鬼ヶ岳#14 今年初めてのギフチョウ

3月27日(日) はれ 前日の日野山の後遺症・・・久しぶりに筋肉痛になりました。ふくらはぎが。 やはり日野山は僕にとっての天敵だった。 前日よりも天気がいいので,リハビリがてらちょこっと鬼ヶ岳。 残念ながらデジイチにSDカードを入れ忘れるという失態をまたも犯してしまったため今回はスマホで撮影した残念な写真ばかりなのですがご容赦ください。 水も買うのを忘れたので(←オイ!ヤバ…

続きを読む

日野山#6 中平吹コース

3月26日(土) 晴れときどきくもり いつものメンバーに消臭をかけたところ(俺の知り合いってみんな臭いんだよw),いや失礼召集をかけたところ集まったのは暇を持て余している長老とおばはんのみ。ジモティの若手Hくん(日野山の登山道にある「頂上まであと○○m」って絵を小学生の頃に書いたことがあるんだそうで・・・ ↑こういうやつです),「すみません。超地元なんですけどどうしてもこの日は都合が…

続きを読む

鬼ヶ岳(#13)

2月12日(金) 本日は会社はお休みをいただきまして・・・ 午前中は天気もよさそうなので山に登ろう。三床山や文殊山はちょっと物足りない。日野山はちょっと敷居が高いので鬼ヶ岳。短絡的で安易な思考回路。 9:09にカントリー裏駐車場をスタート。 長靴を履いた常連さんたちと思われる人が駐車場に多数。僕は長靴で雪のある傾斜の急な斜面をを上り下りするのがイヤだったのでトレッキングシュー…

続きを読む

鬼ヶ岳#11

11月7日(土)くもり ちょっと体がなまってるのと新しい靴をもうちょっと試してみたいということで鬼ヶ岳。最近はハードな山に登ってないので不安もあったりして。 鬼ヶ岳っつー山は,標高533mの低山なんですが急登が続くなかなかキツイ山でありましてトレーニングのため,あるいは自分の体力を計るのに最も適した山。だいたい登るときに目標をたてるのですが,冒頭のとおり不安を抱えているため本日の目標は,…

続きを読む

popさんのよたよた山歩き(仮称)

パクリ企画第3弾。 福井を代表する山ブログ「よたよた山歩き(仮称)」風に,鬼ヶ岳の山行記録を。 これは正真正銘のパクリです。佐野氏は五輪のエンブレムについてパクリを認めていないようですが,ええ僕は認めますよ。今回の記事はパクリだと! もちろんよたよた氏の許可はとっておりませんが,雲ノ平のように広い心を持ち,そして槍ヶ岳のように高い志を持ち,富士山のように何事にも動じず,文殊山のように誰をも…

続きを読む

鬼ヶ岳#9(周回コースと奥・鬼ヶ岳)

お昼にヨメとラーメンを食いに行く約束をしていたのでサッと登ってサッと下りてこれる山ということで鬼ヶ岳。自宅からも比較的近く,車で10分ちょいで登山口までいける。はずだったんですがこの日は平日。そして家を出たのが7:30。通勤ラッシュで広域農道が大渋滞ですよ。知らなかった。こんな田舎でもこんなに渋滞するなんて。しょっぱなから計画が狂いました・・ 大虫神社に立ち寄り,コーヒー用の水を調達します…

続きを読む

鬼ヶ岳#8

昨日はあまりにも天気がよかったので,それもホントに久しぶりの晴天だったため・・敦賀から鯖江の自宅へ帰る途中に思わずちょこっと寄り道。 鬼ヶ岳登山です(寄り道ってレベルじゃねえだろ!) 長靴にしようかトレッキングシューズにしようか迷ったんですが,トレッキングシューズ・スパッツ・アイゼンの3点セットの方を選択しました。 年末に登ったときよりは積雪が少なく,今回は…

続きを読む

日野山#5(中平吹コース)

日曜日は日野山。 中平吹コースです。 登山口には雪はないのですが,登って行くうちに少しずつ積雪が増えてきます。 それにしても本日の日野山は大盛況でした。 ワカン背負ってる人やら長靴にアイゼンつけてる人やらいろんな方がいらっしゃってました。ええ,僕はいちおう軽アイゼン持参で長靴ではなくトレッキングシューズで。 道はできていて踏み固められているので長靴あ…

続きを読む

登り納めの鬼ヶ岳

つかの間の晴天。 前日深夜まで飲み会だったのですが,この機会を逃したら後悔しそうだったのでがんばって早起きしてやってきました武生の鬼ヶ岳。文殊山や三床山ではちょっと物足りないなあというときには鬼ヶ岳なのです。   登山口付近はほとんど雪がなかったのですがしばらくすると雪が少しずつ増えて行きます。この山はずっと急登が続くというなかなかハードな山でありまして。 しかもこの日の…

続きを読む

日野山#4 中平吹コース

日野山へ。 久し振りに定番である中平吹コース。   公民館の駐車場から400mほど歩くと日野神社がありその横を登っていくと登山口があります。 林道をずっと登って行きます。 しばらく行くと登山道との分岐があり,左へ進みます(林道をずっと進んでも山頂までたどり着けるんじゃないかと思われますが・・・) 日野山は各コースとも地元小学生によるこのような表示が…

続きを読む