勝山・グリルやまだのソースカツ丼

ソースカツ丼好きなら「グリルやまだ」を知らない奴はモグリだと言ってもいいだろう。
もちろん僕も知っている。だけど行ったことがない(笑)
僕は「限りなくモグリに近いソースカツ丼愛好家」なのである。

今回,せっかく勝山に来たんだからと「8番らーめん勝山店」と天秤にかけた結果,分銅は「グリルやまだ」の方に多く乗っていたようでこちらに決定。よい子のみなさんは知っていると思いますが,分銅は手で触っちゃだめなのよ。

s-IMG_1036.jpg s-IMG_1038.jpg

店に着いたのは13:00だったが,待ちは1組。
10分ほどで席に案内された。
独りで4人掛けテーブルを占領するのは気が引けたのだがまあしょうがない。それにオレ早食いだからさ。

いちおうメニューをひととおり眺めてからおもむろに「かつ丼」をオーダー。

s-IMG_1033.jpg

デフォルトでサラダと味噌汁がつき,さらにセルフでコーヒーまでついて,なんと920円。

そして

s-IMG_1035.jpg

・・・うまい。

うまいのは当たりまえだ。

ヨーロッパ軒のソースカツ丼を忠実に再現したようなソースカツ丼なんだから(メニュー名はかつ丼と「かつ」は平仮名)。
それに,メニューはカツとエビフライと焼肉の3種類に特化しているわけで(この3つの組み合わせでメニューが構成されている),ある意味ヨーロッパ軒以上にゴリゴリの硬派な,ソースカツ丼やさんとも言える。パ軒は店舗にもよるけどカレーやらヤキメシやらオムライスやらピカタやらステーキなんかもあるからね。
グリルやまだという店名からは洋食屋さんを想起するわけなのだが・・・

グリルじゃないのよやまだは,はっは~ん♪
すきだといってるじゃないの,ほっほ~ん♪


こんなくだらない替え歌を考えつつソースカツ丼をかきこむと,僕よりずいぶん先に店に入ったであろう隣の家族連れがまだ食べ終わる前に,僕は店を出た。あ,コーヒー飲むの忘れた!と気づいたのは店を出てクルマに乗ってずいぶん運転してから(笑)
そう,ランチタイムにはセルフでコーヒー無料サービスをやってるのよ。

ごちそうさまでした。満足しました。勝山では大正解なお店。
わざわざ鯖江から食べに行くまではないけれど(パ軒があるからね),勝山にいてソースカツ丼が食べたくなったら行っちゃうかもね。

県外の方が恐竜博物館とセットで来るにはぴったりのお店と思います。
ちびっこかつ丼なんてメニューがあったり,この日はお子さんにはクリスマスプレゼントを配っていたし,子ども連れにも優しいお店ではないかと思われる。



この記事へのコメント