2017年07月23日

長泉寺山#14

7月22日(土) くもり時々晴れ

リハビリということで少しずつ休日の活動の負荷を増やしていっているわけですが,そろそろ三床山あるいは文殊山あたりに挑戦してみようかと思っていたところ,西山公園(長泉寺山)の縦走はどうですかというコメントがあったため,なるほどと得心して今回は久しぶりの縦走です。

水落駅に車を置いて(もちろん電車に乗って帰ってくるためです)スタート。

s-IMG_8927.jpg

長泉寺山を北側から登る場合,いつも陸軍墓地(嶺北忠霊場)から登っていたのですが,今回はいろいろな思い出の詰まった喫茶店

s-IMG_8928.jpg
ロレックス

近くの登山口から妙見堂を通るコースを選択。ここへ降りてきたことは2〜3回あるんだけど,ここから登るのは初めてだな。

s-IMG_8930.jpg

NENAの脇の下のようにけっこう毛が,いや草が生い茂ってますが大丈夫でしょうか。不安を抱えつつスタート(13:28)。

しばらく歩くと草は消え,歩きやすいハイキングコースに変わります。

s-IMG_8931.jpg

s-IMG_8933.jpg
妙見堂

を通過。妙見堂ってなんなんすかね。ネットで調べても情報はないし,鯖江市立図書館の郷土資料コーナーでそれっぽい本で少し調べてみたんですがその正体はよくわかりませんでした。情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらコメントいただけると幸いです。

しばらく歩くと陸軍墓地からの道と合流します。

クワガタさんにアリがたかっておりました。

s-IMG_8935.jpg

s-IMG_8938.jpg

ヒアリじゃないよね。
僕はアリにもクワガタにも詳しくないため,クワガタの種類もわからないのです。子供のころいろんな遊びをしたけど昆虫採集だけはほとんどしたことがないんですよ。

s-IMG_8941.jpg s-IMG_8942.jpg

石像の並ぶ道を過ぎ,舗装路と合流するとすぐに山頂です(13:43)。

s-IMG_8945.jpg
三等三角点 御館(110.75m)

今回は負荷をかけてみようと,けっこう飛ばしてみたわけで,fitbitを見たら心拍数は150まで上がってました。最高心拍数は(225−年齢)らしいので僕の場合,179が100%負荷ということになるわけで,まあまあ頑張ったほうなんじゃないかと。山頂直前が心拍数のピークでした。

fitbit00.gif
fitbitは妙見堂から西山動物園(パンダ舎)までをエクササイズと認識したようだ

山頂でしばらく休んで水分補給してから動物園へ。
ええ,リスザルの成長を僕は確認せずにおれないのです。

ただ,この日の最高気温は35.5℃(今年最高値)。

s-IMG_8947.jpg

レッサーパンダの屋外展示は中止(笑)

芝生広場にも

s-IMG_8991.jpg

誰もいない。

ピクニック広場にも

s-IMG_8993.jpg

もちろん誰もいない。

結びの広場にも

s-IMG_8990.jpg

やっぱり誰もいない。

でもすれ違ったアベック(死語)は

s-IMG_8992.jpg

しっかりと手を握っているのです。
「お熱いね〜おふたりさん。ヒューヒューだよ。ヒューヒュー。」
と昭和的な言い回しで心中ではやしたてるわけでして。
「松岡修造」と「いちゃいちゃしてるアベック」が地球温暖化を招いていることは疑う余地がない。

とか,そんなことはどうてもよくてとにかく暑いのです。

こんなときに山歩きするバカは,当然のごとく汗が止まらないので,リスザルを後回しにして冷房のガンガンきいたパンダ舎で涼ませていただくことに。

レッサーパンダの世界では

s-IMG_8949.jpg s-IMG_8950.jpg

こういう寝方がスタンダードらしい(笑)

15分ほど涼んでからお目当てのリスザルを見に。
リスザル舎は,この日は窓を閉め切った状態。もしかしたら空調設備が稼働してるのかもね。ということでガラス越しに写真を撮らなきゃいけなくてなかなか難儀しました。ずいぶん粘ったんですよ〜この暑い中をw

まずは6月11日生まれの赤ちゃんから。

s-IMG_8980.jpg

ちょっと離れたところや高いところに登るときにはお母さんにおんぶされているのですが,お母さんの移動が終わると背中から下りていろんなところに行こうとします。

s-IMG_8954.jpg
水も自分で飲めるようになりました

s-IMG_8972.jpg s-IMG_8962.jpg

目を離すと変なところへ行っちゃうのでお母さんも目が離せません。人間で言うとたぶん2〜3歳児のイメージですかね(赤ん坊の子育てしてたのは遠い昔なのでもうイメージがわかないんだけど)。

ちょっとだけジャンプもできてたし,もうしばらくしたら1匹で歩き回るようになるのかもしれません。



そして7月14日うまれのもう1匹の赤ちゃん。

s-IMG_8959.jpg

先週はだっこの形で時折おっぱいを吸ってたんだけど,この日は見ている限りずっとおんぶされたまま。

この日は,リスザル舎にはなぜか不穏な空気が流れていていたるところで抗争が勃発。この親子も巻き込まれてました・・お母さんは大変です。

s-IMG_8969.jpg
疲れちゃったみたいね・・・

僕は15分ほどリスザルに夢中だったみたいです。

レッサーパンダの赤ちゃんのライブカメラは相変わらず,静止画のようで(実際は動画なんだけど)1分ほど見ていても全く動きがないため,あきらめてこのまま下山。ちゃんと育って公開される日を待ち望んでいます。

s-IMG_8994.jpg

14:30に無事,下山完了しました。

この日西山公園内で出会った人間はわずか10人ほど。
出会った動物のほうが多いじゃねえか(笑)

西鯖江駅まで歩きます。




(つづく)


posted by poptrip at 18:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

長泉寺山#13

7月17日(月) くもり

西山公園と足羽山公園を週末ごとに交互に登っているような。自信をもって登れる山と言えばこの2つしかないのだからしょうがない。低山もキライじゃないし。どちらも動物園というオプショナルツアーがもれなくついてくるのでむしろ好き。モノの本によれば入院中に低下した体力が元に戻るには入院期間の2倍の期間が必要なのだとか。だとするとまだ本調子じゃないのかな。

この日は,動物園に寄らず(休憩をとらずに)に一気に山頂まで行ってみることにする。ただし,ポケGOやりながらのため時々立ち止まるわけで,負荷は多少軽減されているはず。

11:17に恒例の「道の駅」横からスタート。

s-IMG_8871.jpg

この,のぼり。
なんて書いてあるのか分からないんですけど・・・やっしきまつりと書かれています。のぼりの向きが全部同じ方向だからこっち側から見るとすべてののぼりが逆向きになってて読めないんだよね。

s-IMG_8872.jpg

スタンダードな舗装路コースを歩いていきます。なんか前回よりも楽なような。ただ,蒸し暑くて汗が流れ落ちます。水分補給は欠かさない(家から持ってきた水道水)。

s-IMG_8873.jpg

s-IMG_8874.jpg
長泉寺山山頂(110.7m)(11:30)

登山口(笑)から13分。悪くない。
体調に異変も見られない。
そろそろ次のステップ(文殊山,三床山)に進んでもよさそうだ。ただ鬼ヶ岳(533m)レベルになるとちょっと不安なので次のカテーテル検査(7ヶ月後)が終わるまでは300m級の山歩きに抑えておきたい。

長老・おばはんたちは今年の梅雨明けに穂高岳(北穂・奥穂・前穂)に行くらしい。僕が最も好きな山のひとつなのだが今回はさすがに参加を見送る。「お前のために白馬は来年にとっておいたから。」とマスター。そうなんです。僕は穂高は行ったことがあるから白馬を推していた(SKKSになる前の話ね)のですが,マスターは白馬行ったことがあるから穂高にしようってことになったわけで。
また,もうひとつの所属する団体からは爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳・唐松岳二泊三日という案内もきていた。そちらも魅力的なプランだけれどもちろんパス・・・

休憩をとらず,すぐに引き返す。

s-IMG_8876.jpg

食後のデザート。
西山動物園へ。
まあ実情は山登りが前菜で西山動物園がメインディッシュみたいなもんなんですが。

6月29日にレッサーパンダの赤ちゃんがうまれたということでライブカメラの映像が流れてましたが・・・

s-IMG_8881.jpg s-IMG_8880.jpg

なんだかよくわからなくて見ていてもつまらない(←そういうこと言うなよな!)のだ。もうちょっと鮮明な映像(カラー)はないのかね。もしかしたら真っ暗なところで子育てをしていて赤外線カメラなのかもしれないけど,それならそういう説明があると親切だよな。

s-IMG_8882.jpg

ほとんどのレッサーパンダは,ぐだーっとしてました。こっちまで釣られてグダグダになりそうなくらい。
暑さのせいかとも思うのですが,冷房のきいたパンダ舎内のレッサーパンダも3匹中2匹が寝ていたのでそういうことではないみたい。まあこれが彼らの日常なのだろう。

この日,僕のハートを鷲掴みにされたのがボリビアリスザルの赤ちゃん

6月に生まれた赤ちゃんは

s-IMG_8884.jpg

ときどき,お母さんの背中から下りてしまいそのたびにお母さんに引き戻される。なんだか「ダーウィンが来た」のナレーションが聞こえてきそうな。

そして6日前に生まれたばかりのもう一匹の赤ちゃんが。

s-IMG_8896.jpg

こちらはお腹のほうにしがみついてお乳を飲んでいるよう。
よく落ちないよな。

s-IMG_8895.jpg

僕はもうボリビアリスザルの虜。

この日は僕のフェロモンが不足していたのか,クジャクは羽を広げることもなく・・・僕のモテキは終わってしまったようだ(笑)

s-IMG_8899.jpg

12:02に下山完了。

ボリビアリスザルは定期的に見に行く必要がありそうだ。
そして,そのうちレッサーパンダの赤ちゃんも公開されるはずで,しばらくは西山動物園から目が離せない。






posted by poptrip at 20:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

初夏の西山公園徘徊

7月2日(日) 雨ときどき曇り

西山公園(長泉寺山)はリハビリテーションにはもってこいの山,お散歩コースです。非常時には山頂までクルマが入ってくることも可能であるし,携帯の電波もバリ3(死語)ですから。
今はクスリのおかげで血液はサラッサラのサラサーティになってるし,LDLコレステロール値が劇的に下がっているため病気が発症する前より循環器の状態はいいんじゃねえかという疑惑もありまして,あとは食事療法と有酸素運動と禁煙(節煙)で少しずつ心肺能力をあげていきたいと。

この日は午後から雨があがったのでちょっと遅めの

s-IMG_8574.jpg

スタート!(15:56)

この階段,SKKS初心者の僕はビビっちゃうんですけど(退院してからはじめての本格的なお散歩だったのです),恐る恐る心拍数が120以下に抑えるような歩き方でゆっくりと。いちおう理学療法士さんから心拍数120くらいを目標にしてくださいねと言われておるのです。

s-IMG_8575.jpg

ギター女子の歌声が響いていました。

蒸し暑い日で,西山動物園につくころにはもうすでに汗がにじみます。

タンチョウヅルはいつもは別々の檻に入れられているのですがこの日は同じ檻にいました。
今は,繁殖期なのかな。

s-IMG_8595.jpg

同じく,繁殖期と思われるクジャク。

僕のフェロモンに反応して

s-IMG_8577.jpg

羽を広げるのです。
いやまあ,羽を広げるのはオスなんですけど。
で,ご承知の通りオレもオス。

禁断の愛!
さしずめ,僕がバンコランでクジャクがマライヒというところか(←全然違うわ!)。


6月11日に生まれたボリビアリスザルの赤ちゃん。

s-IMG_8580.jpg s-IMG_8582.jpg

EOS kissX7iは充電が切れちゃったので(心筋梗塞を発症するなんて青天の霹靂だったので充電器は敦賀にに置きっぱなしだったのだ),KissX2で撮影したのですがやはりカメラの性能が悪く写真もイマイチの出来。

s-IMG_8592.jpg

タンチョウやリスザルの写真は,柵が映らないようにカメラを柵に近づけてピントを動物に合わせて撮影するのですが,レンズを柵に近づけて撮影していたらボリビアリスザルにレンズを叩かれました(笑)

いちおう西山公園のシンボル,ていうか鯖江のシンボルであるレッサーパンダも。

s-IMG_8586.jpg

レッサーパンダってRED PANDAっていうのね。

s-IMG_8588.jpg

見事なまでのカメラ目線のレッドパンダちゃんとお別れして,

舗装路ではなく階段を使って山頂を目指します。

s-IMG_8597.jpg

息が切れます。
fitbitを確認すると心拍数はだいたい120くらい。
なるほど,これくらいの負荷で120なわけね。


fitibit2.png

fitibit3.png

fitibit4.png

fitbitを確認すると,141まで心拍数が上がっていたようです。

そして水分補給も重要(だということを病院でのご指導から学びました)。
今まではポカリとかアクエリアスばかり飲んでたんですが,スポーツドリンクは糖分が多すぎるからやめたほうがいいとの先生のアドバイスにより今回からはお水で。我が家の水道水で充分だ。

s-IMG_8598.jpg s-IMG_8599.jpg
三等三角点 御館(110.75m)

長泉寺山山頂到着(16:20)。

さて,ポケモンGOをやりながらゆっくり下ることにします。
下りは階段ではなく舗装路を利用。

s-IMG_8601.jpg

無事下山(16:36)。
ま,最初はこんなもんだろ。

s-IMG_8604.jpg s-IMG_8607.jpg

しばらくは足羽山,長泉寺山(西山公園)あたりの徘徊が多くなると思われます。8ヶ月後にもう一度検査入院をしてカテーテル検査その他いろんな検査を行うので,そこで異常がなければ本格的に山へ復帰するというのが僕の目論む最も理想的なプラン。
まあ,人生何があるか分からないので順調にリハビリが進むかどうかは不確定要素が多いわけですが,もう何があっても驚きません。ははは。精神的にはタフになっているような気もします。




posted by poptrip at 20:15 | Comment(8) | TrackBack(0) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

長泉寺山#11(西山公園つつじまつり2017)

5月5日(金) くもり時々晴れ

鯖江市民たるもの,つつじまつりに行かなきゃ始まらない。
僕のGWはつつじまつりに行かなきゃ終われない。だって,この西山公園やつつじまつりにどれだけの税金が投入されていると思ってるんですか(←金の話かよw)。

まあ子供のころからつつじまつりは毎年のように行っていましたから,なんとなく行っちゃうんですよね。GWはどこに行っても混んでるし,どうせ混んでるなら勝手知ったる西山公園つつじまつりでいいじゃねえかと。

今回は,水落駅から西山公園駅まで電車で行こうかとも思ったんですがいやさすがにね・・・(つつじまつり開催期間だけ何本かの急行が西山公園駅に停車するんですよw)

いつものごとく,親戚の家にクルマを置かせてもらいます。
facebookなどを見てるとつつじは満開ではなく,残念な光景だと分かってはいたもののヨメがこの日しかもう空いてないというもので強行したわけです。

s-IMG_9043.jpg

思ったよりは咲いてるかな・・・

s-IMG_9045.jpg

s-IMG_9046.jpg

ツツジはイマイチなんだけど,人はいっぱい。
みんなもっとほかのところへ行けよ(←お前が言うな!ww)
そして例年よりもさらに多くの中国語があちこちで聞こえてきます。

この日は暑くて,レッサーパンダも

s-IMG_9047.jpg s-IMG_9048.jpg

こんな状態。

sikabane.gif

ヨメにはヒールのない靴を履いてきてもらったので山頂を目指します。
文句を言いながらついてくるヨメのペースに合わせゆっくりと登ります。

s-IMG_9051.jpg

s-IMG_9053.jpg
文殊山,奥に大日岳,越前甲

白山は残念ながら姿を見せることはありませんでした。

s-IMG_9057.jpg
三里山の向こうにほとんど雪の解けた部子山

ほら,あれが前いっしょに登った部子山だ(登ったと言ってもクルマで山頂付近まで行けるから徒歩5分ほどなのだが)。とヨメに教えてあげるのだが予想通り反応はなく,

sikabane.gif

ヨメもまさかのほとんどドラクエ状態。
あんな高いとこまで登ったっけ?で片付いてしまいました。

のどが渇いて仕方がないのでアイコスを1本吸って下山します。この山頂に自販機が置いてあればうれしいんだけど。けっこう売れるような気はするんだけどなあ・・・

s-IMG_9060.jpg

つつじよりも早く咲くシバザクラがほぼ満開状態だもんな。

s-IMG_9061.jpg

s-IMG_9064.jpg

s-IMG_9067.jpg

ヨメもオレもイマイチテンションが上がらないまま逃げるように西山公園をあとにした。

そして,ヨメは夕飯の買い物へ。僕はローソンへ。

ムフフ。
ライブチケットが抽選の結果当選したので入金にいくのですよ。

s-IMG_9068.jpg

2枚で22,076円・・・先行サービス料1枚806円とか店頭決済手数料が108円とかちょっぴり納得いかないんだけどまあしゃあないか。

ローソンに寄ってから家に向かって歩いているから,買い物が終わったら途中で拾ってもらうという算段になっていたのですが,いつまでたってもヨメのクルマはやってこない。ほとんど家の近くまで来たところでヨメから電話「えっ。もうそんなところまで行っちゃったの。もう家まで歩けば?」・・・いやさすがに僕も疲れましたよ。ピックアップお願いします。ガチャ(←電話を切るときのこの表現も古いな)。




posted by poptrip at 20:15 | Comment(8) | TrackBack(0) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

そうだ!キーボに乗ろう。ついでに山に登ろう!【中編】

前回のつづきです。

足羽山に登ったあと,ki-bo(キーボ)に乗り込んだ僕は,次のお山へと向かっている。

「中編」ってことはこれ三部作なわけです。どんだけki-boで引っ張るつもり?などと言わないでほしい。僕の文章は冗長なんだから。

s-IMG_2355.jpg

神明で下車し,琵琶山に登るというウルトラスーパー軟弱プランもあったのですが,今回は見送りました。

ハッキリ言っておきますけどね,鳥羽中〜神明間は僕の庭なんですわ,マジで。小学生の時この福武線の線路あるいは線路界隈をどれだけ歩き,走り回ったことか(よい子は線路に侵入してはいけませんw)。鍵っ子だった僕は道草を食ってばかりいたわけです。浅水川でスッポンと戯れ,鳥羽中あたりの竹林ではタケノコを勝手に掘り叱られ,琵琶神社では・・と,そんな思い出に浸ってる場合ではない。

西鯖江で降りて,次のお山へ向かいますよ。

s-IMG_2357.jpg

賢明なみなさんはもうお分かりだと思いますが,本日の2座目は長泉寺山(いわゆる西山公園です)。
足羽山と合わせても標高はトータル227mという軟弱はしご山。

道の駅側から登っていきますが,都合により一気に山頂までワープします。

s-IMG_2363.jpg
長泉寺山山頂(111m)

s-IMG_2364.jpg

しかしこの霞み具合はどうよ。
日野山すら見えないという・・・

花粉が飛びまくってるのかね。
花粉症じゃない僕はまったく気づかないんですが,さすがに花粉じゃないよね。
黄砂かPM2.5かまあとにかく迷惑な話です。

s-IMG_2366.jpg

s-IMG_2370.jpg

この日,13:30にハーモニーホールに行かなくちゃいけない用事がございましてそれまでに昼食をとらなきゃいけないので,西山公園駅へと急ぎます。今回は動物園も嚮陽庭園もパスでございます。

s-IMG_2376.jpg

福井市内へ戻り,食事をとったあと,福井駅駅からハーモニーホールへと向かうことにします。

しかし・・

s-IMG_2385.jpg

この駅(停留所)の構造はなんとかならないものかね。
こっちがわから1番線2番線に行くためにはぐるーっと向こうを回ってこないといけないんですよ。回り込む必要のない3番線は降車専用って・・・僕は歩くことは全く厭わない(むしろ好き)のですが,非効率的なことが大っ嫌いなのです(笑)

越前武生行きの普通列車を待っている間に,田原町行きさくら色のフクラムがやってきた。

s-IMG_2387.jpg

僕の乗る電車もフクラムだといいんだけどなあ・・と期待で胸がIカップまでフクラム(渾身のダジャレです!)わけですが,残念なことに,期待は裏切られます。

裏切りの街角。

s-IMG_2389.jpg

スクランブル交差点を突っ切ってやってきたのは見慣れた880形。
あたりかハズレかと聞かれたら間違いなくハズレの方(笑)
いや,別にいいんだけどさ。チッ。

そして,この880形・・・停車してもドアが開かない。
スイッチバックするために運転士が反対方向に移動してからドアを開けるようだ。

さらに,この電車が定刻になっても一向に発車しない。
ヒゲ線は単線だからな・・・しょうがないか。

遅れてるのはどこのドイツだ?

などと思っていたら向こうからドイツ製の電車がやってきた。

こいつを待ってたのか。こいつのせいなのか!

s-IMG_2391.jpg s-IMG_2392.jpg

先々週に一度乗ったからって,こいつ呼ばわり(笑)
なんか別れた彼女に再会したみたいなね・・・
まあ,チャンスがあれば今回もこいつに乗ってみようとは思ってたんですけどね。テヘヘ。

遅れた3分を取り戻し,ほぼ定刻に

s-IMG_2394.jpg
ハーモニーホール駅

に到着した。

13:30に,山登り仲間のマスターとハーモニーホールで待ち合わせをしていた。
先日,ホノケ山に登った時に,僕のクルマに忘れ物をしていったのでそれを届けるためだ。

しかし13:40になっても連絡が来ない。
どうしたんだろうと電話をかけると「あっ!忘れてた・・・今すぐ行くから!」

おいおい。
僕の友達はこんなやつばかりだw

s-IMG_2397.jpg

約10分後,ハーモニーホール正面入口に一台の軽トラがやってきた。
マスターがはにかんだ笑顔で「ごめんごめん」と降りてくる。

ハーモニーホールに軽トラってなかなかシュールだ。

今回の記事・・山2:鉄7:軽トラ1ってな割合で調合してみました。


登り:10分
下り: 8分





(つづく)

posted by poptrip at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする