popさんの野鳥写真#12(番外編その1)

西山動物園のレッサーパンダのミルキーが移動するということで,昔のミルキーの写真を探していたら・・・出てくるわ出てくる野鳥の写真が。僕は野鳥にハマりだしたのは去年の春。
でもそれ以前にも動物や鳥を見つけるたびに写真を撮っていたのですよ。もう条件反射みたいな感じで。ただ,鳥の名前を調べるには至らずボツになった写真も多数あったというわけ。今回,掘り出した2019年3月以前の野鳥写真をまとめてご紹介(ブログに載せたものもたぶんあります)。

なお,ヒヨドリ・ムクドリ・ホオジロの写真がたくさんあったので(当時は何という鳥かも知らなかった)そのほとんどは今回もボツに。ツバメ,サギ類,コウノトリ,カモの仲間も同様としました。

まずは山地の鳥になります。

s-201306tateyama02.jpg
カヤクグリ(2014年6月 富山・立山室堂付近 標高2,450m)

親切なオジサンがあれはカヤクグリっていう珍しい鳥なんだよ。って教えてくれたのを覚えています。当時は全く興味を示さなかった僕ですが今見ると興奮するんだろうなー。日本の固有種です。

s-201306tateyama04.jpg
ライチョウのつがい(2014年6月 富山・立山室堂付近 標高2,450m)

カヤクグリの近くにいたライチョウ。夏羽で手前がオス,奥がメスです。ライチョウはあまり人を恐れないので北アルプスへ行ったときに何度か近くで見ているのですが,冬羽のライチョウは見たことがないんですよ。

s-IMG_4577.jpg s-IMG_4541.jpg
ライチョウ(2014年6月 富山・立山みくりが池温泉付近 標高2,410m)

s-201308ainodake2.jpg
イワヒバリ(2014年8月 長野・間ノ岳山頂付近 標高3,190m)

森林限界にいるような小さな鳥はイワヒバリかカヤクグリだと図鑑に書いてあったんだけど,

s-201308kitadake2.jpg s-201308kitadake.jpg
イワヒバリ?(2014年8月 長野・北岳山頂付近 標高3,190m)

ちょっと見る角度が変わったり色味が変わったりするともうよくわからなくなっちゃうのでございます。だいたい大きさがどれくらいだったかが分からないので・・・

s-201409jounen.jpg
ホシガラス(2014年9月 長野・横通岳付近 標高2,700m)

ホシガラスもハイマツとセットでときどき見かける鳥です。
山登りする人って高山植物や鳥に造詣が深い人が多いのですが,類は友を呼ぶと言いましょうか僕の周りにはそういう風流なひとが全くいなかったのです。悲しいことに。

s-201409jounen1.jpg
イワヒバリ(2014年9月 長野・東天井岳付近 標高2,800m)

s-201409tdubskuro.jpg s-201409tsubskuro.jpg
イワヒバリ(2014年9月 長野・燕山荘付近 標高2,710m)

高山にいる鳥たちは,揃いも揃って人を恐れないのか?

s-201506sannomine.jpg
ホシガラス(2015年6月 福井・三ノ峰 標高2,000m)

s-201507tateyama.jpg s-201507tateyama2.jpg
ライチョウのメスとヒナ(2015年7月 富山・立山連峰浄土山山頂 標高2,830m)

右上写真はノートリミングです。
近くまで寄ってくるのでこんなアップの写真が僕のような素人でも撮影ができるのです。

s-IMG_0498.jpg
イワヒバリ(2015年7月 富山・立山大汝山山 標高3,015m)

s-201508bessan2.jpg
ホシガラス(2015年8月 石川・別山山頂付近 標高2,350m)

あ,いちおう標高も書いてますがテキトーなものもあります。
どこで撮影したかまでは覚えてないものもあるので(覚えてるほうが異常だと思う)。

お分かりいただけたように,2,000mを超えるような山にいるのはホシガラス,カヤクグリ,イワヒバリ,ライチョウの4種類だと思っていただければいい・・って知ったかぶりして書こうと思ってたら・・・

tateshina.JPG
ウソ(2016年6月 長野・蓼科山荘前 標高2,350m)

他にもいるみたい(笑)

このウソは山荘で餌付けされているようです。ウソのようなホントのハナシ(食害を防止するためらしい)。
ちなみに図鑑では2,000mくらいまでが生息域となってました。

s-choushigamine1.jpg
ヒガラ(2016年5月 岐阜・銚子ヶ峰 標高1,800m)

s-ohmine1.jpg
ヒガラ?(2016年5月 奈良・大峰山 標高1,900m)

さすがに同定はちょっぴり厳しい。巣材をくわえてるっぽいけど・・・
冠羽が見えるっぽいのでヒガラとしました。
ヒガラ,コガラ,シジュウカラは2,000m付近ぐらいまでは生息しているようです。

s-kirigamine.jpg
ツグミ?(2016年6月 長野・霧ヶ峰 標高1,900m)

ツグミは冬鳥でそんなに標高の高いところにはいないようなのですが・・・いてもおかしくないからな。


(つづく)

この記事へのコメント

  • yuus

    すごいですね~。
    カヤクグリ、ヒガラ、ホシガラス、イワヒバリは見たことありません。
    高山に登る楽しみが1つ増えたんじゃないですか。
    自分もそんな鳥たちが見られるなら登ってみたい気もしますが、
    平地の散歩がせいぜいでしょうね。
    ライチョウは、若い時分に御嶽山に登った時に見ました。
    いっしょに登った友人は、御嶽山にライチョウはいないと言ってましたが、間違いなく見ましたよ。
    2020年03月14日 00:55
  • poptrip

    >yuusさん

    僕は平地でまだ見たことのない鳥が多いし,アルプス登山とかはもういいかなあと(笑)
    ライチョウは御嶽山にも生息するとwikipediaには記載がありましたよ。僕は北アルプスでしか見たことがありません。

    今後も野鳥の間違い等があればご指摘いただければ幸いですw
    2020年03月14日 20:17