読書芸人&読書日記(2015年6月)

アメトーークの読書芸人。 面白く拝見しました。 ピース又吉と光浦靖子とオードリー若林という読書好きの3人の芸人がオススメの本を紹介したり,読書の楽しみ方を語るというもの。 3人が10冊づつお薦めの本を紹介していたのですが,僕が読んだことのある本が1冊しかなかったという。3人とも西加奈子の作品を選んでいるというのが興味深かったですね(ただ僕が読んだ西加奈子の本は含まれ…

続きを読む

読書日記(5月)

白いしるし/西加奈子 福井県立図書館で借りました。 西加奈子ブームも下火になってきましたかね。図書館でちゃんと借りれる本があるんだから。 恋愛小説・・それ以外書くことがない。それなり。この本を読んでやっぱり僕は芸術家にはなれないし芸術家ってのは理解できないなと思ったわけで。 窓の魚/西加奈子 越前市図書館で借りました。西加奈子の作品の中出は純文学系。美しい文章が…

続きを読む

読書日記(2015年3・4月)

風の中のマリア/百田尚樹 鯖江市立図書館で借りました。 いやあ,百田尚樹ってすごいね。と素直に思ってしまった作品。 主人公はスズメバチです。内容は書かずにおきますが,僕はこういうの好きです。 彼の言動にはいささか当惑してしまうところはありますし,いろいろと作品に対しても批判はあるようですが小説は素直に面白いんだからしょうがない。 プリズム/百田尚樹 鯖江市立図…

続きを読む

読書日記(2015年2月)

うつくしい人/西加奈子 鯖江市立図書館で借りました。相変わらず西加奈子の本は出払ってます・・ いつものとおり最初はとっつきにくいというかそんな感じなんだけど途中からぐんぐん引き込まれていくという。またいつもの不思議小説。純文学ってのはこういうのを言うのかもしれませんね。 ロスジェネの逆襲/池井戸潤 鯖江市立図書館で借りました。 半沢直樹シリーズの第3弾。…

続きを読む

読書日記(12月・1月)

通天閣/西加奈子 西加奈子をある人に勧められたもので鯖江図書館で借りてみました(西加奈子って椎名林檎とエネーチケーの番組で対談してたから多少の興味は持っていた)。 地味な人物たちの地味な生活を淡々と描いている不思議な作品です(最後には多少の盛り上がりがありますが)。美しい文章や表現があるわけじゃないんだけどなんとなく惹かれてしまう不思議な小説でした。妙にリアリティがあるからなのかなあ…

続きを読む

村上さんのところ

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが,「村上さんのところ」という村上春樹が読者の質問や相談に答えるというサイトが期間限定で開設されています。 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト 過去にも何度か同じようなサイトが期間限定で開設され,そのときのやりとりは書籍化されています。恥ずかしながら,僕はその4冊とも持っているのです。 1996年の「村上朝日堂」…

続きを読む

読書日記 カラマーゾフの兄弟

   カラマーゾフの兄弟/ドストエフスキー 約1ヶ月かけてなんとか読み終えました。 魂の限界まで取り組んだ結果です。 「カラマーゾフの兄弟」は,世界文学の最高傑作とも言われる長編小説です。 とにかく長く難解な小説のため,僕は15~16年ほど前(当時の職場は海外も含めて出張が多く,また電車通勤だったため小説を読む時間がたっぷりあったのだ)に一度読んだきり。その後何度も再挑戦し…

続きを読む

読書日記(8~11月)

読書さぼってました。 ええ,いろいろと忙しかったもんで。   海賊と呼ばれた男 上・下/百田尚樹 鯖江市図書館で見つけて借りちゃいました。買おうか迷ってたんだけどやっぱり買わなくてよかった・・ まあそれなりに楽しめたかな(期待したほどではなかった)。内容についてはよく知られていると思うので省略。最近,いろいろと世間を騒がせております例の本はちょっと読む気にならないなあ・・ …

続きを読む

2014年7月の読書日記

容疑者Xの献身/東野圭吾 映画を3回見てるのです。やっぱり結末を知っていると・・いまいち楽しめないかなあ。何度読んでも面白い小説ってあるんですけど東野圭吾のように文章の美しさよりストーリー性を重視してるものはやっぱりトリックとかオチを知ってるとその魅力はかなり減っちゃうんだなあ。 赤い指/東野圭吾 コメントである方に薦められたので鯖江市立図書館で借りました。 あ~…

続きを読む

2014年4~6月に読んだ本

事情によりあんまり本が読めてません。 手紙/東野圭吾 敦賀市立図書館で借りました。 これも「秘密」と同じで切ない話だねえ・・東野圭吾の作品って推理小説・ミステリーよりもこういう話のほうが僕は好きだなあ。素直に面白かったと思います。 輝く夜/百田尚樹 SUPER KaBoS敦賀店で購入。百田氏はtwitterやら講演会やらで相変わらず問題発言が多いわけですが(…

続きを読む