2019年07月14日

護衛艦かがを見に行ってきた

敦賀での護衛艦かがの一般公開に行ってきました。
いちおうヨメも誘ったんだけど,少し悩んでパスだと(想定内の回答)。
まあ,一人の方が楽しめるからね。

まずは,フェリーターミナルの方から

s-IMG_2648.jpg

かくにん。



某駐車場にとめて鞠山南岸壁へ向かいます。この日は敦賀駅からシャトルバスが出ていたのですが徒歩を選択。ぼく有料のシャトルバスってなんとなくキライなんですよ。ケチなのもあるんですけど・・・なんていうかこれはうまく理由を言い表せない。とにかく徒歩で。

久しぶりに金ヶ崎に来たら赤レンガ倉庫の横に

s-IMG_2658.jpg

s-IMG_2659.jpg
キハ28

が展示されていました。
今回は軽くスルー。内部も公開されていなかったし。

で,おどろいたことに開門12:00,かが一般公開13:00のところ,12:15ごろに現地に着いたんですが赤レンガ倉庫のあたりまで行列ができていました。マジか。自衛隊の航空祭とかのイベントの集客力ってほんとにスゴイ。経済効果もバツグンです。ここに来る前に寄ったおそばやさんなんて11:00過ぎにすでに満席で待ちましたからね。

s-IMG_2660.jpg s-IMG_2666.jpg
(左)12:13/(右)13:00

かがが見えてからがまた時間がかかります。船のなかに入る人の数を制限しているようで。

s-IMG_2671.jpg s-IMG_2672.jpg

s-IMG_2681.jpg

s-IMG_2680.jpg

s-IMG_2691.jpg

s-IMG_2688.jpg s-IMG_2693.jpg

13:25。手荷物検査をクリアしてようやく乗船。

内部の格納庫はただ,だだっ広い屋根付きの甲板が広がっているという印象。

いちおう記念に艦内のトイレを利用し(小さい方ね)ました。きれいで思ったより広かったです(思ったよりはね)。OPPブロガーの僕としては「かが」でう○こをしたという実績を残す,爪痕を残すというのがベストな選択だったんですがさすがに自粛。女子トイレも別にありました。ていうか女子の自衛隊員ってけっこういるのよ。僕の職場よりも圧倒的に多い。そして僕の職場との違いはこちらの女性はみんな若いってこと(笑)

そして

s-trump.jpg s-trump2.jpg

トランプ大統領と安倍総理が甲板から下りてきた,まさにそのエレベータに乗り甲板にあがります。



甲板から下りてきた人たちと入れ替わりで

s-IMG_2713.jpg s-IMG_2716.jpg

僕も甲板に上がりました。



s-IMG_2730.jpg

s-IMG_2741.jpg

さて,上の画像にも映っていますが甲板上に無数にある,これ↓

s-IMG_2747.jpg

なんなんだろうと尋ねてみると,航空機を固定するためにつかうものだということ。
ああ,なるほどワイヤーをひっかけて固定するのね。

実際,ヘリコプターは

s-IMG_2745.jpg s-IMG_2734.jpg

艦橋の横でラッパと手旗信号の展示。

s-IMG_2753.jpg s-IMG_2764.jpg

赤あげて♪
白あげないで♪
赤さげない♪

って歌いたくもなるのですがww

おねえさんの手旗を見ておじさんが発行信号を(表現が悪いな)。

s-IMG_2761.jpg

ファランクスCIWS操法展示。



s-s-IMG_2777.jpg s-IMG_2797.jpg

seaRAM操法展示。



s-IMG_2772.jpg

s-IMG_2781.jpg
12.7mm重機関銃

雨が強くなってきたので下船することに。
ふたたびエレベータに乗って。
トランプと安倍ちゃんがエレベータで降りて行ったとき,まさにその場にいたという自衛官がいらっしゃいました。

この岸壁・・・短いから(「かが」が長すぎるというハナシもあるが),

s-IMG_2803.jpg
もうちょっと絞って撮影しないと・・・

全景の撮影ができないのよ。
ダイヤモンド・プリンセスが寄港した岸壁なら大丈夫なんだけどな。人員の輸送とかいろいろ考慮した結果,この岸壁を使うことになったのだろうけれど・・・しょうがないな。駅から近いし。駐車場も近くにあるし(この日はカッターレースが行われていて近隣の駐車場は使用禁止でした)。

ということで船全体を見たいと天筒山に登ってみることにしました。

金ヶ崎宮を通過し,月見御殿まで登ってみたのですが,

s-IMG_2810.jpg

見えねえ!
艦首しか見えねえっ!!
そして,まさにムスカの「見ろ!人がゴミのようだ」状態。
この日は9,500人が訪れたそうです。

天筒山山頂の展望台まで行けば港全体が見えるのは間違いないのですが,タフガイの僕も(←誰がタフガイやねん!)さすがにそこまではね・・・少し降りて金ヶ崎休憩所へ。

あ,ここから見えるんだ。

s-IMG_2814.jpg

ま,いいさ。
ちょうどいい運動になりました。最近登山やってないからな。

s-IMG_2819.jpg

だいたいさ,今年4月に僕は呉に行ったときに「かが」を見てるんだよな(笑)


2019年4月 呉港にて

(参考過去記事)呉艦船めぐり


posted by poptrip at 20:20 | Comment(4) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

三国港のだるま夕陽とグリーンフラッシュ

1ヶ月近く前のこと。

仕事から帰り,ふと窓の外を見ると夕陽がくっきりと見える。

これは,もしかしたら・・・とカメラを片手に海に向かった。

三国ボートパーク。

s-IMG_0011.jpg

霞がなく水平線がはっきりと確認できる。

そして,

s-IMG_0027.jpg

s-IMG_0032.jpg

人生2度目のだるま夕陽である。

興奮冷めやらぬままじっと沈みゆく太陽をファインダー越しに見つめる。

陽が水平線に沈む瞬間,夢中で連写する。

願いを込めて。
これでもかとシャッターを切り続ける。

あっ!!

s-IMG_0066.jpg

みどりいろに光ってるよな。

光ってるよ,うん。

s-IMG_0068 (2).JPG
等倍トリミングです EOS kiss X7i 250mm f5.6 ISO800

グリーンフラッシュである。

※画像はトリミングおよび水平になるよう加工してあります。色はさわってません。

グリーンフラッシュとは

グリーンフラッシュ (英:green flash)は、太陽が完全に沈む直前、または昇った直後に、緑色の光が一瞬輝いたようにまたたいたり、太陽の上の弧が赤色でなく緑色に見えるようになる、稀な現象。緑閃光ともいわれる。(wikipediaより)

これを見たものは幸せになれるんだとか。

いつか観た古いフランス映画
その中で言っていたそれが
太陽が沈んでく瞬間
最後まで残る緑の光
それを見たらしあわせになれる
何だかいいよね じゃあね miss you!
切なくて ただ逢いたくて ずっと空を見る


AKB48「グリーンフラッシュ」(秋元康作詞)より。
こんな曲知らなけどググったら出てきたのでいちおう掲載。

グリーンフラッシュってのはかなり稀な現象なので新聞に載ることもある。

太陽が一瞬緑色に?珍現象グリーンフラッシュ 北海道(朝日新聞デジタル 2018年8月8日)

後日,新聞記者の友人と話す機会があり「グリーンフラッシュの撮影に成功したから画像を独占提供するぜ(笑)」と言ってみたところ「画像を送ってくれないか」と言うものでいちおう送ってみた。「緑色がちょっと弱いかな?写真部に回してみるよ」とLINEで返事がきたあとは音沙汰がないし,記事になってはいないようだ(たまーに新聞を読まない日もあるから確実ではないが)。

いわゆるボツということなんだろう・・・

ということでブログで公開するにいたったわけでござる。

またいつか,見れるといいな。


posted by poptrip at 20:30 | Comment(6) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

はじめての三国まつりと三国路地裏散策

北陸三大祭りと誰が言ったか知らないが,三国まつりはそのひとつなんだそうです。

ほかの二つは,

・御車山祭(高岡市)
・青柏祭(七尾市)

とのこと。
いずれもすぐ近くに住んでいたことがあるのに一度も祭りに参加したことも見に行ったことすらないという。もちろん勝山左義長祭りも一度も行ったことがありません。そう,僕は特に祭りが好きと言うわけじゃないんです。ていうか人混みが嫌い。絵に描いたような祭りに向かない人種なのです(敦賀まつりはパレードに参加させられたことはあるw)が,一度くらい山車巡行ってのを見てもいいかな,とフレックス退社して三国の中心街へ。敦賀まつりも山車巡行は見たことがないのです。

s-IMG_0274.jpg

s-IMG_0270.jpg

えち鉄水居駅パークアンドライド。

この日ばかりはいつもは無人で閑散とした三国神社駅にも

s-IMG_0276.jpg

たくさんの乗客が三国神社駅で下車しますが僕は三国駅まで。

窓口で運賃を支払い,改札をぬけるとそこで三国名物の酒まんじゅうを無料で配っていました。えち鉄を利用した人先客400名に配られていたもの。僕もその最後尾に並び,酒まんじゅうをゲット!するはずだったのですが無情にも僕の前のおばさんで品切れ(泣)

古い町並みが残るまちなかは祭り一色。
あたりをぶらっと散策。ただし露店とかには全く興味がないので

s-IMG_0279.jpg s-IMG_0280.jpg

各店舗,家庭の軒先には提灯がずらり。

s-IMG_0284.jpg s-IMG_0286.jpg

すげえ金かかってんな。
そう!祭りには金がかかるんですよ。

そして,新たな事実が発覚。

この,営業しているとはとても思えなかった食堂に

s-IMG_0291.jpg s-IMG_0292.jpg

のれんがかかっているのです。
ジモティのおっさんが言っていたこの店が営業しているというハナシはウソではなかったのです。思わずは行ってみようかと思ったりしたのですが,すんでのところで思いとどまりました(笑)
消えかかったサビサビの文字を見ると「欧風料理御食事マルカ」と書かれているのが確認できました。ええ,明るいときにこのお店をじっくり見たことなどなかったものでね。

s-IMG_0294.jpg s-IMG_0300.jpg

マルカ食堂前を通過する山車。
しかし,山車て一体何かね?そもそもそれが分かっていないんだよ。何のために山車巡行ってのをやってるのかがさっぱり分からないわけ。まあ祭りと言うのはそういうもんなんだろう。

さて,この食堂の横の細い路地を入っていくとそこは滝谷出村遊廓があったあたり。以前,武生の遊廓跡について記事を書いた時にネットや市図書館で情報を集めていたら三国の遊廓情報もいろいろと自然と入ってきたのでちょっと興味を持っており,散策することに。

s-IMG_0303.jpg
見返り橋

見返り橋の意味は自ずと分かると思います。

s-IMG_0307.jpg

こんな細い路地も出汁は通るのね。
電線を棒で持ち上げて引っかからないように慎重に通っていきます。

s-IMG_0305.jpg

s-IMG_0313.jpg

s-IMG_0312.jpg s-IMG_0321.jpg

料理茶屋 魚志楼は,福井市の丹巌洞と並んで一度は行ってみたい料亭の双璧です。こういうところって機会に恵まれないと行けないから・・・誰か機会を作っておくれ。

s-IMG_0322.jpg
思案橋

遊廓には,必ずと言っていいほどあるという思案橋。この意味もおのずと分かるはず。

さて,祭りに復帰します。
三国駅前に移動。

s-IMG_0378.jpg s-IMG_0383.jpg

マルカ食堂の電柱広告が三国駅前という一等地にあったのね。
その奥に見える喫茶エルも気になっているお店のひとつ。ここはそのうち行ってみようかね。

s-IMG_0391.jpg

s-IMG_0406.jpg

s-IMG_0422.jpg s-IMG_0424.jpg

灯りのともった山車も見て見たかったのですが小雨がぱらついてきたので退散。

来年は夜に来てみようかしら。
また,露店や神社の方にはまったく行かなかったので次回はそっちのほうを。

しかし,平日だってのにこの人だかり。
みんな会社休んでるんだなきっと。小学校も休みになっているという噂も。
高岡出身の後輩が会社にいたんだけど,配属された最初の自己紹介で祭りの日は休ませ貰いますと宣言してましたからねw

なかなか楽しめたよ。

posted by poptrip at 17:40 | Comment(8) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

つつじまつり2019

本日2本目の記事です。連投スマソ。

帰省しているムスメはバイトがあってなかなか時間が足りない。

そんななか,ちょっとだけヨメとムスメと僕の3人の空き時間があったので西山公園へ。
つつじは五分咲きということだけれどピーク時はすごい人だったらしい。

s-IMG_8797.jpg

s-IMG_8800.jpg

s-IMG_8864.jpg

僕らが行ったのはもう午後3時ごろだったので人はそれほどでもなく。
ムスメの友達はピーク時は人多すぎて原宿みたいだったと言っていたらしい。原宿は言いすぎだろ!と思ったわけだけどみんな行くところないんだね〜(←お前が言うな!)

s-IMG_8801.jpg

だってつつじまつりはタダですから〜!残念!(と平成を名残惜しむという意味で波田陽区を出してみたw)

s-IMG_8805.jpg

西山公園のスズメは他のスズメよりも人になれているというか・・・結構近くでも撮影できるのよな。

プロのデルモさんの撮影会なんかも開かれていましたが僕のデルモはムスメ(ヨメではないww)。誤解のないようにお願いしたいのだけれどいちおうヨメにも撮りましょうかとお声はかけさせてもらってるんですよ。へへへ。

s-IMG_8806.jpg

デルモはピースなんてしねえんだよ!

いちおう西山動物園もチラ見。

s-IMG_8818.jpg

ミンファおばあちゃんの可愛さはやっぱり神の領域。

そして,この日は

s-IMG_8812.jpg

モッチーとまつばの展示場の間の扉は固く閉ざされていました(笑)
いや笑い事じゃないんだけどな。家庭内別居だったのが完全な別居に変わったわけで。
まあ,モッチーかまつばのどちらかが自分で間違って閉めちゃって開けられなくなっちゃったっていう可能性もゼロではないのだけれど。

s-IMG_8809.jpg

寝顔がかわいいティアラちゃん。

s-IMG_8810.jpg

たいようくんは

s-IMG_8861.jpg

立ち膝(って言うのかな?半立ちっていうとなんかエロいしなw)みたいな感じで笹をむさぼっておりました。
午後3時ごろっておやつの時間なんだな,きっと。

s-IMG_8883.jpg

連休はあと3日か・・・

まだ2回くらいここに来そうだな(笑)

あ,いちおう西山動物園の募金箱に少しお金を入れていますので完全無料ではありませんでしたがまあコスパに優れているスポットじゃないかと思うわけです。

posted by poptrip at 22:20 | Comment(0) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

鯖江と三国でお花見

今年のお花見は2回。
いちおうお花見と言ったら僕の定義は「桜の時期にみんなで花を見て(見なくてもいい)外で酒を飲むこと」です。
だから桜が散っていてもこの時期にやる飲み会はほとんどすべてお花見なのです。

まずは,地元の壮年会のお花見。

s-IMG_6339.jpg

場所は町内の公園。
立派な桜があるんですよ。
もう何年かしたら枝を支える柱が必要になるかもしれないね。

この↓

s-IMG_6340.jpg

画像を見ただけで

分かる人には分かるのですが

酒の肴はもちろん

s-IMG_6338.jpg

白樺のホルモンね。

予約せずに行ったらおばちゃんに叱られたそうです(笑)
もう,予約してから来てって言ってあるやろ!って。いやあ僕が取りに行かなくて良かった。
うちの壮年会は異常なくらい白樺消費量が多いお得意様なのである程度融通がきくのです。
お店で食べる人の分を優先するため持ち帰りの場合は予約してから行くことがマストだと思います。

つづきましては,

職場の花見。

三国の汐見公園です。



この竹田川と九頭竜川が合流する尖がっている部分。
こんなところがあるなんて全く知りませんでした。

s-IMG_6591.jpg

s-IMG_6513.jpg

s-IMG_6519.jpg

s-IMG_6514.jpg s-IMG_6516.jpg
しおみばし

と書かれています。

以下,公園にあった説明書きの画像を。

s-IMG_6517.jpg

以前はここに(現在もある橋より下流側に)汐見橋というものが存在していたというのだ。
しかもこの川と川に挟まれたところに住宅が建ち並んでいたんだと(上画像のとおり)。上の画像の右にある大きな建物は町立三国病院(その後商工会館になった)もあったらしいと地元に住む先輩社員は言う。

当時はここはもっと低くて大雨が降るとすぐ水に浸かってしまったため,住民たちは集団移転したのだそう。「〇〇の奥さんは此処に住んでたからいっぱいお金貰って別のところに家を建てたんだぞ」などとホントかウソかわからない下世話な話をする輩も(笑)

現在は盛り土がされ公園になっているということ。

s-IMG_6534.jpg
盛り土と言えば清水ミチコいや小池百合子w

s-IMG_6521.jpg

こんなことがもうすぐ終わろうとしている平成という時代に行われていたという事実にはちょっぴり驚きました。

s-IMG_6515.jpg

この後,予約していた居酒屋に移動したのでした。

ちなみに,この汐見公園のことをネットで調べていたらあるアニメの聖地巡礼とかいうブログがいくつも引っかかるのよ。
グラスリップという三国を舞台にしたアニメがどうもあるらしい(知らんかったわ〜)

とりあえずネット配信サービスで第1話だけ見てみたんだけど

s-gurasu2.jpg s-gurasu.jpg

いきなりこの前ブログにも書いたエッセル堤から始まり,えち鉄がww

s-gurasu4.jpg s-grasu3.jpg

そしてオープニングに・・・

s-grasu5.jpg s-IMG_6588.jpg


s-grasu6.jpg s-IMG_6589.jpg

汐見公園が登場。
ははあ,こんなまんまのアニメがあったとは,いやはや。

いちおう第1話だけ見てみたんだけど・・・面白いのかどうかはさっぱりわからない。

wikipediaによると福井県坂井市三国町周辺のエリアをモデルにした町「日乃出浜」(ひのではま)を舞台に、6人の高校生の青春を描く。だそうです。

うん,ヒマがあれば第2話以降も見てみようかと・・・思ったり思わなかったりラジバンダリ。

だいたいgoogle先生の予測変換では

s-google.jpg

「グラスリップ 意味不明」なんてワードが出てくるわけで(笑)
みなさんもお暇ならレンタルして見てみてくださいな。



なんだか花見とは全く関係のない話になってしまいましたが

本日は此処まで。




posted by poptrip at 20:00 | Comment(6) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする