読書日記(2018年1月~2月)

  京都ぎらい/井上章一 鯖江市図書館で借りました。京都の特殊性(京都の中心地にいる人間がその他地域に住む人を京都人と認めない・バカにする)にスポットを当てて嵯峨で生まれ宇治に暮らす著者が受けた差別的体験をもとに書かれたなかなか興味深い本です。かなり辛口で辛辣なことが書かれています。 カエルの楽園/百田尚樹 越前市図書館で借りました。 最高傑作?とは思いませ…

続きを読む

読書日記(2017年11月~12月)

最近あまり本を読めてません。 図書館には定期的に通っているのですがまとまった時間がなかなかとれなくて小説には全く手をだしておりません。読書の優先順位がいまは下がっているのです。 部屋ではほとんどの時間Amazon Primeとフジテレビ・オンデマンドの動画配信で「救命病棟24時」「ドクターX」と「ドキュメンタル」を見ているもので。「救命病棟24時」は第4シリーズまで,「ドクターX」はシー…

続きを読む

読書日記(2017年9月~10月)

ここ最近は小説よりも実用書を多読しております。その一部をご紹介。 スズメの謎/三上修 スズメは日本に何羽いるんだろう。そして増えているんだろうか,減っているんだろうか。そしてどうやって調査したらいいのだろうという疑問から始まりそれを解いていく過程と結論がわかりやすく書かれています。面白かったです。先日の福井新聞の六呂師高原のスズメの記事にこの本の著者のことが書かれていました。 …

続きを読む

読書日記(2017年7月~8月)

主に電車(JR)の中で暇つぶしに読むために図書館で借りた本です。JRって乗っててもつまんないんだよな(個人の感想ですw)。 カッコウの卵は誰のもの/東野圭吾 自分の娘がもしかしたら本当の娘じゃないかもしれない。カッコウは托卵をするというのは動物好きの僕にとっては常識なわけですが,まあ父娘を巡り殺人事件も起こり・・・東野圭吾お得意のヒューマンドラマ。うーん,ふつうかな。 …

続きを読む

読書日記(2017年1月~6月)

ずいぶんご無沙汰の読書日記です。 ここ半年ほどは映画(DVD,Hulu,Amazon)ばっかり見てて,本をあまり読んでおりません・・・   騎士団長殺し1部・2部/村上春樹 でも,村上春樹だけは別格。といいつつも発売日に楽天から届いたのにずっと手をつけることができず・・ようやくつい先日読了したわけでございます。 1Q84,海辺のカフカ,ねじまき鳥クロニクルと比べるとずいぶん落ち…

続きを読む

読書日記(2016年12月)

星の王子さま/サン・テグジュペリ 「しくじり先生」でオリラジ中田が解説してたのを見て面白そうだったので。番組でも言っていた通り,僕もずいぶん昔に途中で挫折したことがありまして・・・実家の書棚から引っ張り出してきて読んでみました。・・・・やっぱり面白くない(笑) まあ,深く読めば深い話なんだろうけれども,僕が思うに日本語訳がイマイチなんじゃないかって。いきなり「うわばみ」とかってのが出…

続きを読む

読書日記(2016年7~9月)

今年のノーベル文学賞はまさかのボブ・ディランという・・・村上春樹はまだ若すぎるのかもしれませんな。 なんでボブ・ディランなんですかね。その答えは風の中さ。風がしってるだけさ。ってことでしょうか。 スクラップアンドビルド/羽田圭介 老人介護のお話です。今のところ介護とかにほとんどかかわりのない自分にはなかなか読んでいてつらい話だったわけですが,まあそれなりの話でしょうかね。芥川賞…

続きを読む

読書日記(2016年6月)と鯖江市立図書館

よろこびの歌/宮下奈都 福井県出身でいま話題の作家ですが初めて読んでみました。越前市図書館にあったのはこの1冊だけだったので否応なくこの作品を。 合唱を通して女子高生たちが成長していく青春小説といったら陳腐でありきたりに思えますが,これが面白い。実に面白い。大当たりでした。他の作品も読んでみたい。 禁断の魔術/東野圭吾 ガリレオシリーズ最高傑作。と銘打っている…

続きを読む

読書日記(2016年4月・5月)

ここ1カ月ほど図書館に行けておりません。 こう見えてもいろいろと忙しくてじっくりと本を読む時間もとれなくて。 十角館の殺人/綾辻行人 コメントで薦められたので借りてきました。ああなるほど。これは面白かったですね~。犯人が誰なのか分かった瞬間は確かにゾクっとなりましたからな。 もちろんいろいろとアレなところもあるんですが・・・この方の他の作品を読むかどうかは微妙だな。 …

続きを読む

読書日記(2016年3月)

相変わらず鯖江市図書館と越前市図書館の両刀使いで本を借りる日々を送っております。    おとこの秘図/池波正太郎 池波正太郎は僕の最も好きな作家のひとりです。たいていの著作は読んだような気がするのだけれどまだまだ読んだことのない作品があるのはうれしいことです。もう新刊が出ることはないですからね。 相変わらずの池波ワールド堪能しました。   夜の戦士(上)(下)/池波正…

続きを読む