2017年05月23日

第26回若狭・三方五湖ツーデーマーチ【後編】

熊川宿を通って引き返します。

s-IMG_9718.jpg

s-IMG_9719.jpg

休憩所で熊川名物の大豆入り豚汁をいただきます(無料)。
なに汁って名前だったかは忘れましたがおいしくいただきました。ガマン汁ではなかったと記憶しております(調べたところ長操鍋が正式な名前のようです)。

そして,ここからがキツかった。
気温が上昇してきたこともあるけれど足の疲労が半端ない。ジーンズじゃなければ,通気性のある速乾Tシャツだったなら,ちゃんとした靴ならもうちょっと歩けたのかなあ。いやそうは思えない。単なる実力不足です。

かなりペースダウンしたんじゃないかと(あとで計算したらこの区間は5.5km/hでそれほど落ちてなかったみたい)・・・いちおうまた別のおじいさん3号を追歩するわけですがついていくのがやっと。

なお,この日僕が見かけたジーンズでの参加者は僕以外は埼玉県の女性だけでした(笑)

s-IMG_9721.jpg s-IMG_9723.jpg

熊川宿に別れを告げると,しばらくして40kmコースのアンカーとすれ違いました(12:32)。

s-IMG_9725.jpg

29℃だってさ・・・

もうあとは惰性で歩くだけ。

s-IMG_9727.jpg s-IMG_9728.jpg

廃ラブホや野に咲くお花たちを愛でながら

s-IMG_9730.jpg s-IMG_9732.jpg

この立派な家々にだけ

s-IMG_9731.jpg

書かれている水マークは

s-IMG_9733.jpg

なんなんだろうと考えつつ

s-IMG_9734.jpg

ヘロヘロになりながらなんとか

s-IMG_9736.jpg
JR上中駅

に到着しました(13:17)。

おじいさん3号には100mほど引き離され,上中駅直前ではウォーキングデッドのひとりに追い抜かれる始末・・・orz

なお,ここが第二チェックポイントでした。

上中駅から三方駅まで電車で帰らないといけないのですが,上中駅発の電車は12:08のあとは13:12まで電車がないので,12:08の電車を逃したら1時間も待たなきゃいけない・・・と思って時間潰し用の本を持ってきていたのですが全くの杞憂。13:12の電車にも間に合わなかったわけでして(笑)

休憩時間を減らしたりすれば,平均時速6km/hも夢ではありませんが現実的ではないですね。

アイコスを1本吸い,連絡通路でぼけっと青葉山などを眺めて時間を潰し,

s-IMG_9739.jpg
臨時列車若狭・三方五湖ツーデーマーチ号

がやってくるのを見て,ホームに走ります(撮り鉄的行動)。

このまま君だけを奪い去りたい。いやこのまま電車で敦賀まで帰りたい。
このまま帰ってしまってもブログの記事には大してクオリティに差は出ないし,20km歩いたことには変わりはない。この疲労感の中,三方駅からゴール地点である若狭さとうみパークに行き,また駅まで戻ってこなくちゃならないなんて・・・

s-IMG_9740.jpg

三方駅で電車を降りて線路沿いを歩いていると

あっ。

えっ!

s-IMG_9741.jpg

黄色いキャップのジョニーウォーカーさんが元気に歩いていました。僕と同じくらいのタイミングで上中駅に着いてたんですね。途中,僕を引っ張ってくれてありがとう。

s-IMG_9742.jpg s-IMG_9743.jpg

ゲートをくぐり,ノンアルビール(サントリーさん提供)を飲み干して

s-IMG_9744.jpg

フィニッシュ!(14:17)
特に感慨もなく(←そんなこと言うんじゃない!)。

ゴール地点に美女軍団が拍手で出迎えてくれてたりしたら,クールダウンのためのセクシーインストラクターが待機していたら・・・とかそういうことは言わないの。

結局,休憩を含めてだいたい5.3km/hくらいで歩いていたようです。
妥当なセンですね。

s-IMG_9824.jpg

s-IMG_9745.jpg s-IMG_9777.jpg

しじみ汁(ガマン汁ではない)をいただき,記念品(コシヒカリと梅干)をもらい,若狭さとうみパークをあとにしました。

s-IMG_9785.jpg s-IMG_9779.jpg
梅干は帰宅してからおいしくいただきました

せっかくだから,うなぎを食べて帰ろうと,三方駅裏にある非常に分かりにくいところにあるお店に行ってみたのですが残念ながら準備中とのことでおとなしく電車に乗ることにしました。

三方駅で切符を購入しようと思うのですが券売機がありません。なんとこの駅は券売機がなく全ての切符をみどりの窓口で買わなくてはならないのです。調べてみたところ簡易委託駅というもので窓口業務は自治体が行っているそう。なるほどなあ。

s-IMG_9751.jpg

15:01発の敦賀行き電車に乗り込みます。

s-IMG_9747.jpg

ここで,よたよた氏が降りてくるのを発見。
デカイから目立ちますね(笑)
ただ,ちょっと距離が離れていたのともう面倒くさかったので(←オイ!お世話になった人に失礼だろw)声をかけず。いちおうメールはいれておきましたのでご勘弁。

s-IMG_9748.jpg

知らない名前の駅が続きます。
気山駅からは10人くらいの高校生が乗車。美方高校の最寄り駅だそうで。
その他の駅での乗降者はゼロまたは2〜3人・・粟野駅なんてあったのね。
敦賀に家族で住んでいたころはウチのムスコ,粟野南小学校に通ってたんだけど粟野駅なんて全く知らなかったよ。

敦賀駅で下車すると,改札口でまたまたジョニーウォーカーさんを発見。
ははあ,今夜は敦賀で宿泊かな。

僕は小腹を満たすためにラーメンを食ってからクルマで帰りました・・そしてその車中からまたもジョニーウォーカーさんを発見(たぶん駅からは数キロ離れていたと思う)。あれだけ歩いたにも関わらず歩いて敦賀を観光してるのね。ていうかこんなに何度も会うなんて僕たち赤い糸でつながってるんじゃ・・

初参加のツーデーマーチ(初日のみ)は,ウォーカーさんたちの凄さを知ることのできた貴重な経験でした。

来年?

ビミョーですね(笑)
でも,来年もジョニーウォーカーさんに会いに行かないと。

最後に,大会の運営にかかわった方々にお礼を。みなさん暑い中,笑顔であいさつしてくれて本当にとても気持ちよく歩くことができました。ただ,セクシーインストラクターだけは返す返すも残念・・(ウソ)



よたよた氏とのおしゃべりに夢中でスタート時のログを取り忘れて途中からになってます。



(おわり)



posted by poptrip at 19:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

第26回若狭・三方五湖ツーデーマーチ【中編】

s-IMG_9691.jpg
かみなか農楽舎(10km地点休憩所)(10:45)

10kmを1:46ということは平均時速5.66kmということか(もちろんその時はそんな計算する余裕はなかった)・・・最初集団でゆっくり歩いていたことや三十三公民館で小休止したことを考慮しても時速6kmで歩きとおすのはかなりキツイ感じですね。ていうか無理!

ここで持参したパンとバナナを食べポカリを飲み,お水を補給しお小水を絞り出しアイコスを1本吸ってから歩き始めます(10:55)。
ジョニーウォーカーさんとはここではぐれてしまいました。

ここからは孤独のウォークが始まります。

s-IMG_9694.jpg

あぜ道を抜けると

s-IMG_9697.jpg

長い上り坂が始まります。

残念ながら手頃なおじいさん(ペースメーカー)wwがいないので自分のペースで。
頭の中で水前寺清子が「やすまないであーるーけー」ってリフレインしています。

抜かれても気にしない気にしない。ただ抜かれた人数より抜いた人数のほうが多かったのでそれなりのスピードで歩いていたんじゃないかと自分では思っているのですが・・・この上り坂の途中で反対側からやってくる人たちとすれ違います。40kmの先頭グループのようですが下りというのもあってほとんど小走り状態・・・

坂を登り切り,下り始めると反対側から40kmコースの第二集団が。

s-IMG_9698.jpg

ん。

なんか見たことのあるオッサンだな。
僕と違ってファッションもビシっと決まってる。

「popさん!」と声をかけてきたのはセクシーインストラクターがセクシー準備体操を指導してくれるというガセネタを提供してくれたツギロウ氏でした(もうひとりはあつぷり氏でした)。

ここいつら。
すげえな・・・あのウォーキングデッドたちに混じって第二集団につけてるとは・・・こやつらも絶対ちょこちょこ走ってるよな(疑惑のウォーキングw)と勝手にクロだと断定。

s-IMG_9692.jpg
歩け!走るな!(急がば回れ)

と僕のゼッケンを見せつけてやりたくなりましたよ。
短い挨拶を交わし写真を撮り合い,すぐにお別れです。だってきゃつら絶対先頭の人を追ってるはずだから,長く引き留めてはいけないのです。

s-IMG_9699.jpg
あつぷり氏とツギロウ氏(11:18)

ふたりのキメキメのファッションと小道具に比べて

s-B491338D-FDB2-444D-B967-50D0E1AADDC3.jpg
ツギロウ氏提供画像のpoptrip

完全にツーデーマーチをなめ切った機能性を全く考慮していないこのファッション(笑)
100%cottonのTシャツにジーンズにワイプラザで買った怪しいニューバランスのスニーカー。水分をとるときはいちいちザックを下ろさなきゃいけない。そしてデジイチを首から下げて歩いてるため,ずいぶんと機動力が低下しています。カメラの重さよりもぶらぶら揺れるのを抑えながら歩くので手を振れなかったりと不自由なのです。

ウォーカーでもハイカーでもなく,ただの徘徊者。ひとりぼっちの僕はまさにNowhere Man!

・・・ちょっぴり反省してます。

いやでもだいたいやね,写真を撮りながら楽しんで歩くのが本来の楽しみ方なんじゃねえの。出発式でも壇上から偉い人たちが「景色を楽しみながらゆっくり歩いてください」って言ってたじゃない(いちおうちゃんと話は聞いてたんですよw)・・・となんだか弱気なイイワケが出始めました。

なお,デイパックのサイドポケットに見える白いものがジップロックに入れたロールペーパー。緊急事態に備え最も取り出しやすいところに収納しているのです。

OPP(おなか・ぴー・ぴー)ウォーカーにとってはもはや常識。

「うんこを制する者はウォークを制す!」

なのですよ。

s-IMG_9700.jpg

ゴルフ場の横を通ります。
もう10数年ゴルフなんてやってないな・・・ゴルフ人口が減少しまた客単価も下がってるってニュースでやってましたが,まあこれも時代の流れ。

坂を下るともうすぐ今回の僕の目的のひとつである熊川宿観光が待っています。

先頭を行く人はもう熊川宿で折り返し上中駅へ向かっているよう。

s-IMG_9703.jpg
左へ向かうのが40kmコースの人,右に向かうのが20kmコースの人

僕なりに頑張って歩いたつもりなんだけど,2km以上差をつけられてるみたいです。
恐るべしウォーカーたち。

s-IMG_9705.jpg

観光地である熊川宿もこの日ばかりはウォーカーが占領。

s-IMG_9709.jpg

日本遺産「鯖街道熊川宿」を歩きます。
このキーワードに釣られてやってきたようなもんですから,ここはゆっくりと歩いていきます。

s-IMG_9712.jpg

s-IMG_9713.jpg

あ,あ,あ,明菜様・・・
ここまで色あせたポスターはなかなかお目にかかれません。

s-IMG_9714.jpg

s-IMG_9716.jpg s-IMG_9715.jpg

道の駅がどうもチェックポイントになっているようです。
チェックポイントがどこにあるのか事前に教えてくれないんですかね。16kmも歩いた熊川宿が第一チェックポイントだったから,途中でチェックポイントを気づかず通り過ぎちゃったのかと思いましたよ。

s-IMG_9717.jpg
道の駅「若狭熊川宿」(16.1km地点)(12:00)

この区間は5.63km/h。坂道があったのとおじいさんがいなかったので(笑),思ったほどペースは上がらなかったようです。まあ熊川宿に入ってからは観光してましたからな。スタートからの平均は5.33km/h。妥当な線だな。

チェックポイントといえば藤井一子なわけですが(80年代アイドルの話題ばかりじゃねえかw),藤井一子を知っている方・・とはあまりお友達になりたくないかも(笑)

熊川宿資料館でトイレをお借りして,アイコスを一服。

会場入りしてから4時間以上が経過しているのにこれがまだ2本目のアイコス。
健康的だ。



(つづく)


posted by poptrip at 19:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

第26回若狭・三方五湖ツーデーマーチ【前編】

若狭・三方五湖ツーデーマーチというウォーキングイベント。

僕の周りの山ブロガーたちがこぞって参加しておりまして(といっても一部のマニアだけですがw)。ただ,僕はあまりウォーキングというものに興味がなく参加する気なんてさらさらなかったんですが,職場にパンフレットがおかれていたため何気なく手に取りコースの詳細を見てみると・・・

40kmコースは初心者の僕にはまず無理として20kmコース。
初日の20kmコースは熊川宿を通ってJR上中駅まで歩き,そこからはJR小浜線で帰ってくるというもの(JR運賃は参加費に含まれる)。

s-IMG_9822.jpg

アリだな。

熊川宿って前々から気になりつつも行けてなかったところだし,JR小浜線って乗った記憶がない。行ってみるか(ただし晴れの日に限るw)。雨の日に傘さしたりカッパ着て歩くのはゴメンだ。よしんばそれを許容するとしても雨だとデジイチが使用できないから・・・ということで事前申し込みはせず,前日の天気予報を見て参加の可否を決めようと(事前申し込みのほうが費用はお安くなります)。

迎えた当日。
晴れまくり。逆にドタキャンしたくなるくらいの快晴
予想最高気温は29℃。

なにを着ていこうか迷ったんだけど・・・

s-petsounds.jpg
某ユ〇クロで衝動買いしてしまったpet soundsTシャツ

に,エドウィンのブルージーンズをコーディネイト。

JR敦賀駅へ向かいます。駅からちょっと離れた無料駐車場にクルマを停め,駅まで歩きます。そうなんです。せっかくなので会場までの往復もJRを使っちゃえということになりまして。

s-screenshotshare_20170520_070521.jpg

このツーデーマーチのための臨時列車「若狭・三方五湖ツーデーマーチ2号」に乗り込みます。

毎年5月に開催される(2009年のみ秋に開催された)ウォーキングイベント「若狭・三方五湖ツーデーマーチ」の開催当日は、「若狭・三方五湖ツーデーマーチ」が敦賀発小浜行き1本(2号)と午後に小浜発敦賀行き3本(1・3・5号)が運転される。小浜線直流電化後の2003年以降は列車増発による車両不足のための応援として、113系4両編成が小浜線に入線していた。2011年は113系に代わって敦賀地域鉄道部所属の521系の4両編成で運転された。(wikipediaより引用)

JRも巻き込んだかなり大掛かりなイベントなのです。いちおうこういうウォーキングイベントってのは全国各地で開催されているようなのですが,その中でも「若狭・三方五湖ツーデーマーチ」は結構グレードの高い大会だそうです。

s-IMG_9648.jpg

2両編成のうち1両がラッピング電車でした(2018年夏ごろまでの期間限定列車)。

s-IMG_9651.jpg

ラッピングされた車両の対面シートになってない席に座ったんですが,ななんと窓がない。

ということであいていた別の席へ移動。
乗車率は3割ってところでしょうか。

s-IMG_9653.jpg s-IMG_9654.jpg

席を移動してわかったんですが,窓を近くで見ると・・・

s-IMG_9657.jpg

こんなんです。

なんでやろ。

そうか・・・ラッピング電車で窓にも模様があるから内側から見るとこうなっちゃうのね。これは考え物だよね〜。ラッピング電車ってのは外から見てるだけでいいんだね。

僕を含めたほとんどすべての乗客が三方駅で下車し,何も考えず前の人たちについていきます。

s-IMG_9660.jpg

しばらく歩くと

s-IMG_9661.jpg
スタート&ゴール地点(若狭さとうみパーク)

に到着(7:51)。

受付で当日料金2,200円を支払い終えると,ガタイのいいオッサンが声をかけてきました。そうです。よたよた氏です。「いやあどうもお久しぶりです。よく僕のこと見つけましたね。」「その帽子で分かりましたよ。ははは。」(やばいな。次から外出するときは違う帽子をかぶることにしよう・・・ウソww)

s-IMG_9664.jpg s-IMG_9663.jpg
山県さくらちゃんとも久しぶりの再会w

ベテランのよたよた氏のアドバイスに従いゼッケンに名前などを記入し,デイパックに安全ピンで留めます。

s-IMG_9662.jpg s-IMG_9665.jpg

よたよた氏のアドバイスに従い水も補給します。
よたよた氏のアドバイスに従い出発式にもちゃんと参加します。

s-IMG_9666.jpg

よたよた氏の指示に従い女性アナウンサーの写真も撮ります(僕はあまりテレビを見ないのでこの人知らない・・・)。

よたよた氏がジャーマネのようにいろいろと説明をしてくれるので受付でもらったパンフレットは帰宅するまで一度も開きませんでした(笑)

しかし・・・この灼熱の太陽の下でのセレモニーはキツイっす。
セレモニーってのは大事なんだけどね。

出発式の最後はお楽しみの準備体操。
よたよた氏や先に40kmコースを出発したというツギロウ氏の過去ブログ記事によるとセクシーな女性インストラクターがセクシーなポーズでセクシーな声でセクシーな指示を出すらしい(かなり個人的バイアスのかかった情報w)。ぜひともM字開脚の写真をとデジイチは首から下げたままで臨戦態勢だったのですが,ななんと。今年は男性インストラクターでした・・ま,僕はそっちのほうもイケるクチなんで(ウソ)
いやいやいや。それはないわ〜。僕はカメラを地面に置き,男性インストラクターのセクシーな指導の下,真面目にストレッチなどを行いました。準備体操はマジ重要。

さて,ここでスマホを確認。

s-1495284416182.jpg

まだスタートしていないのにすでに4,000歩も歩いてるじゃねえか。まあいいさ。周りにいるウォーカーたちに2km分のハンデを与えたと思えば(上から目線)。周りにいるのはどうみても僕より10〜20歳以上は年上の方たち。服装はバッチリ決まってるけどみんな形から入るタイプなんだな。ジーンズで参加してしまった場違いな男,いわゆるおバカさんな僕は大きな勘違いをしていました。歩き始めるとこのお年寄りたちの凄さをマジマジと見せつけられることになるとは露知らず。

だってさ,20kmのウォーキングって散歩の延長みたいなもんでしょ。バケモノたちは40kmに参加してるだろうし。と慢心していたことを告白しておきます。

なお,僕の参加する20kmコースは,20kmといいながら実際は23kmあります。
1割以上の増量でお得ですw

s-IMG_9669.jpg

地元の中学校の吹奏楽部の演奏する「恋」をバックに8:59にスタート。
受付してから1時間以上ここにいたことになる・・・せっかちな僕はこういうのがね・・アレでしてね。

s-IMG_9670.jpg

最初はよたよた氏と会話をしながらてくてく歩いていきます。あとで前を歩くご老人たちをぶっちぎってやろうなどという46歳の密かな欲望を心に隠しつつ。
僕の服装を見て「けっこうなめてますよね」とよたよた氏のご指摘。全くお恥ずかしい限りです。よたよた氏はお肌の曲がり角をとっくに過ぎているので(オレもだけどw)日焼けがいやだと長袖の速乾素材のシャツ。そして,なんと足元はトレッキングシューズ。いやいやいや。それは山歩き用であなたも僕と同類なんじゃね。と心の中でつぶやきます。

20分くらいたったところでエージングも終わったので,よたよた氏に別れを告げペースを上げます。お世話になりました〜。

s-pop.jpg
よたよた氏のブログより画像無断転載w

popさんはエンジン全開フルスロットルで・・・

s-IMG_9672.jpg s-IMG_9673.jpg

「何人たりとも俺の前を歩かせねぇ!」って赤木軍馬ばりにご老体たちをブチ抜く算段だったのですが・・・
腰が曲がったおばあさんを抜くのにもひと苦労。山登りと同じで抜くときにペースを思いっきり上げちゃうから疲れてしまうんだな。イマイチペースがつかめない(一定のペースで歩けない)ので誰かについて行く中島悟ばりの納豆歩行作戦に変更(例えが古いんだよ)。どう見ても僕より20歳は年上のウォーカーさん(おじいさん1号)についていくことにしました。

s-IMG_9676.jpg

このおじいさん1号(写真は全然関係ない途中で見かけたウシですからねw)に引っ張ってもらってどんどん追い抜いていきますが,先頭ははるか向こう。ええ,もうこの時点でウォーカーの皆様をぶっちぎるなんて大それた考えはゴミ箱に捨てました。脱帽です。ウォーカーの皆様方にはちょいとなめちゃってたことを心よりお詫び申し上げます。

何人か追い抜いたと思ったら何人かに抜かれる。
次から次へと後方からウォーキングデッドが現れるわけです。

s-IMG_9679.jpg s-IMG_9680.jpg
三十三公民館(5km地点休憩所)(9:53)

水を補給し,サツマイモの揚げたやつを少しいただきすぐ出発。トイレはパス。
あ,申し遅れましたがこの日,出発するまでにトイレで2回戦終えてきておりますのでたぶんOPPに関してはなんとかなろうかと。もちろん緊急事態に備えて芯抜きロールペーパーは持参しております。正露丸もね。

ここで困ったことにおじいさん1号とはぐれてしまいました。ということで別のウォーカーさん(おじいさん2号)をペースメーカーに。ゼッケンを見るとはるばる九州からやってきているようです。気合が僕らとは違いますわな。このおじいさん2号とは,よたよた氏よりいっしょに歩いた時間が長かったので(一言も話はしていないけどw),2号などとは呼ばずにムラカミハルキの小説の登場人物の名を借り,ジョニーウォーカーさんと命名しましょう。

左手に

s-IMG_9682.jpg
三十三間山(たぶん)

を見ながら歩いていくと

s-IMG_9686.jpg

ようやく旗手に追いつきました(10:14)。
ちなみに黄色いキャップがジョニーウォーカーさんです。
しかし,目で確認できる先頭(もしかしたらもっと先にも人がいるかもしれない)とは数百メートル以上離れています。ホントすげえな・・・ウォーカーたち。化け物たちはみんな40kmに参加してるんじゃねえの?

ていうか翌日は別のイベントがあるため歩かない僕と違って大半の人はツーデーマーチの名の通り,翌日も歩くんだよね。20kmも化け物だらけじゃないですか。

基本的には幹線道路を避けたコースとなっているのですが,一部国道27号線を歩く箇所も。

s-IMG_9689.jpg

ジョニーウォーカーさんと1時間ほど「お〇ぼけビーバー」で休憩したいなあ。1時間1,980円かあ。財布には5,000円はあったはずだから2時間までは大丈夫だな・・などと考えながら(このくだり,よたよた氏のブログ記事とかぶってますがここはどうしても省略できなかったw),もちろん素通り。ていうかここ営業してんのかね。

「おと〇けビーバー」を過ぎるとしばらくして昼食ポイントに到着です。



(つづく)



posted by poptrip at 21:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

雨の日には雨の中を【前編】

雨の土曜日。
朝6時に自然と目が覚めた。

午前中に武生にちょっとした用事があるが,こんなに早く起きても特にやることがない。平日であれば二度寝するのだが,せっかくの週末。

カメラと傘を持って出かけよう。

天気が良ければ鬼ヶ岳にでも行こうかと思っていたのだが,雨なら街歩きだ。電車と徒歩で時間を潰し武生で用事を済ませメシを食って帰ってこよう。

クルマのエンジンをかけると,ナビが起ちあがり

s-IMG_9246.jpg
今日は竹酔日です ってどうでもいい情報・・・

朝イチからエリのを拝顔する。変顔である(もともと美形ではないがw)。
「Rainy days and Mondays always get me down.(雨の日と月曜日はいつも憂鬱になるのよ。)」とカレン・カーペンターが美しい声で歌っていたが「雨の日とエリの変顔」はいつも僕を憂鬱にする(ウソ)。

本日はスポーツ公園駅からのスタート。北府,スポーツ公園,水落・・・パークアンドライドできるどの駅も自宅からの距離はそうたいして変わらないから,いろんな駅を利用してみたくなるのが男の性。
ただ,駅の場所が分からず迷う(笑)
僕のナビは古いからこの新しい駅は存在しないことになっているのだ。

s-IMG_9346.jpg

SUPŌTSU KOUEN Sta.の表記が気になって仕方がない。
SPORTS KOUENでいいんじゃないかな・・個人的な好みですが。だいたいほかの駅ではローマ字表記はされていないのにこの駅だけこんなヘンテコリンな表記がされているから不思議だ。最も新しい駅なのでこういうのを採用したのかもしれないが,それなら英語や中国語や韓国語表記を併記したほうが親切じゃないかと。福鉄は車内アナウンスも日本語のみである。東京の地下鉄などでは英語アナウンスも流れるから。ただ東京の電車では宣伝は流れない(笑)
電車なのに武生自動車学校の宣伝が車内アナウンスに流れるというのもどうかと思うわけでしてw

とりあえず朝飯を食おうじゃないか。僕の財布には星乃珈琲店のチケットが常備されているので星乃でモーニングだ。神明駅に行ってそこから歩けばいいんだけど,星乃珈琲店のオープン時間は8:00。充分すぎるほど時間があるので電車で時間を潰す。

神明駅とは逆方向である越前武生行きの電車に乗る。
どうせフリーきっぷを買うんだからやりたい放題だ。時間の許す限りどの電車に乗ったってかまわない。
だって俺は自由,自由,自由・・・・

s-IMG_9247.jpg s-IMG_9248.jpg

久しぶりの770形。
乗客は5〜6人ほど。僕以外はすべて高校生だ。

s-IMG_9252.jpg

考えてみたら雨の日に電車に乗るのは鉄にはまりはじめてから初めてだ。そうだよな,雨の日は歩きたくないもんな。でも,最近の僕は雨ニモ負ケズ,鉄と徒歩を激しく欲しているのだ。

北府駅で下車する。
下車時にフリーきっぷを購入するがちょっと時間がかかった。こんな早朝からフリーきっぷを売ることになるとは運転士も想定外だったのだろう。めんどくさい客で申し訳ない。

s-IMG_9253.jpg

先日,見事に振られてしまった800形は200形などと同じ留置線にあり,「休止中」と張り紙がされている。
むぅ。2車両のうちひとつが休止中であればそりゃあ出会う確率も減るってもんだ。このまま永久に休止してしまわないことを願う。

s-IMG_9257.jpg

北府駅本屋は,福鉄の駅では唯一の国登録有形文化財である。
そして,内部にはちょっとした資料室みたいなものがあり,昔の電車の写真や器具が展示されている。

s-IMG_9259.jpg s-IMG_9260.jpg

福鉄は電車内でもsoftbankのwi-fiが利用できる。また駅ではdocomoのwi-fiが利用できるのだが,僕のauは仲間はずれとなっている。なんとかならないもんかね。今の高校生ってみんな電車内や駅ではスマホいじってるもんな。

s-IMG_9261.jpg

駐車場側の留置線にはレトラムと880形があり,880形の運行前点検が行われていた。

普通電車のさくら色のフクラムを1本見送り,福大前西福井行きの急行に乗ることにする。

s-IMG_9265.jpg

やってきたのはブルーのフクラムだった。ブルーに乗るのは初めてかも。いちおうこれで,フクラムは全色コンプリートとなった。

シートに座って目を閉じる。
神明駅手前で目を開けたら驚いたことにセイガクさんたちで満車状態となっていた・・・知らないうちに僕の隣にはおばさんが座っていた。

神明駅で下車し,雨の中を傘をさして星乃珈琲店を目指す。まだ開店時間までは間があったので寄り道を。

s-IMG_9269.jpg s-IMG_9268.jpg
鯖江三十六連隊営門

すぐ横には三六武道館がある。元ボーイスカウトの僕にとっては想い出のつまった場所である。この武道館に集まって隊長からロープの結び方とかそんなのを教えてもらったりよくわからない活動(笑)をしていたのだ。ボーイスカウトの想い出ってこのロープ結びとアゼリヤでの募金呼びかけくらいしかないのだ(ほかにもいろんなことをしていたはずだがw)。そしていろんなロープの結び方はもちろん,「もやい結び」という名前以外はすべて忘れてしまっている。

星乃珈琲店には開店3分後くらいに到着したのだが,すでに駐車場にはクルマが4台停まっていた。7:00オープンに戻してくれないかなあ・・

s-IMG_9273.jpg

結構待って出てきたパンはちょっと冷めていた。これはいただけない。
週刊文春を読みながらモーニングを平らげ,アイコスを2本吸うと店を出て再び神明駅へ。

やってきたのは

s-IMG_9275.jpg

さっき神明駅まで乗ってきたブルーのフクラムだった。運転士の顔も見覚えがある。運転士も困惑していただろう。怪しいオッサンがまた乗ってきたよ,てな具合で。なんかオレ,彼のストーカーみたいじゃんw

西鯖江駅で何人かの乗客が降りると

s-IMG_9276.jpg

またpoptrip専用車両となってしまった。前回は運転士が女性だったが今回は男性(オッサン)。しかも偶然とはいえ今日2度目の邂逅。運命の出会い。薔薇族の予感。

次の駅で小さい子供を連れたお父さんが乗ってきたため,オッサン同士のロマンスは幸いなことに生まれなかった。どうも親子連れはレトラムに乗るために武生方面へ向かっているようだ。そしてこの子ども,小さいのに電車に詳しい。ん・・なんか前に同じような状況があったような。
あっ,僕がムスメとレトラムに乗ったときに出会った親子じゃないか(たぶん間違いない)。

彼らは北府駅で降りて行った。北府駅で降りるあたりがなかなかマニアックである。あの子は順調に鉄ヲタへの階段を登っているようで安心した(安心していいのかw)。

s-IMG_9281.jpg

僕は,終点の越前武生まで乗り,そこから徒歩で目的地へ移動し所用を済ませると越前市図書館へ。
図書館で本を借りようと,貸出カードを・・・あっ。カードはクルマに置きっぱなしだったんだ。そうなんです。図書館に徒歩で来るというのは今までの僕には想定外だったので,こういう事態に陥ってしまうのです。

仕方ないので手ぶらで退散する。
そして,昼飯時まではまだ少し時間があったので市内を散策する。

s-IMG_9284.jpg s-IMG_9290.jpg

武生はとにかく寺が多い。

s-IMG_9286.jpg s-IMG_9288.jpg
引接寺と丈生幼稚園(旧福井県警察部庁舎)(国登録有形文化財)

信仰心というものが僕には欠けているので寺に参るということはあまり意義を感じないのだけれど歴史的建造物を眺めることは結構好きなほうかもしれない。年を取ったせいもあるんだろうけど。

s-IMG_9292.jpg s-IMG_9293.jpg

火災の跡が痛々しい。
最近,知人の家の近所やなじみの深いお店の近くで火災が頻発している。
敦賀の田結の家事,鯖江の鳥羽の火事,そしてここ武生の火事・・・いたたまれない。

越前武生駅に着くと

s-IMG_9294.jpg

ちょうどキーボが出発するところだったので慌てて乗り込んだ。


(つづく)


posted by poptrip at 19:30 | Comment(12) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

コウノトリを見に行く

ムスメを鯖江市内某所へクルマで送って行ったあと,昼飯までちょっと時間が空いたのでどうしようかと。登山口の移動時間も考慮して2時間で登って降りてこれる山と言えば村国山(展望台から山頂往復),長泉寺山くらいしか思いつかない。前日は雨だったし文殊山は登山道がヤバそう。鬼ヶ岳はちょっとキツイ感じ。白山なんかも見えそうにないし・・・

うーむ。

ドライブがてらコウノトリを見てこようと思い立ち,越前市の白山地区へ。

以前書いた通り,友人は新聞社でコウノトリに深くかかわっていたこともあり彼から謹呈された「辞令!コウノトリ支局員を命ず」という本を読んでから,一度はコウノトリを生で見たいなあと思っていたのです。

コウノトリの記事が福井新聞にはしょっちゅう掲載されるわけでして,またfacebookで知り合いがコウノトリの画像なんかを載せていることもあり,僕も密かにチャンスをうかがっていたのです。

初めて足を踏み入れる越前市の白山地区。
この地区でとれたおいしいスイカは何度も食べているのだけれどどこにあるかすら知らなかったのです。



あっ。

いた!

s-IMG_9350.jpg

s-IMG_9359.jpg

s-IMG_9353.jpg s-IMG_9356.jpg

s-IMG_9354.jpg s-IMG_9349.jpg
等倍トリミングです

僕のカメラ(EOS kissX7i,200mm)ではこれが限界。
航空祭とこういう時にしか使用しないと思うんだけど,超望遠レンズが欲しくなる瞬間です。

時間があまりなかったので,しばらく遠くから眺めてから退散しましたが,また時間があるときにでも見に来ようかと。

s-IMG_9361.jpg



なお,コウノトリを観察するときのマナーについて記載しておきます(越前市Webサイトより転載)。

・飛来地は農村地帯です。農道をはじめ周辺道路では駐車トラブル等に十分注意し、地元の方の迷惑にならないようにしましょう。
・観察や撮影は、150m以上の十分な距離を取り (目安:中規模の田んぼで長い方の畦2枚以上、電柱3本以上)驚かさないようにそっと見守りましょう。
・写真やビデオ撮影のため、コウノトリのすぐ近くでカメラを構えたり、追い回すなどの行為は絶対にやめましょう。
・観察の際には、進入禁止の農道、水田の畦、近隣住民の方の私有地などには絶対に立ち入らないようにしましょう。
コウノトリは野生動物です。餌を与えないでください。
・周辺道路の自動車の運転は、速度を抑えて静かに走行しましょう。 コウノトリが道路に飛び出してくることがあります。


となっております。



また,サギもたくさんいますので

s-IMG_9360.jpg

詐欺にあわないよう(笑)





posted by poptrip at 17:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする