2017年10月16日

めいしゃん日記

期日前投票に行くついでに西山動物園に,レッサーパンダの赤ちゃん「めいしゃん」のご機嫌伺いに。

しかし,何で期日前投票だと宣誓書(当日に投票に行けない理由とか住所,氏名等)を書かされるのかね。少しでも投票率を上げたいならあれも廃止すればいいと思うのですが。

前回はじめて「めいしゃん」を見てから約1週間。公開されてから10日間ほどたちましたが成長ぶりはいかがなものか。

s-IMG_3820.jpg

ときどきお母さんのところへ甘えに行くのですがお母さんにスルリと交わされて,ひとりで行動。というパターンを繰り返しておりました。前回はほとんどお母さんにぴったりくっついていたのですが。動きも軽快になり,起ちあがることが多くなりました。

s-IMG_3776.jpg

s-IMG_3826.jpg

s-IMG_3835.jpg s-IMG_3837.jpg

さて,問題は退場です。
前回は自分からはおうちに戻っていくことができず,お母さんが鳴き声で呼んでも動くことができず,飼育員さんに追い立てられてなんとか退場できたのですが。

今回も仕切りが開くと

s-IMG_3844.jpg

お母さん「キラリ」はそそくさと退場。

一方,「めいしゃん」は

s-IMG_3846.jpg s-IMG_3852.jpg

お母さんがいなくなって戸惑っているけどどうしたらいいか分からないというような体で。スロープを降りたり上ったり。仕切りを何度か開閉して,退場を促しますが戻ろうとはしません。

ついに見かねた飼育員さん登場。

s-IMG_3857.jpg s-IMG_3859.jpg
後ずさりする姿がかわいいw

前回と同じパターンじゃねえか(笑)

今回は動きが敏捷になったため飼育員さんの誘導をスルリとすり抜け逃げて行ってしまい・・・ガルルルルって聞いたこともないように吠えてました!

結局,

こういうことに。

s-IMG_3860.jpg

かわいそうに・・
飼育員さんも嫌われちゃってるんだろうなあ。

次回見に来た時には上手に退場できるようになっているといいのですが。

あと,いちおうボリビアリスザルの定期観察も。

s-IMG_3868.jpg

s-IMG_3870.jpg

現場からは以上です。







posted by poptrip at 07:00 | Comment(4) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

ほまれくんとかけるくん

越前市で5月に孵化したコウノトリの幼鳥が放鳥されるという新聞記事を見ました。コウノトリにも縄張りがあるようでケージから2.5kmほど離れた安養寺町での放鳥が決まったとのこと。
ぜひとも見に行きたいと思いネットで情報を集めようと検索しますが,ヒットするのはあまり関係のないサイトばかりで時間や場所の記載されたサイトが見つかりません。

10分以上も格闘した結果,ようやく見つけたのが福井県のプレスリリース。

コウノトリの放鳥式典を開催します(福井県自然環境課)

以下案内文より抜粋
 ・放鳥式典周辺には、駐車場はありません。報道機関の駐車場は、第三駐車場(報道機関専用)または、第二駐車場(一般車)をご利用ください。(別添地図1参照)
 ・放鳥の際の、撮影場所は別添地図2のとおりです。
 ・どなたでも見学はできますが、現地での交通規制に従い、駐車や見学等をお願いします。

抜粋ここまで

「どなたでも見学はできますが、現地での交通規制に従い、駐車や見学等をお願いします。」

このちょっぴり上から目線の注意書きが癪に障るんだけど(笑),まあお役所だからね。一般人にはあまり来てほしくないようにもとれる書きぶりだと思うんだけど考えすぎでしょうか。

で,行ってみたらどこから情報を仕入れているのか思った以上にたくさんの人がいらっしゃってまして。いったん会場まで行ったあと,トイレに行きたくなって駐車場(旧白山小学校第一分校)へ戻ります。

s-IMG_3151.jpg s-IMG_3152.jpg

この小学校は2004年に廃校となったとのことですが,なぜかランドセルがあり。

s-IMG_3153.jpg

これが体育館かな。狭いよね・・・

トイレはきれいでした。
あ,小のほうですからね。
OPP対策はちゃんと自宅で済ませてきていますので。

s-IMG_3154.jpg

友人である福井新聞元コウノトリ支局員のO記者も取材にやってきていたようで,軽く挨拶を交わすと,僕は退屈な式典には参加せず撮影スポットでスタンバイ。



コウノトリたちもスタンばってます。

s-IMG_3150.jpg s-IMG_3155.jpg

式典が行われ知事や市長の挨拶が終わると,テープカットとともに放鳥されるという段取り。


待つこと40分。
長い・・・スマホや雑誌を見ながら時間をつぶします。
コウノトリはあの狭い何もない箱の中で1時間以上は待たされたと思われ・・・

ようやく箱の前にVIPたちがやってきました。

s-IMG_3156.jpg

「このハゲ〜ッ!」って言われた人はこの中にはいない(はず)w

地元の小中学生たちも近くで見守る中,テープがカットされ,扉が開かれます。

s-IMG_3163.jpg

が,なかなか出てきません。

皆,息をのみます。

さきに出てきたのは

s-IMG_3167.jpg

ほまれくん!

s-IMG_3174.jpg

やった。

飛んだ!

わっと歓声があがります。

地元の小学生たちも

s-IMG_3179.jpg

満面の笑み(ぼかしをかけてますが笑ってるのはわかるんじゃないかな)。

s-IMG_3183.jpg

s-IMG_3185.jpg s-IMG_3193.jpg

ほまれくんに気をとられていたら再び歓声があがり,かけるくんも飛び立ちました。

s-IMG_3208.jpg

かけるくんはほまれくんの後を追うように飛んでいきました。

s-IMG_3216.jpg

頑張って生き抜くんだぞ。

オジサンはちょっぴり感動してしまったよ。



なお,足環カタログというものによりコウノトリの個体を識別できることを最近知りました。
この前僕が鯖江市で見かけたコウノトリはやはり2羽別々の個体で,J0120とJ0132のようです。

リリースしたコウノトリと、野外で巣立ちしたコウノトリには、個体番号が書かれた足環と、異なる組み合わせの色の足環をそれぞれの個体につけています。これにより個体の識別ができるようになり、個体の移動や生死、生態を詳しく調べることができます。みなさんの近くにコウノトリが訪れたときには、どの個体がやってきたのか確認してみてください。(兵庫県立コウノトリの郷公園webサイトより)

足環カタログ

帰りにはお饅頭までいただいちゃいまして

s-IMG_3231.jpg

至れり尽くせりじゃないか。

県の情報発信はイマイチだったと思うけど・・だいたいpdfファイルを添付っていうサイトが僕は大っ嫌いで。重たい数十ページにわたるような資料はpdf貼り付けでいいと思うんだけど,あんな簡単な1ページの案内をわざわざpdfで添付するってやめてほしいよね。いちいちAcrobatを起ち上げないと内容が分からないし時間がかかるし・・・添付されていた地図も土地勘のない人にはさっぱりわからないもので。

あ,饅頭は僕の好きなこしあんで,帰宅してムスメと分け合って美味しくいただきました。



posted by poptrip at 14:10 | Comment(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

auスマートパスプレミアム会員なので日曜日はいしかわ動物園(ナイトZOO)

動物園でコビトカバを見ていたらヨメから電話。
「ちょっと急に予定がはいって夜ご飯は遅くなりそう。」と。
そうか。じゃあいっそのことナイトZOOも味わっちゃおうかと。

クルマの中で30分ほど仮眠してから再々入園。僕はもう動物園の虜なのです。

s-IMG_2344.jpg

ナイトZOOでは,普段見れない夜行性動物のお食事風景が見れたりするのが魅力。また,夜行性の動物は動きが活発になるというのも見どころ(ナイトZOOは初めてなので勝手がわからないけどたぶんそういうことだと思う)。近年,いろんな動物園が挙ってナイトZOOというものを開催しているようです。

確かムラカミハルキの短編小説に,夜中に動物園に忍び込んでビールを飲みながら動物を見るのが趣味だという主人公が出てくる作品があったと記憶しています。小説のタイトルは失念しましたが,今は堂々と合法的に夜の動物を眺めることができるようになったのです。

スケジュール表(お食事タイム)を確認して(Webサイトに掲載されていると助かるんだけどなあ・・・),

s-IMG_2343.jpg

ヒョウ→フクロウ→ライオン→レッサーパンダを巡ろうとスケジューリング。

s-IMG_2348.jpg

暗いのでなかなかいい写真が撮れないのがナイトZOOのアレなところ。

こういう,

s-IMG_2351.jpg

あんまり動かない子たちは貴重な存在(笑)

いちおうカメラの基本的なことを説明しておくと,被写体が暗いとシャッタースピードが遅くなるため(たくさん光を取り入れないといけないからシャッターを開いておく時間が必然的に長くなってしまうのです),動いてる動物は被写体ブレや手ブレが起こってしまうのです。

s-IMG_2354.jpg s-IMG_2361.jpg

レッサーパンダも動き回るのでなかなかマトモな写真がとれず・・・僕知らなかったんですけどレッサーパンダも夜行性なんだとか。じゃあ昼間あんなにぐうたらしてるのも仕方ないなあ。

昼間は奇声を発して元気に飛び回っていた西山動物園でもおなじみのシロテテナガザルは,

s-IMG_2350.jpg

はやく寝床にもどりたそうなたたずまい。こんなにしょんぼりした,哀愁漂うシロテテナガザルを見たのは初めてです。

ネコ科の動物もいちおう夜行性なのでお食事も夜。
トラやライオンは主に夜に狩りをするのです。

s-IMG_2370.jpg
ホワイトタイガー

は,野生には存在しないわけでこの子だけは昼も夜も元気でした。

そして,
ユキヒョウ(ネコ科)のお食事タイム。
馬肉のようです。

飼育員さんが檻の外から棒をつかって肉をセットしていくのですが,ユキヒョウは近づいてきません。以前は肉を乗せるとさっと駆け寄ってきていたそうなのですが一度勢い余って電気柵に当たってしまい,それ以来それがトラウマとなってすぐには食べに来ないんだそうで・・・豹なのに虎馬ってw
特に飼育員さんがいると絶対にやって来ないらしくて,飼育員さんがその場を離れた瞬間素早い動きで肉のところにやってきて食べ始めました。

s-IMG_2379.jpg s-IMG_2385.jpg

飼育員さんが可哀そう・・・ほんまに不憫やわあ。

昼も夜も変わらないのはカピバラとオランウータン。

s-IMG_2399.jpg s-IMG_2485.jpg

カピバラは朝から晩までお風呂に入り,オランウータンは朝から晩までブランコに勤しむ。オランウータンはギャルたちにも大人気でございました。

プレーリードッグは,

s-IMG_2400.jpg

お部屋の中でおねんね。



s-IMG_2394.jpg

s-IMG_2482.jpg

カンガルーもコビトカバも夜行性だったとはね・・・


s-IMG_2481.jpg

シマウマは夜行性ではないのですが,草食動物は肉食動物に襲われる危険があるため睡眠時間が異常に短い(数十分)というのは動物好きの僕にはもはや常識。

以下,フクロウたちの食事の様子ですが,ちょっとグロイのもあるので閲覧注意でお願いします。

続きを読む
posted by poptrip at 21:45 | Comment(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

auスマートパスプレミアム会員なので日曜日はいしかわ動物園

auスマートパス会員は三太郎の日ということで毎月3,13,23日には特典が設けられています。先々月はマックのハンバーガーのクーポン,先月はミスドドーナツ3個相当のクーポンがもれなくもらえたのですが9月はショボすぎて出るのは吐息だけ。

s-Screenshot_20170913-101351.jpg s-Screenshot_20170913-101458.jpg

しかも,このバニラモナカ。2回連続はずれですよはずれ。プレミアム会員だけど水もらうためにファミマになんて行きませんよ!(怒)

だがしかし・・プレミアム会員は

s-Screenshot_20170917-071352.jpg

このサービスがあったため脱会をとどまった。
今月,スケジュールが空いている日曜日は17日しかなかったのですが台風がやってきておりまして直前まで迷っていたんですが,

s-tenkura.jpg

行くか。いしかわ動物園に!
登山時には何度も裏切られている「てんきとくらす」を信用して(笑)

SKKS発症後,ロングドライブは控えていたのだがそろそろ解禁してもいいだろうと久しぶりにクルマで県外へお出かけ。車内ではカラオケの練習。来るM氏との決戦に備えるのです。

なお,動物園では写真を撮りすぎてバッテリーが切れてしまいました・・・

まずは,赤ちゃんたち。

s-IMG_1996.jpg

6月生まれのコモンリスザルの赤ちゃん。もうほとんど一人で行動し動きも素早いためなかなか写真におさめられない・・・もう一人前じゃないか。と思っていたのですが

s-IMG_2017.jpg

背中に乗ったかと思うと素早く

s-IMG_2022.jpg

おっぱいにしゃぶりつきます(いやらしい表現だなw)。

でも数秒で離れて行動し始めました。同じ6月に生れた西山公園のボリビアリスザルの赤ちゃんはもう背中に乗ろうとした時点でお母さんに蹴られてましたからね(笑)



ワオキツネザルの赤ちゃん。

s-IMG_2000.jpg

s-IMG_2006.jpg s-IMG_2008.jpg 

おっぱいを飲んでいるというよりは抱っこされてるだけに見えます。
そして,

s-IMG_2010.jpg

その親子を囲むようにいっせいに仲間が集まってきて赤ちゃんを見せないようにしているかのよう。


シマウマの赤ちゃん。

s-IMG_2186.jpg

ずっとお母さんのあとをついて回ります。
ときどきお母さんのおなかのあたりに顔をつけるのですが

s-IMG_2125.jpg s-IMG_2188.jpg

これはオパーイを飲んでるのかな。よく見えませんでした。
なお,奥にキリンが見えますが近くでの展示は行っていませんでした。


マーラの双子の赤ちゃん。

s-IMG_2045.jpg s-IMG_2049.jpg

ぴたりとくっついて離れない。
「離したくはない」のT−BORAN状態。

数時間後に再び見に行ってみると

s-IMG_2249.jpg

場所は移動したけどやっぱり。
二人三脚してんのかよ。
しかし・・かわいいなあ。ヤバイくらいかわいい。

さらにしばらくしてから見に行くと

s-IMG_2259.jpg s-IMG_2264.jpg

めっちゃ走り回ってるし!
ただやっぱり基本的には一緒に行動しているようで。授乳シーンが見られないなあと思ってたらもう普通に食事してました。成長がとっても早いんですね。


コビトカバの赤ちゃん。

s-IMG_2135.jpg s-IMG_2146.jpg

いちおう寄り添っている写真をピックアップしてみましたが,基本的にはあまり親子の絆というかそういうものを感じられるシーンはほとんどなく,お互い無関心(笑)

s-IMG_2091.jpg

でも寝るときはいっしょなのかもね。


カリフォルニアアシカアシカの親子。

s-IMG_2029.jpg s-IMG_2026.jpg

お父さんとの大きさの違いはこのとおり。

s-IMG_2042.jpg s-IMG_2044.jpg

見事な着水。

あとの動物たちはどれが親でどれが子なのかさっぱり見分けがつかないので(笑)・・・通常の展示に移行します。

トキ里山館です。

ここでは

s-toki.jpg

北斗神拳の神髄を見ることができます(ウソ)。

以前,来たトキにはなかった施設だと思います。

s-IMG_2082.jpg

また,トキを生で見たのは初めてかも。佐渡島に行かなくてもトキが見れるとは・・


s-IMG_2095.jpg

チンパンジー。
爪も黒いのか。


猛獣たちはみなどの動物園でも同じで眠そう。

s-IMG_2058.jpg s-IMG_2059.jpg

やる気ゼロ。

s-IMG_2239.jpg s-IMG_2122.jpg
トラとユキヒョウ

s-IMG_2251.jpg

ホワイトタイガーだけはときどき動物園中に響き渡るように吠えておりました。



おなじみレッサーパンダ。

s-IMG_2273.jpg s-IMG_2300.jpg

イチャイチャしやがって。
ラブラブじゃねえかよ。

と思ったのですが,実はこの子たちは

s-IMG_2307.jpg

双子の娘さんだったのです。
いやあ,双子だけあってクリソツだな。全く見分けがつかないww


ライチョウ。

s-IMG_2075.jpg

ニホンライチョウではありません。
「ライチョウはサンダーバードではありません。」との注意書きがありました。国鉄の功罪。


お昼ご飯を食べるためにいったん外に出た後,再入園しほぼ1日じゅう動物園にいたため,動物のいろんな姿を見ることができました。北陸最大級の動物園といってもそれほど広いわけではないので4〜5周はしたかな(笑)

充分モトはとりました(ていうかもともと入場料無料なんですが・・w)


以下,ちょっとグロイ画像もあるので閲覧注意でお願いします。鳥の食事風景ですが,餌は鶏のヒナ(いわゆるヒヨコ)なのです。



続きを読む
posted by poptrip at 11:00 | Comment(2) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

青春18きっぷの旅 日帰り大阪(天王寺動物園)

今回の旅の目的のひとつ,天王寺動物園。実に約25年ぶりです。花博があったときにちょいと寄ってみたような記憶が・・・auスマートパスプレミアムユーザーは9月の日曜日は全国のいくつかの動物園が無料になり,天王寺動物園も無料となるため日曜日に行こうかとも思ったのですが諸般の事情により土曜日ということになりました。

さっそくまいりましょう。

夜行性動物舎から。

s-IMG_1564.jpg
コウモリ

なかなかのアレです。

いきなりスイマセン(笑)

ほかの動物園でも見たことがあるんですが写真が撮れるほどの照度がなく,肉眼でもあんまり見えなかったんですけどここではチリバツ。やっぱり見れば見るほど不気味・・・

日本ではここにしかいないというキーウィはさすがに暗すぎて写真が撮れず。



コアラが主体的に目的性により行動しているのを久しぶりに見ました。

s-IMG_1565.jpg s-IMG_1566.jpg s-IMG_1567.jpg

ほら,ちょっぴり登ってるでしょ。
いや,そうは見えない気もするな。

その後は,

s-IMG_1569.jpg

このていたらく。
見慣れたいつもの置物コアラ。
彼らは寝るために生れてきたんじゃないか。とすら感じてしまう。

Born To Be Sleep!!

ただし屋外展示は評価したい(コアラとは直接は関係ないけど)。


鳥の楽園と呼ばれるコーナーはかなり広いスペースと高い網で囲われていて,鳥は比較的自由な感じ。もちろん楽園などとは呼べないけれども。上の方には鳥の巣がたくさんあります。

コウノトリがいるじゃねえか。

s-IMG_1570.jpg

と思ったらシュバシコウという鳥でした(コウノトリ目コウノトリ科)。

s-IMG_1588.jpg s-IMG_1590.jpg
ゴイサギとウミネコ(だと思われる)

s-IMG_1598.jpg

こいつら,本気でケンカしてやんの(ゴイサギの成鳥と幼鳥かな・・)

s-IMG_1610.jpg



ホッキョクグマ。

s-IMG_1625.jpg

同じところを行ったり来たり。そして同じところで首を大きく振る。狭い場所で飼育されている動物にみられる常同行動です。足羽山動物園のミルクちゃんも毛が殆どなくなっちゃってるし,こういうのを見ると動物園の功罪というものにも・・・動物園も餌のやり方を変えてみたりといろいろ努力はしているようなのですが。



さて,

水の中に体を沈めているでかい動物。

s-IMG_1627.jpg

カバかと思ったら

s-IMG_1629.jpg

鼻先が水の上に現れまして。
ゾウであることが判明。オレはゾウだぞう。と主張しています。ていうか息継ぎなんだなたぶん。5分ほど見ていましたがときどき鼻を水面に出す以外はずっとこの状態。水浴びというよりは水風呂に浸かっているような。

s-IMG_1649.jpg
コウノトリ

コウノトリは「鳥の楽園」にはおらず,1羽だけ全く別の場所にいました。「鳥の楽園」にはコウノトリそっくりなシュバシコウがたくさんいましたが一緒に飼育することはできないのでしょうか。


ぐるっと一周回ってコアラを見に行くと

s-IMG_1643.jpg

安定の置物状態。
眠っていても木から落ちないってところは少しだけリスペクトしたい。


さて,本日のメインエベント。
ライオンのおやつタイムです。
今日はこのためにスケジュールを調整していたんだから。

s-IMG_1654.jpg

予定時刻の5分ほど前に行くと,30分ほど前は熟睡していたライオンがバッチリとお目目をあけて起き上がっています。体内時計が働いているのかおやつタイムが近いということが分かっているかのよう。

s-IMG_1702.jpg

ライオンとキリンとあべのハルカスが同じフレームに入ってしまうというシュールな画。

おやつの前に飼育員さんから説明があります。
「ネコ科の動物は群れることがないのですがライオンだけは特別です。サバンナでは一匹狼では生きていけないからです。野生のライオンのオスは狩りをしないけれど食事だけは一番最初にとります。力が強いから仕方がないことです。動物園でもメスが先に食事をとるとオスが怒ってしまうのでオスにだけおやつをあげますのでご了承ください。ただオスが食事に夢中になっている隙にメスにも少しだけ餌を投げてやりたいと思います。」

s-IMG_1717.jpg s-IMG_1715.jpg

オスが飼育員さんの投げ入れた肉を食べている間,メスは微動だにしません。うらやましそうに眺めているだけ・・・人間界では考えられないことです。男尊女卑はいまや過去の遺物ですからな。イマドキ男性が真っ先にメシ食ってたら女性にはもてませんよねえ。

s-IMG_1711.jpg s-IMG_1718.jpg

メスもほんのちょっぴりだけおやつにありつけたみたいです。まあ食事はおやつとは別にちゃんととっているんだろうけど・・・

s-IMG_1692.jpg

ライオンってほんと絵になるなあ・・・

なお,メスがおやつを食べているのを見つかっちゃうとこう↓なります。






あとは駆け足で一部の動物をご紹介。

s-IMG_1671.jpg s-IMG_1675.jpg
タイガーマスクとジャガー横田

s-IMG_1657.jpg s-IMG_1735.jpg
ケープハイラックスの赤ちゃん2匹とフサホロホロチョウ

実は,この日コアラに勝るとも劣らない怠惰ぶりを発揮していたのがチンパンジー。

s-IMG_1728.jpg s-IMG_1729.jpg

寝姿が妙に人間っぽくて。まるで宮迫のヨメのような(イメージですw)。
帰りにゾウさんを見に行くと長風呂も終わっっていましたが,せっかく水に浸かってたのに鼻が土まみれじゃねえか(笑)

最後にコアラを見に行こうかとも思ったのですが,結果は目に見えていたので遅い昼食をとろうと動物園を出て歩くことにしました。


(つづく)

posted by poptrip at 22:00 | Comment(6) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする