_9985.jpg

30分ほど待って案内されます。座って待つことができたのでよかったっす。待ち時間はもちろん読書w
待っている間,鉄道のビデオでも眺められたらいいんだけどね(個人の感想です)。

s-IMG_9986.jpg s-IMG_9987.jpg

店内は食堂車をモチーフとしたような内装となっております。
かなりゆったりした造りで快適です。もちろん揺れません。
ちょっぴり揺れて,ガタンゴトンってBGMがあるといいんだけどな(←それはテツオタの思考)

僕が子どものころにはまだ食堂車というものがあったと記憶しているのですが,残念ながら利用したという記憶はなく。あれだけスピードがアップしたら食堂車なんて誰も利用しないよな。だいたい北陸線なんて特急のワゴン販売もなくなっちゃいましたからね。

さて,メシのハナシを。

僕は

s-IMG_9988.jpg

s-IMG_9993.jpg

寝台特急の牛フィレステーキ(2,500円)を。パンかライスかでライスを選択。
「北斗星」「カシオペア」で提供していたフランス料理コースのメインディッシュだそうです。

はい,ふつうにおいしかったです。

ヨメは

s-IMG_9989.jpg

オムライス(1,200円)を。
メニューの写真と違うとブツブツ言っておりました(笑)

さて,先日の記事でボツになったてっぱく(鉄道博物館をこう呼ぶらしい)の画像を。

s-IMG_9995.jpg

s-IMG_9996.jpg

s-IMG_0094.jpg s-IMG_0095.jpg

s-IMG_0041.jpg

s-IMG_0017.jpg

ごちそうさまでした〜。
なお,このレストランのお支払いはもちろん楽天カード。



【グルメ(関東甲信越東北)の最新記事】
posted by poptrip at 20:30 | Comment(2) | グルメ(関東甲信越東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本食堂懐かしい!

新幹線食堂車は数えるほどですが使ったことがあります
社会人になってからですかね
当時はバブルで出張も多かったし
各社多かったようで新幹線が満杯で
そんなとき食堂車でビール頼んでちびちび
飲みながら時間を潰すという技を当時の
センパイから教わりましたが

考えることは皆同じで客車が混んでたら
食堂車も激混みになりますわなまあ

そんなんであんまりまともな食事を食堂車で
食べたことはないのです(高いし)
サンドイッチとビールかコーヒーくらいかな?
カレー食ったことあったっけなあ
Posted by Herr Katze at 2018年12月05日 00:59
>Herr Katzeさん

おお。
記憶にありますか。それも結構鮮明ですね〜。

バブルのころってことはたぶん僕が大人になったころもあったんだろうけど(調べてみたら2000年に全廃),利用する機会がなかったんですよね。
一回くらい行っておけばよかったなあ。
Posted by poptrip at 2018年12月05日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: