2017年04月19日

えち鉄に乗って勝山へ行こう(その3・弁天桜)

とういことで弁天桜を。
いちおうこれが今回の小旅行のメイン。
弁天桜を観るためにわざわざ電車に乗りやってきたのです。
そんな恩着せがましい表現をするならクルマで来れば,とか言わないの。

いちおう検証しておこう。
クルマの場合,google mapによれば自宅から勝山駅までは53km。燃費を13km/L,ガソリン価格を125円/Lとすると往復で53×2÷13×125=1,020円。フリーきっぷは1,400円だから・・・電車のほうが380円損してるじゃねえか!
フリーきっぷを使わずに福鉄,えち鉄を乗り継いだ場合は,水落〜田原町(370円×2=740円),田原町〜勝山(770円×2=1,540円)。つまり2,280円もかかってしまうのだ(フリーきっぷにより2,280-1,400=880円得してるともいえるのだが)。
クルマの2倍ですよ,2倍。高見山ですよ。
フリーきっぷのない平日だったら,オレ迷わずクルマで行くよ(笑)
あ,電車の場合,厳密に言うと自宅から水落駅までのガソリン代も計上しなければいけないのですがそうするともっとお高くなります。

ひとりで来てもこれだけの差があるんだから,家族4人とかの場合はもう天文学的な差になっちゃいます。田舎の場合,駐車場代もかからないし渋滞もないから燃費もよくて,電車のほうが高くついちゃうってのがネックなんすよね。電車のほうが乗り換えとかもあるから時間もかかるという・・・

閑話休題。

九頭竜川右岸に約1.5kmにわたって続く弁天桜並木は「1目千本」と呼ばれ、約450本のソメイヨシノが植えられ、桜の名所として知られています。その弁天桜並木で満開を迎える毎年4月中旬に行われるのが弁天桜まつりです。桜のトンネルの中に地元の各区による出店が並びます。また、桜まつり前後1週間は夕方から22時までぼんぼり・行燈が灯され、風流な夜桜を楽しむこともできます。また、4月上旬より九頭竜川に渡された鯉のぼりも弁天桜まつりに賑わいを加えます。 (ふくいドットコムより引用)

s-IMG_8282.jpg
バンビライン第一展望台より

s-IMG_8350.jpg

s-IMG_8357.jpg

s-IMG_8332.jpg

s-IMG_8334.jpg

s-IMG_8355.jpg

s-IMG_8327.jpg
勝山城

s-IMG_8326.jpg
勝山大仏殿

勝山大仏・・・けっきょく売れたんだっけ?
まさに負の遺産だよなあ。

s-IMG_8363.jpg

s-IMG_8362.jpg

しかし,最近鯉のぼりってこういうイベントごとでしか見なくなったよな。
僕が子供のころはけっこう一般家庭でも鯉のぼりをあげているうちがあったのだが・・あ,うちは男兄弟2人なんだけど実家には鯉のぼりはなく,鯉のぼりのあるうちがちょっぴりうらやましかったのは事実。

祝日に国旗を家の前に掲げるうちも減りましたなあ。僕のうちにもないし,だいたい日の丸の旗ってどこへ行けば売ってるんだろう。

s-IMG_8372.jpg

歩き疲れたので帰ることにします。

今年は地元鯖江の西山公園のサクラは見に行くことができなかったけれど,いつもは行かないようなところで桜を観ることができたのでヨシとしよう。

(まだつづく)


posted by poptrip at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

僕とムスメと桜吹雪

本日も,性懲りもなく桜について。
桜関連の記事はまだ続くのだ。



桜吹雪にハラハラすがり
あなたなしでは生きてゆけぬ♪


大学1年生の時(1989年)にカラオケボックスという画期的なシステムが登場し,空前の大ブームを巻き起こしたとき,僕がよく歌っていたアン・ルイスの「六本木心中」。

あの当時は曲が少なくてねえ・・谷村新司の「昴」や郷ひろみの「お嫁サンバ」,松山千春の「恋」などという今は絶対に歌わないような曲をよく歌ってたよ(恥)。歌えればなんでもよかったんすよ。

桜吹雪で思い出す曲は,これか「サライ」しかないわけだが,「サライ」にまつわるエピソードは特に持ち合わせていないため「六本木心中」のほうを引用させていただいたのです。

ということで桜吹雪とムスメの図。

s-IMG_3240.jpg

三床山石生谷トンネルコース登山口付近の桜を見に行ったあと,近くの農村公園の桜吹雪。
すげえな。まじで雪みたいだ。

s-IMG_3225.jpg

s-IMG_3214.jpg

残念ながらもう葉桜でしたが,ムスメはそれなりに満足した様子。
桜吹雪にハラハラすがることもできたし(笑)

あ,いちおうヨメも一緒に行ってますw

s-IMG_3212.jpg s-IMG_3218.jpg



そういえばムスメと桜吹雪って以前に撮影したことあったな,

と探してみたら・・・

s-P1090875.jpg
2009年のムスメと桜吹雪(西山公園)

まだコンデジを使っていたころです。

ムスメも大きくなりました。
僕のカメラの腕も少しは上達したんだろうか。
カメラの性能が上がっていることだけは間違いないのですが・・・



posted by poptrip at 20:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

味真野小学校のサクラ(2017Ver.)

BOØWYの歴史ん中でこの曲絶対はずせないってやつは皆さんご存知「ON MY BEAT」で,最後に夢を見てるやつらに贈るのは「Dreamin'」なわけですが,僕にとってこの時期の絶対はずせない,夢を見てるやつらに贈る桜スポットといえば,

s-IMG_3025.jpg

武生の味真野小学校のサクラでございます。

「茜さす,帰路照らされど」

会社帰りの寄り道です。
僕は大人になっても(オッサンになっても),道草が大好物なのです。

僕を待ちわびていたかのように,小学校の校庭のど真ん中に堂々と立つエドヒガンザクラは,ちょうど満開を迎えていた。

s-IMG_3027.jpg

黄昏どきの味真野小学校ははじめてかも。

s-IMG_3041.jpg

s-IMG_30340.jpg

しかし何度見ても,見事だ。
やっぱりここははずせない。

ライブハウス味真野へようこそ!

もし桜を観ているときにOPPが発動したら・・・
まさに「さくらだうんこ」だな。

などとぼんやり考え事をしつつ,「雲があると太陽が反射してもっとオレンジ色に桜が染まるんだけどね」みたいな妙齢のカメラ女子たちの興味深いハナシに耳をそばだてる。

s-IMG_3036.jpg

s-IMG_3037.jpg

ライトアップまで待とうかと思ったんだけど「元気な子」でもなく「考える子」でもなく「強い子」でもないひ弱で情弱で虚弱な貧弱なオタク体質の僕は寒さに耐えられなくなり退散。

武生の日野川堤防を通り,

s-IMG_3056.jpg s-IMG_3053.jpg

オレンジ色の空と鬼ヶ岳を横目に,吉野瀬川へとクルマを走らせる。某ショッピングセンターの駐車場に車を停め,寒さに震えながら川沿いを闊歩する。
昨日の福井新聞1面にドローンで撮影した吉野瀬川のサクラが掲載されていたが,新聞のとおりここのサクラも相変わらず咲き誇っていた。

s-IMG_3062.jpg

s-IMG_3069.jpg s-IMG_3071.jpg

s-IMG_3079.jpg

武生のサクラ,ごちそうさまでした。満腹です。デザートに花筐公園とはさすがにならなかった。なお,行ったのは水曜日なので今はもう葉桜かも。まだ行ったことのない人は来年ぜひどうぞ。

最後に,敦賀市某所のご立派なサクラを。

s-P1030312.jpg

「ホンマでっか!?TV」で池田先生が害虫の被害が拡大していて将来サクラが見られなくなる可能性があるなんて言ってました。無視は樹木の幹の奥のほうににいるから薬剤も効かないんだとか・・・勘弁してほしいよ。サクラってのはね,こんな僕にとっても大切な,そして特別な存在の花なんだから。


posted by poptrip at 20:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

さくら色のフクラムに乗って桜を見に行こう【後編】

ヒゲ線通りを駅前まで歩く。
Rポイントを使って「プロント」でコーヒーでも飲んで休憩しようか。

と思ったらレトラムを発見。
この時間帯は福井駅と田原町を往復している。観光列車(1両なので列車ではないのだがw)そのものである。

s-IMG_2950.jpg

ハピリンでトイレだけお借りして,レトラムに乗り込む。
フリー切符だからお金の心配もない。

そして,毎度のごとく定刻になっても発車しない(笑)

s-IMG_2952.jpg

オレンジのフクラムが遅れてヒゲ線に入ってきたからだ。

3分ほど遅れてレトラムは発車した。
乗客はメガネをかけたオッサンが3人(オレ含むw)とメガネをかけた若者,いわゆる電車男(←古っ!)。
一人のオッサンはビデオカメラを回しっぱなし。youtubeにアップとかしねえだろうな。俺も間違いなく映りこんでるから・・・あとの二人(オレ含むw)はカメラ片手にあたりをきょろきょろ。
もう一人のオッサンは謎だ。乗り鉄なのだろうか?興味は尽きないが,よく見ると車掌さんもメガネをかけている。このレトラムはメガネ専用車みたいになっちゃってますが大丈夫ですか(笑)

s-IMG_2953.jpg

写真はイマイチだけど,車窓から眺める「さくら通り」もなかなかオツである。

s-IMG_2954.jpg

田原町に着くと,「ただ今の時間は駅員がおりませんので云々・・」と車掌が声を発する。田原町駅は12:00〜13:00の間は無人駅になるようだ。

そうだよね,お昼休みは大事だよね。

レトラムは引上線に移動し,さきほどのオレンジのフクラムがやってきた。

s-IMG_2956.jpg

先発である普通列車越前武生行き(オレンジのフクラム)は見送り,次発の急行で帰ろうかと待合室で「私と街とふくてつと。」という冊子を眺める。

s-IMG_3090.jpg

「運転士は鉄道を走る免許と軌道を走る免許の両方が必要なのです。」なんてのを「へー」って感心していたら・・

そうだ。あそこの桜を見に行こう。
ふと思い立って,このオレンジのフクラムに乗り,市役所前で下車。

県庁のお堀に向かうことにしたのだ。

s-IMG_2961.jpg

s-IMG_2968.jpg

この橋を渡ってお堀の内側へ入るのはいったい何年振りだろう。学生時代にパスポートを取りに来たとき以来じゃねえか。だとしたらもう20数年ぶりだ。

s-IMG_2970.jpg s-IMG_2971.jpg

それにしても見事な桜だ。

ムスメ曰く「学校の社会の先生も,あんまり人気ないけどお堀の桜はすごいって言ってた」。

石垣の上にも登ってみたあと,本丸跡をぐるりと一周してみた。

s-IMG_2980.jpg s-IMG_2981.jpg
福井地震で崩れた石垣と結城秀康像

結城秀康像の前には「語り部」みたいなオジサンがいて,みんなに面白おかしくこのお城(跡)の説明をしてくれる。どこから来たの?福井市?この石垣は全部足羽山の笏谷石が使われているんですよ。結城秀康てのは徳川家康の二男坊だからね,お城も立派なものでこの石垣を作るのに全国各地からのべ数百万人の人が集まったんだよ。これだけ立派な石垣は,江戸城とここと全国に3つしかないんだよ。あとひとつはどこだかわかる?〇〇城だよ(答えはこの記事の最後にw)。って。
へえ〜。ってみんな驚く。福井に住んでるのにみんな知らないでしょ。ちゃんと覚えておいてね。って。

うん,しっかり覚えたよ。
家に帰ってさっそくムスメとヨメにクイズを出したわけです(笑)

僕はそのオジサンに,「なんでこんなところに県庁が立ってるんですか?本丸跡に県庁が立ってるとこなんて全国的にもないでしょ。フツーは公園とか博物館とかになってるじゃん。だから僕なんてここに足を踏み入れたのは20数年振りなんですよ」ってツッコみたかったが,もちろんやめておいた。このオジサンは何も悪くないんだから・・・

桜を堪能した僕は,再び市役所前停留所へ引き返す。ちょうどさくら色のフクラムが停車していたので慌てて乗り込んだ。

このまま西山公園で下車して桜を観るか。
武生まで行って日野川堤防の桜を観るか。
おとなしく水落で降りて家に帰るか。

と悩んでいるうちに電車は家久駅に停車。

s-IMG_2995.jpg

ここでオレンジ色のフクラムとすれ違うのですが・・・おかしい。

この画像,僕の乗っている電車は向かって右側が進行方向なんですよ。
おかしいと思いませんか?

そうなんです。

この駅だけ右側通行となって電車がすれ違うのです。

調べてみたところ,「駅舎が南隅にあり線路を横切りプラットホームに出る客の安全性を確保するため」だそうです。いやまったく知らなかったよ。高校の3年間冬季間だけとはいえ毎日この駅を通過していたのに。

結局,僕は通学に使っていた馴染みのある北府駅(当時は西武生駅)で電車を降りていた。
北府駅ではデジイチを構える撮り鉄さんたちが5〜6人,フクラムを待ち構えていてちょっとビビったわけだが,僕もはたから見ればまごうことなき彼らのお仲間ww

s-IMG_2998.jpg

いつの間にか,レトラムは北府駅の留置線に戻ってきていた。
レトラムの隣の800形は平日の昼間しか運転していない単行。残念ながら僕はまだ乗る機会に恵まれていない。平日はフリー切符がないかならなあ・・・

撮り鉄さんたちに混じって僕も今は使われていない200形と600形の写真を撮る。

s-IMG_3004.jpg

s-IMG_3002.jpg

もったいないよなあ。
動かさないとどんどん劣化していくんだよ。

s-IMG_3000.jpg

レトラムみたいに臨時列車として土日に運行すれば,乗りに行くヲタは結構いると思うんだけどなあ・・・いないのかな。

・・・って今日の福井新聞に200形引退の記事が。残念です。

北府駅舎内にある展示物を眺めていたら田原町行の急行列車がやってきた。
何の変哲もない880形だが,わざわざ次の列車を待つほど気合の入った鉄ではないので,迷わず乗車。

s-IMG_3007.jpg
家久駅でブルーのフクラムとすれ違うが,やはり右側通行だった
(僕の乗っている電車の進行方向は向かって右側です)

s-IMG_3011.jpg

s-IMG_3012.jpg

水落駅で下車し,家に帰った。
フリー切符はまだ有効なのでご飯を食べてから再び福鉄に乗って夜桜を観に行こうかなどという,ケチ臭い考えが頭をよぎったがやめておいた。

帰宅した僕はベッドに直行し,疲れを癒すために遅い昼寝を始めた。


(おわり)


・・・あ,忘れるとこだった。
江戸城と北の庄(福井)城と,もうひとつは「二条城」です。
城マニアの人たちにとってはもしかしたら常識なのかもしれませんが,当然僕は知りませんでした。福井県民のみなさん,ちゃんと覚えておいてくださいね〜(真偽のほどは定かではないのだがw)

※調べてみたところ,以下のようなサイトが見つかりました。確かに福井城の石垣は一級の城の積み方で,二条城,江戸城と同じだそうです。
福井城址 お堀の灯り「福井城の歴史」



posted by poptrip at 19:30 | Comment(10) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

青春18きっぷを使うために旅をする【後編】

高岡駅に僕はいた。
そうだ,万葉線に乗ろう。と思い立ち万葉線乗り場を探す。

ちゃんと駅構内に万葉線のホームがある。
富山駅みたいな感じ。最近このあたり整備されたみたいね。



うっ。

s-IMG_2571.jpg

停車していたのは,最新型の車両。
どうせ「なんとかラム」っていう愛称なんだろう。と思って調べてみたら「アイトラム」だった。
もっと古い車両のほうがよかったんだけど,まあしゃあない。ドラえもんトラムというのもあるらしいが,わざわざ時間調整してまで乗ろうとは思わないのでこのまま乗り込む。

s-IMG_2572.jpg

車内の音声アナウンスは「立川志の輔」だった(土日祝日のみらしい)。
なるほど,地方都市はみんないろいろと工夫してるんですね。

s-IMG_2576.jpg

で,この電車でびっくりしたのは路線バスみたいに降りるときには「次降ります」ブザーをを押さなきゃいけないってこと。普通電車というものは駅をとばすことはないという既成概念を持っていた僕にはちょっぴり新鮮でした。

急患医療センター前で下車し,古城公園へ。

s-IMG_2578.jpg

ずいぶん昔(20年近く前)に子供を連れてきた記憶がある。
ここには,無料の動物園があるのだ。

そして,僕がすべての動物の中で最も好きな

s-IMG_2588.jpg

ペンギンもいらっしゃる。いいねえ,ここ。
西山公園でも足羽山でもいいからペンギン飼育してくれないかな。

唐突ですが,

高岡動物園横顔コレクションを。

s-IMG_2589.jpg
ウマ

s-IMG_2590.jpg
カピバラ

s-IMG_2591.jpg
フラミンゴ

s-IMG_2581.jpg

桜の時期はすごく混みあう古城公園も人はまばら。梅はちらほらと咲いている。
梅の写真をうれしそうに桜が咲いたよ,ってfacebookにアップしたら,それ梅ですよ。って一刀両断されたのは去年の今ごろのこと(笑)

s-IMG_2593.jpg

新湊に住んでいた時,高岡の街なかに行くことはあまりなく(富山のほうへ行っちゃってた),あっても駅裏のサティやダイエー。だから駅前のほうの土地勘はまったくない。街角に設置された地図を見ながら,彷徨う。目ぼしいスポットを地図で確認しててくてく歩く。

s-IMG_2595.jpg



s-IMG_2597.jpg

s-IMG_2598.jpg

s-IMG_2599.jpg

s-IMG_2602.jpg

お時間となりました。
鯖江に帰らなきゃいけない。



高岡駅はムダにでかく(都会のベッドタウンの駅みたいだ),なんか違和感を感じました。新幹線の駅は新高岡というものが1.5kmほど離れたところにあるようなのですが・・・

s-IMG_2605.jpg

運がよければ高岡駅の待合所からは上画像のようなすばらしい光景が広がるはずなのですが,氷見で見たのと同じく御覧の通り立山連峰は影も形もない。

s-IMG_2606.jpg

とても残念な風景である。

氷見とか高岡って何度も行ったことがあるんだけど,観光を主たる目的として行ったことがなかったのでいろいろと楽しめました。リピートするかと言われると微妙ですが,海越しの立山連峰はいつか見てみたいと思う。
高岡出身の後輩によれば,海越しにアルプスが見れるのは世界中で高岡の雨晴海岸だけなんですよ!ということらしいが,まあアルプスといっても日本アルプスだからなあ。

s-IMG_2603.jpg
駅前にドラえもんなどの像が

氷見は藤子不二雄Ⓐ,高岡は藤子・F・不二雄ってなふうに完全に棲み分けされてるのがファンとしては寂しいところ・・・

ドラえもんの黒歴史(後)藤子不二雄の解散はドラえもんのせいだった!

s-IMG_2614.jpg s-IMG_2618.jpg s-IMG_2619.jpg

3本の電車を乗り継ぎ,鯖江に着いたのは19:10。
鯖江駅裏の駐車場は24時間以内300円と良心的な値段だ。
ただ鯖江・武生・福井あたりでJRの駅で無料駐車場があるところってないんですよね(たぶん)。北鯖江駅なんて無料駐車場にしちゃえばいいのに,と僕は思ってるんだけど・・・

もう1日分,青春18きっぷが余ってるので,もう一度旅に出なくてはいけない。それも有効期限の4月10日までに。ちょっと足を伸ばして桜を観に行こうと思う。


(おわり)


posted by poptrip at 21:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする