2018年12月09日

テツ&トホ(東京編)

寒い日が続きますね。

s-IMG_1110.jpg

今日福井には雪が降りました。

東京編もそろそろ佳境に。
ではつづきをどうぞ。

鉄道に乗るともれなくついてくるのが徒歩。
テツ&トホ東京編です。ていうかこんなシリーズあったっけ(笑)

飯田橋から東京駅へ行き,コインロッカーに荷物を預けてから

s-IMG_0283.jpg

京浜東北線で日暮里まで。
目指すは,日暮里駅北口にある・・・

s-IMG_0303.jpg

下御隠殿橋(しもごいんでんばし)。

JR日暮里駅北口を出た所に、日暮里駅の東西を結ぶ跨線橋(こせんきょう)の下御隠殿橋があります。橋の中ほどには、トレインミュージアムと呼ばれるバルコニーが設置されています。ここからは、その名のとおり、数多くの列車の通過を見ることができます。JRの新幹線や特急列車を始め京成線など、1日に20種類、約2,500本の列車が行き交います。(荒川区Webサイトより)

このトレインミュージアムの存在を知ったのはつい最近。

s-IMG_0676.jpg s-IMG_0677.jpg

エネーチケーBSで放送された「鉄オタ選手権〜京成電鉄の陣」のロケのスタート地点がここだったのです。

s-IMG_0287.jpg

s-IMG_0285.jpg

s-IMG_0286.jpg

1日2500本の電車が見れるっていうだから驚きです。

s-IMG_0293.jpg

新宿駅南口もなかなかのトレインビューが楽しめるんだけど

s-IMG_0288.jpg

こちらは新幹線も見えるってのが魅力的。

s-IMG_0294.jpg

s-IMG_0307.jpg
北陸新幹線E7系

時間が限られているので15分ほど電車を眺め・・・(オレ以外そういう人は誰もいなかったww),次の目的地へ移動します。

山手線唯一の踏切を見に行くのです。
その踏切の存在を知ったのはタモリ電車倶楽部(←テレビの情報ばっかだなw)。

s-IMG_1109.jpg s-IMG_1105.jpg

オタさんたちがプラレールで作成した山手線を観察し,みんなで楽しむってコーナー。

s-IMG_0311.jpg s-IMG_0309.jpg

谷中銀座を通過し,歩きます。
歩くOPPブロガー。

30分ほど歩くと

s-IMG_0315.jpg

s-IMG_0316.jpg

とうちゃこ。
これが,山手線唯一の踏切である第二中里踏切です。

s-IMG_0319.jpg

いちおう動画も撮影。



この踏切も廃止されるんじゃないかと言われております。

山手線に1カ所だけの踏切がなくなる!? 自動運転の布石か(マイナビニュース2018/09/20)

踏切の周りで交通量調査してるっぽい人がいたのはこういうことだったのかな。

s-IMG_1104.jpg s-IMG_1108.jpg

タモリ電車倶楽部のプラレールでもちゃんとゴルフボールが再現されていて,鉄オタさんたちは「おーっ!」ってなってました。この踏切,ゴルフボールも含めて有名なようです。

見に行くならいまのうちですよ!!奥さん!
たぶん興味のある人はほとんどいないと思うけど・・・

この後,紅葉を見るために僕は旧古河庭園へとトホで向かったのでした。



なお,どうでもいい情報を最後に。
冒頭で紹介した「鉄オタ選手権」に出演していた東京理科大鉄道旅行クラブのおにいちゃんがいい味出してました。

ゲストのナイツ塙にいじられ「鉄道以外は好きなものはあるの?」と聞かれると「もちろん音楽も聴きますよ」と応えるおにいちゃん。
何を聞くのかと尋ねられた鉄オタのおにいちゃんは・・・

s-IMG_0680.jpg s-IMG_0681.jpg

まさかのY.M.O.ファンだということが判明。
僕の知り合いにも2人ほどY.M.O.ファンがいたなあとニヤけてしまいました。
「いまだに新鮮なのが魅力」だって(笑)

さて,この後は旅の最終地。
葛飾区へ向かいます。



posted by poptrip at 20:00 | Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

鉄道博物館

東京編再開です。

ムスメのアパートは女子専用なので僕だけは別の宿。
その定宿の最寄り駅であるJR飯田橋駅から東京駅へ向かいます。東京駅でヨメと待ち合わせなのです。

s-IMG_9937.jpg s-IMG_9939.jpg
総武線E231系500番台/中央線快速E233系

御茶ノ水駅で中央線快速に乗換え,東京駅7番ホームでヨメと合流すると上野東京ラインで大宮まで。

s-IMG_9941.jpg s-IMG_9943.jpg
E233形/埼玉新都市交通2020系

大宮から埼玉新都市交通に乗ります。

車窓からは

s-IMG_9947.jpg

富士山が。
東海道新幹線では米原から小田原まで爆睡だったので富士山を見ていなかった僕は思わぬ富士山の姿に喜々としてシャッターを切っておりました。
埼玉からも意外とでかく見えるんだな。知らなかったよ。

鉄道博物館駅で下車。

s-IMG_0142.jpg s-IMG_9949.jpg

そう,この日の目的地は大宮の鉄道博物館でございます(←タイトル見れば分かるってw)。え?先月も鉄道博物館へ行ったじゃないかって。あれはJR西日本が運営している京都鉄道博物館。こちらはJR東日本が運営している鉄道博物館です。なお,JR東海が運営しているのはリニア・鉄道館。
なお,神田にあった交通博物館にも行ったことがあります。もともとテツになる素質,潜在能力はあったのかもしれないね。

まず,入場するのにはSuicaがあると便利です。Suicaがそのまま入場チケットとなりICカード対応のゲートをくぐればよいのです。ただ駅の自動改札のようにそのままゲートを通過できるわけではなく,券売機でSuicaで支払いを済ませるとSuicaが入場券代わりになるというシステム。Suicaを持っていない人は入館専用のICカードを貸し出してくれます。慣れている人には便利なんだろうけど何人かはこのシステムが理解できないようで・・・僕の前の前の人もずーっと機械を操作してて全然僕の並んだ列は進まないのよ(泣)

s-IMG_9955.jpg s-IMG_9963.jpg

鉄道には全く興味がないヨメと一緒に鉄道博物館に来るメリットはこのように写真を撮ってもらえること(笑)
ヨメが隣にいるとじっくり展示を見てられないので別行動にしようと提案したんだけど,こんなところで一人ぼっちにされても困ると言われると何も言い返せないわけで。

とりあえずメシ食うかと日本食堂へ(別途記事にします)。
メシ食ってから再びテツモードへ。

s-IMG_9966.jpg s-IMG_9967.jpg

s-IMG_0007.jpg s-IMG_0008.jpg

懐かしい券売機にオレンジカード。オレンジカードって桃鉄で見て以来かもw

s-IMG_0009.jpg s-IMG_0013.jpg

駅弁と一緒によく購入したお茶にピンを指していくタイプの発券システム。これらも懐かしい。でも僕が覚えているお茶の容器はもっと安っぽかったと思うんだよな。

歴代の新幹線のうち,僕が絶対に乗ったことがないと確信できる唯一の車両がこの400系(それ以外は乗った可能性があるんだよね)。先代の山形新幹線専用車両ですから。

s-IMG_0026.jpg

その400系に乗れちゃうと言う贅沢。
京都鉄道博物館ではほとんどの車両に入ることはできず外から眺めるだけだったのですがこちらの鉄道博物館は逆にほとんどの車両に実際に乗ることができるのです!!

s-IMG_0028.jpg s-IMG_0027.jpg

で,このシートに座ったところでヨメと決別。ヨメはこのシートでお昼寝をしていただくことに。ええ,他の特急車両もそうなんですが座って寝てるオッサンとかがちらほらいるのよね。子供に付き合わされたお父さんとかおじいさんとかね。


s-IMG_0043.jpg s-IMG_0042.jpg

寝台車にも乗れます。

s-IMG_0046.jpg s-IMG_0048.jpg

s-IMG_0050.jpg s-IMG_0054.jpg

s-IMG_0062.jpg s-IMG_0057.jpg
新幹線200系でお昼寝中のオジサンを激写

s-IMG_0078.jpg s-IMG_0080.jpg

この直角イスの快速電車。
乗ったよね〜。学生時代,山に登るときはこれだったよ。夜行電車。

s-IMG_0087.jpg

別室にあるのが新幹線0系。
0系内部の懐かしい造作を。

s-IMG_0110.jpg s-IMG_0101.jpg

s-IMG_0111.jpg s-IMG_0103.jpg

OPPにはキツイ・・・昔のトイレ。

s-IMG_0136.jpg

s-IMG_0138.jpg

蒸気機関車やジオラマ,シミュレータはパス。それでも結局5時間ほどいたんですよ。なお,途中からヨメは400系から特急「とき」へ移動し昼寝を継続しておりました(笑)。だって400系は人の出入りが激しくて騒がしくて寝心地が悪かったんだもん。とのこと。

なお,昔の車両のイスはみんなフカフカなのよな。フカフカといっていいのかどうかは人により異なりますが。

この後,ヨメは夕方からお友達と新宿でごはん,僕は宇ち中氏と飲み歩きが待っています。

ふたたび埼玉新都市交通に乗り,

s-IMG_0143.jpg s-IMG_0147.jpg

大宮まで。

いやあ楽しめましたよ(ヨメはそうでもなかったようだが想定内w)。




posted by poptrip at 00:00 | Comment(11) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

映画「えちてつ物語」を見に行ってきました。

まずはこちらを。

s-IMG_9717.jpg
dancyu 12月号

なのですが,ご覧の通り表紙がななんとえちぜん鉄道なわけです。蕎麦畑とえち鉄の単行はけっこう画になりますなあ。ま,僕は撮り鉄じゃないのでどこで撮影したのかとかってのにはあまり興味がなく。

このdancyu12月号の特集は「一泊6食おいしい鉄道旅」ということで
・えちぜん鉄道×蕎麦
・琵琶湖線×湖の幸
・リバティ会津×桜肉
・サンライズ瀬戸×讃岐うどん
などなど全部で8つの鉄道と食べ物を組み合わせた旅が紹介されているのであります。

これは買うやろ。保存版やろ。
この本が届くまでどのお蕎麦屋さんが載っているのかなあと想像を膨らませていたのですが・・・・まあ納得できるようなできないようなww



Amazonではこの号は単品では購入できず,まとめ買いみたいのにしか対応していないため楽天ブックスで購入した次第(楽天ポイントもつくしねw)

さて,本記事の主題は映画「えちてつ物語」ですよ。
福井県のみ先行上映されていて全国公開は11月23日から順次。

えちてつ物語公式サイト


ということで日曜日の昼下がり。
前売り券を2枚持っている僕はヨメを誘って鯖江アレックスシネマへ。

s-1858.jpg

ふたりともちょいとおねむだったもので映画見てる途中に寝ちゃうんじゃないかという不安もありつつ真ん中の席を確保します。お客さんは30〜40人くらいだったかな。ま,想像通り。

主演の横澤夏子の拙い演技やありふれた脚本・演出に,最初は「B級映画じゃん。これはずれかな。」とも思ったのですが,中盤以降は思いっきり引きこまれてしまい何度も涙を流しました。ヨメはじんときたけど泣くほどじゃないと一刀両断。ただヨメも眠くならず思ったよりよかったという概ね肯定的な感想。
劇場内で鼻水をすすっているのはどうもオレだけみたいで恥ずかしかったんだけど(みんな泣いてたと思いたいのだが),オッサンの涙腺は老化とともに緩んできているのよ。普段は見ることのできないアングルで電車を見れたり電車の運行制御システムが見れたり鉄ヲタにもちょっぴり優しい作りとなっておりました(笑)

なお以下はネタバレを含むのでこれから映画を見ようとしている人は読む場合は注意願います。
ちなみに僕は予告編も全く見ずに鑑賞しております。
続きを読む
posted by poptrip at 20:40 | Comment(16) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

京都鉄道博物館・水族館きっぷの旅(その6・帰還)

日帰り京都旅行だけで6回分のブログネタを作る男。
こんばんは,poptripです。

串カツとハイボールをいただき地上へ出ると

s-IMG_1659.jpg

s-IMG_1661.jpg
草間彌生「南瓜」フォエバー現代美術館から出張中

だそうです。
わたしゃ現代アートとかはさっぱり門外漢だしハロウィーンには全く縁がないので写真を一枚撮ってすぐに移動。

s-IMG_1664.jpg

s-IMG_1666.jpg

乗変したサンダーバード43号の出発時間まであと1時間20分ほどあるので・・・

電車に乗ろう!(笑)

周遊きっぷを骨の髄までしゃぶりつくそうってわけです。
京都周遊区間は東は山科,西は桂川,北は亀岡,南は宇治まで。宇治は午前中に行っているのでとりあえず山科へ行ってみるか。

s-IMG_1674.jpg
国鉄117系電車

本当はこのブサイクな117系に乗ってみたかったのだけれど・・・その願いはかなわず。

s-IMG_1667.jpg
国鉄111系電車クハ111

行先が表示されておらず「湖西線」とのみ表示。
おいおい。ま,こういうのが僕の心をくすぐるわけなのですが。

s-IMG_1668.jpg s-IMG_1670.jpg

s-IMG_1675.jpg

s-IMG_1676.jpg

s-IMG_1677.jpg s-IMG_1681.jpg

かっこくぜかっことじる。
が気になるのだけれどまあ捨て置こう。
細かいことを気にしてちゃだめだめ・

s-IMG_1693.jpg s-IMG_1694.jpg

京都駅の一部のエスカレータの手すりにはこのように絵や文字があります。また,京都駅には0番線ホームというものが存在し,1番線ホームがありません(1番線はある)。サンダーバードは0番線で発着するので僕が京都駅で最も利用しているホームは0番線なのです。なお,この0番線ホームは558mと日本一長いホームでもあります。

s-IMG_1697.jpg

サンダーバードの指定席はガラガラで僕の隣は空席のまま鯖江まで。

おつかれさまでした。
満足しましたよ。ええ。


posted by poptrip at 20:10 | Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

京都鉄道博物館・水族館きっぷの旅(その4・京都鉄道博物館)

旅の最終目的地。京都鉄道博物館。
前々から行きたかったんだけどなんかいっつも混んでるっていうハナシばかり聞いていて行く気にならなくて。

今は亡き東京・神田の交通博物館も名古屋のリニア・鉄道館も行ったことがあるのだけれど残念なことにそのころはテツに特に惹かれていたわけでもなく・・・今行くと全然見方が違うんだろうな。ということでこの京都鉄道博物館はすげえ楽しみにしてたんですよ。

梅小路公園にたくさんある京都市電

s-IMG_1528.jpg

の静態保存車両を横目に京都鉄道博物館へ急ぎます。すでに15時を過ぎていて閉館時間は17時半。1分1秒が惜しい。伏見桃山でケチって京阪とか近鉄を使わないからで,身から出た錆なわけなので誰も責めることはできない(←いや原因はオレ自身だよ。まさに獅子身中の虫w)

s-IMG_1529.jpg

さて,旅行前に幹事さんからたくさんもらった切符で使用していない最後のきっぷ(というかクーポン?)がこちら。

s-tetsudou.jpg

京都水族館もそうだったんですが,このJRの切符のような券がそのまま入館券となるのですが帰りの切符も一緒に見せないと入館できません。

s-IMG_1531.jpg
0系新幹線

アラフィフにとっては新幹線と言ったらやっぱりこれなのよ。

s-IMG_20181104_0001.jpg
昭和47年 だるまや屋上にて 兄と

僕が東京へ行った最初の記憶は,従姉の結婚式。たぶんそのときに上野動物園でランランとカンカンを見たのだと思うのだけれどもちろん記憶はあやふや。飛行機に乗ったという記憶はないからたぶん新幹線で行ったはず。だとしたら少なくとも1回はこの0系新幹線に乗っているはずなのよ。

s-IMG_1533.jpg s-IMG_1534.jpg

運転席に乗ることができました。

s-IMG_1536.jpg s-IMG_1537.jpg

そしてここで撮影した写真を購入しちゃったのよ(←おバカさん)。
1,100円もしました。オレってホントはケチじゃないのかも(笑)

s-1612.jpg

いちおうフォトブックみたいなのに入れて印刷されたものをもらえたのですが上記画像はダウンロードサービスからダウンロードしたもの。

s-IMG_9258.jpg s-IMG_9259.jpg

こういうの,だれが買うんだよ!
とか思いつつたまーに買っちゃうんだよな。
東京ディズニーランドのスプラッシュマウンテンでも買っちゃったし,ハワイで



こんな写真買っちゃってるし(笑)

ま,旅先ではさすがの僕も多少は財布の口が,きんちゃく袋のように固くしまった口も緩むのですよ。

s-IMG_1551.jpg

s-IMG_1549.jpg

屋内展示へ。

s-IMG_1553.jpg

やっぱ500系新幹線はカッコイイ。

s-IMG_1556.jpg

子どものころから何度もお世話になった

s-IMG_1554.jpg
雷鳥

僕が唯一グリーン車に乗ったことがあるのがこの雷鳥なのですよ。
新婚旅行の時,福井から大阪まで雷鳥のグリーン車に乗ったんだけど,全然セレブ感が感じられずがっかりした覚えがあります。雷鳥ってもともとあんまり快適な車両じゃなかった気がするんだよね。だいたい北陸線の特急は・・・以下略。

s-IMG_1557.jpg s-IMG_1558.jpg

s-IMG_1568.jpg s-IMG_1561.jpg

s-IMG_1631.jpg

s-IMG_1569.jpg s-IMG_1572.jpg

僕の中で特急といったらこのカラーリングとヘッドマーク,この形なのです。当時はJRのことを汽車,福鉄のことを電車と言っていました(我が家だけ?)。

s-IMG_1610.jpg
トワイライトエクスプレス

トワイライトエクスプレスは,いつか乗りたいなあと思っているうちに営業が終わっちゃいました。ま,たくさんあるやってみたいことリスト(ドリフターズリフト)のなかで優先順位はずいぶん下の方だったんですけどね。

車両の展示だけでなく動力を伝える仕組みだとかブレーキの仕組みが

s-IMG_1597.jpg s-IMG_1600.jpg

非常に分かりやすいスケルトンのモデルがあり,しかも自分で動かしたり止めたりできてこれ面白いと思います。いかにも科学の学習素材って感じがして。

s-IMG_1615.jpg
旧式の自動改札機

そして,こちら↓のICカード対応自動改札機には,きっぷ購入体験(自販機で切符を買うだけなんだけど小さい子供なら面白いかもね)で手に入れた切符をこの自動改札に入れてこの機械の中を通って出てくるのを見ることができます。

s-IMG_1617.jpg

といってもあっという間に出てくるので僕の衰え始めた目では,どこをどう通ってきたのかもちろんわかりませんでしたけどね。

そして,もうひとつ楽しめたのがマルスシステム体験。

マルスってのはみどりの窓口で切符を発行してくれる機械のこと。
「通路側でいいですか」「はい」「あ〜満席ですね。次のしらさぎなら空いてますけど」とかって言いながらパネルをタッチしてるじゃないですか。あれですよ,あれ。

s-IMG_1619.jpg

もちろん好きな切符を購入できるわけではなく,模擬体験なので発行できるきっぷは決まっていてここを押してくださいってところに色がついているのでそこを順番にタッチしていきます。

s-IMG_1620.jpg s-IMG_1621.jpg

ははは。ちゃんと発券されました。
僕は結構面白かったけど・・・どうなんだろ?
一般人には全く面白くないかもしれないので・・・

s-IMG_1565.jpg s-IMG_1567.jpg
100系新幹線

高校の修学旅行では九州に新幹線で行ったのですが,年代的にこの100系に乗ったんじゃないかと思われますがもちろん定かではありません。僕,いまだに新幹線と富士山を見るとわくわくしちゃうんだけど,おかしいんだろうか?医者に行った方がいいのかw

そろそろ文章を書くのが面倒くさくなってきたのであとは写真の羅列で勘弁願いたい。

s-IMG_1596.jpg s-IMG_1593.jpg

s-IMG_1542.jpg s-IMG_1545.jpg

s-IMG_1571.jpg s-IMG_1623.jpg

s-IMG_1618.jpg s-IMG_1614.jpg

s-IMG_1629.jpg

s-IMG_1632.jpg

s-IMG_1634.jpg

s-IMG_1638.jpg s-IMG_1637.jpg
お召列車

閉館時刻17:30の10分ほど前に退館。
まだまだ楽しめたんだけどオッサンには疲労が蓄積されていたので蒸気機関車をさらりと見学し,退散させていただきました。

s-IMG_9395.jpg
きっぷ購入・自動改札体験用きっぷ/マルス体験で発券したきっぷ

何年か後に,もう一回くらいは来てもいいかな・・・


(つづく)

posted by poptrip at 20:50 | Comment(6) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする