2018年07月01日

えち鉄高架乗り初め【後編】

前回のつづき。6月24日のえちぜん鉄道専用高架使用開始初日の模様。

福井駅から

s-IMG_7044.jpg

勝山永平寺線に乗ると,次の新福井で下車し,



今度は三国芦原線に乗り換えることにする。
目まぐるしい予測不可能な動き。エムバペ並みの(フランスーアルゼンチン戦すごかったよなあ)。

s-IMG_7050.jpg s-IMG_7049.jpg

新幹線高架上の新福井駅への通路は当然閉鎖され(左上画像),新福井駅ではなにやら残工事を行っているような。

s-IMG_7052.jpg

やってきた7000形(7005-7006 2両編成)に乗り込むが,やっぱり前部はヲタさんたちでいっぱいだったので後面展望。

s-IMG_7054.jpg s-IMG_7056.jpg

s-IMG_7063.jpg
車庫(出勤前?のki-boが見える)

目指すは未利用駅である大関駅。

s-IMG_7065.jpg s-IMG_7066.jpg

ぼぼぼ,ぼくは,ななな,な7000形がいちばん好きなんだなあ。
この窓側のミニテーブル。映るのか写らないのかわからないモニター。
そしてこの日初めてのアテンダントさん。
早朝および夜の電車にはアテンダントさんは乗車しないのだ(たぶん)。

s-273.jpg

※今月号のURALAにアテンダント募集の広告がありその募集条件・勤務条件を見ると
勤務時間は8:10〜17:30とあった。高卒以上30歳未満との募集資格が。性別については書かれてなかったんだけど・・・やっぱ女性限定なんだよな(笑)


s-IMG_7067.jpg s-IMG_7068.jpg

指を持ってかれてしまいそうな危険な扇風機と懐かしい網棚。
正真正銘の紛れもない網棚。どちらも絶滅危惧種。

寝落ちしないよう持ってきた小説を読むことに集中。そして本を電車内に忘れないように(前科アリw)。

s-IMG_7070.jpg s-IMG_7071.jpg

大関駅は島式ホームなのだが,右側通行。
えち鉄の島式ホームの場合,右側通行の確率が非常に高い気がするんだけど・・・・運転席が左側にあるからかね。かと思えば相対ホームでも右側通行の駅もあるから法則を見いだせないでいるpoptripなのであった。すべての現象には理由がある。湯川学先生もおっしゃっているのだが理由がイマイチわからない・・・そのうち理由を見つけたいと考えている。

s-IMG_7073.jpg s-IMG_7072.jpg

s-IMG_7075.jpg

大関駅から

s-IMG_7078.jpg s-IMG_7080.jpg

西春江ハートピア駅まで乗車(えち鉄に小結とか前頭とか横綱なんて駅があるとよかったんだけどね)。
そして太郎丸エンゼルランド駅まで・・・

歩く。

s-IMG_7082.jpg

s-IMG_7085.jpg

太郎丸エンゼルランド駅から福井口,福井口で勝山永平寺線に乗り換え,

s-IMG_7095.jpg

発坂駅で下車。この発坂駅はまさに相対式ホームなのに右側通行なのである。
そして発坂駅から徒歩1分のところにあるお蕎麦屋さんでおろしそばを1枚だけいただき,隣の保田駅まで歩くことにする。

s-IMG_7098.jpg

s-IMG_7099.jpg

あれはもしかして保田経ヶ岳かな?

福井県内には僕が知る限り経ヶ岳が3つある。
いずれの経ヶ岳も元祖を名乗っており,味噌煮込みうどんや生八つ橋のように総本家,総本店,元祖などと謳っている(ウソ)
なお,鯖江経ヶ岳と経ヶ岳は登ったことがあるのだが,この保田経ヶ岳だけ登ったことがないのでそのうち行っちゃおうか。などと新たな野望が。

早歩きをしていたんだけど,途中から走る羽目に。
30分に1本しかないんだから電車を逃すと無駄な時間を30分過ごさなくちゃいけない。それにこの日は友人と食事をする予定が入っていて・・・

s-IMG_7104.jpg s-IMG_7106.jpg

なんとか間に合った。
電車には間に合ったのだが,友人との約束の時間には間に合わなかった(汗)。
だってさ,保田から水落まで1時間44分もかかるなんて思ってなかったんだもん。どう考えてもクルマのほうが早いという・・・そりゃあ電車使わないよな(保田経ヶ岳に登るとしてもクルマで行くよなあ)。

s-IMG_7108.jpg

s-IMG_7110.jpg

s-IMG_7114.jpg s-IMG_7116.jpg

記念式典や福鉄の便乗イベント(グッズ販売とかもやっていたらしい。ご覧の通り駅前にはレトラムも)にも興味があったんだけどとにかく時間がないので,福井駅から福井城址大名町まで田原町行に乗り,福井城址大名町から急行(ki-bo)で水落まで。

s-IMG_7119.jpg s-IMG_7120.jpg

途中オレンジとみどりのフクラムとすれ違い,水落ではさくら色とのすれ違い。

s-IMG_7121.jpg s-IMG_7123.jpg s-IMG_7125.jpg

おしまい。

なお,今回でえちぜん鉄道三国芦原線の駅すべてで乗降したことになった。
勝山永平寺線は,あと数駅。近いうちに片づけちゃおう。せっかちだから。

posted by poptrip at 18:00 | Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

えち鉄高架乗り初め【前編】

6月24日。
ついにえちぜん鉄道の専用高架が使用開始。北陸新幹線の高架を間借りしていた福井駅,新福井駅と̠仮設線路,それに地上にあった福井口駅と仮線路はすべて専用高架上の新しい駅と新線に機能が移転された。

まあ当然行くわな。今の僕なら。
ただ夜中の切替作業を見に行くほどのアレじゃないので,


えちぜん鉄道のfacebookに動画がありました


朝7時前という一番電車でもないちょいと中途半端な時間に福井駅に着いたわけで。

だって福井鉄道の始発に乗って福井に来たらその時間だったんだもの。文句があるなら福鉄に言ってくれい。

s-IMG_6998.jpg s-IMG_6999.jpg

5:54に水落から乗り込んだ福井駅前行始発電車の乗客はこの時点で僕を含めて5人。

福井が誇るプロフェッショナルである

s-IMG_7040.jpg

ケイスケ・オカダ(笑)像と使用開始されたばかりのえちぜん鉄道福井駅。

駅はカメラを首からぶら下げた鉄道ファン(いわゆるヲタね,オレ含む)と一般客が半々くらいか。なかなか賑やかしい。真新しいトイレでOPP対策をする。新駅のトイレに注目している鉄ちゃんはきっと僕くらいだろう(笑)

窓口で高架化記念一日乗車券を購入し,

s-IMG_7002.jpg s-IMG_7003.jpg

ホームへとエスカレータを上る。

s-IMG_7004.jpg

三国芦原線三国港行MC6101形MC6109に乗り,新しい高架からの前面展望を楽しむ。先頭はヲタだらけ(笑)
熾烈なポジション争いに勝ったものだけが見れる光景である。一番電車の先頭なんて,そりゃあ大変なことになってたんでしょうなあ。

s-IMG_7006.jpg

新福井,福井口を過ぎてまつもち町屋で下車し,再び福井へ戻る。高架を反対方向からも楽しむのだ。
と思ったのだけれど,やってきた6111は

s-IMG_7007.jpg s-IMG_7008.jpg

ヲタ,いや同好の士たちがすでに先頭を占領しており・・・僕は後面展望を。

s-IMG_7011.jpg
前日までは右側に線路が繋がってたんだよ。ウソみたいだろ。

福井口駅で下車する。

s-IMG_7015.jpg s-IMG_7016.jpg

福井口駅には車庫から出てきた回送電車が折り返していくためのホームがあった(上右画像)。

今度はここから勝山永平寺線に乗ることに。

s-IMG_7020.jpg



勝山永平寺線の新しい高架を過ぎると,越前開発駅で下車し,福井行で引き返す。
オレ,この日いったいこの高架を何往復するつもりなんだろう。自分でも分からねーよ(笑)

やってきた6110も車両前部には同好の士たちが集っていたため後面展望を。

s-IMG_7025.jpg s-IMG_7027.jpg

砂利だけじゃなく電柱も移設したっぽい。

新福井で下車すると,

s-IMG_7036.jpg s-IMG_7037.jpg

今度は福井駅まで歩く。
ホントに鉄ヲタの行動パターンは読めない。
その場その場の思い付きで行動してるから自分でも次にどこへ行くのか分からないんだよw

s-IMG_7038.jpg
ここだけ切り取るとすげえ都会っぽい

駅前のプロントでモーニングを食べると

s-IMG_7042.jpg

ふたたび福井駅。
プロントって日曜日は8時にしか店が開かないんだよ(平日は7時オープン)。だから8時過ぎに入店。

そして何が不満かってえと,ハピリンのインフォメーションは8時にはまだ人がいないってことな。つまりえちぜん鉄道のフリーきっぷで100円のお買物券を手に入れてそれを使用してモーニングを食べるという目論見が狂ってしまったのだ(まあ,その可能性ももちろん考えてはいたのだが実際無人のカウンターを目の当たりにするとガックリするんだよね)。

長くなったのでつづく(←長くしたのはオレの都合なんだけどw)

shinbun.gif
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/608321




posted by poptrip at 21:30 | Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

えち鉄に乗ってゆりの里公園そしてSKKS後はじめての天下一品【後編】

三国港行MC6101形6110に乗り,しばらくするとアテンダントさんがアナウンスをし始めた。忙しくないときには観光案内やイベント情報をアナウンスしてくれるのだ。

「ゆりフェスタ会場までは西長田から無料バスが出ております。予約が必要なため乗車される方はアテンダントまでお声がけください。」

そそそそうだったのか。最初に乗った電車はお客さんでいっぱいで忙しそうだったからアテンダントさんはアナウンスする余裕がなかったんだな,きっと。帰ってきてからWebサイトを見るとゆりフェスタ開催期間中の土日のみ無料送迎バスが運行しているとのこと。いつものとおりの情報弱者の僕だった。持ち味を発揮してしまったわけだが,やっぱり帰りだけでもバスに乗りたかったな・・・

勢いよく電車に乗り込んだはいいが,僕は行先を決めていなかった。
三国芦原線にも未利用駅がいくつかあるのでそのいずれかで下車すればいいだろう,と目を閉じたところ見事なまでの寝落ち。

「お客様,お客様!」

う・・うぅ・・

目を開けるとアテンダントさんが目の前に立っていた。
見知らぬ女性に起こしてもらうなんてなかなかできない経験(笑)

「終点につきましたので乗車券の確認をさせていただきたいのですが」

スリープから覚めたノートパソコンよりも早く,僕の脳は起動し状況を一瞬で把握する。
ああなるほど,寝過ごして終点の三国港まで来ちゃったわけね。フリーきっぷを提示して下車する。

s-IMG_6817.jpg

「あわら湯のまち」か「番田」で降りるつもりだったんだけど・・・まいっか。
このまま折り返す,この電車でいくつかの未利用駅で乗降しようと思考のスイッチを切り換える。「太郎丸エンゼルランド」も「西春江ハートピア」もまだ利用したことがない様な気もするしな。

s-IMG_6819.jpg s-IMG_6822.jpg

かなり旧式の扇風機を発見。
カバーは,隙間がありすぎて羽に指が当たってしまうタイプ。
手の届かない高さにあるので指を入れる人はいないと思うが。

それに,支那虎家の扇風機↓

s-shinatora.jpg s-shinatora2.jpg

と比べたら安全なわけだが(笑)
えーっと,支那虎を知らない人はネットカフェにいって車田正美先生の「リングにかけろ!」を読んでください(まさか置いてないなんてことはないと思うが・・)

未利用駅である,あわら湯のまち駅で下車。

s-IMG_6824.jpg s-IMG_6827.jpg

そしてお隣の番田(ばんでん)駅まで歩く。30分に1本というダイヤのため30分以内に隣駅までたどり着けばいいのだから余裕のよっちゃんである。

s-IMG_6828.jpg s-IMG_6829.jpg

草が生い茂っているけれどこれは廃線巡りではない。
それにこの田園風景はどうよ。

s-IMG_6835.jpg

s-IMG_6840.jpg

MC6101形6103に乗ると,

s-IMG_6841.jpg s-IMG_6843.jpg

僕が何度かであったことのある見覚えのあるアテンダントさん(ちょっぴりタイプだったりしてw)。
そして右上画像の線路が6月24日本日朝から右側のほうに切り替わったのだ。もちろん本日乗車済みなわけだが後日詳報予定。動画だけ公開しておきます。


2018/6/24 福井〜まつもと町屋

さて,続きを。

福井口で勝山永平寺線に乗り換えると

s-IMG_6844.jpg s-IMG_6845.jpg

未利用駅である越前開発駅まで。
駅の周りをひとまわりして

s-IMG_6846.jpg

やってきた6101形6108に乗る。



youtubeのクリエイターズツールで運転士さんはボカシてみた。

s-IMG_6849.jpg s-IMG_6850.jpg
新旧福井駅

福田和子が泊ってたホテルが写りこんでしまいましたがお気になさらず・・・

かつて市役所前電停への階段があった地下道はどうなっているのか見に行ってみると

s-IMG_6853.jpg
市役所前の文字が見えるし・・

これ以上,ここに金をかけて痕跡をすべてなくそうという気はなさそうだ(笑)

さて,福井城址大名町電停の越前武生行急行は毎時08分,38分から3月のダイヤ改正で09分,39分に変わった。09分の急行はフェニックス田原町ライン鷲塚針原発のためほぼ100%フクラムかki-boなのだが,やってきたのは

s-IMG_6859.jpg

まさかの770形。
初めてです・・・フェラ(当ブログでのフェニックス田原町ラインの略称)で旧名鉄車両にあたるのは。

s-IMG_6860.jpg
水落駅にて

以前は,西鯖江駅,神明駅で対抗列車とのすれ違いだったのがなぜか水落駅,三十八社駅になったため水落駅でこんな光景がみられる。だいたい三十八社駅は急行の停車駅じゃないのにすれ違いのためだけに停車するというね(もちろんドアは開かない)。なんでこんなへんてこりんなダイヤに変えたのかねえ。

ヨメの機嫌をとるため,ハピリンの100円お買物券を消費するため買って帰った

s-IMG_6862.jpg

パンテス堂のあん食パン(もちろんこしあん!)。

僕の目論見通りヨメは喜んで食べていた。

それを見ていたぼくはあまりに計算通りに事が進んだため,密かにほくそ笑んだ。
このときヨメはオレの手のひらの上で踊っていたんだから。



posted by poptrip at 20:45 | Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

えち鉄に乗ってゆりの里公園そしてSKKS後はじめての天下一品【前編】

唐突に何の脈絡もなく天一のこってりが食べたくなってしまった。
8番らーめんとか天一のこってりには奇妙な中毒性があるようで。
僕は突発性天一こってり症候群が発症してしまったのであります。

過去記事を検索したところ,前回の天下一品訪問は2017年の5月。
SKKS(心筋梗塞)になる1か月前。もちろんスープも飲み干しておりました。

とその前に,どうやって行こうか。テツだなテツ。福テツとえちテツを乗り継いで行こう。高架化前の乗り納めをしたつもりだったのだがえち鉄もアリ。そしてせっかくえち鉄に乗るんだからついでにどこかウォーキングがてら行けそうなところということで思いついたのがゆりの里公園ユリームで開かれている「ゆりフェスタ」。ユリームという名称には触れないでおこう・・・orz
ということで最初の目的地はえち鉄西長田ゆりの里駅に決定。まずは福井鉄道水落駅でパークアンドライド。

s-IMG_6698.jpg s-IMG_6699.jpg

フェニックス田原町ラインのブルーのフクラムにはそこそこお客さんが乗っていたのだが田原町を過ぎると数人になるのはいつもの見慣れた光景。終点の鷲塚針原まで行ってもよかったのだが,福大前西福井駅で乗り換えることにする。

s-IMG_6700.jpg s-IMG_6702.jpg

低床用ホームからフクラムを見送る。

s-IMG_6703.jpg

福大前西福井駅は,えち鉄の駅の中で最も都会的な,アーバンな雰囲気がある(中身はサバーバンなわけだがw)。

s-IMG_6709.jpg

やってきた三国港行6100形6103に乗車。
僕がこの駅で乗換えを行った理由は,アテンダントさんからきっぷを買いたかったからにほかならない(←威張るんじゃない)。だってさ,フクラムにはアテンダントさんが乗車しないのよ。無人駅で乗り換える場合には降車時にきっぷを運転士から買うことになるじゃない。そうすると運転士に余計な業務をさせてしまうことになるわけだ。僕はそんなことを望まない。というのはウソでただ単にアテンダントさんと接触を持ちたかっただけだ。

s-IMG_6711.jpg

アテンダントさんから,えち鉄・福鉄フリーきっぷ(1,400円)を購入。

s-IMG_6712.jpg s-IMG_6713.jpg

鉄橋を渡り,中角駅を過ぎると電車は速度を上げ,70km/hに(たぶんここが一番速度の出てる区間じゃなかろうか)。

s-IMG_6714.jpg s-IMG_6715.jpg
左:使用されていないホーム/(右)鷲塚針原駅に停車中のフクラム

s-IMG_6720.jpg

西長田ゆりの里駅で下車する。

s-IMG_6799.jpg s-IMG_6721.jpg

ここから,徒歩でゆりの里公園ユリームへ向かう。

案内表示が所々にあるので迷うことはないのだが,距離が書かれていない。駅名に「ゆりの里」ってあるんだから多く見積もっても徒歩15分くらいだろ。と思っていたら大きな間違い。果てしなく遠いのだ。イスカンダルへ向かうヤマトのような気分。とまでは言わないが。

s-IMG_6773.jpg

まさか25分も歩くことになるとは・・・

確かにこの「西長田ゆりの里」駅がゆりの里公園の最寄り駅であることに間違いはないのだけれど2km以上も離れた施設の名前を駅名に入れるのはちょっと無理がありませんかね・・・。ほとんど何も調べてこなかった僕にも非がないとは言えないのだけれどこの往復1時間は想定外のタイムロス。
もともと西長田駅だったのを西長田ゆりの里駅に改称したものなのだが,同時期に「太郎丸」駅が「太郎丸エンゼルランド」駅に,「西春江」駅が「西春江ハートピア」駅に,「下兵庫」駅が「下兵庫こうふく」駅に改称している。坂井市(旧春江町)は長い駅名がお好きなようで,しかも困ったことにハートピア春江の最寄り駅は太郎丸エンゼルランド駅だというこれまたややこしいアレがあって。
もちろん会議で議論に議論を重ねて決定した駅名なのだろうけれど,なんだかなぁと思うわけだ。「ゆりの里」や「ハートピア」という情報をなんとかアピールしたいという気持もわかるのだが,僕のような素人は混乱するだけだ。まあ電車でゆりの里公園やハートピア春江に行く酔狂な人はほとんどいないからな。会議でも「電車でふらっと無計画にこれらの施設にくるような輩はきっとおらんでしょう。駅名に”ゆりの里”ってつけても問題ないんじゃないでしょうか」「うむ。そのとおりですね。」「じゃあ”西春江ゆりの里”駅にするか”西長田ゆりの里”駅にするかどちらにしましょうか。」などという白熱した議論が展開されていた

s-IMG_6746.jpg

s-IMG_6748.jpg s-IMG_6745.jpg

s-IMG_6751.jpg

s-IMG_6753.jpg s-IMG_6754.jpg

また30分ほどかけて西長田ゆりの里駅へ戻る。
駅に着いた時にはもう昼飯時だった。

s-IMG_6795.jpg s-IMG_6796.jpg

この駅舎,古いのでドアの入り口の高さが非常に低くて僕でも背伸びしたら頭が閊えてしまうくらい(笑)

s-IMG_6798.jpg s-IMG_6800.jpg

福井行6101形6104に乗り

s-IMG_6802.jpg s-IMG_6803.jpg

西別院で下車すると本日の目的地である天下一品を目指す。



posted by poptrip at 21:00 | Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

えちぜん鉄道 新駅・既設駅巡り

僕は福井鉄道のすべて駅・電停で乗降を行っている。
一方,えちぜん鉄道の場合,乗降を行った駅のほうが少ない。えち鉄に関して言えば僕は素人同然のレベルなのだ(←いやそれは謙遜しすぎだなw)。

ということで,フォーを食べに来たついでに新しい高架駅の外観を眺めるとともにまだ利用したことのない駅を巡ってみようかと。

まずは観音町駅から福井駅まで。

s-IMG_6418.jpg
福井駅(左手の赤い建物が新しい福井駅)

s-IMG_6419.jpg

この新幹線高架上を間借りしている駅風景ももうじき見納め。

と,ここでOPPが発動したため福井駅のトイレへ。
そして前記事の通りトイレ内でスマホを落としてしまったことにより僕の愛しのスマホはお亡くなりになったのである。チーン。

改札口の精算所でフリーきっぷを購入するとそのままホームへ引き返し停車していた電車に乗る。

そして隣の新福井駅で下車。休日の日中にここで乗降するのは鉄ヲタしかいない。と断言してもよかろう(笑)

次にやってきた電車に乗る。

s-IMG_6426.jpg

このMC5000形ってやつに当たるのはもしかしたら初めてかも♡



スマホが壊れちゃったので動画もデジイチで撮影・・・orz
重たいんだよ,デジイチは。

未利用駅である,まつもと町屋駅で下車し,

s-IMG_6429.jpg s-IMG_6430.jpg

次にやってきたMC6101形6109に乗ってまた福井方面へ引き返す。何度も言っている通りテツヲタの行動パターンは一般ピープルには予測不能なのだ(笑)

s-IMG_6432.jpg s-IMG_6433.jpg

そして本日2度目の新福井駅。

えち鉄専用高架の新駅の外観を眺めることに。

s-IMG_6436.jpg s-IMG_6437.jpg
新・新福井駅

あっ。待合室があるじゃないか。
遠目には喫煙所にしか見えないのだけれど(笑)
前記事で書いた通り「北陸政界」で,えち鉄批判をする投書が紹介されておりその中には「新福井駅には待合室もなく冬などは学生たちが可哀そうだ。公共交通機関として云云かんぬん」ということが書かれていたわけだが(個人的にはそれは仕方のないことだとで的外れと思っている),待合室ができたからとりあえずクレームが一つ減ることは確実だ。今度は待合室が小さすぎるとか言い出すんじゃねえだろうな。

s-IMG_6438.jpg

そして隣の福井口駅まで歩く。

s-IMG_6448.jpg s-IMG_6447.jpg

s-IMG_6449.jpg s-IMG_6450.jpg

s-IMG_6452.jpg

s-IMG_6451.jpg
新・福井口駅

さて,いい時間になったのでフォーを食べるために新田塚へ行きたいのだがちょうど三国港行は出発したばかり。隣駅まで歩こうか・・・とも思ったのだけれどこの現駅舎で次の電車を待つことにする。と,なかなか興味深い光景を見ることができた。

まずは,

s-IMG_6454.jpg

大きなカバンを持ったローカル線ガールズのご出勤風景。なお,ガールズというのは十代の少女を指すものだと思っていたのだけれど辞書によれば「[通例複合語をなして] 女子従業員,女性労働者」という意味もある。ローカル線ガールズのガールズはそういう意味で使われているのだと・・じゃないと,ガールズじゃないじゃないかと怒り出す客がいるやもしれない。

改札の駅員さんに「いってらっしゃい!」と言われ,颯爽と。
次の電車を待っている間にふたりのアテンダントさんが電車に乗り込んでいきました。
なるほど,やはり早朝はアテンダントさんはまだ出社しておらずだいたい9時くらいの電車から乗り込み始めるということだな(たぶん)。

踏切がカンカンカンと鳴ったのでホームへ見に行くと

s-IMG_6456.jpg

「回送」と表示されたki-boくんが停車していた。

s-IMG_6458.jpg

こちらも重役出勤(笑)
このki-boは鷲塚針原9:49発のフェニックス・田原町ラインの始発電車に充てられるのだろうことは想像に難くない。えち鉄の車庫は福井口駅の先にあるため一旦福井口駅までやってきてここでスイッチバックして鷲塚針原へ向かうのだ。

s-IMG_6462.jpg s-IMG_6461.jpg
ちゃんとki-bo用の車両限界の表示がホームにあった・・

しばらくすると

s-IMG_6464.jpg

鷲塚針原へ向かって出発していった。

しばらくするとまた踏切の警報機がなる。

車庫からまた1両出勤してきたようだ。

s-IMG_6466.jpg
電車が走ってるのが車庫につながる線路,その右が三国港線,一番右が勝山・永平寺線

この3本の線路も高架化に伴い撤去され,新幹線高架が建設されるものと思われる。

ここからはえち鉄全駅制覇のための乗り鉄モード。
新田塚駅(未利用駅)まで移動し,フォーを食すると今度は新田塚から隣の中角駅(未利用駅)へ。

s-IMG_6480.jpg s-IMG_6481.jpg

中角駅は九頭竜川を渡ってすぐのところにある。利用したことがない駅なのに名前を何度も聞いたことがあるのはこの駅には低床車両用のホームがなく,フェニックス田原町ライン(低床車両のフクラムやキーボ)に乗ったときに「この電車は中角には停車しません」というアナウンスを繰り返し聞いたからだ。

s-IMG_6483.jpg s-IMG_6486.jpg

こちらも,志比堺に負けず劣らずなかなかな階段がある。ちょっとの知恵とお金を出せばこのホームの先に低床車両用のホームを作ることは可能な気もするが,あの利用状況を見ると作らなくて正解だったなw

福井行6100形6103で福井口まで引き返し,勝山行6106に乗換える。
勝山永平寺線は未利用駅が多いので,なるべく待ち時間が少なく効率的に駅巡りをしたい。30分に1本のきれいなダイヤであり,すれ違い駅も決まっているため計画を立てやすい。

s-tetsuko.jpg
「鉄子の旅」第1巻の名シーン

まさにこれである。
僕は筋金入りのテツじゃないからそこまで綿密な計画を立てないのだが,この気持ちはよくわかる(笑)

で,降りたのは山王駅(未利用駅)。

s-IMG_6490.jpg

これ↑は電車を降りて進行方向に進んで反対ホームへ渡るための踏切で撮った写真。変だと思いませんか?
そうなんです。相対式ホームなのに電車が右側通行となっているのです。なんでやろ。ほかにも同じような駅があり,えち鉄は右側通行という駅が非常に多いのである。まあ単線だからどっちでもいいんだけど福鉄の場合はこのような駅は家久駅しかない。

s-IMG_6491.jpg s-IMG_6492.jpg

福井行に乗り下志比駅に移動し,

s-IMG_6497.jpg s-IMG_6498.jpg

今度はまた勝山行に乗り込む。
なんか電車の写真より駅の写真が多くなってきてねえか?

だってさ,えち鉄の車両って3種類しかなくてカラーリングが同じだから・・・
正直飽きてきたんだよ(爆)

s-IMG_6501.jpg s-IMG_6530.jpg

えち鉄ビギナーだったころ(今もまだまだ修行中なのだが)は,アテンダントさんにばかり目がいっており(お恥ずかしい限り),一挙手一投足に注目し,その仕事ぶりを眺めていたド変態野郎だったのだが,もう今の僕はそんなことはない。あ,この娘この前の電車にも乗っていた娘だな。この人は初めてかもしんない。ってその程度。

勝山市内で昼食をとると

s-IMG_6522.jpg

福井行の電車に乗る。
駅巡りを継続してもよかったのだが,意識不明のスマホをなんとかしなきゃいけない。後ろ髪を引かれる思いだが,このまま帰ってauショップへ直行することにした。いや,壊れたのが分かった時点でauショップに行けよ!というご指摘もあろうかと存ずるわけだが,スマホのない自由というものをしばらく味わいたかったんだよオレは。
ま実際のところ勝山駅周辺にauショップがあると思っていたんだけど見当たらなかったのだよ(泣)

・・・でも,スマホのない旅というものはあまりにも不自由すぎた。お店の場所を探そうにもGoogleマップが使えない。暇つぶしにSNSを見ることもできない。どこでメシを食おうか検索することもできない。動画の撮影もデジイチだと大変だ。乗換案内アプリも使えない。それにヨメがもし僕に電話をしていたとしたらあとで「なんでつながらないのよ!」と後で怒られるかもしれないとビクビクしながら旅を続けるのもつらい(半分ホントww)。

その日,僕ははじめてスマホケースというものをamazonで購入した。







posted by poptrip at 20:00 | Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする