蛇谷ヶ峰(滋賀県・901.54m)

5月31日(金) くもりのち雨 いつものメンバーで日帰り登山。 長老は膝に爆弾を抱えているため山には登れない。 となると僕らが山に登っている間時間をつぶせるような山じゃないと・・つまり麓に温泉がある山が必須条件。 今回長老がピックアップしてきた山は滋賀県,朽木温泉のある蛇谷ヶ峰(じゃたにがみね)です。もちろん初めて聞いた山。ほとんど何も調べずにやってきたのは長老(温泉担当),おば…

続きを読む

養老山(岐阜県・859.31m)【後編】

三角点のある場所は木々に囲まれていてガスが晴れていても眺望はきかないのは明らか。 ガスで何も見えない中,懸命にボウズハゼのように登ってきたのに(昨日のダーウィンが来たはボウズハゼでしたw),山頂も何も見えなくて。 何も見えなくて・・・winter version に思いをはせたところで, さて,ピストンにするか周回コースで下山するか。 体力の有り余っているマスタ…

続きを読む

養老山(岐阜県・859.31m)【前編】

2月16日(土) くもりのち晴れ 久しぶりの県外遠征。 そして久しぶりの仲間との山行。 ターゲットは岐阜県の養老山。 本格的とはいかないまでもそこそこの山。 800m級(笑)の山はチョー久しぶりなのだ。平地よりは幾分酸素が薄いはず。2018年2月のムスメのお受験旅行のときに筑波山(875m)にケーブルカー使って登っているのだが,ふもとから歩いて上った山の最高峰は日野山(794m…

続きを読む

伊吹山北尾根縦走【後編】

伊吹山北尾根を登っていきます。 左手には 琵琶湖 が見えます。 なにかを撮影しているのか 望遠レンズを構えたカメラマンたちがドライブウェイに確認できます。 P1149を過ぎると下ったり登ったりしながら (たぶん)能郷白山 などを見つつ・・・ ところどころ視界が開けるところもあるのですが, 左から国見岳,大禿山,御座峰…

続きを読む

伊吹山北尾根縦走【前編】

6月3日(土) 晴れときどき曇り 長老から連絡が。 「次回の山行は,伊吹山北尾根で。伊吹山じゃないから。お花が多いらしいぞ」 はて。伊吹山北尾根ってなんじゃろ。 ちょいと調べてみると伊吹山の北にある国見岳,大禿山,御座峰という三つの山を縦走するコースのようで伊吹山ドライブウェイにぶち当たるんだけどこの道路は自動車専用のため徒歩で伊吹山山頂に登ることはできないとのこと。 だいたい…

続きを読む

赤坂山~大谷山縦走(滋賀県高島市)【後編】

明王の禿をピストンするという元気な輩たちを待つ間,山座同定を。 北から時計回りで サザエと野坂の頭だけ見えます(誰かに教えてもらったので合ってるかどうかは保証できませんが・・・・) 明王の禿,乗鞍岳,右奥にうっすらと金糞岳 左奥・中央奥にうっすらと金糞岳と伊吹山(キミには見えるか?w) 琵琶湖方面 大谷山,大御影山 久須夜ヶ岳…

続きを読む

赤坂山~大谷山縦走(滋賀県高島市)【前編】

6月11日(土) くもりときどき晴れ この日は,先月西方ヶ岳に登った僕の所属する”真面目な登山団体”による月例山行。 実はこの日は,いつものヘタレメンバー(おばはんや長老たち)からも山に登ろうと誘われておりまして。ええ,僕は冷徹に前者を選択したのです。すまん,おばはん。いろんな事情があるんだよ。あ,おばはんたちとの山登りが真面目じゃないというわけじゃないので誤解のないようにw とい…

続きを読む

武奈ヶ岳(滋賀県)【後編】

ここまで迷路のように登山道の分岐を通過し,道に迷いそうになりながら(まあどこを通っても山頂には着くのですが時間と体力のロスを避けたいわけで・・),なんとか計画通りのルートを進んでいきます。初めての人が登っても分かりやすいような道標が整備されるとうれしいんだけどなあ。 ※このあともいくつか分岐を通過するのですが面倒くさいのですべては記載しません(←オイッ!) 杉林の間をどん…

続きを読む

武奈ヶ岳(滋賀県)【前編】

5月14日(土) はれ 武奈ヶ岳(ぶながたけ)は、滋賀県大津市にある、標高1214.4mの山。滋賀県西部、湖西地方に位置する比良山地の最高峰である。琵琶湖国定公園の一部。日本二百名山、近畿百名山の一つ。(wikipediaより) 今回のターゲットは武奈ヶ岳でございます。 メンバーはいつもの長老,おばはん,マスター,poptripの4名。残念ながらトレランおやじは直前になって参加不能…

続きを読む

大峰山(奈良県)【後編】

弥山小屋まで下り,今回のメインディッシュ・八経ヶ岳へ向かいます。 シラビソ?の立ち枯れを左手に見ながら,困ったことにどんどん下っていきます。 お腹と一緒でこういうときに下るのは本当に嫌なものです。 標高にして100mほど下りましたかね。 ここからはもちろん登りが始まります。 このあたりはオオヤマレンゲという植物の自生地となっており,鹿の害を防ぐた…

続きを読む