村国山#3

福井の冬とは思えない空模様が続いております。 例年のこの時期に見慣れている鉛色の空が,今年は連日のように白色または青色の空となっているんですよ。 この日も快晴とまではいかないけれど青空も見える。そして何より空気が澄んでいて家の近くのビュースポットからちゃんと白山も見える。 ・・・どこかへ登るっきゃないな。 でもいつものごとく当日のお昼くらいに思い立つので往復2時間くらいの手ごろな…

続きを読む

嶺北の山Comment (6)

足羽山

天気が良かったのでちょいと足羽山に登ってみました。 だってうちの近くからはこんなにくっきりと白山が見えるんだぜ。 きれいな顔してるだろ。 ウソみたいだろ。 死んでるんだぜ,それ。 あ,すいません。白山を見ていたら,「タッチ」の名セリフを想い出してしまったもんでw みどり図書館に車をとめ,カメラだけを持って登っていきます。 急きょ登ることにしたので何も調べてな…

続きを読む

嶺北の山Comment (2)

部子山(池田町)

快晴も甚だしい。 やんごとなき快晴。 そんな休日,たまたま僕もヨメも予定がなくドフリー。 家でのんびり(というかダラダラ)過ごすのもいいけど,たまにはお出かけしてみるか。 を駐車場までクルマで行けて,そこから10分くらい歩けば山頂に行ける1,500mくらいの山があるから一緒に行ってみるかと,意を決して誘ってみたところ・・ついて来ると。なるほど。じゃあ行くか。 ムスメも誘ったので…

続きを読む

嶺北の山Comment (8)

夜叉ヶ池#2

高校時代の同級生2人と,その同級生の会社の後輩の4人で行ってきました。 ほぼ1年ぶりの夜叉ヶ池。 誰かといっしょに山に登るのは本当に久しぶりで・・これも去年の夜叉ヶ池以来。 そうです,僕は単独行動が好きなんです。というか集団行動が苦手なのです。でも気の置けない仲間であれば話は別。楽しい山行となりました。 最初にちょっとした急登があり,その後はずっとなだらかな道が続きます。…

続きを読む

嶺北の山Comment (4)

下市山(福井市)

ずいぶん前に行った下市山ミルキングコース。 もう忘れかけているので文章はあまりかけないなあ。 まず「ミルキング」の意味からして不明なので検索してみるのですが,なかなか意味が書かれているサイトが見つかりません。 そげキングみたいなもんなのかな。 違うか。 しかし,最近のワンピース・・もうわけがわかりません。 なんか魚人島あたりから面白さがどんどん低下してるような。 …

続きを読む

嶺北の山Comment (6)

冠山(池田町)

とにかく冠山へはアクセスが・・ 道はまあ林道としては立派なものなのですが(ガードレールのない個所はたくさんあるので運転を誤ると死ぬことができます),峠までは果てしなく遠い。 ようやくたどり着いた峠には 「峠です!」と胸を張った看板が。 わかっとるわい!とツッコみたくなります。 そして,各町が競い合うように町名の入った石碑が立っている。 冠山が見えます …

続きを読む

嶺北の山Comment (2)

杣山(南越前町)#2

この里山とは思えない,険しい山。 再チャレンジです。 今回も第二登山口から   今回は東御殿ではなく,姫穴経由で西御殿を目指します。   ジグザグのなかなかキツイ登りが続くと,結構危険な個所が。 いやー足を踏み外したら大けがしますぞ,これは・・ 僕が愛読しているよたよたさんのブログではもうヤヴァイくらい超危険ってなってたけどそこまでではなかったかな・・ …

続きを読む

嶺北の山Comment (4)

鉢伏山(南越前町)

鉢伏山です。 実は今回が2度目なのですが,1度目はガスだらけでほとんど写真も撮らずブログでは記事にしていなかったのです・・ 今庄365スキー場を通る林道足谷線,さらには林道栃木山中線を登っていくと立派な駐車場にたどり着くのです。 駐車場にあった周辺地図   さて,登りますか。 ちゃんと途中のコンビニでうんこを済ませてきたので,体調は万全です。 山登り…

続きを読む

嶺北の山Comment (12)

琵琶山(鯖江市)

鯖江市に琵琶山という小さな山があります。 国土地理院の地図にも載っていないような山なのですが・・ 昔の地図にはちゃんと琵琶山が載っているのです。 福井県管内図 大正6(1917)年福井県立図書館貴重資料データベースより 「続・山々のルーツ/上杉喜寿著」には,なぜかこの琵琶山が紹介されていて,鯖江三十六連隊ではこの山に向かって突撃の演習をしていたという記述があります…

続きを読む

嶺北の山Comment (8)

杣山(南越前町)

杣山(そまやま)です。 花はす公園のテニスコートは昔よく利用していたのですが,山に登ったことはありませんでした。 今回は,第二登山口から登ることにします。 最初はなだらかな階段が続きます。 途中の分岐では,すべて東御殿方面に進みます。 最後の分岐を過ぎてから急登に変わりそれが頂上まで続きます。まずは,この登りにやられました。はっきり言ってなめてました・・この山。意外とキ…

続きを読む

嶺北の山Comment (2)