2014年05月22日

日野山(牧谷峠〜萱谷コース)【後編】

山頂から広がる景色は本当に素晴らしかった。
神社の方まで移動してこの絶景を堪能しました。

この日は本当に空気が澄んでいて遠くまで見えるんです。
見えすぎちゃって困るの。っていうくらい。

ということでいつもより画像サイズを大きくしてお送りしたいと思います。

s-IMG_3571.jpg
左奥の双耳峰が青葉山,右奥には丹後半島

山頂で出会った日野山のベテランっぽいおじいさんによると,丹後半島まで見える日はめったにないんだそうで。年に数回かなあとその人はおっしゃってましたが,ホンマかいな。まあ貴重なものが見れたことは確かだと思います。

s-IMG_3575.jpg
白山もばっちり


ここで出会った別のおじいさんも(さっきからおじいさんばっかりやないかいw)
「こんなよう見えるの初めてやわ。いつ来ても武生の街しか見えんもんなあ。ガハハ」って。

もちろん僕も・・ここここんなの初めて!!
って感じで,実は白山が見えたのも初めてかもしれないという・・

s-IMG_3572.jpg
福井市方面

なんと,三国の火力発電所まで見えるじゃありませんか。
すごいね,これは。

s-IMG_3587.jpg

s-IMG_3576.jpg

コーヒーをいただきながらFacebookに投稿しようとするんですが3Gが不安定。
同行者はLTEであっという間に投稿が終了していて・・・そうか,LTEのほうが届きやすいところもあるのか!と情報弱者の僕は愕然としたわけです。

s-IMG_3578.jpg

いやあ今日はホントにいい山行だったよ(←まだ終わってねえけど)。

身支度をととのえて萱谷コースから下山することにします。
荒谷コースから登ったことがあるのでしばらくはアホみたいな斜度の下りがあるのは分かってましたがやっぱりこりゃあひどいわ(笑)

s-IMG_3592.jpg

この下りで

ついに噂に聞く

あのお方に遭遇しました。

s-IMG_3594.jpg
名物犬 金太

西方ヶ岳にも,名物犬みたいなワンコがいるんですがその犬とはお会いしたことがあります(笑)いやあ,今日は初めてづくしの山行となりましたわ。

萱谷コースと荒谷コースとの分岐を過ぎてからもなかなかの急な下りが続きます。そして続々と人が登ってきます。山頂で会ったのは5〜6人だと思うんだけど下山中には30〜40人とすれ違いました。このコースはメインコースじゃないと思うんだけどすごい人気ですね。このコースは僕らが登ってきた牧谷峠コースのように道に迷う心配はありませんが,ここを登るのはけっこうキツイだろうなあ。

s-IMG_3605.jpg s-IMG_3615.jpg 
萱谷コースにも小学生が作った道標が

標高が低くなってくると道は掘られたものに変わってきます。

s-IMG_3619.jpg

そして萱谷登山口へ到着!

s-IMG_3623.jpg

おつかれっしたー!

【実績行程】
駐車場07:34
牧谷峠08:39
日野山山頂着09:34
日野山山頂発10:14
駐車場11:25


登り:2時間00分(休憩15分含む)
下り:1時間04分(休憩なし)
歩数:約16,800歩
標高差:約700m
歩行距離:7.9km


posted by poptrip at 21:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鬼ヶ岳・日野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

日野山(牧谷峠〜萱谷コース)【前編】

ネット上ではこのコースを知っていたのだけれど,先日購入した「登ってみねの福井の山 vol.7」でもこのコースが新たに紹介されていたので行ってみました。
いちおう先に断っておきますが,牧谷峠コースは林道から峠まで草により道が隠れている箇所が何か所もありますので注意が必要です。僕も何度かルートをはずれちょっと苦労しました。

お寺の駐車場に車を停め,南に向かって道路を歩くと登山口に到着。
林道はその先まで続いており,しばらくは林道を歩きます。

s-IMG_3500.jpg s-IMG_3501.jpg

s-IMG_3504.jpg s-IMG_3506.jpg

「あと○○メートル」っていう小学生の手作り表示はこのコースにもちゃんと存在していますが,かなり朽ち果てていて文字が読めないもの,割れているものなどもたくさんありましたが,ちゃんとここが登山道なんだよという目印にもなってありがたいです。特にこのコース,草が生い茂っていて道が不明瞭なところがありルートを外れたりもしたのですが,この手作り看板に助けられたりしました。

s-IMG_3507.jpg s-IMG_3510.jpg

林道をはずれると沢沿いの細い登山道を登ります。ここらあたりから少し坂が急になってきます。

s-IMG_3513.jpg s-IMG_3516.jpg
この丸太の橋のところは誰もが迷うと思うわ(笑)

草の生い茂った沢のようなところを登ったりもしますが,まあ道がどこなのかわかりにくい。
2度ほどルートを外れましたが修正し,林道に出ました。途中で僕らを追い抜いて行った軽トラがここに泊まっていたので(ヒッチハイクすればよかったかなあw),林道をずっと登ってくればここにたどり着くんではないかとも思われます。いちおう一般車は登山口から先は進入禁止だと思われますので。

s-IMG_3519.jpg s-IMG_3520.jpg
林道出会

林道を横切って登山道が続いているのですがここがちょっと分かりにくい。何も考えずに山菜取りをしているおじさんのほうに向かって歩いていたら完璧に道が無くなりました(笑)ここもちょっとした藪,なんとか登山道へ戻ることができました。
ここからは急登で一気に高度を稼ぎます。

s-IMG_3528.jpg s-IMG_3529.jpg
牧谷峠

尾根沿いの道を日野山へ向かいますが,ここからはアップダウンを繰り返し急登箇所も何か所かあり・・そして蜘蛛の巣地獄。蜘蛛の巣は,人気のない山の細い登山道につきもの。蜘蛛の巣が人気のある山かどうかのバロメーターなのでありますが,ここの人気の無さはなかなかのものと推察されます(笑)

そして,ここまでいいペースで来ていた同行者(メタボ)のペースが一気にダウンします。

おまえ大丈夫かとおでこに手を当てた〜♪

って歌いたくなるくらいの汗をかいている同行者に多少の気を使いながらゆっくりと歩いて行きます。

s-IMG_3532.jpg s-IMG_3533.jpg

前方と左側の展望が開けてきます。

s-IMG_3534.jpg s-IMG_3538.jpg

前方ピークは日野山ではなかったことが後に判明する(泣)

この偽ピークのあたりまで進むと道標もなにもない分岐がありまして,

s-IMG_3548.jpg

そこを左にすこし進むと大きな岩があります。

s-IMG_3547.jpg
トンビ岩

という岩らしい。とくに案内板も何もないが,そういうことにしておきたい。

このあたりでは同行者はもうなんか死にそうな顔をしていたので・・

いや,メタボ君,きみもここまでよくやったよ。
僕は拍手を送りたい。


ということでお先に失礼させていただきました(←オイッ!!)

最後の最後に急登が待っていてちょっとガックリ来ましたが無事に山頂(三角点)へ到着です。遅れて連れも到着。駐車場から山頂までちょうど2時間でした。

s-IMG_3564.jpg s-IMG_3565.jpg
二等三角点 日野山(794.42m)

日野山くらいの山なら前後編に分けなくてもいいかな〜
なんて思ってたんだけど意外と長くなってしまったので・・・つづく。

posted by poptrip at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鬼ヶ岳・日野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

鬼ヶ岳#6

今年に入って3回目の鬼ヶ岳。
ぼくは,鬼ヶ岳に恋しているのかもしれない(笑)

登る前にちょいと大虫神社に寄り道しまして

s-IMG_0223.jpg s-IMG_0224.jpg

お水を調達いたしました。
まあさすがに生で飲む勇気は僕にはないのでコーヒー用のもの。
遭難しちゃったりしたらもちろん飲みますけど鬼ヶ岳で遭難は・・ないよなあ。

さて,あとはいつもの急登を登っていくだけです。

新緑の中,

s-IMG_0238.jpg

先行する山ガール2名のおケツなどを眺めながら登っていきます。
いや,この後ちゃんと追い抜きまして僕が逆にプリプリのおケツを眺められていたわけです(被害妄想)。
ってこの登りは急なのでそんな余裕はないんですけどね。

山を歩いていると追い抜くタイミング・追い抜かれるタイミングって意外と気を遣ったりします。「どうぞ,先に行ってください。」「いえいえ,私も遅いんで・・」そんなやりとりが繰り返される時もあったり。

49分で山頂に到着。
登っている途中から分かり切っていたことなんですが山頂からの風景は・・死亡しておりました。

s-IMG_0247.jpg
日野山や文殊山すら見えないという・・悲劇

しかたないのでケリーケトルでお湯を沸かそうとしますが・・・風が強くてライターの火が瞬時に消えてしまい着火剤に火をつけることすらできない(小屋の中ならもちろん風は防げるのですがケリーケトルは煙が発生するので・・・)。

で,ガスバーナーでお湯を沸かしたのですけれど僕の鍋が変形しておりましてですね・・なんとか蓋をあけたものの蓋がしまらない!

s-IMG_0244.jpg

まさにふんだりけったり。
せっかくおいしいお水を汲んできたんだけどなんかコーヒーの味も・・

いちおうお決まりの三角点の写真を。

s-IMG_0246.jpg
三等三角点 鬼ヶ岳(532.60m)

この後,つつじまつりに行く予定があったので走るように下山したのでした。
という山行記録・・

【実績データ】
登り:49分(休憩4分含む)
下り:29分
歩行距離:2.9km
標高差:430m
歩数:6900歩




posted by poptrip at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鬼ヶ岳・日野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

鬼ヶ岳#5

休日出勤の代休。
昨日,鬼ヶ岳に登ってまいりました。

s-IMG_2637.jpg

相変わらずの急登の連続。

s-IMG_2640.jpg

久し振りのハードな登り。
僕のなまった体にはこたえます,

そして春霞っていうんですか・・もう遠くはほとんど見えず・・

s-IMG_2650.jpg
バカもかすみかすみ言え!ってな感じですよ。

s-IMG_2654.jpg
最後の急登は何度登っても慣れることはない

去年の夏は39分で登ったこの山に,はあはあ言いながらなんとか55分で山頂へ。雪が積もってた時でも52分で登ったんだけど・・。

山頂では桜が僕を出迎えてくれました。これは想定外。

s-IMG_2678.jpg

そしてギフチョウ。

s-IMG_2666.jpg


s-IMG_2675.jpg
三等三角点 鬼ヶ岳(532.60m)

そして,これまた久しぶりのケリーケトル。

s-IMG_2661.jpg


s-IMG_2705.jpg
ぶんぶんぶんとハチがうるさかったのです!

さっと登ってさっと下りれるところがこの山のいいところです。

【実績】
登り:55分(休憩5分含む)
下り:36分(休憩なし)
標高差:430m
歩行距離:3.1km
歩数:約8,100歩




posted by poptrip at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鬼ヶ岳・日野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

鬼ヶ岳(越前市)#4

晴れた空,そよぐ風。
昨日の日曜日。Yahoo!ニュースでは「東北・北陸では暴風雪に注意!」なんて記事がでてましたがこの日の福井県は晴れですよ晴れ。「北陸」ってさぁ,この場合新潟だけのこと言ってんじゃないの。新潟って北陸っていう感じがしないんだよね。

ということで急きょ,手ごろな山に登ることにしました。
今年登ったのは文殊山と三床山・・ときたら鬼ヶ岳しかないっしょ。

農道も駐車場もほぼ満車。
駐車場に車をとめて登山道へ向かいますが,その途中にすごいぬかるみがありまして・・

s-IMG_2034.jpg s-IMG_2033.jpg

いきなり気持ちが萎えてしまい,引き返そうかと思いましたがなんとか踏みとどまりました(笑)

その後も泥だらけの登山道にげんなりしながら登っていきます。この日は長靴ではなく,登山靴で臨んでいたのであんまり泥の中を歩きたくなかったんですよね〜

s-IMG_1991.jpg s-IMG_1998.jpg

このコースには途中,下から小鬼,大鬼,白鬼という3つの展望台があるのですが,大鬼展望台を過ぎたあたりまでは土あるいは泥の道をあるく感覚。
この山は,文殊山や三床山と比べて標高が高いというのもあるのですがとにかく傾斜がきついので疲労度が半端なく,大鬼展望台でしばし休憩。

s-IMG_2004.jpg
大鬼展望台にて

ここからほとんど地面は見えなくなり雪上を歩くことになります。
たくさんの登山者が来る人気の山の為道は完全に出来ているのですが雪が踏み固められていて逆に歩きにくくなっていたり。
滑りやすいのと急登なものでせっかちな僕も慎重に一歩一歩進んでいくためかなりペースが落ちます。

s-IMG_2006.jpg s-IMG_2012.jpg

白鬼展望台を過ぎて残り100mの表示からの最後の急登(心臓破りの坂と勝手に命名させていただく)は雪のため非常に難儀でした。

ようやく山頂へ到着。50分もかかってしまいました・・・

s-IMG_2014.jpg s-IMG_2015.jpg

山頂付近は,一面雪に覆われていたので,軟弱と思いつつも避難小屋の中でお湯を沸かします。小屋の中でケリーケトルなどを使うわけにはいかず(ていうか最初から持ってきていないww)ガスバーナ使用。あっという間にお湯が沸く。

s-IMG_2021.jpg s-IMG_2024.jpg

いちおう,コーヒーは外で飲みます。

s-IMG_2018.jpg

遠くの方は霞んでいて絶景とまではいきませんがなかなか気持ちのいいものでした。

s-IMG_2016.jpg
三等三角点 鬼ヶ岳(532.60m)は雪の下

下りはもう横向きで歩くばかり。
なんとか一度も転ばずに下山できました。


【実績】
登り:52分(休憩6分含む)
下り:35分(休憩なし)
標高差:430m
歩行距離:3.0km
歩数:約9,500歩



↑GPSの調子が悪くて登りの大鬼展望台からのログとなっています

posted by poptrip at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鬼ヶ岳・日野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする