大峰山(奈良県)【前編】

5月12日(木) 快晴 久し振りにハードな日帰り百名山を。といっても登山自体がハードなのではなくて往復の運転も含めてハードだということでして。 奈良県の大峰山です。福井から日帰りで行ける百名山は限られるわけですが,大峰山くらいの距離がギリギリじゃないかと(←けっこうハードな一日となるのでオススメはしません)。 大峰山というのは実はややこしい山でありまして,「広義には大峰山脈を,狭義…

続きを読む

Playback 80's & 90's 鎌ヶ岳(1990/11/11)

今年に入ってから,鬼ヶ岳(533m)より高い山に登ってないんですよ。山は高けりゃイイってもんじゃないですがやはり胸を張って山に登っているというにはいかがなものかと。 ということで学生時代に登っていた山の写真を紹介してお茶を濁すという,こすい企画である「Playback 80's & 90'sシリーズ」を久しぶりに。 今回は大学2年生の時に登った三重県・鈴鹿山脈の鎌ヶ岳(1,161m)でご…

続きを読む

御在所岳【後編】

初めての山登りに近いビギナーのKさんと,1ヶ月のブランクのある僕。 不安を抱えつつ御在所岳中登山道を進む。しかし,僕等を待ち受けていたのは凍った登山道であった。 いやあこれは想定外。 つるっつるなんすよ。 土ならまだいいんだけど岩なもんで・・   クサリやロープが設置されているのが救い。 普段はあまりロープや鎖に体重を預けるということはしないのですが(確か大学のサークル…

続きを読む

御在所岳【前編】

12月6日(日) およそ1ヶ月ぶりの山登りです。 いやあ完全に山の登り方忘れちゃいましたね。ヤヴァイっすよ。 年の初め,1年間に50座登るという目標をたてたんですがどうも怪しくなってきました・・ 今回はいつものおばはん,長老に新メンバーのKさんを加えた4人で三重県,鈴鹿山脈の御在所岳へ行ってまいりました。 御在所岳(ございしょだけ)は,三重県三重郡菰野町と滋賀県東近江市の境…

続きを読む

伏見稲荷大社と稲荷山【後編】

さて,ヨメムスメと別れて,一人で山頂を目指します。(11:30)。   ヨメとムスメを待たせているので,急ぎ足で。 どんどん他の観光客を抜いて行きます。とは言っても大混雑しているのでなかなか抜くのも大変。 京都市内が見渡せるようになりました。   四ツ辻(11:37) どうも,ここまで来て引き返す人が多いようで・・・ここから先はがくんと人が減りま…

続きを読む

伏見稲荷大社と稲荷山【前編】

11月3日(火)はれ 一人で山に行こうと思ってたんですけど,この日は珍しくヨメが何も予定のない一日。どこかへ連れて行けと言うものですからムスメも誘ってみたら付いてきますと。プランを練ります。 最近知人の数人が行ったと聞いている伏見稲荷大社を。あとは大阪の方にも行ってみようかね。 伏見稲荷大社。僕は全然知らなかったんですが,知人のラインでここの写真を見てずっと気になっていたんですよ。…

続きを読む

金糞岳に振られて賤ヶ岳

8月22日(土) 会社関係の仲間たちとの山登り。おなじみおばはん,長老に加え今回は20代のヤングニューカマーも加わりまして5人で。とりあえず近場の手軽なところへということで滋賀県第二の高峰である金糞岳(1,317m)へ。山名に「糞」がつくという僕にピッタリな山です。ってコラ!だれが糞好きやねん! ちなみに新人さんはピチピチの・・・男子です。 女子はいねえのか!オレと一緒に山に登る山…

続きを読む

剣山(徳島県)【後編】

一ノ森ヒュッテでコーヒーをいただきながらご主人と雑談。 ご主人は一ノ森章太郎という漫画家です(ウソ) 福井県から来たというと,福井の方はシカの被害はどうなの?と聞かれまして,そういえばカタクリが全滅しちゃった山もありましたねえ。と答えると,この辺りもシカの被害がひどくてね。ここは国定公園だから駆除もできないし貴重なお花も荒らされて・・ネット張るくらいしか対策がないんですよとのこと。うーむ…

続きを読む

剣山(徳島県)【前編】

高知市内を出発し,剣山へ向かいます。 昨日から降り続いていた雨も上がり,天気予報はくもりのち晴れ。 高知自動車道に乗り,とりあえず南国SAでモーニングコーヒーを。 ひまわりコーヒー 四国限定で販売されている高知生まれのコーヒー牛乳。 ”風味に自信あり!絶対に他社のコーヒーには負けません。ひまわりコーヒーは、その風味で、お客様の圧倒的な支持をいただいています。粗挽…

続きを読む

石鎚山(愛媛県)【後編】

しばらくはほとんど遊歩道じゃないかって言うような平坦な道が続きます。 細かなアップダウンを繰り返して少しずつ登って・・るんだよね?と確認したくなるような。   右手にはときどき山が見えたり隠れたり。 そして20分ほど歩くと前方に石鎚山が見えてきました。 この辺りからは少しずつ傾斜が出てきますが,ほとんど苦にならない程度のもの。調子よく登っていきます。ほとんど徹夜なん…

続きを読む