はじめての三国まつりと三国路地裏散策

北陸三大祭りと誰が言ったか知らないが,三国まつりはそのひとつなんだそうです。 ほかの二つは, ・御車山祭(高岡市) ・青柏祭(七尾市) とのこと。 いずれもすぐ近くに住んでいたことがあるのに一度も祭りに参加したことも見に行ったことすらないという。もちろん勝山左義長祭りも一度も行ったことがありません。そう,僕は特に祭りが好きと言うわけじゃないんです。ていうか人混みが嫌い。絵に…

続きを読む

つつじまつり2019

本日2本目の記事です。連投スマソ。 帰省しているムスメはバイトがあってなかなか時間が足りない。 そんななか,ちょっとだけヨメとムスメと僕の3人の空き時間があったので西山公園へ。 つつじは五分咲きということだけれどピーク時はすごい人だったらしい。 僕らが行ったのはもう午後3時ごろだったので人はそれほどでもなく。 ムスメの友達はピーク時は人多すぎて原宿み…

続きを読む

鯖江と三国でお花見

今年のお花見は2回。 いちおうお花見と言ったら僕の定義は「桜の時期にみんなで花を見て(見なくてもいい)外で酒を飲むこと」です。 だから桜が散っていてもこの時期にやる飲み会はほとんどすべてお花見なのです。 まずは,地元の壮年会のお花見。 場所は町内の公園。 立派な桜があるんですよ。 もう何年かしたら枝を支える柱が必要になるかもしれないね。 この↓ 画…

続きを読む

平成最後のふくい桜めぐり 第3章(夜桜編)

月曜日,仕事を終えさっさと夕食を平らげると僕は福井市内へ。 目的は愛宕坂の「灯の回廊」ってやつ。 今年で19回目ということなんですが一度も行ったことがないのよ。 足羽川の夜桜もそういえば見たことがないような・・・ 行ってみようか。 てな感じで来ちゃったわけ。 競輪場の近くの無料駐車場にクルマを停めて歩きます。1km弱くらい。歩くのは苦にならないので・・・といいつついちおう…

続きを読む

平成最後のふくい桜めぐり

福鉄に乗って桜めぐり。 まずは商工会議所前電停から足羽川の桜並木。 そして福井の異人さん,いや偉人さん。   由利公正と橋本左内 足羽神社の しだれ桜。     愛宕坂を下って再び足羽川。 福井城址へ徒歩移動。   この屋根・・・   笏谷石でできた石瓦なんだってブラタモリでやってまし…

続きを読む

三国港突堤ふたたび,そして感動の夕日と東尋坊

都会のおともだちを福井に連れてきたムスメ。 観光するといってもクルマがないと非常に不便。 東尋坊に行きたいというわけなのだがバスにしてもタクシーにしても不便だし金ももったいない。じゃあ,とえち鉄三国港から東尋坊までぼくがアッシー君(死語)となることを申し出た。 ムスメ御一行様は福鉄で田原町まで行きお昼は海鮮アトム幾久店,えち鉄とバスで永平寺に行きその後三国港までえち鉄。えち鉄も福鉄…

続きを読む

武生ディープ紀行(後編)

再び尾花新地。 先ほどはこのメインストリートを歩いただけなので,狭い路地にも入ってみることに。   圧倒される。 蛇に睨まれた蛙とまでは言わないが,昭和すぎる建物や街並みと独特の雰囲気に完全に吞まれている自分に気づく。 勇気を出して このような路地にも足を踏み入れてみる。 恐る恐る歩を進めていると 後ろで 「ギャーッ!」 …

続きを読む

武生ディープ紀行(前編)

三国の遊郭についてネットで調べていたら武生にもかつて遊郭(赤線)があり,当時の面影がなんとなく残っているとか残っていないとかそんな情報がちらほら。どの世界にもマニアってのはいるもんですなあ。 なお武生(たけふ)市は,平成の合併で福井県越前市となってしまっているのだが,いまだに武生の方がしっくりくるのは僕らの世代の特徴。 病院へいくついでにウォーキングも兼ねて久しぶりに武生のまちなかカ…

続きを読む

三国港(旧阪井港)突堤

三国港トッテイ。 トッテイはイタリアのサッカー選手・・・それはトッティな! 中田英寿とASローマでレギュラー争いをした王子。 本日は突堤のオハナシです。 「三国港(旧阪井港)突堤は別名「エッセル堤」とも呼ばれ,九頭竜川の河口右岸先端部より西方に突き出た港湾施設であり,明治11年に着工,同15年に竣工しました。堤長511m,幅約9mの石造構造物で,その平面形状により船舶の入…

続きを読む

初詣は今年も劒神社

1月2日に初詣に行ってきました。 今年はムスメが着物を着て。 東京の大学で習い事をしているのですがそのお師匠さんから着物(付け下げ)をもらったんだそうで。そしてすごく立派な帯を借りてきたんだと。僕は着物のことはさっぱりわからないのですが借りた袋帯は自分では着付けができないそう(ムスメは名古屋帯なら自分で着付けができるようになったらしい)で,正月早々に「はんなり屋」。 もちろん着物を…

続きを読む