三床山で野鳥探し(三床山#39)

2月15日(土)

ツキイチの病院受診日。
ウォーキングを兼ね,わざわざ電車に乗って病院へ行くというのが最近の個人的な風潮なので早めに家を出たところ,気が変わりました。霧を見て気が変わったのです。これは雲海が見れるかもしれないな。天気はこのあと晴れ予報だったし・・・病院へ行く前に登っちゃうか。採血があるっていってたけど運動の後だとなんか値に影響出るんやろか。まいっか,行っちゃえ(←ここまで数秒)。

石生谷トンネルコースを登り始めるとすぐに小鳥を発見。
70-300mmの望遠レンズに交換します。

撮影した時は判別できなかったんだけど帰宅してよく見ると,お初の鳥っぽい↓。

s-IMG_2561.jpg s-IMG_2567.jpg
コゲラ

日本で一番小さいキツツキです。

さて,レンズ交換が面倒くさいので・・・
今日は望遠レンズをつけたまま鳥を探しながら登ろう。そして山頂で広角レンズに交換して雲海だ。という野望。
ゴム長の野望3・・・と言いたいところなのだけれどこの日はトレッキングシューズでして。僕は大袈裟に文章を書くことはありますが創作はしないのです(笑)

なお,野鳥の写真はほとんどトリミングしています。僕の300mmレンズではトリミングしないとブログサイズの写真ではほとんどなにが写ってるのかわからないから(じっと時間をかけて鳥が近づいてくるのを待つという撮影方法は僕のようなせっかちには不向きだからどうしても小さくしか撮れないのよ)。またピントが甘かったり手ブレがあることには目をつぶっていただきたい。

続きまして

s-IMG_2584.jpg s-IMG_2589.jpg

こいつ。
うーん。オレンジ色が見えたのでヤマガラかなーと思って撮影していたんだけど帰宅してからPCでよく見てみると

s-IMG_2597.jpg
エナガ

っぽい。
こいつも初見です。

そしてようやく僕でも現地で判別できるお馴染みの鳥を見つけました。

s-IMG_2606.jpg s-IMG_2610.jpg
ホオジロ/巣箱

僕でも見分けのつく,ホオジロさん。ところどころにこういう巣箱が設置されているんだけど(西山公園にもたくさんあるね),使ってる鳥いるんやろか。

舗装道で普通に歩いていただけでこれだけの鳥を発見。なかなかの取れ高。
アサイチは鳥が多いのかな。

どの個体もつがい(のようでした)。

s-IMG_2600.jpg

霧の中を耳を澄ませてキョロキョロしながら登っていきます。

舗装路が終わり,砂利道に変わってプラ階段を上っていくと漆原コース合流点で再び

s-IMG_2619.jpg
ホオジロ

地面に降りているホオジロを見るのは初めて。

s-IMG_2621.jpg

ここから本格的な登山道となります。

s-IMG_2622.jpg s-IMG_2627.jpg

うーむ。
ガスがひどいな。鳥探しどころじゃない。
雲海も無理かも・・・足元もなかなかのヌルヌール状態であまり鳥探しばかりしていると足元がおろそかになってしまうので引き返そうかなどとも考えたのですが,まあ時間はあるので鳥はあきらめて山頂を目指します。

鳴き声が聞こえたので立ち止まりあたりをキョロキョロ。

s-IMG_2628.jpg
シジュウカラ

ピントがなかなか合わなかったり,枝にピントが合っちゃったりと苦戦。

s-IMG_2631.jpg
ヒヨドリ

なかなかヤバイ写真ばかりでしょ(笑)
フツーならボツになるようなものばかり。

コンコンコンコンという音が聴こえたので辺りをうかがうと

s-IMG_2642.jpg

コゲラが木をつついてました。

登山口から58分で山頂に到着。
山頂付近にもたくさんの鳥がいました。

s-IMG_2649.jpg s-IMG_2650.jpg
ヤマガラ

ヤマガラさんはピントが合わなかったので小さめの画像でご勘弁。

s-IMG_2648.jpg
??

よくわからないな。

s-IMG_2654.jpg
アトリ?

いちおう図鑑と見比べてアトリかなと思ったりしわけですが・・・
だいたい写真がイマイチだから図鑑と見比べてもよくわからないのよ。
図鑑ではスズメより少し大きいくらいと書いてあるのですがもうちょっと大きく見えたし。
やっぱ400mm以上のレンズが必要か?費用対効果はどうなんだろうか。楽天ポイントかau walletポイントが溜まったら・・いつになるか分からないな。へへ。

s-IMG_2666.jpg

今日はコゲラ祭りですわ。

そして

s-IMG_2667.jpg s-IMG_2670.jpg

フクロウも。
ただのしかばねのようだ。

山頂付近をウロウロしているうちに鳥はすっかりいなくなってしまいました(いたけどかなり遠かったりして撮影はできず)。
人間がいない間は鳥さんたちにとっては天国だったんでしょうな。申し訳ない。

そして僕の目論見通り雲海が・・・

s-IMG_2668.jpg s-IMG_2669.jpg

雲海ちゃうんかい!!

しばらく待っているとすこしガスが晴れてきてなんか雲海っぽくなってきたんだけど,

s-IMG_2677.jpg

時間切れ。
今日の最優先事項は病院へ行くこと。
クスリをもらってこないといけないのよ。
やめられないんだよなあ,クスリ(←もちろん合法なものです)。
後ろ髪を引かれる思いで下山。

s-IMG_2678.jpg s-IMG_2679.jpg

時間短縮のため小走りで。
ただし,一部区間にヌルヌル帝国が進出してきているため注意が必要。

舗装路まで下りてくると「グァーッ!グァーッツ!!」ってうるさい鳴き声が。下りではもう鳥の撮影はあきらめてたんだけど思わず立ち止まります。

犯人を見つけました。

s-IMG_2683.jpg s-IMG_2682.jpg
こいつもアトリっぽい。2/18追記:これはカケスじゃないかというご指摘がありました。

メチャクチャ口開けてるじゃん。
犯人を見つけたはいいものの名前がはっきりしないという情けなさ。
鳥ってやっぱりいろいろと難しい。だいたい趣味ってのはちょっとでも足を踏み込むとすげえ勉強や努力や財力が必要なのよな。それはもちろん野鳥観察にも言えることで。残念ながら僕にとって鳥を見ることはそこまでの趣味ではない(今のところ)のです。

s-IMG_2689.jpg

下りは29分でした。

s-12360.jpg s-12361.jpg


登り:58分
下り:29分
歩数:8,315歩
消費カロリー:675kcal


何年か前に,三床山の山開きのときに野鳥の会の方のちょっとした話があったんですが僕はその当時は野鳥にほとんど興味がなかったのであんまり真面目に聞いてなかったんです。ちゃんと聞いておけばよかったとものすごく後悔しているのです。
たしか三床山では数十種類の鳥が観察されていて,それは三床山にある豊富な広葉樹のおかげだというような説明があったと記憶しているのですが・・・曖昧なのです。

s-IMG_3027.jpg
そのときにもらった「おさんぽ鳥図鑑」

「おさんぽ鳥図鑑」には,まずはものさし鳥を覚えよう!とあります。大きさの見当をつけるための基準となる鳥としてスズメ,ムクドリ,ハト,カラスとあるわけですがムクドリすらまだ僕はあまり見たことがないというね。ふふふ。道のりは険しくて長い。


この記事へのコメント

  • yuus

    こんにちは。
    最後の方の「アトリっぽい」と書かれているうるさく鳴く鳥は、
    アトリよりずっと大きくなかったですか?
    たぶんカケスだと思います。
    もうちょっと水平に近い位置から見られたら、きれいな鳥に見えたと思います。
    2020年02月18日 10:05
  • poptrip

    >yuusさん

    毎度お世話になります。
    慧眼には恐れ入ります。ホントにすごいですね・・・
    仰る通りでたぶんカケスですね。本文も修正します。
    2020年02月18日 19:32
  • nipper

    そそ、私もこの日は雲海!?ってソワソワしてましたが、、、そうはならなかったみたいですね^^;
    なんだか野鳥!って感じで^^こんなのを待ってましたw(小鳥)
    初めはデカイ鳥ばっかりで怖かったですw
    2020年02月20日 12:51
  • poptrip

    >nipperさん

    雲海も運かい?
    運なんですよねーマジで。

    野鳥のほとんどは小鳥ですよ。
    探してみてくださいねー。
    2020年02月20日 21:00