2019年01月31日

三国港(旧阪井港)突堤

三国港トッテイ。
トッテイはイタリアのサッカー選手・・・それはトッティな!
中田英寿とASローマでレギュラー争いをした王子。

本日は突堤のオハナシです。



「三国港(旧阪井港)突堤は別名「エッセル堤」とも呼ばれ,九頭竜川の河口右岸先端部より西方に突き出た港湾施設であり,明治11年に着工,同15年に竣工しました。堤長511m,幅約9mの石造構造物で,その平面形状により船舶の入港を妨げる漂砂と波浪を防御するとともに,川の流速を維持しつつ上流からの土砂を海に押し流す「防波堤」と「導流堤」の機能を備えています。計画から施工に至る建設の全段階で,内務省雇いのエッセル,デ・レイケらオランダ人技師が中心的な役割を果たしました。近代港湾構造物の一つの規範を示すものとして,土木技術史上高い価値があります。」

現地にあった石碑に書かれた説明文がこれ。

これを読んで興味を持つ人なんてほとんどいないと思うわけ。

僕も何度か来たことがあるけれどこんなただの突堤なんて歯牙にもかけないといった感じだったのですがその認識を一変させたのがブラタモリというエネーチケーの番組。

s-IMG_2704.jpg

タモリたちが面白おかしく紹介してくれたおかげで行きたくなっちゃったのだ。
サンセットビーチの駐車場にクルマを停めて砂浜を歩く。この日は晴れのち雨という天気なのだが冬の日本海の波は荒い。

s-IMG_2409.jpg

突堤の上を歩けるのだろうか。
とりあえず近くまで行ってみることにした。

s-IMG_2411.jpg s-IMG_2413.jpg

立入禁止にはなっていないようだ。
行けるところまで行ってみようか。

s-IMG_2435.jpg

ブラタモリで初めて知ったのだけれど,

s-IMG_2419.jpg

この石は東尋坊の柱状節理が使われているとのこと。
へー。これは86へーくらいのトリビアでっせ。

s-IMG_2708.jpg

そういう面白いことを説明してくれると興味も湧くってもんなんだがね。
あの番組では柱状節理ができる仕組みも丁寧に分かりやすく説明していてやっぱりテレビってすげえな,って思った次第。

突堤を少し進むと

s-IMG_2412.jpg

海越しの荒島岳(たぶん荒島岳だと思うんだけど・・・間違ってたらゴメンナサイ)。

残念ながら海越しの白山は望めず。

s-IMG_2440.jpg

三国からは浄法寺山が邪魔して見えない可能性も・・・大汝は見えると思うのだが。

s-IMG_2424.jpg

昭和39年から昭和45年にかけてはコンクリートブロックの設置や海側の嵩上げが行われ、また、新規411mが下流側に追加され現在に至っています。(福井県建設業界技術協会Webサイトより)

とあるこの新しい突堤部分には危険とかかれた壁があり,通行禁止のようだ。釣り人達はたぶんこの先までいっちゃうんだろうな・・・三国港突堤ってweb検索すると釣りのサイトがいっぱいひっかかるしな。冬の日本海の荒波の中ここから先へ進むのは自殺行為。ブログネタに命を懸けるほど酔狂じゃない。

s-IMG_2423.jpg

戻ろう。

しかし・・・

s-IMG_2432.jpg

ときどき波が壁を乗り越えて僕が帰るために歩くべき場所にまで来ちゃうのな(笑)

いや,(笑)じゃねーよ。
これ見るとちょいと身の危険を感じるわけさ。

それに濡れたコンクリートが結構つるつると滑るのよ。
歩き始めてすぐに一度転びかけたのは幸い。そのあと慎重に慎重に歩きましたからな。

s-IMG_2447.jpg

こんな日にサーフィン?をやる勇者たち。
まあ,こういう波が高い時の方が面白いのかもしれないが・・・

s-IMG_2449.jpg

高波に気を付けながらなんとか無事帰還。

たぶん暴風警報が出てるときなんかには,近づくのも危険かと。ここを歩く場合は,自己責任でお願いしたい。また波の穏やかな春ごろに訪れたみたいと思う。

なお,この突堤のおかげで河口に土砂が溜まらなくなり

s-IMG_2715.jpg s-IMG_2716.jpg

s-IMG_2717.jpg s-IMG_2718.jpg

砂浜ができたという話にはロマンを感じたよね,ロマンを。三国サンセットビーチはこの突堤のお陰でできているって・・・凄い話だと思いませんか。僕は思うんだよ。




posted by poptrip at 20:50 | Comment(10) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

初詣は今年も劒神社

1月2日に初詣に行ってきました。

今年はムスメが着物を着て。
東京の大学で習い事をしているのですがそのお師匠さんから着物(付け下げ)をもらったんだそうで。そしてすごく立派な帯を借りてきたんだと。僕は着物のことはさっぱりわからないのですが借りた袋帯は自分では着付けができないそう(ムスメは名古屋帯なら自分で着付けができるようになったらしい)で,正月早々に「はんなり屋」。

もちろん着物を着たムスメがこの日の主役。
そしていちおう大学に受かったということでお礼参りの意味もあり。

ムスメがtwitterでフォローしているある着付け師さんは「お正月は着物を着るひとが多いからそんなに違和感もないし目立つこともないよ」とツイートしていたらしいのですが・・・

剣神社には着物を着ている人は皆無。
うちのムスメのみ。オンリーワンですよ。

s-IMG_1914.jpg s-IMG_1922.jpg

s-IMG_1926.jpg

いや,ムスメのほかにひとりだけいました。
振袖を着ているミーハーなお姉さんが僕の身近に。

ええ,

皆さんご存知の

s-IMG_1962.jpg

カーナビに住む僕の彼女,エリちゃんです。

この日見かけた着物姿の女性はムスメとエリだけ。

s-IMG_1904.jpg

だってさ,福井は寒いんだもん(僕は結婚式以外で着物を着たことないけど,ムスメが「寒い寒い」って何度も言ってたから)。
東京なんかだと福井より5度くらい気温が高いからな。

そして劒神社は,

s-IMG_1909.jpg

元日じゃないのに大行列。
鳥居の近くまで行列は伸びていました。
20分以上並びましたかねえ・・・

しかし・・・よく見ると参拝者がすごく効率の悪いお参りの仕方をしてるのよ。
一度に横一列に少なくとも5人はお参りできるようになっているのに,2〜3人ずつでしかお参りしないのよ。両サイドの端っこのところが空いているのにそこでお参りする人は非常に少ないのです。こういう非効率的なことが僕は大嫌いなわけ(待つのも,行列に並ぶのももちろん大嫌い)。

tsurugi.gif

ちゃんと鈴も5つ用意されているのに・・・ま,レストランで相席を嫌がるようなもんなのかな(違うと思うw)
スーパーのレジとかみたいにきちんと5列に整列すればもっともっと早く効率的にお参りができるのになあ・・・カップルは2人で一緒にお参りしたいとかあるんだろうけどそんなことより早く効率的に・・・とかこんなことを考えているのはきっと僕だけだろうな(笑)

今回はおみくじも引かずに早々に退散いたしました。

posted by poptrip at 18:10 | Comment(8) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

養浩館庭園

ちょっとしたギフトを買うために福井市内にやってきてラーメン食べたついでに寄ってみたのが養浩館庭園。
養浩館庭園は旧福井藩主松平家の別邸で、「養浩館」の名前は明治になってから、同屋敷を所有していた元藩主の松平春嶽が名付けたものである。(wikipediaより)

s-IMG_0765.jpg
福井城舎人門(復元)

西門から

s-IMG_0767.jpg s-IMG_0768.jpg

入園(入園料210円)。

s-IMG_0771.jpg

紅葉はもう終盤に差し掛かっていましたがまだギリギリ見ごろといっても差し支えない感じ。

s-IMG_0772.jpg s-IMG_0774.jpg

s-IMG_0777.jpg

なかなかのオレンジ具合に高揚感。

s-IMG_0782.jpg s-IMG_0780.jpg

ちょっちゅね〜(←それは「用高」感)

s-IMG_0786.jpg

s-IMG_0793.jpg

s-IMG_0794.jpg

s-IMG_0797.jpg

s-IMG_0803.jpg s-IMG_0801.jpg

s-IMG_0809.jpg s-IMG_0813.jpg

s-IMG_0816.jpg

s-IMG_0822.jpg

s-IMG_0847.jpg s-IMG_0837.jpg

年を取ってきたからか庭園とかが面白いのよね。
計算しつくされた設計に感嘆するばかり。

s-IMG_0840.jpg s-IMG_0844.jpg

本日は,こんな平和な感じで。

しかし・・・お目当てのお菓子が午前中で売り切れているという災難に見舞われましてちょっぴりがっくし来てたんですが,福鉄電車に乗ったら知り合いの女性と遭遇。1年ぶりくらいかしらん。途中まで隣に座って談笑。ま,こんな日もあるさ。

posted by poptrip at 19:40 | Comment(0) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

西山公園紅葉ライトアップ

東京編の途中ですがジモネタも。

鯖江の西山公園。
この時期,ライトアップが行われ,ちょっとしたイルミネーションも。
いちおう行っとけ。

s-IMG_0647.jpg

s-IMG_0581.jpg

s-IMG_0613.jpg

s-IMG_0633.jpg

s-IMG_0606.jpg

s-IMG_0611.jpg

s-IMG_0640.jpg

もうもみじは終わりかけ。
終わりかけのレディオ。

posted by poptrip at 20:40 | Comment(0) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

陸海空自衛隊パレード'18【後編】

ヘリが飛んできました。

s-IMG_0832.jpg
CH-47

すーっと去っていきました。
イマイチ盛り上がらず・・・初めて福井に登場したらしいのですが素人にはよくわからずw

ざわざわする会場。

だれかが「きた!」というので鯖江方向を見ると

s-IMG_0844.jpg

福鉄の架線がジャマなんだけどしょうがない。
福鉄だもん(笑)

ま,航空機のちゃんとした写真を撮りたければ別のところで撮りなさいということです。僕は車両も航空機も両方見たかったもんでね。

s-IMG_0874.jpg

市街地上空を通り過ぎると左に旋回して再び戻ってきます。
5分ほどして今度はダイヤモンド編隊で。

s-IMG_0903.jpg

s-IMG_0908.jpg

また戻ってきて今度は2機ずつに分かれて飛んでくるんやざ。と訳知り顔でハナシをしている後ろのオッサンに聞き耳をたてます。なるほど。

そのうちに出番を待ちかねた

s-IMG_0916.jpg
82式指揮車

がスタンバイ。

そしてオッサンの言う通り,2機×2の4機編成やってきました。

s-IMG_0924.jpg

架線が邪魔なのは,しょうがない。
だって,福鉄だもん。

s-IMG_0947.jpg s-IMG_0950.jpg

これにてF-15は帰還。
アフターバーナーはなし。
ま,航空祭じゃないからね。

そしてここから怒涛の車両パレードが。一部をご紹介。

s-IMG_0959.jpg

s-IMG_0958.jpg

s-IMG_0960.jpg

s-IMG_0981.jpg
ホイールローダ

s-IMG_0984.jpg
グレーダ

除雪のときには活躍したのかね。
施設部隊のこういう建設重機械にはあんまり興味はなかったんだけど今回はちょっぴり感謝の思いを込めて見つめておりました。「今年は豪雪に始まって地震に水害に自衛隊は忙しかったやろねえ」と左隣のおばあさんが話をしているのを心の中で頷きながら。

そして大型のトレーラーが現れました。

s-IMG_1019.jpg

あらま。

s-IMG_1022.jpg

74式戦車を積載しております。
どうも新聞記事によるとこいつがやってきたのは初めてだそうで・・・

s-IMG_1040.jpg

s-IMG_1049.jpg

s-IMG_1065.jpg

こういうイベントになると必ず現れるのがちょっぴりバイアスがかかった思想を持った人たち。

s-IMG_0829.jpg

旭日旗ありーの。憲法九条がどうのこうのって旗ありーの。


なお,翌日の新聞記事では,リベラルの度が過ぎる中日新聞(日刊県民福井)は紙媒体の1面でこの記事を扱い,

福井で自衛隊パレード 沿道に2万8000人(中日新聞Web)

”会場周辺には拍手を送る人がいた一方、「パレード反対」などと書かれた横断幕を掲げる人の姿も。”(記事より)

”パレードに合わせ、フェニックス通りが同日午前中、通行止めになったほか、福井鉄道の福井城址大名町−田原町間で電車十本が運行を取りやめ、代行バスで対応した。自転車で職場に向かうためにフェニックス通りを渡ろうとした近くに住む女性(68)は「自転車に乗っているだけで注意された。仕事場に行くのにも回り道しないといけない」と話した。”(記事より)


いやわざわざそういう特殊な女性のコメントを載せなくても。じゃあマラソンとか国体で道路を封鎖した場合でもそういう人のコメントを載せるのかってハナシなわけで。

さらに,日刊県民福井の紙媒体では社会面で大きく自衛隊を暗に批判するような記事を載せるというね。

福井の自衛隊パレード 容認派 隊員に接する機会 反対派 武器宣伝しても…(中日新聞Web)

”福井市の中心市街地で二十一日に行われた陸・海・空の自衛隊合同パレードは、二〇一三年の開始から五年の節目を迎え、年々規模が拡大している。他県からも見物に訪れる人がいる一方、県内で平和運動に携わる人や宗教者らからは今回も反対の声が上がった。”(記事より)

”実行委の担当者は「今年は県内の大雪で自衛隊員が復旧に努めてくれた。隊員の姿を県民に知っていただく機会だ」とアピールする。
 F−15戦闘機による飛行パフォーマンスを見に来た仁愛女子高三年の清水陽(みなみ)さん(18)、伊勢谷萌さん(18)、高橋真由さん(18)は「戦闘機も行進する自衛隊もそろった行進でかっこよかった」と声をそろえた。高橋さんは「予行練習の時も、みんな空を見上げていた。自衛隊の人とは普段接することがないので良い経験になった」と話した。
 一方、戦争する国づくり反対県連絡会などは十日、パレードの中止を県や福井市、実行委などに要請した。連絡会の南條光麿事務局長(74)は「目抜き通りで自衛隊の武器を宣伝しても、災害対応に貢献した隊員たちへの感謝にならない」と批判。パレード当日はフェニックス通りで横断幕を掲げて抗議した。”

”パレード当日に「安保法制廃止」の横断幕を掲げていた市民団体「反原発福井コラボレーション」の石森修一郎さん(71)は「基地もない市街地で戦車などがパレードすることは場違いでは」と指摘。「日常の中に軍隊に慣れていってしまう怖さがある」と危機感を示した。”(記事より)




いちおうリベラル寄りなはずで福井で圧倒的部数を誇る地元紙である福井新聞の場合,3面に小さく記事が載る程度の扱い。

戦闘機が福井上空を飛行、行進も 陸海空自衛隊「市中パレード」(福井新聞ONLINE)

現場に反対派がいたなんてことはヒトコトも書かれてないのよね・・・

まあいろんな考え方があっていいとは思うんだけどね・・・福井の市中で2万8千人も集まるイベントってなかなかないんだぜ。

車両のパレードが終わったところで僕は食事をとろうとえち鉄新福井駅へむかいました。


posted by poptrip at 20:30 | Comment(0) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする