石徹白からの三ノ峰(途中撤退)【後編】

銚子ヶ峰で10分ほど休憩をした後,三ノ峰を目指して登って行きます。 かなりブルーな山歩きです(笑) 気分はチョベリバ(死語)ですよ。 もうただのピークハント。実績作り。義務的な機械的な唯の作業的な。 銚子ヶ峰から無情にもどんどん下って行きます。標高で120~130mほど下ったんじゃないかな。 そして当然登り返し。一ノ峰,二ノ峰,三ノ峰とどんどん標高があがっていくので登り返しの標高差…

続きを読む

石徹白からの三ノ峰(途中撤退)【前編】

5月28日(土) くもり 前日,なぜだかなかなか寝付けませんでした。 夜中の0時30分ごろになっても眠ることができず・・・「こうなったら早起きできなければ山登りは中止だな。天気もあんまりよさそうじゃないし。」と,目覚まし時計のアラームもセットせずに。ソロで登る場合こういう風に自由度があるからいいんですよね。みんなで行く場合はこういうことができませんからなあ。 で,結局・・・3時…

続きを読む

白山三十六景

いやあ最近,山に登ってませんね~。 白山で滑落したショックが尾を引いておりまして・・・ということもないのですが天候とスケジュールがうまく合わなくて。まあ,何人かの人に言われたのが「あなたの登山には余裕がない」ということ。うん,思い当たります(笑) 今後は,すこし余裕を持ったゆったりとした山歩きを楽しもうかと・・ただせっかちな性格なもんでね。 最近,友人に誘われてとある山登りの団体に所属…

続きを読む

別当出合から別山ピストン【番外編】

先日の記事の通り,別山に登ったときにちょいとやらかしちゃいました。 ええ,下山中に崖から落っこちたんです。2mほどですが,れっきとした滑落です。 滑落とは「登山の際に足を踏み外したりして、急斜面を滑り落ちること。」たとえ1mであろうと滑り落ちれば,滑落なのです。 とりあえず自分を戒めるという意味も込めて状況をまとめてみます。字数の多い長い文章になるので興味のない人はスルーしてくださ…

続きを読む

別当出合から別山ピストン【後編】

  ガスが晴れるとときどき見える御舎利山と白水湖 見事なまでのガスり具合です。 晴れていれば御舎利山の向こうに,こんなふう↓に白山御前峰が見えるはずなんですけど・・クスン。 2015年6月に別山山頂から撮影したもの 三ノ峰方面はただただ真っ白。僕の心のような純白。 写真を撮る気にもならないわけで。 "gas"には「おもしろい」という意味もあるわけですが,一面の"ga…

続きを読む

別当出合から別山ピストン【中編】

南竜から南縦走路を通って別山を目指します。 ハクサンコザクラ(僕の好きな花です) ここ↑を右に行けばよかったんですが,まっすぐ進んでしまいまして(どっちみち合流するんですけど), テン場を通ってしまいました。少し登って下るのでちょっぴり余計な体力を消費。先ほどのソロの女性・・テント張ってましたわ。すげえな。いろんな意味で。 広っぱ(湿地)に出ました。 …

続きを読む

別当出合から別山ピストン【前編】

8月24日(月) さて,賤ヶ岳でリハビリ俳句いやリハビリハイクも済ませたことだしちょっと大物に挑戦してみようか。 僕にはあまり山ブログを通じた友人がいないのですが(笑),よく見に行き参考にさせていただいているブログがいくつかあります。彼らのブログを見ていると白山・別山あるいはみつまた山あたりがどうにも熱い。みつまた山は涼しくなってからにするとして今年まだ足を踏み入れていない市ノ瀬方面…

続きを読む

三ノ峰~別山【後編】

調子こいて当初の予定通り別山に向かいます。 右手には御嶽山のほかにかろうじて乗鞍岳も見えます。 しかしね,とてもマズイことにどんどん下っていくんですよ。 そんなに下らなくてもいいじゃん! って思うんだけどこればっかりはどうしようもありません。 100m以上下りましたな・・・ そして,当然のごとく登っていくのです。 この登りがまたキツかった・・…

続きを読む

三ノ峰~別山【前編】

前々から行きたかった,上小池からの三ノ峰・別山。 三ノ峰までは行ったことがあるのですがそこから先の別山は未知の世界。 天気予報は快晴ではなかったものの6月15日(月)に,休日出勤の代休をとり出陣。 3:30に自宅を出て上小池駐車場には5:20ごろに到着。上小池までの道もまあ走りやすい道ではありませんが許容範囲。 登山届を提出して,出発です。最初は下っていきまして(これがも…

続きを読む

三ノ峰~刈込池【後編】

とりあえず避難小屋に向かって下って行きます。 岐阜県側からは相変わらずガスがどんどん流れてくるのです。 避難小屋付近から三ノ峰と別山方面 避難小屋でトイレを済ませます。 福井県の山々を見ながら,快適な下りです。 登るときはあんなに苦労したのに・・・ 稜線の何ヶ所かは足を滑らすとヤヴァイところもありますが,慎重に歩けばノー問題。 …

続きを読む