2017年10月07日

長泉寺山#16 レッサーパンダの赤ちゃんを見に行く

10月7日(土) くもり

10月5日から西山動物園のレッサーパンダの赤ちゃんが公開されました。13時30分からの1時間だけですが。行くしかないでしょ。had betterじゃなくてmustですよ。have toなのですよ。

嚮陽会館の駐車場にクルマを停めて歩き出すと,いきなり

s-IMG_2779.jpg

オレンジのフクラムの洗礼をうけます。なんかやる気が出てきたぞ(なんでやねん!)

s-IMG_2780.jpg

鬼ヶ岳は,来年になってから挑戦だな・・・

今回は,西山動物園の裏を登ってみることにしました。たぶん初めてのコース。

s-IMG_2781.jpg s-IMG_2785.jpg

けけけ結構,キツイのね・・・

s-IMG_2786.jpg

長泉寺山山頂(112m)をスルーしてあとはレッサーパンダの赤ちゃんの公開時間まで時間調整。

s-IMG_2788.jpg s-IMG_2791.jpg

パンダランド冒険の森(遊具施設)や嚮陽庭園をぶらぶらしたあと,西山動物園へ。

s-IMG_2795.jpg

s-IMG_2792.jpg s-IMG_2794.jpg

今回はさすがにボリビアリスザルの赤ちゃんたちは

s-IMG_2808.jpg s-IMG_2811.jpg

脇役に回ってもらう以外ない。

以前,レッサーパンダの赤ちゃんを見に来たときはまだ現在のようなレッサーパンダ舎はなく,動物園の裏で公開されていたのですが今回はレッサーパンダ舎での公開。

定刻となりました。
レッサーパンダ舎にいるのは,カメラを構えたひと(同好の士ww)がほとんど。

まずは,お母さん(キラリ)が登場し,

s-IMG_2816.jpg s-IMG_2839.jpg

一目散に餌のところへ駆け出します。

しばらくすると

s-IMG_2822.jpg

飼育員さんに押されるように赤ちゃん(メイシャン)が登場!

いったん,歩き出したもののおうちに引き返そうと・・・

s-IMG_2828.jpg s-IMG_2831.jpg

しかし無情にも扉は閉められてしまっており,

s-IMG_2835.jpg

扉の前でしばらくうずくまっていました。

お母さんに呼ばれたのか(ときどき,お母さんが赤ちゃんを呼ぶ声が聞き取れました),しばらくすると走り出しお母さんのもとへ。

s-IMG_2877.jpg

しばらくは食事に夢中なお母さんの邪魔をするようにまとわりついて全く離れませんでした。

s-IMG_2863.jpg s-IMG_2898.jpg

まだ3日目だもんね。

お母さんの食事がひと段落すると,お母さんのあとをついてお散歩。

s-IMG_2958.jpg s-IMG_3012.jpg

まだ上手に高所の上り下りができないので見ていてハラハラします。2度ほど2階から地上に落ちました。まだよちよち歩きのボリビアリスザルの赤ちゃんが落ちるのは一度も見たことないんですけどね。「猿も木から落ちる」と言いますが安定感が違いますね(笑)
赤ちゃんは落ちてしばらくはパニック状態でしたが直ぐに落ち着きを取り戻し・・・お母さんはほったらかしですw

3階から2階に降りるときは何度も何度も下を確かめて,降りようとしてやめ,降りようとしてやめ・・・

s-IMG_3042.jpg s-IMG_3047.jpg

意を決してなんとか降下。

その後,

やめときゃいいのに4階まで登っちゃって・・・

s-IMG_3077.jpg

下りれなくなって途方に暮れる・・

s-baka.jpg

お前はバカか!
いや,大沢誉志幸か!

でもね,3階から4階に必死に登ろうとしている赤ちゃんを見ているときには僕もがんばれーって応援していたんだから・・・僕も同類。

しばらくしたらさすがにお母さんがやってきて「ここから下りなさい」とでも言ったのか言わなかったのか人間の僕にはわからないけれど,

s-IMG_3089.jpg

下りるべき場所からちゃんと下りてきました。
さすがお母さん。いい仕事するわぁ。

しばらくすると飼育員さんがやってきて「時間となりましたので赤ちゃんは引っ込みます」と。1時間もオレはレッサーパンダを見てたのか・・・(笑)

扉が開くとお母さんは

s-IMG_3127.jpg

そそくさと退場。

でも赤ちゃんはこのとき2階にいて,また下りれなくなっていました。

s-IMG_3134.jpg

2階から地上へはスロープがあるんだけど・・・

なぜそっちから下りようとしない?

s-baka.jpg

お母さん再び登場。

s-IMG_3135.jpg

鳴き声で赤ちゃんを呼びますが,赤ちゃんは一歩も動かず。だからスロープを使えって何度も心の中で言ってるだろ。とこの光景を見ていたみんなが同じ思いだったはずですww

見かねた飼育員さんが,赤ちゃんを誘導しようとしたら・・

まさかの赤ちゃん落下!

「あーっ」って此処にいたみんなからため息がもれます。

落下した後,赤ちゃんに飼育員さんが近寄ると

s-IMG_3137.jpg s-IMG_3139.jpg

怖いものでも見るように後ずさり(笑)
トラウマになって飼育員さんと赤ちゃんの関係にヒビが入らなきゃいいけど・・・

こうして「第一回レッサーパンダの赤ちゃんを見る会」は終了しました。

その後,もう一度長泉寺山山頂まで。

s-IMG_3143.jpg

s-IMG_3144.jpg

最後は

s-IMG_3145.jpg

グリーンのフクラムで〆ます。
おあとがよろしいようで。

となるはずだったんですが誤算が。
大吾さんいや大誤算ですよ。

レッサーパンダに夢中になるあまり,駐車時間が2時間をオーバー。嚮陽会館の駐車場は2時間までは無料と太っ腹なのですが2時間を超えるとなんと料金が一気に300円に跳ね上がるのです。マジか・・・この駐車場でお金を払ったのははじめてかもしれないな・・・クスン。




posted by poptrip at 18:15 | Comment(2) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

長泉寺山#15 リスザル定期巡回と珍獣発見

9月23日(土) くもり

fitibitという活動量計を購入し,とりあえず日々の目標歩数を9,000歩と設定しました。どこかで9,000歩以上歩くのが体にいいと聞いたような気がしたからです。ところが,fitibitのアプリでは僕の場合基礎代謝を含めて一日2,500kcalを消費しないといけない(年齢・体重・身長を加味して算出された値と思われる)と判定されていて,その場合だいたい一日14,000〜15,000歩は歩かないと2,508kcal消費できないことが分かってきました。
で,目標歩数を14,000歩としてみたのですが,

s-fitibit00.jpg s-fitibit01.jpg s-fitibit02.jpg

僕の歩き方では(歩くときの負荷では),15,000歩は歩かないと2,508kcalを消費できないようで,目標歩数を15,000歩に変更することに。歩数計をつけている人ならわかると思いますが一日15,000歩っていったら相当なもんですよ。普通に生活していても絶対に15,000歩なんて無理です。

で,休日のこの日も家でダラダラしていようかとも思ったのですが,外出して歩くことに。

手軽な西山公園(長泉寺山)へ。
福鉄の代行バスも気になってはいたのですがカーマは気まぐれ。この日はなんとなく西山公園な気分だったのです。

福鉄西山公園駅近くの駐車場にクルマを停めそこからスタートです。さて登り始めようかと思ったら踏切がジャンジャン鳴りだしたので見に行ってみると

s-IMG_2577.jpg

さくら色のフクラムが見えました。

なんとなく幸先がいいぞ。

s-IMG_2580.jpg

さくら色の赤とんぼを発見。

嚮陽庭園のもみじも

s-IMG_2581.jpg

さくら色になりつつあります。

今まで通ったことのない道をあるいていたら,

s-IMG_2584.jpg

線路の脇に出ました。むう,撮り鉄スポットじゃないか。帰りにまたここには寄らなきゃいかんな。ととりあえずスルーして先へ進みます。

s-IMG_2588.jpg

動物園もスルーして長泉寺山山頂に到着。

水を飲むと間髪入れずそのまま陸軍墓地(忠霊場)へ向かいます。

15分ほどで

s-IMG_2592.jpg s-IMG_2593.jpg

忠霊場にとうちゃく。
この時期,いたるところにさくら色の曼珠沙華が咲いております。

そのまま喫茶ロレックス前に登山口がある妙見堂コースで登り返します。

s-IMG_2596.jpg s-IMG_2597.jpg

s-IMG_2598.jpg

そして

s-IMG_2604.jpg

本日2度目の登頂。

さて,西山動物園に行きますか。
ボリビアリスザルの赤ちゃんの定期観測のために。

暑さが和らいだからかレッサーパンダはかなり活動的で動き回っていました。

s-IMG_2606.jpg

まあ真夏でもエアコンの効いた展示室にいるレッサーパンダがダラダラしているのを何度も見ているので暑さのせいじゃなくタマタマじゃないかと思うのですがどうなんでしょ。

そしてお目当てのボリビアリスザル。

9月生まれの赤ちゃんは

s-IMG_2628.jpg

当然お母さんの背中が定位置。
しかし,お母さんよくおんぶしたままあんなことできるな。っていうくらい活動的です。おんぶしててもしていなくてもほとんど行動が変わらないんじゃないかっていうくらい。

つづいて7月生まれの赤ちゃんは

s-IMG_2611.jpg

いちおうお母さんとは離れて行動。
でもやっぱお母さんの背中に乗りたいようで,一度お母さんの背中に乗ったら,お母さんはあおむけになって赤ちゃんを振り解いていました。いやそこまでやらなくても・・・w


最後に6月生まれの赤ちゃんはもうほとんど動きは大人と変わらないくらい活発。でもまだお母さんにおんぶしてもらいたいようで,お母さんにしがみつくのですが・・・

s-IMG_2614.jpg

やはりお母さんは必死で振り払います。赤ちゃんももうずいぶん力もついてきているのかプロレスごっこをしているかのよう(もしかしたらお母さんじゃなくて他の個体とじゃれあっているだけかも)。

そしてこの日の西山動物園には,

珍獣たちが迷い込んでいました。

主役はこの個体。

s-IMG_2607.jpg

「きゃ〜。かわいい!」
っていうアニメ声のほうを見たらこの珍獣を発見したわけで。

マジびっくりしましたよ。コスプレ選手権でも行われていたのかと。
無駄に声が大きいのはやはり自分をアピールしているからでしょう。

このさくら色の仮面の娘の正体は,

s-IMG_2639.jpg

課長さんでした(笑)

僕にはレッサーパンダの見分けがつかないのと同じでアイドルの見分けがつかないので,この日見た個体がこの課長さんだったかどうかは定かではない。

twitterで調べてみたところどうもその筋の方向けの撮影会なるものが開かれていたようで・・・


そして僕はといえば,動物園をあとにすると

先に見つけていた撮影スポットでひとり撮影会(笑)

s-IMG_2646.jpg

s-IMG_2653.jpg

パンタグラフがたまらねえな(ウソ)

そして最後はやはりさくら色の曼珠沙華で〆させていただきます。やっぱさぁ・・あのフクラムをさくら色っていうのは無理があると思うんだよね。と今回の記事では言いたかっただけかも。
ていうかこのグリーンのフクラムもぜんぜんグリーンじゃないってww

s-IMG_2663.jpg

なお,西山動物園は無料で特にレッサーパンダの展示についてはほかの大きな動物園に勝る飼育環境にあると思うのですが,シロテテナガザルとフランソワルトンの展示だけはちょっぴり不満を以前から持っていました。採光の関係からか,非常に見づらいのです。写真を撮ろうとしても檻の柵の間隔が狭くきれいな写真を撮るのは困難です(だから僕のブログにもほとんど写真は掲載していません)。あれ,なんとかならないもんかねえ。いしかわ動物園なんかはガラス張りの展示なのでよおく観察出来てたんですけどね。




おかげさまでこの日は15,000歩に到達し2,508kcal以上消費,ノルマ達成できました。

s-fitibit07.jpg


posted by poptrip at 21:10 | Comment(6) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

長泉寺山#14 そしてリスザルの赤ちゃん定期巡回

9月10日(日) はれ

今年3匹目のリスザルの赤ちゃんが生まれたことを福井新聞の記事と西山動物園のfacebookで知ってしまったからには行くっきゃ騎士(ナイト)。やるっきゃ騎士ですよ。みやすのんき先生。

ついでに山頂まで行ってみるか。
最短距離であるパンダランド駐車場トイレ横からスタート。

s-IMG_1767.jpg

大人の階段を登るシンデレラ気分。にはならねえな。まったく疲れるぜ。

あとは舗装路をてくてく登ってきます。
心拍数とかに過敏に反応していたんですが今回はそんなこと気にせず,そこそこのペースで登っていきます。

わずか7分で山頂についてしまった・・・

s-IMG_1770.jpg s-IMG_1771.jpg

心拍数は

s-fitbit.jpg

142まであがっていたようですが,

さすがに7分では物足りない。
でもいいのさ。
今回はボリビアリスザルの赤ちゃんを見るのが目的ですから。

9:01にちょうど飼育員さんが裏のゲートを開けてくれまして,まずはレッサーパンダを見物。朝イチで動物園に入園するのは初めて。いつもとは違う動物の行動を見れるかも。

ほかの動物園でもレッサーパンダはそこそこの人気なんですが,西山動物園でいやっていうほど見てるので他の動物園のレッサーパンダはほとんど無視しているのです(展示方法などは西山動物園との違いをつぶさに観察してますけど)。

s-IMG_1777.jpg

しかし・・・

s-IMG_1778.jpg

相変わらずかわいいな,こいつら。

いかんいかん。
今日はリスザルを見に来たんだよ。

開園と同時に入園したのは初めてだったのですが,ちょうどリスザルのお食事タイムのようで。みんな食事に夢中。

まずは6月生まれの赤ちゃんから。

s-IMG_1783.jpg s-IMG_1812.jpg

もう一人で食事もできるようになっております。
ときどきお母さんの背中に乗ろうとするのですが,お母さんは寄せ付けず追い払われます。タイヤの上の彼には哀愁が漂う,ような気もして。かわいそうだけど成長するってことはこういうことなんだよな。うんうん。

続いては7月生まれの赤ちゃん。

s-IMG_1816.jpg

まだまだお母さんの背中が定位置。

あっ。
一人でできるもん。状態ですが

s-IMG_1877.jpg s-IMG_1878.jpg

ド素人の僕が見てもかなりヤバそうな感じ。

s-IMG_1880.jpg

わずか1分後にはお母さんのおっぱいに夢中になっておりました。



そして,生まれてまだ数日の赤ちゃん。

s-IMG_1805.jpg

乳首を求めて

s-IMG_1826.jpg

移動します。

s-IMG_1842.jpg

なんとか乳首にたどり着いたようです。お母さんも恍惚の表情(笑)
いやしかし,もう少し楽な体勢でおっぱい飲ませてあげればいいのにと余計な心配をしてしまいます。

だいたいお母さんはおっぱいを吸わせたままジャンプしまくってるんですからね。人間では考えられません。まあ人間じゃないからできる技なんだけど。

飼育員さんが毛虫を檻の中に入れたらリスザルたちは虫を奪い合って大騒ぎ。やっぱ野菜とかより虫のほうが好物なのかね。そしてその奪い合いの街角にはこの親子も参加していたという・・・


s-IMG_1867.jpg

こんな仲良さそうなクジャクを見たのは初めて。

でも,

数分後には

s-IMG_1875.jpg s-IMG_1876.jpg

それぞれがそれぞれに寝そべってしまうという(こんな姿も初めて見ましたわ)。



ほかの鳥さんたちもお食事の時間。

s-IMG_1896.jpg

こいつ。こぼしすぎだろ。
まるで俺のような(笑)


s-IMG_1871.jpg

タンチョウが座ってるのを見たのも初めてだったかも。

たまたまだったのか,あるいはアサイチの動物園はいつもとは違った光景が見れるのか。検証が必要かも。

s-IMG_1898.jpg

なお,この日は焼き鳥合衆国とかいうイベントが開かれておりまして,僕が動物園をサルころにちょうどオープン。まあもちろん僕は素通りなわけですが。




posted by poptrip at 21:30 | Comment(4) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

長泉寺山#14

7月22日(土) くもり時々晴れ

リハビリということで少しずつ休日の活動の負荷を増やしていっているわけですが,そろそろ三床山あるいは文殊山あたりに挑戦してみようかと思っていたところ,西山公園(長泉寺山)の縦走はどうですかというコメントがあったため,なるほどと得心して今回は久しぶりの縦走です。

水落駅に車を置いて(もちろん電車に乗って帰ってくるためです)スタート。

s-IMG_8927.jpg

長泉寺山を北側から登る場合,いつも陸軍墓地(嶺北忠霊場)から登っていたのですが,今回はいろいろな思い出の詰まった喫茶店

s-IMG_8928.jpg
ロレックス

近くの登山口から妙見堂を通るコースを選択。ここへ降りてきたことは2〜3回あるんだけど,ここから登るのは初めてだな。

s-IMG_8930.jpg

NENAの脇の下のようにけっこう毛が,いや草が生い茂ってますが大丈夫でしょうか。不安を抱えつつスタート(13:28)。

しばらく歩くと草は消え,歩きやすいハイキングコースに変わります。

s-IMG_8931.jpg

s-IMG_8933.jpg
妙見堂

を通過。妙見堂ってなんなんすかね。ネットで調べても情報はないし,鯖江市立図書館の郷土資料コーナーでそれっぽい本で少し調べてみたんですがその正体はよくわかりませんでした。情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらコメントいただけると幸いです。

しばらく歩くと陸軍墓地からの道と合流します。

クワガタさんにアリがたかっておりました。

s-IMG_8935.jpg

s-IMG_8938.jpg

ヒアリじゃないよね。
僕はアリにもクワガタにも詳しくないため,クワガタの種類もわからないのです。子供のころいろんな遊びをしたけど昆虫採集だけはほとんどしたことがないんですよ。

s-IMG_8941.jpg s-IMG_8942.jpg

石像の並ぶ道を過ぎ,舗装路と合流するとすぐに山頂です(13:43)。

s-IMG_8945.jpg
三等三角点 御館(110.75m)

今回は負荷をかけてみようと,けっこう飛ばしてみたわけで,fitbitを見たら心拍数は150まで上がってました。最高心拍数は(225−年齢)らしいので僕の場合,179が100%負荷ということになるわけで,まあまあ頑張ったほうなんじゃないかと。山頂直前が心拍数のピークでした。

fitbit00.gif
fitbitは妙見堂から西山動物園(パンダ舎)までをエクササイズと認識したようだ

山頂でしばらく休んで水分補給してから動物園へ。
ええ,リスザルの成長を僕は確認せずにおれないのです。

ただ,この日の最高気温は35.5℃(今年最高値)。

s-IMG_8947.jpg

レッサーパンダの屋外展示は中止(笑)

芝生広場にも

s-IMG_8991.jpg

誰もいない。

ピクニック広場にも

s-IMG_8993.jpg

もちろん誰もいない。

結びの広場にも

s-IMG_8990.jpg

やっぱり誰もいない。

でもすれ違ったアベック(死語)は

s-IMG_8992.jpg

しっかりと手を握っているのです。
「お熱いね〜おふたりさん。ヒューヒューだよ。ヒューヒュー。」
と昭和的な言い回しで心中ではやしたてるわけでして。
「松岡修造」と「いちゃいちゃしてるアベック」が地球温暖化を招いていることは疑う余地がない。

とか,そんなことはどうてもよくてとにかく暑いのです。

こんなときに山歩きするバカは,当然のごとく汗が止まらないので,リスザルを後回しにして冷房のガンガンきいたパンダ舎で涼ませていただくことに。

レッサーパンダの世界では

s-IMG_8949.jpg s-IMG_8950.jpg

こういう寝方がスタンダードらしい(笑)

15分ほど涼んでからお目当てのリスザルを見に。
リスザル舎は,この日は窓を閉め切った状態。もしかしたら空調設備が稼働してるのかもね。ということでガラス越しに写真を撮らなきゃいけなくてなかなか難儀しました。ずいぶん粘ったんですよ〜この暑い中をw

まずは6月11日生まれの赤ちゃんから。

s-IMG_8980.jpg

ちょっと離れたところや高いところに登るときにはお母さんにおんぶされているのですが,お母さんの移動が終わると背中から下りていろんなところに行こうとします。

s-IMG_8954.jpg
水も自分で飲めるようになりました

s-IMG_8972.jpg s-IMG_8962.jpg

目を離すと変なところへ行っちゃうのでお母さんも目が離せません。人間で言うとたぶん2〜3歳児のイメージですかね(赤ん坊の子育てしてたのは遠い昔なのでもうイメージがわかないんだけど)。

ちょっとだけジャンプもできてたし,もうしばらくしたら1匹で歩き回るようになるのかもしれません。



そして7月14日うまれのもう1匹の赤ちゃん。

s-IMG_8959.jpg

先週はだっこの形で時折おっぱいを吸ってたんだけど,この日は見ている限りずっとおんぶされたまま。

この日は,リスザル舎にはなぜか不穏な空気が流れていていたるところで抗争が勃発。この親子も巻き込まれてました・・お母さんは大変です。

s-IMG_8969.jpg
疲れちゃったみたいね・・・

僕は15分ほどリスザルに夢中だったみたいです。

レッサーパンダの赤ちゃんのライブカメラは相変わらず,静止画のようで(実際は動画なんだけど)1分ほど見ていても全く動きがないため,あきらめてこのまま下山。ちゃんと育って公開される日を待ち望んでいます。

s-IMG_8994.jpg

14:30に無事,下山完了しました。

この日西山公園内で出会った人間はわずか10人ほど。
出会った動物のほうが多いじゃねえか(笑)

西鯖江駅まで歩きます。




(つづく)


posted by poptrip at 18:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

長泉寺山#13

7月17日(月) くもり

西山公園と足羽山公園を週末ごとに交互に登っているような。自信をもって登れる山と言えばこの2つしかないのだからしょうがない。低山もキライじゃないし。どちらも動物園というオプショナルツアーがもれなくついてくるのでむしろ好き。モノの本によれば入院中に低下した体力が元に戻るには入院期間の2倍の期間が必要なのだとか。だとするとまだ本調子じゃないのかな。

この日は,動物園に寄らず(休憩をとらずに)に一気に山頂まで行ってみることにする。ただし,ポケGOやりながらのため時々立ち止まるわけで,負荷は多少軽減されているはず。

11:17に恒例の「道の駅」横からスタート。

s-IMG_8871.jpg

この,のぼり。
なんて書いてあるのか分からないんですけど・・・やっしきまつりと書かれています。のぼりの向きが全部同じ方向だからこっち側から見るとすべてののぼりが逆向きになってて読めないんだよね。

s-IMG_8872.jpg

スタンダードな舗装路コースを歩いていきます。なんか前回よりも楽なような。ただ,蒸し暑くて汗が流れ落ちます。水分補給は欠かさない(家から持ってきた水道水)。

s-IMG_8873.jpg

s-IMG_8874.jpg
長泉寺山山頂(110.7m)(11:30)

登山口(笑)から13分。悪くない。
体調に異変も見られない。
そろそろ次のステップ(文殊山,三床山)に進んでもよさそうだ。ただ鬼ヶ岳(533m)レベルになるとちょっと不安なので次のカテーテル検査(7ヶ月後)が終わるまでは300m級の山歩きに抑えておきたい。

長老・おばはんたちは今年の梅雨明けに穂高岳(北穂・奥穂・前穂)に行くらしい。僕が最も好きな山のひとつなのだが今回はさすがに参加を見送る。「お前のために白馬は来年にとっておいたから。」とマスター。そうなんです。僕は穂高は行ったことがあるから白馬を推していた(SKKSになる前の話ね)のですが,マスターは白馬行ったことがあるから穂高にしようってことになったわけで。
また,もうひとつの所属する団体からは爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳・唐松岳二泊三日という案内もきていた。そちらも魅力的なプランだけれどもちろんパス・・・

休憩をとらず,すぐに引き返す。

s-IMG_8876.jpg

食後のデザート。
西山動物園へ。
まあ実情は山登りが前菜で西山動物園がメインディッシュみたいなもんなんですが。

6月29日にレッサーパンダの赤ちゃんがうまれたということでライブカメラの映像が流れてましたが・・・

s-IMG_8881.jpg s-IMG_8880.jpg

なんだかよくわからなくて見ていてもつまらない(←そういうこと言うなよな!)のだ。もうちょっと鮮明な映像(カラー)はないのかね。もしかしたら真っ暗なところで子育てをしていて赤外線カメラなのかもしれないけど,それならそういう説明があると親切だよな。

s-IMG_8882.jpg

ほとんどのレッサーパンダは,ぐだーっとしてました。こっちまで釣られてグダグダになりそうなくらい。
暑さのせいかとも思うのですが,冷房のきいたパンダ舎内のレッサーパンダも3匹中2匹が寝ていたのでそういうことではないみたい。まあこれが彼らの日常なのだろう。

この日,僕のハートを鷲掴みにされたのがボリビアリスザルの赤ちゃん

6月に生まれた赤ちゃんは

s-IMG_8884.jpg

ときどき,お母さんの背中から下りてしまいそのたびにお母さんに引き戻される。なんだか「ダーウィンが来た」のナレーションが聞こえてきそうな。

そして6日前に生まれたばかりのもう一匹の赤ちゃんが。

s-IMG_8896.jpg

こちらはお腹のほうにしがみついてお乳を飲んでいるよう。
よく落ちないよな。

s-IMG_8895.jpg

僕はもうボリビアリスザルの虜。

この日は僕のフェロモンが不足していたのか,クジャクは羽を広げることもなく・・・僕のモテキは終わってしまったようだ(笑)

s-IMG_8899.jpg

12:02に下山完了。

ボリビアリスザルは定期的に見に行く必要がありそうだ。
そして,そのうちレッサーパンダの赤ちゃんも公開されるはずで,しばらくは西山動物園から目が離せない。






posted by poptrip at 20:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする