Playback 80's & 90's ⑦穂高岳5泊6日(1990/7/25~7/30)

Playback 80's&90'sシリーズ。 第7弾の今回は穂高岳です。 穂高岳(ほたかだけ)は、中部山岳国立公園の飛騨山脈(北アルプス)にある標高3,190mの山。奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳、明神岳などの峰々からなる穂高連峰の総称で奥穂高岳は日本第三位の高峰。日本百名山、新日本百名山及び花の百名山に選定されている。 北は大キレットの峻険な登降を経て、南岳、大…

続きを読む

北アルプスComment (0)

Playback 80's & 90's ③雲ノ平5泊6日(1989/7/29~8/3)

Playback 80's & 90'sシリーズ。 第3弾の今回は雲ノ平です。 雲ノ平は祖父岳火山により形成された。黒部川の本流とその支流岩苔小谷に挟まれた標高2,500~2,700mの日本で最も高い位置にある溶岩台地である。面積は25万平方メートル。池塘と岩が点在する高山植物の宝庫であり、それぞれ○○庭園と名付けらた庭園がある。北アルプスの最深部に位置するため、どの登山口か…

続きを読む

北アルプスComment (4)

Playback 80's & 90's ②槍ヶ岳2泊3日(1989/10/3~10/6)

Playback 80's & 90'sシリーズ。 第2弾は,秋の槍ヶ岳です。 ちょうど25年前の今日,大学1年生の秋。 ぼくは槍ヶ岳にいたのです! 槍ヶ岳(やりがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部にある標高3,180mの山である。山域は中部山岳国立公園に指定されており、日本で5番目に高い山である。長野県松本市・大町市・岐阜県高山市の境界にある。日本百名山、新日本百名山及び花の…

続きを読む

北アルプスComment (2)

常念岳・燕岳2泊3日(その7)

紅葉を楽しみながら下って行きます。 相変わらずなかなか急な道が続き,また次から次へ登ってくる登山者が。 12:45に富士見ベンチで休憩。 富士山はおろかほとんど風景は楽しめず ここで休んでいたらメンバーのひとりに会社の同僚からメールが。「御嶽山が噴火したらしいけど,大丈夫か?」と。ここで初めて御嶽山が噴火したということを知りました。今回の山行では御嶽山は他の山…

続きを読む

北アルプスComment (0)

常念岳・燕岳2泊3日(その6)

さて,なんとかベンチを確保しちょっと早めの昼食をいただきます。 大天井ヒュッテの弁当 斬新な盛り付けです。 ご飯に埋め込まれたソーセージ(笑)・・・この弁当には「ソーセージ弁当」と命名しました。 これはこれでアリなんじゃねえかと。思った以上に豪華でうれしい。 長老やマスターによると,「ふつう山小屋の弁当っておにぎりと漬物だけだったりするからこれはすごいよなあ」っ…

続きを読む

北アルプスComment (0)

常念岳・燕岳2泊3日(その5)

山小屋の朝は早い。 朝食は5時。4時20分に自然に目を覚ましますが辺りは真っ暗。とりあえずヘッドライトをつけてトイレへ。ええ,寝起きうんこです。暗闇でうんこです。小屋泊まりでもヘッドライトは必須ですからね! 部屋に戻ってしばらくして4時40分ごろパッと部屋の照明が灯りました。 5時になると主人の朝食ができましたよ~という声。 ぎしぎしと音のする廊下を通り階段を下りて食堂へ。 …

続きを読む

北アルプスComment (2)

常念岳・燕岳2泊3日(その4)

大天井岳の山頂は大天荘の裏山みたいな感じなので手ぶらで登って行きます。 こんな時間なのにすれ違った人も含めると山頂付近には20人近くの人が。   三等三角点 天章山(2922.05m) 今回の山行ではここが最高到達点。そして初めての三角点。 今まで歩きながら見てきた風景とほとんど変わり映えしないため正直言って感動のようなものはほとんどないという(慣れってのは恐ろしい…

続きを読む

北アルプスComment (2)

常念岳・燕岳2泊3日(その3)

さて,宿泊地である大天井ヒュッテを目指します。 常念岳ピストンがボディブローのように効いてしまったのか・・・横通岳への登りがキツくてキツくて。おばはんのスローペースがちょうどいい・・というかおばはんについて行くのが精いっぱいという不甲斐なさ。 振り返ると常念岳と常念小屋が 右手には安曇野 左手に赤岩岳・西岳が(表銀座コース・槍ヶ岳への縦走路です) …

続きを読む

北アルプスComment (0)

常念岳・燕岳2泊3日(その2)

さて,計画外ですが常念岳山頂を目指します。 その前に,おばはんが握ってくれたおにぎりを3つほおばり,高山病もちのマスターは頭痛薬を飲んで準備万端。ザックを置いてペットボトル片手にどんどん登って行きます。 こんな岩だらけのところをペンキマークを頼りにジグザグに登って行きます。 右手にずっと槍・穂高連峰をみながら高度を上げていくとさっきまで見えなかった山々がどんどんと見えてきます。…

続きを読む

北アルプスComment (0)

常念岳・燕岳2泊3日(その1)

ヘタレ御一行による秋の山行。 今回は前回北岳・間ノ岳へ行ったレギュラーメンバーである長老・おばはん(料理長)・マスター・poptripに2人の仲間が加わりました。なんかone pieceみたいだな(笑) トレランをやってる会社の先輩(トレランと呼ぶことにする),北岳のときは直前でおじいさんが亡くなり不参加となった若手(藤島高校卒のためフジシマと呼ぶことにする)の2名。 計6名の豪華メンバー…

続きを読む

北アルプスComment (4)