2017年11月07日

麺屋つくしと源のお弁当

全く来る予定のなかった小矢部のアウトレット。

やることがない。
買うものもない(靴だけ一足買いましたが)。
時間はある。

アウトレットって時間をのんびりと潰せるところがないんだよね。スタバなんて行列できてたし・・

ということで,フードコートの様子を見に来たわけですが人気ラーメン店の行列が短い。
当たり前です。時刻は午後2時30分とたぶん最も閑散としている時間帯と思われ・・・
昼食は普通に食べましたが,いちおうご飯は軽めにしていたので腹には余裕があります。

どうする?

食べるなら

今でしょ。



s-IMG_3975.jpg

10分後には,ラーメンをゲットしておりました。

s-IMG_3973.jpg s-IMG_3974.jpg

はい,麺屋つくしの味噌ラーメン(800円)です。
我慢しようと思ってたんだけど「ミシュランで紹介された味噌ラーメン」といううたい文句が目に入ってしまい,味なんて分からないくせにこういう権威に弱くかつミーハーで軽薄な僕は思わず飛びついてしまったのです。

s-DSC_0187.jpg s-DSC_0188.jpg

久しぶりに食べた味噌ラーメン。
すみれで修業された方が開いたお店のようで,王道を行く札幌味噌ラーメンはやはり文句なしに美味かったっす。

そして夕食は,ますのすしで有名な源(みなもと)の弁当「富山味づくし」。

s-IMG_3989.jpg s-IMG_3997.jpg

s-IMG_3991.jpg

ますのすしは一切れのみ・・・

s-IMG_3995.jpg

・鰤の味噌焼と酢蓮根
・蛸のうま煮,枝豆添え
・ますひれのうま煮と昆布巻き
・かつお風味のブロッコリー
・卵べっこう,昆布かまぼこ
・氷頭なますと大根のお酢和え
・梅貝と銀杏串
・ほたるいか甘露煮
・白海老浜焼き
・大学いも

ほら,麺屋つくしと富山味づくしって韻を踏んでるの気づきました?





posted by poptrip at 20:30 | Comment(4) | グルメ(富山県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

富山のカレー ザイカ・カレーハウス

僕が富山県に住んでいたのは,もう20年前。
当時はまだtwitterやfacebookはもちろんブログや食べログなどもネット上には存在せず,Yahoo!すらもなかった。2ちゃんねるが大ブームを起こすのもこの数年後であり,インターネットといっても一部のマニアが使用する非常に限定的なコンテンツがほとんどだった。僕はジョブズが追放され迷走していたApple社のMacintosh Performa6210をおなじみM氏から購入し,28.8kbpsのモデムで「ヨメに電話が使えなくなるからネットはやめてくれ」と文句を言われ続けたあのころ生きるのが辛かった(byあみん)わけで当時Macを使ってるのはクリエーターか医者かミュージシャンか村上春樹かM氏かってくらいAppleなんてのはマニア向け製品だったのである。そしてクリエーターでも医者でもない僕はもっぱらエロ画像を見たりしていたわけだが(笑)

とそんな僕の黒歴史はどうでもよくて,また本稿はインターネットの歴史を語るものでもない。とにかく当時はグルメ情報なんてものは雑誌や新聞,あとは口コミがすべてだったということが言いたかっただけである。
当時の富山のグルメ事情はというと・・・やはりラーメンにとどめを刺す。まるたかや,九頭龍,めん八・・・富山のラーメンは福井とは比べ物にならないほどレベルが高かった。ただ富山ブラックなどというミーハーな呼称はなかったと記憶している。
そして,きときと寿司とカレーである。きときと寿司は結構な衝撃だった。こんなうまい回転ずしがあるのかと。カレーやさんといえばタージ・マハルやデリー,インデアンカレー・・・名前は思い出せないけれどたくさんのカレーを食べた。ちょうどココイチが富山にオープンしたのもそのころだ。

そして今回富山でメシを食うにあたり,調査の対象となったのはやはりカレーとラーメンだった・・・(何も成長していないオレを確認)

僕の琴線に触れたザイカカレーハウスの最寄り駅は新町口駅なのだが,久しぶりに新湊(一部高岡市)の懐かしい街なみを楽しみながら歩こうと中新湊駅から歩くことにした。

s-IMG_1145.jpg

この辺りは高岡市と射水市(旧新湊市)の境界線となっており,しかもそれが非常にいびつな境界となっており,どこが高岡でどこが新湊なのかを判別するのはジモティでも非常に困難である。
秋吉や寿司やさんがこのあたりの特記事項。ムスコの誕生日にムスコのために店員さんがハッピーバースデーを歌ってくれた想い出のココスもこのあたりに存在している。

なお,ザイカカレーハウスはどうも高岡市らしい・・・

s-IMG_1151.jpg

入店したのは12:45ごろ。ずいぶんとアレな外観であるが,まあここまで歩いてきて別の店に変更するほどの元気はさすがの猿飛いや,さすがの僕でもない。
ちょうどランチタイムのピークが終わったところか。先客の皿がテーブルの上にいくつも置きっぱなしで,僕が入店しても店員さんは知らん顔。ははは。いいよ別に,慣れてますからこういうの。

店員さんにひとこと声をかけ,中華料理屋さんのような丸テーブルに着座。じっと待っていてもオーダーをとりに来る気配がないため,しびれを切らして店員さんに声をかけると「キョウハバイキング」とありがたい片言が返ってくる。

なるほど。土日祝日はそういうシステムらしい。

カレーは3種類。
カレーのはいった寸胴にはメニュー名が書かれているのだが,日本語ではなくあちゃら語なのでメニュー名がよく分からない。アウェイ感抜群です。異国情緒こちにありらむ。といったところか。

以下,僕が食べたもの。

見よ。

s-IMG_1146.jpg

見事なまでにインスタ映えしない画像を!!(笑)

やっぱさあ,バイキングでインスタ映えするようなうまそうな盛り付けができるかどうかってとこで男の価値が決まるんだよね(そんなことはない!)。
僕は盛り付けには全く自信がない(というか時間をかけようと思わないから),プレバトに出たら土井先生にめちゃくちゃ文句言われることには自信があるのだ。

1杯目のカレーをとりにいったころ,オーダーしていない

s-IMG_1148.jpg

コーラとナンが出てきた。この微妙なシステマチックなところがまたディープで味わいがあるようなないような。初心者にはなかなかキツイ(笑)
僕は,だいたいSKKS(心筋梗塞)発症後はドリンク類からは糖分を極力摂取しないと固く誓ってるためこういうサービスは実は有難迷惑だったりして。申し訳ないので二口ほど口をつけただけでコーラは残させていただきました。苦渋の決断。まあ普段からコーラなんてめったに飲まなかったしな。貧乏性の僕でもわざわざここでコーラを完飲しようとは思わなかったわけで。

s-IMG_1147.jpg

2杯目のカレー(たぶんチキンカレー)はナンでいただく。

そして,いちおう最後にサラダと豆のカレーを。

s-IMG_1149.jpg

コメも白米ではなくてなんだかよく分からない米っぽいやつ(ビリヤニというらしい)でいただきました。

これで1080円。値段的にはいいと思うんだけど,このどうしようもないアウェイ感。何国人なのかすらよくわからないかなりいい加減な店員さん(笑)のふるまいにもなかなかの情緒がありまして(ウソ)。

食べログのレビューによると,どうもパキスタン人らしい。
このあたりで見かけるのはむかしはロシア人ばかりだったのだけれど最近ではパキスタン人が幅をきかせているのかもしれない。しかしパキスタンもカレーが有名なのかな。インドかネパールが本場だと思っていたけれど。

うん。
再訪はないような気がする。
常連になれば色々楽しめそうだけど・・・

カレー食堂といった趣で,清潔感とかそういうものを全く気にしない,大食漢の輩にはオススメできます。そしてこのアウェイ感,海外にいるような微妙な感覚・刺激を楽しめる方なら。

s-IMG_1152.jpg

この文化センターみたいなところでヨメと二人で英会話教室に通ったのも黒歴史。2回ほど行って全く行かなかったような記憶がある。まあいろいろな思い出の詰まった新湊・高岡徘徊。それなりに楽しめたよ。次回はクルマで来たいな(←コラ!)


posted by poptrip at 20:00 | Comment(2) | グルメ(富山県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

氷見魚市場食堂 海寶

JR氷見駅を出て目に入った光景に僕はびっくりした。
駅前に,お店が何にもないんだもの。

鯖江駅や武生駅も駅前はどうかと思ってたけど,氷見駅前にはかなわない。
見事なまでにお店がないのだ。

氷見には何度か民宿に泊まりに行ったことがあるくらいで地理にも疎いし食べ物屋さんについてもほとんど何も知らない。また20年くらい前に行ったきりですから僕の場合,氷見といえば,なんといっても「きときと寿司」なわけですが(そうか?),歩いていける距離ではない。食べログをチェックして口コミ数の多いお店を探すと,氷見魚市場食堂というのが目についた。駅から徒歩15分ということだからもちろん歩く。電車の旅に徒歩はつきものだ。

s-IMG_2512.jpg

氷見魚市場食堂海寶(かいほう)。

s-IMG_2511.jpg

メニューを見てしばらく悩んだ末,刺身定食(1,300円)をオーダー。

s-IMG_2507.jpg

s-IMG_2509.jpg

うん。
普通に美味しかったよ。
特別うまいかったかって言われると,いやあ僕のB級舌ではなんとも・・・
だって福井でもおいしいお魚いっぱい食べれるんだもん。

寒ブリの時期に行くとまたちょっと違ってたかもしれませんが。

s-IMG_2510.jpg

別記事のコメントで,氷見にはおいしいラーメン屋さんがあるんだと知った。七尾在住の女性からのコメントだった。そうだな,こっち方面に来るときは彼女に聞いてみよう。彼女が鯖江や敦賀に来るときは僕にいろいろ聞いてくるもんな(笑)
やっぱどこでメシ食うかくらいはちゃんとリサーチしてから行かなきゃいかんな(まあでも行き当たりばったりの旅もいいもんだ・・・と負け惜しみ。負けたわけじゃないんだけどw)。

次に氷見に来ることがあれば,ラーメンを。
いや氷見カレーってのもあるようだから,ラーメンとカレーのはしごかな(笑)


posted by poptrip at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(富山県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

光麺 三井アウトレットパーク北陸小矢部店

小矢部のアウトレットパークには2軒のラーメン屋さんがあります(たぶん)。
「光麺」と「つくし」。メジャーなのはもちろん光麺。福井のお台場ラーメンPARKにも過去に出店していたと記憶しています。
僕が東京に住んでいた2000年ごろ,今でこそ激戦区と呼ばれる池袋のラーメンといえば「大勝軒」は別格として,「屯ちん」「えるびす」「光麺」だったわけですが,残念ながら光麺を食べる機会には恵まれず,今回いただくことにしたわけです。

s-1458483434310.jpg

光麺が常設店であることは喜ばしいことなのですが,フードコートにあるというのが大きなマイナスポイント。フードコートってさあ,席取合戦が凄まじいじゃないですか。それに自分でテーブルまで運ぶのも混雑してて大変なわけで。みんな慌ただしく動き回ってるため席についてもあんまり落ち着いて食べることができないわけです。テーブルが汚れてたりすることもあるし・・・だからお台場ラーメンPARKとかグルメ博も僕は苦手で1度か2度しか行ったことないんですよ。だいたいあのイベントは容器からして貧乏くさいしなにより入場料をとる(あるいはチケットが高額)というのがどうも納得できなくて。
・・福井の大人気グルメイベントをdisるのはこのくらいにしておきましょうか。まあビジネスだからしょうがないし割り切って楽しめればいいんでしょうけど根っからの貧乏性でして。田舎に有名店を呼ぶってのはいろいろとアレなのも分かるんだけどね。



何とか席を確保し,行列に並びます。フードコートは11時オープンなのですが休日と言うこともありオープン10分後くらいにはほぼ席が埋まってました。残念ながらキャパ的にはアウトレットパークのレストランとかフードコートってどこもピーク時にはとても対応できないレベルじゃないかと思います(トイレもねw)。

s-1458483445192.jpg

注文して5〜6分でベルが鳴りました。

s-1458483423933.jpg
熟成光麺(780円)

s-1458483415568.jpg

とんこつしょうゆのラーメンはやはりおいしかった。僕がとんこつ好きということを抜きにしても食べやすいマイルドなとんこつじゃないかと。チャーシューがちょっぴり残念なものでしたが。
ただ,フードコートじゃなかったらもっと美味しく感じられたんじゃないかなあと・・・あのカオスの中で食べるラーメンとちゃんとした店舗で食べるラーメンは気持ち的にやっぱり違うと思うんだな。僕はとっても繊細だから(笑)


今年のお台場ラーメンPARKには,また庄のも来てるんですね・・行ってみたい気もするけどポリシーは曲げないのです(笑)

posted by poptrip at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(富山県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

GODIVA 三井アウトレットパーク北陸小矢部店

初めての三井アウトレットパーク北陸小矢部。
特に買いたいものがあるわけではないのですが,一度くらいは行ってみようと思っていた観光スポット(笑)
すごい人ですよね。みんなそんなにショッピングが好きなんでしょうか。
僕はショッピングと言うものにほとんど興味がないため,アウトレットにも全く興味がないのですが竜王のアウトレットには行ったことがあります。あのときもあまりの人の多さにうんざりしてしかも途中でOPPに見舞われトイレに行ってみたものの大行列ができていてもう顔面蒼白になりながら列に並んだというとても悲しい思い出しかないのです。

s-1458483261158.jpg

今回も,入店すると同時にトイレへ。「備えあれば憂いなし」ってことです。波動エネルギー充填率は20%ってところでしたが,絞り出しましたよw
僕の波動砲は,充填率20%以上ならいつでも発射できるんです!キリッ
とりあえずアウトドア関係のお店を物色。コロンビアとモンベルとノースフェイス。ええ,どれもびっくりするほど安くなっているわけでもなく何も買わず。
アウトレットでは集合場所と時間だけを決めて家族8人全員別行動にしていたのですが一人で歩いているムスメを見かけたので思わずナンパ。GODIVAへ誘ってみたところホイホイとついていきました。知らない怪しいオッサンにはついて行っちゃだめだぞ。
店の前を通った時にみかけたチョコレートドリンクというものを飲んでみたかったんですよ。ただオッサンがひとりで飲むにはちょっとハードルが高いんだな。でも590円という高級ドリンクなんですが手が出ない値段でもないし。

GODIVAというのはご存じ高級チョコレートブランド。
日本語表記は「ゴディバ」のようですね。福井だと西武にあるみたいです(昔はなかったと思うんだな)。

実は17〜18年くらい前にアメリカに出張に行った時にニューヨーク5番街にあるGODIVAをちらっと覗いてみたことがあります。その頃はいまほどGODIVAは日本ではメジャーではなかったんでGODIVAの読み方がわからなかったんですよね。それで店員さんにGODIVAってのは「ゴディヴァ」と発音するのか「ゴダイヴァ」と発音するのかどっちなんだと尋ねてみたのです。そしたら店員さんは「ゴダイヴァ」ですよ〜って答えてくれたのでそれ以来GODIVAは「ゴダイヴァ」だとずっと思ってたんですけど,日本語表記は「ゴディバ」となっているのでもしかしたらニューヨークでの僕の記憶が間違ってるんじゃないかと・・

s-DSCF0179.jpg
2001年,2度目のニューヨーク5番街
(アウトレットでムスコが偶然BANABA REPUBLICで服を買ってたのです)


wikipediaを見てみたら「名称とロゴマークは、イングランドの伝説に出てくるゴダイヴァ夫人(Lady Godiva)に由来する。ベルギーにおけるチョコレートメーカーとしての発音は「god ee' va(ゴディヴァ)」に近く、因みに英語での発音は「ゴダイヴァ」である。」との記述があり,ああ僕の記憶力も捨てたもんじゃないなあと。

で,ショコリキサー(ダークチョコレートデカダンス)を。
もちろんショコリキサーなんて単語は生まれて初めて見ましたし,デカダンスとかってメニューの意味もよくわからないわけです。最近の日本人は外来語をちゃんと日本語に直すという努力をしないからダメなんですよ。昔の日本人は外来語はたいてい日本語に直してたのに最近は安易にカタカナに直すだけなんだから。
かといってダークチョコレートデカダンスなんてのを「退廃的暗楂古聿飲料」などという強引な日本語にされても困るっちゃあ困るんですけど。

s-1458483270988.jpg

とにかく甘過ぎ。スイーツと呼ぶにふさわしい食べ物というか飲み物。
これをふつうのひとは一人で完飲してるなんてのが信じられないわけです。

s-1458483282445.jpg

私は二口だけでギブアップ。
残りはムスメにすべて託しました。

まあモトモトぼくがチョコレートが苦手ってが原因なんですけどね(←じゃあなぜGODIVAのドリンクなんかを飲もうと思ったんだ!っていうハナシなんですけど)

posted by poptrip at 21:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(富山県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする