山中温泉で宴会

仕事を早めに切り上げると僕は,着替えをとカメラを持って車を北へ走らせた。 目的地は山中温泉。 前日,富士写ヶ岳に登ったときと全く同じ国道364号線を走る。 GWの合間の平日に,ずいぶん昔に何度かブログにも登場したことのあるKとYという僕の同期入社の2人と山中温泉で大いに飲んで大いに語りあかそうという企画なのだ。 Kっていうと夏目漱石の「こころ」に登場する主人公の友人を…

続きを読む

えち鉄に乗って勝山へ行こう(その3・弁天桜)

とういことで弁天桜を。 いちおうこれが今回の小旅行のメイン。 弁天桜を観るためにわざわざ電車に乗りやってきたのです。 そんな恩着せがましい表現をするならクルマで来れば,とか言わないの。 いちおう検証しておこう。 クルマの場合,google mapによれば自宅から勝山駅までは53km。燃費を13km/L,ガソリン価格を125円/Lとすると往復で53×2÷13×125=1,020円。フ…

続きを読む

僕とムスメと桜吹雪

本日も,性懲りもなく桜について。 桜関連の記事はまだ続くのだ。 桜吹雪にハラハラすがり あなたなしでは生きてゆけぬ♪ 大学1年生の時(1989年)にカラオケボックスという画期的なシステムが登場し,空前の大ブームを巻き起こしたとき,僕がよく歌っていたアン・ルイスの「六本木心中」。 あの当時は曲が少なくてねえ・・谷村新司の「昴」や郷ひろみの「お嫁サンバ」,松山千春の「恋…

続きを読む

味真野小学校のサクラ(2017Ver.)

BOØWYの歴史ん中でこの曲絶対はずせないってやつは皆さんご存知「ON MY BEAT」で,最後に夢を見てるやつらに贈るのは「Dreamin'」なわけですが,僕にとってこの時期の絶対はずせない,夢を見てるやつらに贈る桜スポットといえば, 武生の味真野小学校のサクラでございます。 「茜さす,帰路照らされど」 会社帰りの寄り道です。 僕は大人になっても(オッサンになっても…

続きを読む

花見日和

本日は晴天なり。 絶好のお花見日和。 しかし,肝心の桜の花は, 一輪も開いていない。 優しく開く笑顔のような蕾のまま。 しかし,オッサンたちは「花より団子」。 予定通り買い出しに走り,炭火を起こす。 風はまだ冷たい。 いと寒きに,火など急ぎおこして,炭持て渡るもいとつきづきし。 オッサンたちは,「花よりホルモン…

続きを読む

蘇洞門めぐり

福井県選出の衆議院議員のうち,ひとりはパンツ泥棒疑惑,もうひとりは国会虚偽答弁疑惑,もうひとりは存在感なし。保守王国福井県民のみなさまご機嫌いかがですか。福井県をこよなく愛するpoptripとしては,福井県の宣伝になってよろしいんじゃないかなどと不謹慎なことは一切思っておりませんのであしからず。 さて,日曜日のオハナシ。 ヨメが若狭町に用事があるから,送っていってほしいと。 先日,…

続きを読む

そうだ!フクラムに乗ろう【前編】

最近,注目しているブログがある。 北陸徘徊人というブログだ。電車に乗ってあちこちへ行き,主に食堂でメシを食い風呂に入って酒を飲んで帰ってくるという小旅行が,僕にはない感性と表現で書かれているのが魅力である。 北陸徘徊人を読んでいるうちに僕も久しぶりに電車に乗ってみようと思い立った。ちょうど福井駅周辺に用事ができたのだ。いつもなら迷わずクルマで行くのだが,先日の福井新聞に福井鉄道福武線のカ…

続きを読む

期日前投票に行ってきた

はじめて期日前投票というものに行ってきた。 鯖江市の場合,鯖江市役所が期日前投票所となる。 今回の選挙から,子連れで投票することが可能になった。今までは子供を連れて投票所に入ることは原則できなかったそうなのだが,僕は子供が小さい頃は普通に一緒に投票してたんだけどなあ。 投票所では,リラックスして投票できるようBGMを流したり自然風景の映像を流したりしていたようだ…

続きを読む

雄島を歩く

LULLに行った後,時間もあったので雄島に行ってみました。 雄島(おしま)は福井県坂井市三国町安島にある島。越前海岸にある島のひとつで、同海岸中もっとも大きな島である。越前加賀海岸国定公園に含まれている。 面積は約10.2ヘクタールで、周囲2キロメートルは海食崖になっている。島全体が流紋岩でできており、近隣の東尋坊同様に柱状節理が発達しているほか、板状節理も見ることができる。スダジイ、タ…

続きを読む

諏訪湖・諏訪大社

せっかく諏訪まで来たんだからちょっこし観光もしようかね。 片倉館でのちょっぴりのお昼寝でライフはある程度まで回復しましたので。 諏訪湖畔をちょっとお散歩。 よく歩くなあ(我ながらw)。だって,歩くだけならたいていのところはタダなんですもん!(←ケチの発想) この日の歩数は33,311歩。 しかし5月28日は35,847歩もあるいてるのか・・ああ,石徹白から三ノ峰を目指し…

続きを読む