2019年09月13日

ドライブレコーダーを取り付けました【後編】

ちょっと間が空きましたがドライブレコーダーを取り付けました【中編】のつづきです。


さて最後は,ドラレコで撮影された動画の移り具合をPCで確認です。
PCとmicroSDを接続するにはカードリーダかmicroSD用のアダプターが必要なのですが購入したドラレコにはmicroSDカードが付属してくるだけでアダプターはついてきません。
さてどうしよう。そういえばアダプターどこかで見かけたな。でもほとんど使ったことがないからどこにしまったか記憶が定かではない。だいたい何故こんなものを所有しているのかもわからない。これを探すのに約15分の時間を費やしました(笑)

s-IMG_5105.jpg

ということでトータルの作業時間は
予習1時間+フロントカメラ取付15分+リアカメラ取付1時間+microSDカードアダプタ捜索15分=2時間30分って感じですかね。実作業は1時間15分ほど。

録画された映像を確認します。
movファイルで保存されていたため,フリーソフトのVLCメディアプレーヤーで再生。音も出ます。ドラレコにはCD-ROMがついてきており,専用ソフトがはいっているようなのですが必要ないかな(でもファイルが3分ごとに分割されてるから面倒くさい)・・・GPSついてるからその専用ソフトを使えば走行ルートを地図上に落としたりできるようです。また分割ファイルを連続再生してくれるのかもしれません。

ネットでの情報によると16GBのmicroSDカードでは1時間弱しか録画できないとのこと。じゃあ・・・64GBのカード買っちゃうか。楽天ポイントで(笑)
ちょうど9月30日までの期間限定ポイントがあって何に使おうか迷ってたところだったんだよな。

さて,試運転の結果を。

前方カメラ。

s-drirec1.jpg

ナンバーはばっちり写っております。

夜間はどうかな。

s-drirec5.jpg

暗いところでもまあいちおうナンバーは確認できます(ナンバープレートにはモザイクをかけています)。

しかし,問題は画質とかとは別のところにあり・・・

これよ,これ↓

s-drirec6.jpg

時間と場所(GPSによる緯度と経度)と速度が一緒に記録されるのよ。
速度オーバーで走ってたらこれって証拠になっちゃうのかな。速度はGPSデータから計算していると思われるのですが,クルマの速度計より数値が少な目に出るような気がします。

そしてもちろん音声も録音されており,僕の熱唱がばっちりと・・・恥ずかしいねこれは。なんか犯罪捜査とかで警察にドラレコのデータ提出してくださいって言われても躊躇しちゃうかも(笑)


リアカメラの方はフロントに比べるとレンズの質が劣るので画質もそれなり。

s-drirec2.jpg

夜間も

s-drirec3.jpg

ナンバーは確認できます。

ただこちらにも問題が・・・

ブレーキを踏むと,

s-drirec4.jpg

ご覧の通り,ブレーキランプの赤色が電熱線に反射してこんな風に↑映っちゃうのよ。
日中はこんなことにならないからしばらく気づかなかったんです。
両面テープを貼り付ける位置は電熱線を避けたわけですが・・・うーん。どうしよっか。

カメラの取付け場所を変えるか,カメラの角度を変えるか。あるいは両方やらないといけないかもしれない。
カメラは両面テープで貼り付けているためこれを剥がすには,シール剥がしが必要。そして強力両面テープも。

ネットで調べると・・・



シール剥がしと両面テープを両方購入すると1,000円〜2,000円くらいかかることが判明。

うーん。

この出費についてまる一日悩んだ結果・・・

s-IMG_5192.jpg

とりあえず静観で。

ちょっとだけカメラを下に向けたら

s-drirec7.jpg

こんな感じ。
これでいいやろ。


最後に,ドラレコに映ってる危険運転というか交通違反のクルマ。

s-drirec8.jpg

この白い軽自動車,右折レーンにはいるまで待てないかね(対向車も来てるし)。
ちゃんとナンバーも映ってますがこういうの通報したら警察は捕まえてくれないのかね。くれないんだよな。






posted by poptrip at 20:45 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: