2019年04月02日

拉麺 秦秦 美浜店の赤玉こってり

美浜でおひとりさまランチ。

久しぶりの秦秦です。

前回,白玉で撃沈しているので今回は赤玉(税込み831円)を。

s-IMG_4885.jpg

これこれ〜!!

唐辛子で埋め尽くされた真っ赤っかな濃厚とんこつラーメン。

s-IMG_4886.jpg

細麺ストレート。

うまい。
これはうまいわ,やっぱ。

見た目ほど辛くないのよ。
まあ見た目の通りの辛さだったら誰も頼まないしメニューにないわな。

輝之助の赤とんそばもうまかったけど,こっちの方がうまく感じるのが僕の舌。

s-IMG_4890.jpg

ごちそうさまでした。
大満足の一杯。

しかし,831円ていう値段設定は何とかならんかね。
9円のおつりって僕一番嫌いなのよね(笑)

s-IMG_4891.jpg

さて,美浜へ来たのはヨメが美浜の「なびあす」というホールでとある演奏会を聴きに行きたいと言ったため。一人で行ってくれば,と思うわけだが長距離の運転はしたくないと・・・

ラーメンを食べた後は「なびあす」にある美浜町図書館で時間を潰します。

s-3524.jpg

この図書館にはワンピースやテニスの王子様などといった人気漫画もあり,僕は「テニスの王子様」を読みながら待ちます。
トイレに行きたくなったのですが,場所がなかなかわからず。

s-3525.jpg

これがトイレだそうです・・・
突き当りの右のドアが男子トイレ,突き当り左のドアが女子トイレだって。
デザイン重視もいいんだけど,やっぱトイレはわかりやすくないと。OPP(おなか・ぴー・ぴー)体質の人にとっては死活問題ですからね。



posted by poptrip at 19:20 | Comment(4) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

若狭町小川の民宿で新年会

帰ってきてWOWOWオンデマンドを見たら,知らない外国人選手がインタビューを受けている図が。
ニシコリくん・・・・負けてるじゃないか。ましょうがない。テニスの時間に振り回される1週間がなくなったと前向きに・・・

---

養老山を下りて僕らが向かったのは若狭町(旧三方町)の民宿。

s-IMG_3339.jpg

遅めの新年会です。

魚尽くし。
予算によってカニとかも出るんだろうけど,僕らはリッチじゃなくケッチなので,たぶんこれがスタンダードなプランじゃないかと。

s-IMG_3320.jpg
ヒラメ

s-IMG_3323.jpg
ホウボウとレンコダイ

刺身がうめえんだよ。
ピチピチと音が出そうな,ピチピチギャルのような新鮮さ。
今日あがった魚です,とのこと。

s-IMG_3327.jpg
フグの唐揚げ

フグはから揚げか雑炊に限る。

s-IMG_3326.jpg
(たしか)サヨリサワラじゃないかとご指摘がありその通りだと僕も思いますw

s-IMG_3324.jpg s-IMG_3325.jpg
カニ&ホタテバター

s-IMG_3330.jpg
寄せ鍋

s-IMG_3328.jpg s-IMG_3332.jpg
三杯目くらいからはハイボールに移行

大満足の夕食でございました。

そして朝食。

s-IMG_3333.jpg

三方五湖周辺は梅干しの一大産地。

s-IMG_3334.jpg

この梅干しも・・・そうなのかどうかは不明。
塩分を気にする僕もこの日ばかりは梅干しを食し,味噌汁も完食。
おいしかった。

お世話になりました〜。

最後に,朝食後のお散歩の模様を。

s-IMG_3345.jpg s-IMG_3344.jpg

s-IMG_3356.jpg

今年は,この仲間たちとアルプスにも挑戦しようかしらん。
できることならば電車で行きたいなあ(笑)


posted by poptrip at 22:00 | Comment(6) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

勝山「おいしい,ちよ鶴」からの・・・

ヨメと勝山でランチ。
えち鉄ストーリーの番外編ということで。

独りなら駅からかなり離れたところまで歩いていくのだけれど・・・ヨメがいることで選択肢がかなり狭まってしまうのだがそれは仕方のないことだ。

s-IMG_3118.jpg

s-IMG_3125.jpg

目的のお店おいしい、ちよ鶴に到着。
定番であるソースカツ丼とおろしそばのセットにしようかと思ったのだけれど

s-2957.jpg

勝山には「ぼっかけ」という、赤いかまぼこや三つ葉が入った出汁を温かいご飯にかけて、海苔やワサビを添えて食べる郷土料理があります。同じ名称の料理は福井県内外にもありますが、このシンプルなレシピは勝山だけに見られるもので、勝山独自の伝統と言えます。披露宴などの宴会の締めや報恩講料理として食べられる縁起物です。この郷土料理をモチーフに「出汁をかけて食べる」「食材を発掘する」などの要素を加えて、各店舗にて開発されたオリジナルメニューが「勝ち山ボッカケ」です。是非ご賞味ください。(ふくいドットコムより)

この「ぼっかけ」というやつは,なんかテレビで見たことがあるようなないような。
食べたことはないので,ご賞味させていただくことに。

s-IMG_3120.jpg

おろしを自分でかけて食べるのだ。

s-IMG_3121.jpg

うん,ふつうにおいしいな。
縁起物だから・・・量は少な目。

もちろんぬかりなく僕はもう一品オーダーしていた。

焼きさばおろし(900円)。

s-IMG_3123.jpg

その名の通り,おろしそばに焼き鯖がトッピングというかミックスされているというもの。
焼き鯖寿司とおろしそばが別々に供されるってパターンは経験したことがあるけれど,こういうメニューは意外なことに初めてかも。

s-IMG_3124.jpg

おそばはコシのある田舎そば。
で,やっぱりというか焼き鯖の塩味が他のほとんどすべての味を包み込んでしまっており・・・まあこれはこれでおいしいんだけどやっぱりおろしそばはおろしそばで食べたほうがよかったかもね。あ,焼き鯖寿司ってのはいちおう福井の(南の方)名物っす。

このお店はWi-Fiが使えました。
クレジットカードも(使わなかったけど)。

さて,勝山駅へ戻る。
寒いのは,ヨメと一緒だから。
あ,変な意味じゃなくて(笑),ヨメに合わせてゆっくり歩いているからと思われ。普段の僕はもうほとんどの場合早歩きですからねww

さあ,みなさんお待ちかね。
popさんのはしごシリーズのはじまりです。

まあ,はしごといってもカフェでヒーコー飲んだだけなのだが。
いちおうはしごといっても差支えはなかろう。このブログではオレが法律なのだ。

s-IMG_3128.jpg

勝山駅構内にあるえち鉄カフェでございます。

s-IMG_3136.jpg

以前から気にはなっていたんだけど,ケチな僕は自分の金でこういう普通のカフェに入る気にならなくてね(笑)
ほら,プロントで100円引きのクーポンつかったり,星乃珈琲店でコーヒーチケット使ったりそういうのに慣れちゃってるもんでね。

で,ほら。
今回はヨメの財布からお金がでてくるわけじゃん。
打ち出の小槌があるときには,こういうちょっとした贅沢ができるのだ。

s-IMG_3132.jpg

コーヒーサイフォンです。
見ていてなんか楽しいね,コレ。理科の実験みたいで。
子どものころはあんまり実験って好きじゃなかったんだけど,大人になるとこういうのがたまらなくなるのな,不思議なことに。

まあ,大人になってもこういうのに興味ない人が,僕の目の前に座っていたわけだが(笑)

s-IMG_3133.jpg s-IMG_3135.jpg

ごちそうさまでした〜。
コーヒーもチーズケーキもおいしかったです。
自分の懐が痛まないってのが,おいしさを引き立てていたような・・・ww

といっても元をたどれば僕の稼いできたお金だったり,とそういうことは考えてはいけないのだ。

電車の時間に追い立てられるように店を出たわけですが,まあしょうがない。電車を1本逃すと30分も待たなきゃいけないんだから。
電車が数分に1本あるような都会だと時間を気にせず利用できるんだけどなあ。


posted by poptrip at 17:00 | Comment(6) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

勝山・グリルやまだのソースカツ丼

ソースカツ丼好きなら「グリルやまだ」を知らない奴はモグリだと言ってもいいだろう。
もちろん僕も知っている。だけど行ったことがない(笑)
僕は「限りなくモグリに近いソースカツ丼愛好家」なのである。

今回,せっかく勝山に来たんだからと「8番らーめん勝山店」と天秤にかけた結果,分銅は「グリルやまだ」の方に多く乗っていたようでこちらに決定。よい子のみなさんは知っていると思いますが,分銅は手で触っちゃだめなのよ。

s-IMG_1036.jpg s-IMG_1038.jpg

店に着いたのは13:00だったが,待ちは1組。
10分ほどで席に案内された。
独りで4人掛けテーブルを占領するのは気が引けたのだがまあしょうがない。それにオレ早食いだからさ。

いちおうメニューをひととおり眺めてからおもむろに「かつ丼」をオーダー。

s-IMG_1033.jpg

デフォルトでサラダと味噌汁がつき,さらにセルフでコーヒーまでついて,なんと920円。

そして

s-IMG_1035.jpg

・・・うまい。

うまいのは当たりまえだ。

ヨーロッパ軒のソースカツ丼を忠実に再現したようなソースカツ丼なんだから(メニュー名はかつ丼と「かつ」は平仮名)。
それに,メニューはカツとエビフライと焼肉の3種類に特化しているわけで(この3つの組み合わせでメニューが構成されている),ある意味ヨーロッパ軒以上にゴリゴリの硬派な,ソースカツ丼やさんとも言える。パ軒は店舗にもよるけどカレーやらヤキメシやらオムライスやらピカタやらステーキなんかもあるからね。
グリルやまだという店名からは洋食屋さんを想起するわけなのだが・・・

グリルじゃないのよやまだは,はっは〜ん♪
すきだといってるじゃないの,ほっほ〜ん♪


こんなくだらない替え歌を考えつつソースカツ丼をかきこむと,僕よりずいぶん先に店に入ったであろう隣の家族連れがまだ食べ終わる前に,僕は店を出た。あ,コーヒー飲むの忘れた!と気づいたのは店を出てクルマに乗ってずいぶん運転してから(笑)
そう,ランチタイムにはセルフでコーヒー無料サービスをやってるのよ。

ごちそうさまでした。満足しました。勝山では大正解なお店。
わざわざ鯖江から食べに行くまではないけれど(パ軒があるからね),勝山にいてソースカツ丼が食べたくなったら行っちゃうかもね。

県外の方が恐竜博物館とセットで来るにはぴったりのお店と思います。
ちびっこかつ丼なんてメニューがあったり,この日はお子さんにはクリスマスプレゼントを配っていたし,子ども連れにも優しいお店ではないかと思われる。



posted by poptrip at 19:00 | Comment(0) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

旧朝日町の「めん房 新月亭」

壮年会の祭りの打ち上げは久しぶりに旧朝日町の新月亭
白樺ばっかり食べてたわけじゃないんですよ。
だってさ,白樺ホルモンを食べた後の取り皿を片付けるときの固形燃料のような脂の塊見たら,ああオレ不健康なことしちゃったなあと思い知らされるわけでして。あ,白樺をdisってるわけじゃないですよ。それに僕は,そんなにたくさんは食べてませんし,あの白樺の魔法のタレ(なんにでも合うんじゃねえかっていうタレね)もほんのちょっぴりしか付けないんだから。

もし,打ち上げは「ぴーぷ留」でBBQなんて案がでたら,全力で阻止するつもりでしたが幸いなことにみな「新月亭」で意見がまとまったのであります。「木々亭」という案もありましたが,去年ソフトボール大会の打ち上げが「木々亭」だったし,久しぶりに「新月亭」もよかろうと。

で,新月亭なんですけどね,まあ人気のおそばやさんなわけですよ。
で,僕はここのお蕎麦あんまり好きじゃなくてですね・・・なんかイマイチ合わないんだよと心の中でずっと思い続けていたのですが,この日あるメンバーが「ここはうどんがうまいんだよ。冷たいうどんがね。」と言ったのを聞いてああ,やっぱりそうだったんだと目からうろこが落ちる思いでした。
ホントにお蕎麦のことが分かってる人が食べれば,お蕎麦のレベルも実は高くて僕がそばのことを何にも分かってないダメダメな男だということになるのですがどうなんでしょう。

s-IMG_7863.jpg

昼間でも酒の肴系の一品料理がそこそこそろっているもんで使い勝手がいいのです。ただ調子に乗って麺類を食わずにつまみばっかり頼んでたらとんでもない金額になっちゃったことが過去に何度かあるので注意が必要。

もう最初からそばかうどんを頼んでしまえばそういう痛い目には合わないだろうと,みなファーストオーダーでうどんあるいはそばを。でもちゃんと

s-IMG_7864.jpg

刺身盛り合わせとか

s-IMG_7865.jpg

ゴマ入り冷ややっこ(このお店の名物かも)とか

s-IMG_7866.jpg
そばの天ぷらが出てくるのよ

天ぷら盛り合わせとかをオーダーしちゃうのよ(僕はそばだけで十分なんだけど)。
で,どんどんビールをオーダーする輩たち。
これで,ワリカンなんだから(僕は酒も飲まないでクルマも出してるんだよな)やってらんねえよな。ビール代は自腹にしようぜ。と常に主張しているんだけど,そんなの暖簾に腕押しとでも言いましょうか,お酒が出るからみんなが集まるんだからそんなこと言わんと。そういうわけにもいかんやろ。と理由にもならない理由が返ってくるだけで僕は,無料のお茶を飲み続け素面のまま酔っ払いの相手をするというなかなかの苦行を強いられているのです。

で,僕のファーストオーダーかつラストオーダーは

s-IMG_7868.jpg

めかぶそば(冷)並。
このお店,デフォでも量が多いのですが,

大盛をオーダーするオッサンたち。

s-IMG_7867.jpg

なかなかの量です(分かりにくいかもしれませんが)。
メンバーによると大盛りを注文すると量が多いけど大丈夫ですか。って尋ねられることもあるという。

でもこの大盛に上記のような一品料理にビールを何杯も腹に流し込むオッサンたちを横目に僕はそばをなんとか食べ終えると,この宴会が早く終わることを願いつつお茶をすすっていたのです。


posted by poptrip at 20:45 | Comment(4) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする