2019年07月28日

武生に移転後初めての麺屋鶏っぷ

福井にあった麺屋鶏っぷが武生の,元々とんかつ屋さんというか居酒屋さんといったところに移転してきたのはもうずいぶん前のこと。福井にあったときにはムスメと行ったんですよねえ(遠い目)。ムスメ,ラーメン大好きっ娘化計画の一環としてね。

s-IMG_3266.jpg
以前の店の案内看板だけが残されている

移転後に何度か訪問しかけたんだけど,駐車場が満車だったり店の外まで人が並んでいたりと機会に恵まれず。機会はあったけれど並ぶのが,待つのが大嫌いな僕は直前でやめたというのが正確なところ。

早めに行けば大丈夫かと,開店直後の11時過ぎにお店に到着。
店の表の駐車場は狭いので裏の砂利の駐車場に。ていうか表の駐車場は満車。

11:10ですでに待ちが5組。
まあ駐車場がほぼいっぱいだったから店に入る前から予想はできていたんだけど・・・名前を記入して券売機で食券を購入・・・

以前のとんかつやは何度か行ったことがありますが,それほどいじっていない印象。

20分ほど待ってカウンターに案内されます。

s-IMG_3265.jpg
鶏白湯(しょうゆ)大盛(900円)

見た目からして今っぽい。
ナウい感じ。

s-IMG_3260.jpg

スープが超うめえのよ。

s-IMG_3261.jpg

s-IMG_3262.jpg

ごちそうさまでした〜。
また来たいけれど,並ぶのは嫌だなあ。
平日の開店直後とかを狙うしかないのかな・・・だとしたらなかなか来れないよなあ。

posted by poptrip at 22:00 | Comment(0) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

武生・珍々飯店のジャージャーメン


本当に久しぶり。6年ぶりくらいだろか。

今週のラーメンはこのお店で。久しぶりの珍々飯店。
越前武生駅から徒歩でお店へ向かう途中に見かけた武生警察署長の警告文がなかなかの名文・・・

s-IMG_0306.jpg

「このところは」って(笑)
武生警察署長って日本人じゃなかったのかな。
ああもちろん市町村合併により,このところは武生警察署は存在していません。

s-IMG_03101.jpg

威風堂々といった趣のこの建物。
珍々飯店でございます。
初めての人はちょいとビビっちゃうような・・

独りメシのため,カウンターをはじめて利用。
一本足の金属のカウンターチェア。椅子の重さも昭和です。
椅子の引き方を間違えるとあの黒板をキィーッってやったような音がするので注意が必要。
僕の前にいた人,思いっきりキィーッ!!って音を鳴らしちゃって周囲に謝ってました(笑)

そして,オーダーしたのはジャージャーメン(756円)。

今は亡きブロガーたつや(仮名)が大好きだというメニュー。
あ,たつや氏は存命ですw

このお店の麺類は通常の麺とほうれん草を混ぜたみどり色の麺が選べるのですが(キーボグリーンのフクラムみたいだなw),ぼくはグリーンのフクラム,いやみどりの麺を選択。なんかほうれん草って体によさそうじゃない?

s-IMG_0307.jpg

肉みそ餡がこれでもかとトッピングされたラーメン。
ジャージャーメンを食べるのは実ははじめてかも。

s-IMG_0309.jpg

麺に餡が絡みつくため箸が重たいのです(笑)

はい,おいしかったです。
ごちそうさまでした〜。

このところのお店は基本的に量が多いので注意が必要です。

posted by poptrip at 19:30 | Comment(0) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

武生・江戸屋のソースカツ丼

ナダルすげえな!
あ,ナダルと言ったら僕の中ではプロテニスプレーヤーのほうだからね。お笑い芸人の方も好きだけど。

---

1ヶ月以上前のネタです。賞味期限はまだ残ってるはず・・・

ゴールデンウィークに友人たちと登った日野山。
山をを下りた後は・・・宴会。

とはなりませんでした。
Oくんは午後から用事があり,Sくんは下戸,僕もそれほどお酒が好きと言うわけでもなく。
今回とは別のメンバーで登っていたらたぶんアルコールが入りそのままカラオケなんていう流れも想定されていたのですが今回はオッサン三人のみでアルコールなしの男子会。

武生の図書館の裏あたりにある江戸屋です。

過去記事を調べて見たところなんと8年半ぶり。
いやあ時間のたつのはホントに早いねえ。30代後半くらいから時間の流れるスピードが指数関数的に速くなっている気がします。

s-IMG_9305.jpg

このお店はテラメシで有名なお店なんですが,健康管理を気にしている48歳の男三人にはそういうのは不要・・・と思いきや日野山でカロリー消費したからとカロリーの塊であるボルガライスを注文する僕以外の2人。

ぼくは大人しくノーマルなソースカツ丼(900円)を。

しばらくして運ばれてきたソースカツ丼には

s-IMG_9301.jpg

ミニうどんがついてきました。
おいおい,炭水化物に炭水化物の組み合わせじゃないか。
普通のメニューでもこんな高カロリー糖質過剰な(笑)
このお店,やっぱり要注意です。

おまけに

s-IMG_9303.jpg

卵のカツまで。

徹底していますね,デブへの道まっしぐらのメニュー。

ソースカツのほうはふつうにおいしかったですが,ソースをもうちょっと多めにつけていただけるともっとおいしかったかも。あと卵のカツは半熟だとさらにうまくなると思うわけです。

同級生2人の注文したカロリーお化けのボルガライスにも

s-IMG_9304.jpg

もちろんミニうどんがついてきていました。
カロリーの怪物・・・平成の怪物は松坂なわけですが,ここ江戸屋のメニューはまさに令和の怪物である(笑)

s-IMG_9306.jpg

ごちそうさまでした~。

名物ひっで丼を次回は。

posted by poptrip at 18:45 | Comment(4) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

武生・うるしやの名代そば


「越前そば」の呼称が一般に使われ出したのは、戦後と言われている。昭和天皇が1947年(昭和22年)に来福された際、「うるしや」のそばを「越前の蕎麦」としてお気に召され、その後も折に触れて「越前の蕎麦」の話をしたことに由来し、以降、「越前そば」と呼び習わされるようになった、という逸話もある。(wikipediaより)

僕がそば(といっても越前おろしそば限定なのだが)にハマるようになったのは今から15~16年くらい前のこと。そのときには七代目の店主はすでに体調を崩されており,うるしやは休業中だった。
そのまま跡を継ぐ者がなく休業状態だったのだが,先月新たな経営者のもとで復活した。

越前そばの名店、大正漂う町に復活 越前市の寺町通り「うるしや」(福井新聞ONLINE)

urushiya.jpg

SNSや他の方のブログで知って行こうとは思っていたのだけれど,新聞記事を見ていてもたってもいられなくなり行っちゃったのだ。新聞記事の影響ってのはやはりいまだに大きいのだ(僕らの世代にとっては)。

うるしやは伝説的なお店だった(というかなりつつあった)。「越前そば」という呼称の由来となった老舗でありまた出汁にそばをドボンってつけたら店主に怒られたとかほかにもいろんなルールがあって店主に叱られたなどという噂などもあり(笑)・・・

s-IMG_9835.jpg

店に入ると,1階の座敷に案内された。

そばは名代(なだい)そばと田舎風そばの二種類がありおろし,さらに食べ方も温・冷それぞれにせいろ,山かけなど何種類か。名代そばというものが先代のおそばだという。抹茶が練り込まれていてみどりいろなのだそうで。そばだけでなく天ぷらや鯖寿司などもあり,今回は名代そばに焼き鯖寿司のセット(1,230円)を。ちょいとお高めの値段設定だが,まあそばはこういうもんだと。

※名代を「みょうだい」と言っていたという記事もいくつか見かけましたが,僕が行ったときは「なだい」と言っていました。

写真撮ってもいいですかと尋ねると,どうぞどうぞとダチョウ倶楽部のように快諾。そばが出てくるまで写真を撮って待っていてください。てな感じ。

s-IMG_9826.jpg s-IMG_9824.jpg

ちょっとした庭があり風情がある。

s-P1010589.jpg

さて,僕はおろしそばはぶっかけにするのがおろしそばだと思うような人間なのだが,前述の通り出汁にそばをつけすぎただけで怒られたというくらいなのでこのお店はぶっかけ(出汁をそばにすべてかけて混ぜて食べる。その状態で供される店も多数あり)ではないのだろうなと思いつつ,いちおう「ぶっかけで食べればいいんですか?」と店員さんに尋ねると予想通り「いえ,出汁につけて食べてください」と。あ,別に怒られた感じじゃないですよ。ふふっ。

s-IMG_9829.jpg

この出汁にそばをつけて食べるのだ。
「薬味はそばに乗せても,出汁に入れても構いません」と。

s-IMG_9827.jpg

ぶっかけじゃないおろしそばを食べるのなんてもう何年振りだろう。
ぶっかけにすればいのかつけ麺にすればいいのかわからないような器で提供されたときはどっちにすればいいか尋ねるのだが,たいていはどちらでもいいですよ,という返事が返ってくるのでぼくは常にぶっかけで食べていたからだ。

おいしい。
ピリッとした辛味のある出汁はそばとの相性グンバツ。

s-IMG_9828.jpg

s-IMG_9832.jpg s-IMG_9831.jpg

そばみそをちょっぴりいただきごちそうさま。
満足してお店を出て,僕は北府駅へ向かった。

武生の「まつもと屋」は,先代から「うるしや」さんと交流があり,唯一その味を伝える店だった(「蕎麦喰らいの日記」より・・・このブログを書いているkikouchiさんの東京のおうちに僕はなぜかお邪魔したことがあるのである)というが,

s-IMG_9837.jpg

その「まつもと屋」がひっそりと店を閉めてから数ヶ月経って「うるしや」が復活したのはなにかの因縁のような気がしないでもない。

また,うるしやと同じ並びにある

s-IMG_9821.jpg

定そばもずいぶん前に閉店し(食べたことなし),ギャラリィーになっている。

広島のマスコットキャラクターである



スラィリーと同じく,ちいさな「ィ」が効果的に使用されていることは見落としてはならない(笑)

posted by poptrip at 18:20 | Comment(2) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

武生の居酒屋・じゅうろう座

いつもの同級生たちとの飲み会。
同級生3人のムスメさんたちの合格祝い。という名目。
なにかお題がないと人が集まらないからね。ていうかなんかお題を作れば出席率が高いのでございます。

お店は,武生のじゅうろう座でございます。



こんなところに,こんなお店があったとは全く知らなかった。旧8沿いなんだけどまず普通の人は気づかないと思うんだ。
予約してくれた幹事さんも利用するのは初めてだと言う。だからいまいちシステムが分からないのだけれどとにかく飲み放題で食べ物はおまかせで3,000円ポッキリなんだという。

席に案内されるけれども,メニューというものがない。
ホントに完全お任せ制のよう。いちおうドリンクメニューは壁に貼られているがそれが飲み放題のドリンクメニューのよう。店内は満席で完全に店員さんがテンパってました。鍋がセットされていてその横には肉のようなハムのようなベーコンのようなものが置かれます。10分ほど放置されたのち,ようやくドリンクのオーダーを。特に料理やドリンクの説明がないのだけれど・・・

s-IMG_4979.jpg

この肉のようなハムのようなベーコンのような謎肉はそのまま食べるものなのか,鍋に入れて食べるものなのかそれも分からない。分からないことだらけで・・・そのまま飲みに突入。あるものはその肉らしきものをそのまま食べ,あるものはしゃぶしゃぶのようにして食べ,ビビリくんの僕は店員さんに聞いてから食べることに(ほとんど鍋の食材がなくなったころに店員さんに尋ねたらやっぱり鍋に入れるのが正解だったようで,ワタクシメもふたキレほどいただきました)。

かなり

s-IMG_4981.jpg

微妙な

s-IMG_4982.jpg

盛り付けの

s-IMG_4980.jpg

食い物が

s-IMG_4983.jpg

不意に出てきます。
美味いかって言われると,いや「別に」って沢尻エリカのように答えちゃうかもしれないけれども正直,ワイワイ騒ぎながら酒飲んでたら食いものなんてなんだっていいのだ(←オイ!)。

この日の僕は調子が良くビール3杯,ハイボール1杯,ウーロン茶を1杯はさんでハイボール2杯。いや,酔ったわ・・・

ごちそうさまでした〜。
ホントに3,000円で済んじゃったよ。
これは,アリだな。


posted by poptrip at 00:00 | Comment(2) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする