2017年05月28日

「John and Yoko」の歌詞書き起こしに挑戦する

僕はビートルズが好きです。
もちろんモノホンのマニアには全く敵いませんがそれなりのファンだと自負しています。

そんな僕もジョンとポールのソロ作品にはそれほど興味がなく,ビートルズのアルバムは全部持っている僕も(リマスターは除く)それぞれのソロ作品はコンプリートしておりません。ジョンの場合,「ジョンの魂」「イマジン」とベストアルバムしか持ってません。

越前市中央図書館で見かけたジョン・レノンとヨーコ・オノ名義の「ウエディング・アルバム」を借りてみたんですがぶっとびました。A面はジョン・レノンとヨーコ・オノが20分もの間,お互いの名前を呼び続けるだけという迷曲。最初に聞いた時は笑いが止まりませんでした(もちろん最後まで聞きとおすことはできなかった)。この曲,「トリビアの泉」でも紹介されていたようです。

で,まあちょっと暇があったもんで曲の歌詞を文字に起こしてみたいと・・だってアルバムには歌詞カードがついてないんだもん!(当たり前だ)



ようこ
じょーん

よーこ
じょん

よーこ
じょん


よーこ
じょん

よぉこう
じょーん


よぉこぉっー
じょーん


よぅこぉっーー
じょーーーん


よぅこぉぅーーーーー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん
(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

ようこおっ(優しい声)
じょーーん

よーこぉー
はぁん・・じょぉぉん(ほとんど喘ぎ声)

ようこぉ
はぁはぁ・・じょぉん(ほとんど喘ぎ声)

よぉぉこぉお・・(囁き声)
じょぉぉぉぉん・・ハァハァ

よぉこぉっ!
ハァ・・ハァ・・じょぉおぉおん

よぉおこおおっ
じょんじょんじょんじょんじょんじょん

よおこよおこよおこよおこよおこ
じょんじょんじょんじょん・・ハァハァ・・じょんじょんじょん

ようこようこ横横横横横横横横横よーこおっ!
じょぉ・・ヒィ・・グスン・・おおん

ハァハア・ようこぉ
じょぉぉぉぉぉぉんんん・・

ようこ?
じょん?

ようこぉっ?
じょん?

よおこぉぉぉぉぉっ!
じょぉーーーーん

ようこう
じょんうぅぅん・・

よーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこーーーーーーーーーー
じょーーーーーーーーーんーーーーーーーーーーー

(ちゅぱちゅぱ)よーーーっっこっおおぉぉうう・・ハァハァ
(ぴちゃぴちゃぴちゃ)うぅーん,はぁぁああんじょぉおおん

よーこようこようこよこよこよこよーーーこ,ふーん,はあはぁ
じょぉんじょぉんじょおおううん

ようこおぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じょーーーーーーーーーーーーーーーーーんじょーーーーんじょんじょんじょん

ぅよおぅこおーー
じょうんんんん

よおっこおうーー
じょううううんんんん\\

用高おぉっ!
正恩っーー



北の首領様と具志堅用高がお互いの名を呼び合いながらベッドで絡み合っているような感じになってきたところで笑い過ぎと気持ち悪さに文字起こしに白旗を上げました。

このように文字にするとジョジョの奇妙な冒険チックになってしまうわけです。
それにしても,こういうのが22分続くんです。まさに地獄。信者以外にはまさに地獄の黙示録。罰ゲームか,はたまた拷問かっつーくらいの前衛音楽(これを音楽と呼ぶことができるのならば)。
とちゅうなんか食べながらお互いの名前を呼び合ったり(お互いに愛撫しあってるようにも聞こえる),はっきりいって雑音以上のひどさであります。
これを楽しんで聞けるかどうか。これがジョン・レノンの真のファンであるかどうかを見分ける踏み絵なのであります(ウソ)。そして残念ながら僕はジョン・レノンの真のファンではないことがこの曲を聞いて判明したのでありました。

あ,文字起こしするより,実際の音源を聞いていただいた方が早いですね。
この曲を最後まで聞きとおすことのできるあなたは・・・変人です(笑)




この記事を書くために自宅でずっとこの曲をかけていたんですが家族からは苦情の嵐

「うるさいからやめてくれ」(ムスコ)
「なんでこんな気持ち悪い曲をずっとかけてるの?」(ヨメ)

ええ,マトモな感想です。よかったよ,この曲サイコーだね。なんていう家族がいなくて(笑)

こんなアルバムを発売してしまうレコード会社に問題があると僕は思いますけど,正直。そしてそれが図書館にちゃんと置かれているという悲劇。この曲以外に収められている曲もマトモじゃありません。かなりキテますので購入および鑑賞には注意が必要です。
また,ジョンとヨーコはとあるアルバムのジャケットでペアヌード(梅宮アンナと羽賀研二のさきがけw)を披露しておりまして(モザイクなし),ホントにあの2人のアタマの中は僕のような凡人には理解できる範疇を超えているのでございます。

なお,ビートルズ時代の「ホワイトアルバム」にも「Revolution No.9」という珍曲(わけのわからん音とナンバー・ナインっていう声が延々と続く地獄)が含まれておりまして,iPodでこの曲がかかると即スキップするのでございます。

芸術って難しいよね。

実は2ヶ月ほど前に,この「じょううん」「ようこう」って空耳ネタをタモリ倶楽部の空耳アワー係に応募したのだが,いまだにオンエアがないw
政治的にアレなもんでボツになったのかストレートすぎたのか安西さんの琴線に触れなかったのか。まあ,ほかに2つ3つネタがあるのでまたハガキを出してみようと思っております・・・ふふふ。


posted by poptrip at 20:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

Yellow Christmas

某よたよた氏のブログで知ったPV


Yellow Christmas(杉真理 with Pops All Stars)/1986年

これ,僕は知らなかったんですがハマショーが参加してたんですね。

s-hama.jpg

しかもドラム叩きながら歌ってるし。

もともとハマショーはドラマーでしたからね。
ハマショーがドラムをたたいている音源としては

s-yoshida.jpg
竜飛岬(よしだたくろう&かまやつひろし「シンシア」のB面

があるわけですが,映像で見れるというのはうれしい限りです。
この杉真理 with Pops All Starsには,安則まみ,南佳孝,山本潤子(Hi-Fi Set),浜田省吾,EPO,佐々木麻美子,安部恭弘,飯島真理,楠瀬誠志郎,須藤 薫らが参加しているらしいのですがハマショー以外誰が誰だかわからないという(笑)

なお,ハマショーは杉真理の作品にはほかにも

s-vacance.jpg s-sugi.jpg

「バカンスはいつも雨」でハンドクラッピング,「Key Station」では”熱いビートを失くした時 浜田省吾のダンスはどうだい”って杉真理が歌ってるのに対し,浜田省吾が”一晩中でも keep on dancing no no no no no〜”って歌っております。

ということでレコードコレクターであるpoptripさんの浜田省吾コレクションをここらでイッパツ紹介させていただこうかと。なお当記事の画像はYoutubeを除き,poptripのレコードコレクションを使用しています。



s-walkin.jpg
WALKIN' IN THE RAIN(時任三郎)

1985年10月2日発売
レコード会社:EPIC/SONY
レコード番号:07・5H-270
 WALKIN' IN THE RAIN
  作詞・作曲:浜田省吾 編曲:大谷幸
 WALKIN' IN THE RAIN
  作詞:神沢礼江 作曲:吉田建 編曲:大谷幸

s-sanada.jpg
青春の嵐(真田広之)

1981年8月1日発売
レコード会社:EPIC SONY
レコード番号:07・5H-90
 青春の嵐
  作詞:森雪之丞 作曲:森雪之丞 編曲:大谷和夫
 荒野を駆けて
  作詞:浜田省吾 作曲:浜田省吾 編曲:槌田靖識


s-wada3.jpgs-wada.jpgs-wada2.jpg
二杯目のお酒/ひとり酔い(和田アキ子)

1977年3月5日発売
レコード会社:RCA
レコード番号:RVS-1056
 二杯目のお酒
  作詞:千家和也 作曲:平尾正晃 編曲:馬飼野俊一
 夕べの鐘
  作詞:いまむられいこ 作曲:浜田省吾 編曲:小六禮次郎

1978年12月20日発売
レコード会社:RCA
レコード番号:RVS-1144
 ひとり酔い
  作詞・作曲:柳ジョージ 編曲:竜崎孝路
 愛して
  作詞・作曲:浜田省吾 編曲:井上鑑


モモエちゃんのアルバムにも何曲か楽曲提供しております。

la_blue.jpggolden_flight.jpg
L.A.ブルー/Golden Flight(山口百恵)

【L.A.ブルー】
1979年8月1日発売
レコード会社:CBS SONY
レコード番号:25AH769
 BACK TO BACK(背中あわせ)
  作詞:篠塚真由美 作曲:浜田省吾 編曲:B.Fasman
 DANCIN' IN THE RAIN
  作詞:横須賀恵  作曲:浜田省吾 編曲:B.Fasman

【Golden Flight】
1977年8月21日発売
レコード会社:CBS SONY
レコード番号:25AH250
 AIR MAIL
 愛のTWILIGHT TIME
 PORTBELLOの銀時計
  作詞:伊藤アキラ 作曲:浜田省吾
  編曲:加藤ヒロシ

s-attention_please.jpg s-younglove.jpg

1979年1月5日発売
レコード会社:NAV
レコード番号:N-36
 アテンション・プリーズ/フラワー・バス・ステーション
  作詞:喜多条忠 作曲:浜田省吾 編曲:船山紀基

1979年4月5日発売
レコード会社:NAV
レコード番号:N-40
 裸足でヤングラブ
  作詞:浜田省吾 作曲:浜田省吾 編曲:船山紀基
 星空の天使達
  作詞:喜多条忠 作曲:浜田省吾 編曲:船山紀基

s-bush_pailot.jpg s-barano_arashi.jpg

リューベンなんですが,そろそろ面倒くさくなったのでレコードの詳細は割愛。ほかにもハマショー関連のレコードはいくつか持っているのですが,今回はこの辺で。ハマショー本人のレコードを紹介しないのかって?
ええ,またそれも機会があれば・・・

最後に,浜田省吾のクリスマスソングを。





posted by poptrip at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

浜田省吾 ON THE ROAD 2016 神戸2日目【後編】

前回の続きでーす。

s-1476507050975.jpg s-1476507064253.jpg
ツアトラ

ペイントされているのは1台だけみたいですね。ライブ中のMCで昔はトラックは1台だったんだけど今は15台とか16台26台(10/26ご指摘がありましたので訂正します)とか言ってたような気がします。

【10/26追記】
思い出したので追記を。
関西だからか笑いをとろうと頑張ってたような気がします。
「この話はオチはないからね。」とか。
「神戸に来るのはえっと昨日ぶりです。ここ笑うとこだからね。」みたいな。
(追記ここまで)

今回の記事もネタバレがありますのでご注意ください。


続きを読む
posted by poptrip at 23:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

浜田省吾 ON THE ROAD 2016 神戸2日目【前編】

10月14日(金)に,神戸ワールド記念ホールで行われた浜田省吾のコンサート「SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2016 "Journey of a Songwriter" since1976」にムスコとヨメの3人で行ってきました。この日,僕は体調が優れず行こうか行くまいか迷っていたんですが,行って正解でした。ハマショーのライブはノリのイイ曲では立ち上がるのがフツーなんですが,僕はその間も半分くらいは座ったまま。従って十分楽しんだとは言い難いのですがいちおうライブレポートを。
体調不良の僕に変わって行きも帰りもクルマを運転してくれたムスコに感謝です。

s-1476513348651.jpg

エネーチケーの番組でも紹介されていましたがチケット転売防止のためハマショーのコンサートは当日,入場ゲートを通るにまで座席が分かりません。ON THE ROAD 2011から取り入れられた手法です。前回のON THE ROAD 2015では本人のみならず同行者まで身分証明書が必要だったのですが今回はそこまで厳しくはありませんでした。

s-screenshotshare_20161015_131933.jpg s-screenshotshare_20161015_134158.jpg

公演中はもちろん,公演前後も会場内は一切撮影禁止です。ってしつこくアナウンスされてました。前回のツアーでは開演前とかの画像をネットにアップしちゃう人が多かったんでしょうね。

ゲートで発券されたチケットはアリーナ23列目。
いい席なのかわるい席なのかよくわからないけれどスタンド席と違ってパイプいすが隙間なく配置されていてちょっと狭い感じ。アリーナでライブを見ることなんてあんまり記憶にないんだけどアリーナ席ってこんな感じが当たり前なのかな。体調不良のため座るってる時間が多かったのですが,アリーナで座っちゃうと前の人が立ってるときにはほとんど何も見えなくなっちゃうのです・・・。今回ばかりはスタンドがよかったな。

以下,セットリスト,MCを含むネタバレがありますので閲覧注意願います。



続きを読む
posted by poptrip at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

M氏と鯖江で再会【後編】

さて,ちょいとサ店で冷たいものでも飲みながらおしゃべりしようか(もう完全におばはんみたいだなw)とも思ったんだけどヤングなわれわれはカラオケに行きますよ。

リオ五輪開催が迫っているということでリオ西山へ。

s-IMG_0235.jpg

さあ,歌いますか。
M氏とサシのカラオケは過去にも何度も経験があるわけでして・・・ふたりきりでオッサン二人が密室にいるということからモーホー疑惑もちらほらと聞こえてきたのですが,僕の恋愛対象はもちろん女性ですから(M氏に関してはわからないww)。

気のおけない間柄なので,自分の歌いたい歌,ふだんは気を使ってみんなの前では歌えないような(ほとんど一般人が知らないような)選曲が可能でございます。

この日のラインナップ

【M氏】
あしながのサルヴァドール/EGO-WRAPPIN'
タイガー&ドラゴン/クレイジーケンバンド
美しく燃える森/東京スカパラダイスオーケストラ
ミ・アモーレ/中森明菜
愛を込めて花束を/Superfly
日本の人/HIS
中国女/YMO
かつて..。/EGO-WRAPPIN'
接吻〜kiss〜/ORIGINAL LOVE


解説しよう。
まあEGO-WRAPPIN'なんて歌ってたらみんな引くよね〜ていうかスナックのカラオケにちゃんとこの曲あるのかねw?ミ・アモーレは,最近「アモーレ」が流行ってるから選んだんだそうで。
そして・・問題は中国女ですよ,中国女!以前にも書いたかも知れまえんがM氏はカラオケに行くと3回に1回くらいはこの曲を歌うわけです。



動画を見ていただければわかるんですが・・ずーっと歌が始まらないんですよこの曲。お,そろそろかなって思ったらまたAメロ(演奏のみ)に戻ったり,「まだはじまれねえのかよ!」と何度もツッコミをいれてしまいたくなる曲。このLIVE動画の場合4:59あるんですけど歌が始まるのは4:07から(笑)
こんなのをカラオケで歌うんじゃねえよ!ていうかカラオケになぜこの曲があるんだよ!と。さらにツッコまずにはおれないというw

s-IMG_0227.jpg

なお,前日の記事の通り,立ち食い焼肉には躊躇した僕たちですが,立って歌う派なのです(もちろんアルコール抜きw)
僕たちのカラオケに対する真摯な姿勢により自然とナチュラルにこのようなスタイルになってしまったという(ウソ)


【poptrip】
スキップビート/KUWATA BAND
1000のバイオリン/THE BLUE HEARTS
修羅場/東京事変
Starman/David Bowie
When Doves Cry/Prince
Say Say Say/Paul McCartney & Michael Jackson
君は天然色/大滝詠一
太陽の破片/尾崎豊
丸の内サディスティック/椎名林檎


解説しよう。
途中からpoptripは追悼特集となり,最近亡くなった方の歌を歌うことにしたのでありますが・・・ジンガイの歌は矢張り難しい。しかもPrinceとかはなんか「ヒィー」とか「フゥー」とかってノリで歌っている部分まで採点に影響してしまうため・・・

s-IMG_0228.jpg

60点台という屈辱を味わってしまったのでございます・・(泣)

という感じで久しぶりのM氏との男子会は終了したのでした。

posted by poptrip at 16:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする