2017年10月19日

レンタカー屋さんでカラオケタイマンバトル

メシを食ってお見舞いに行ったあと,僕とM氏はレンタカー屋さんに向かいました。

クルマをレンタカーに乗換えて,カラオケ屋さんに行くためです。

というのはもちろんウソで,

s-DSC_0183.jpg

カラオケをするために,レンタカー屋さんに行ったのです。

なぜかジャパレンにはカラオケがあるという不思議。

何度か利用したことがあるのですが,受付は普通のレンタカー屋さんの事務所といったたたずまいで,店員さんはふつうのレンタカー屋さんの兄ちゃんっていう感じで,つなぎを着てまして(笑),およそカラオケ屋の受付とは思えない何とも言えない風情があります。

受付の時になぜか,乗ってきた車の車種とナンバーを紙に書かされます。なんでやろ。そこでM氏,自分のクルマの車種が思い出せなくなって・・ww
いやあありますよねえ,こういうこと。年を取るというのは恐ろしいのです。

さて,カラオケ・ジャパレンの最大の魅力は,持ちこみ可能でしかも安いってこと。そして隣にはおあつらえ向きに「オレボ」があるっていうね。腹が減ったら隣のオレボに買いに行けばいいんだよ。そして部屋には冷蔵庫もありまして・・・至れり尽くせりじゃないですか。

M氏は,

s-IMG_3892.jpg

どんだけ食うねん!!
2時間ほど前に昼飯食ったばっかりじゃねえか。

僕はと言えば

s-IMG_3893.jpg

2Lのペットボトルの水(108円)にキットカット(100円)のみを持ちこみ。吝嗇ぶりを遺憾なく発揮。

午後3時過ぎに,僕の歌う「スキップビート」で始まったカラオケバトルは3時間パックのあと延長延長延長を繰り返し,4時間半で終了。いやまだ歌えるんだけど・・・というM氏に対し僕は疲労困憊。
ジャパレンの場合,次にお客さんが待っていない限り時間になっても電話がかかってこないというシステムなわけで,時計を見ずに調子に乗って歌ってたらいつまでも続いてしまうという・・・

M氏は,「腹減ったんならなんか買ってくればいいじゃん」などととんでもないことを言うわけですが,いやそういう問題じゃなくて今から敦賀に帰って明日も仕事だし・・・まだSKKSでリハビリ中なんで自制。後ろ髪をひかれる思いでカラオケタイマンバトルは無事に終了したのでした。

前半はカラオケの王道を歌う僕に対して,だれも歌わないであろう曲ばかりを歌うM氏。8曲目でようやく僕の知ってる曲がかかりましたよ(aikoの「アンドロメダ」)。

アムロスの僕は「Can You Cerebrate?」などを歌ってみたんですが・・・サビしか歌えず70点台という屈辱的なスコアをたたき出し,

s-IMG_3896.jpg s-IMG_3897.jpg
LA LA LA・・・ってこんなとこどんなメロディーだったかさっぱりわかんねえんだよ

またaikoのボーイフレンドでも70点台。



aikoは難しい。

と思ったらaikoで90点台を出すというM氏に脱帽。

s-IMG_3906.jpg s-IMG_3907.jpg

でも僕も「カブトムシ」なら90点台出したことがあるんだよ(と負け惜しみ・・・)

僕の〆の曲はシミケンの「失恋レストラン」(笑)
今日性の欠片も何もない懐メロでキメたところ,M氏は悩んだ末にC-C-Bの「ないものねだりのI Want You」で〆。やられたな・・まさか最後にC-C-Bを持ってくるとは。しかも「Romanticがとまらない」じゃないところが敗北感の主要因。

ただし,この日の最高得点は僕がスピッツで出した

s-IMG_3899.jpg

94.247点!

うん,今回のタイマンカラオケバトルは引き分けということにしておこうか・・・

【poptripのセットリスト】
1.スキップ・ビート/KUWATA BAND
2.HANABI/Mr.Children
3.CAN YOU CELEBRATE?/安室奈美恵
4.イージュー★ライダー/奥田民生
5.そばかす/JUDY AND MARY
6.チェリー/スピッツ
7.ボーイフレンド/aiko
8.浪漫飛行/米米CLUB
9.痛快ウキウキ通り/小沢健二
10.M/PRINCESS PRINCESS
11.真夏の夜の夢/松任谷由実
12.シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜/Mr.Children
13.ハナミズキ/一青窈
14.イケナイコトカイ/岡村靖幸
15.ルージュの伝言/松任谷由実
16.Rock'n Rouge/松田聖子
17.時間の国のアリス/松田聖子
18.禁区/中森明菜
19.怪盗ルビイ/小泉今日子
20.うれしい予感/渡辺満里奈
21.大好きなシャツ(1990旅行作戦)/渡辺満里奈
22.スターライトパレード/SEKAI NO OWARI
23.眠れぬ夜/オフコース
24.トランジスタ・ラジオ/RCサクセション
25.失恋レストラン/清水健太郎



【M氏のセットリスト】
1.昼下がり/クレイジーケンバンド
2.7時77分/クレイジーケンバンド
3.あしながのサルヴァドール/EGO-WRAPPIN'
4.〜Midnight Dejavu〜色彩のブルー/EGO-WRAPPIN'
5.縦書きの雨 feat.中納良恵/東京スカパラダイスオーケストラ
6.LET'S GO!/ORIGINAL LOVE
7.月の裏で会いましょう/ORIGINAL LOVE
8.アンドロメダ/aiko
9.KissHug/aiko
10.白い道/aiko
11.ブルー/渡辺真知子
12.TROPIC OF CAPRICORN/松任谷由実
13.夕闇をひとり/松任谷由実
14.想い出に間にあいたくて/松任谷由実
15.Woman"Wの悲劇"より/松任谷由実
16.ビュッフェにて/松任谷由実
17.David/矢野顕子
18.十戒(1984)/中森明菜
19.ミ・アモーレ/中森明菜
20.やわらかな夜/orange pekoe
21.誰よりも/ケイコ・リー
22.WILL/中島美嘉
23.てぃーんずぶるーす/原田真二
24.Shangri-La/電気グルーヴ
25.ないものねだりのI Want You/C-C-B


これだけ歌いまくって1,400円(ひとりあたり700円)・・・しかも食い物はモチコミだからずいぶんと安く仕上がり,ふたりとも満足。コートダジュールとかだとドリンク料金とフード料金でどうしても高くついちゃうんだよね。

次回のカラオケ大会もたぶんジャパレンで開催されることになるでしょう・・



posted by poptrip at 20:00 | Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

西洋食堂木乃花からの・・・ with M 【後編】

とりあえず2時間で入店。
延長延長で・・・4時間歌い続けた俺たちのロカビリーナイト。

だってさ,カラオケ行きたくてうずうずしてたんだから。

s-IMG_1936.jpg
敦賀店の写真は撮り忘れたので武生店の写真を

もちろん歌う曲も事前にある程度決めてきています。ただ記憶力に自信がない紛れもないアラフィフの僕はスマホにメモってきており・・

s-Screenshot_20170908-064026.jpg

M氏も携帯のメモ帳を見ながら曲をいれている(笑)

さて,この日はランバトという採点システムで採点してみました。採点にもいろいろあってよくわからないんですけど,どうもオンラインで全国で何位とかってのがわかるシステムのようです。人気のある曲はたくさんの人が歌っているし,人気のない曲は歌う人がほとんどいないわけで・・・どのアーティストに印税がたくさん入っているのかわかってしまう残酷なアレなんです。

例えば,大人気のミスチルの「HANABI」。

今月すでに

s-IMG_1435.jpg

400人以上が歌ってるという。
それよりさあ,この曲ずいぶんと練習したんだけど87点で164位という結果に僕はショックを受けたわけで・・・鯖江と敦賀を往復するクルマの中でほとんどこの曲を歌いっぱなしだったんだぜ・・・orz

なお,この日僕が最高得点をたたき出したのは

s-IMG_1437.jpg

ブルーハーツの「1000のバイオリン」
大好きな曲です。



92点程度では1位をとれないわけですが,M氏が全国1位という快挙をなしとげたのです。

s-IMG_1436_1.jpg

でもちょっと待ってほしい。

引きの画像を見てみると

s-IMG_1436.jpg

1位/1人中(笑)

そんな誰も歌わないような歌,歌うんじゃねえよ。とツッコミたくもなるわけですが彼は三国のスナックではこういうマニアックな歌が歌えない(みんな知らないから盛り上がらないため)とストレスを抱えており,気の置けない僕とのカラオケでしかこういう誰も歌わない曲をここぞとばかりにカラオケで歌うわけでして,ほとんどの曲が全国で1人か2人しか歌っていない曲でして・・・

s-IMG_1447.jpg

やっぱ1位/7人とかってのが気持ちいいっすよ。へへへ。

しかし,僕が歌った曲でも何曲かは全国でオレしか歌ってない曲があり・・・

s-IMG_1461.jpg

そうだよな・・ミカバンドなんて誰も歌わないんだよな。クスン。

なお,今回もM氏は恒例の「中国女」歌いやがりましたよ。
3分30秒くらいからほんの少しだけ歌が入るというカラオケに向かない曲ベスト3に入るだろうYMOのアレ。まあ僕もこれに対抗して普段は歌えない間奏や前奏の長い「My Sharona」や「君という花」などを歌って仕返ししてやりましたけどね(仕返しって・・・w)

ということで来月もタイマンカラオケ開催予定です。

以下,セットリスト

【M氏】
夢を見る人/ORIGINAL LOVE
美しく燃える森/東京スカパラダイスオーケストラ
長く短い祭り/椎名林檎
STAY TUNE/Suchmos


過去に何度か紹介してるikzoがSTAY TUNEにもスンクロしてた

冷たい嘘/aiko
あしながのサルヴァドール/EGO-WRAPPIN'
今夜はブギー・バック/TOKYO No.1 SOUL
YMM/Suchmos
LET'S go/ORIGINAL LOVE
くちびる/aiko
シャドー・ボクサー/原田真二
SUN/星野源
探偵物語/薬師丸ひろ子
海と少年/大貫妙子
BALLET/YMO
中国女/YMO
You'd Be So Nice To Come Home To /勝手にしやがれ+中島美嘉
SPIRAL SQUALL/keyco
ルパン三世・愛のテーマ/EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSiP OF JAXX
タイム・トラベル/原田真二
接吻〜kiss〜/ORIGINAL LOVE



【poptrip】
めくれたオレンジ/東京スカパラダイスオーケストラ
真夜中は純潔/椎名林檎
花火/aiko
HANABI/Mr.Children
1000のバイオリン/THE BLUEHEARTS
カブトムシ/aiko
Flavor of Life -Ballad Version-/宇多田ヒカル
青春アミーゴ/修二と彰
愛のために/奥田民生
前前前世(movie ver.)/RADWIMPS
家路/浜田省吾
"16"/BOφWY
Just The Way You Are/Billy Joel
Here There And Everywhere/The Beatles
Boys & Girls/サディスティック・ミカバンド
My Sharona/The Knack
鉄の月/THE BLANKEY JET CITY
彼女はデリケート/佐野元春
君という花/ASIAN KUNG-FU GENERATION
シーソーゲーム/Mr.Children



s-IMG_1937.jpg

しかし,2枚も割引券をもらってしまったわけで,11月30日までに2回はコートダジュールに行かなきゃいけなくなってしまったわけで。

posted by poptrip at 21:00 | Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

歌姫

歌姫と言ったら誰でしょ?

吉田美和
Superfly
宇多田ヒカル
MISIA
椎名林檎 

久しぶりに従兄から電話がありました。
「●●ちゃんのブログ見たらレベッカのライブに行くって書いてあったから・・・WOWOWで放送された2015年の横アリのライブ映像持ってるから貸してあげるよ」って。

ええ,ありがたく拝見させていただきましたよ。
NOKKOのボーカルは80年代と比べたらさすがに劣化したと言わざるを得ない。高音部などは結構アレなんですけど,2009年のFNS歌謡祭で見たNOKKOと比べたらずいぶんとよくなったと思います。

大学に入学して初めてローンで購入したのが三菱電機のビデオデッキ。そのビデオデッキとパソコンTVSHARP X1turboのモニターで繰り返してみた1本がレベッカのライブビデオ。ぶっとびました。「真夏の雨」の圧倒的な歌唱力と声量。しびれました。

歌姫と言えば,僕にとってはNOKKOとカレン・カーペンターなのです。


当時見ていたビデオまるごとがYoutubeにアップされておりまして(感動)

そしてソロになってからの「人魚」。当時FNS歌謡祭みたいなやつで見たんだけどこれもぶっ飛びました。すげえな。日本の女性ボーカリストでは最高レベルの人だった(当時のハナシね)。

このころのNOKKOが僕のスタンダードとなっちゃてるのですが,これと比べちゃダメっすよねさすがに。

ライブでは「人魚」もやってくれないかなあ。でもやらなんだろうなあ。REBECCAの曲じゃないもんね。椎名林檎なんかは東京事変でもソロの曲やっちゃってるんですが・・・逆にヒムロックや布袋はソロになってからもライブでBOφWYの曲やってるしポールだってライブの半分くらいはビートルズの曲だし,客が喜ぶのならアリだと思うんですが。

さて,NOKKO(REBECCA)にまつわる当時の噂話や逸話などを。

・NOKKOはヤマダ電機の社長のムスメ(←本名は山田らしいが事実ではない)
・RED WARRIORS(ダイヤモンド☆ユカイがボーカルのバンド)のギタリスト・シャケと結婚していた。シャケは初期REBECCAのリーダー。
・「MOON」で「せんぱーい」っていう謎の声が聞こえる。NOKKOがボコって殺しちゃった人の声(←事実ではない)
・「HEY×3」でののっこ(今はNOKKOに戻ったのかな)の松本との絡みは痛々しかった(笑)
・ブレイク直前に福井高専の学園祭に来たのだが行っとけばよかったなあ・・・

s-IMG_1045.jpg

とうことでイントロダクションに記事のほとんどを費やしてしまうという悪癖は相変わらずですが8月19日(土),名古屋へレベッカのライブに行ってきました。

s-IMG_0991.jpg s-IMG_0993.jpg


以下,ネタバレあり。

閲覧注意。

続きを読む
posted by poptrip at 13:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

「John and Yoko」の歌詞書き起こしに挑戦する

僕はビートルズが好きです。
もちろんモノホンのマニアには全く敵いませんがそれなりのファンだと自負しています。

そんな僕もジョンとポールのソロ作品にはそれほど興味がなく,ビートルズのアルバムは全部持っている僕も(リマスターは除く)それぞれのソロ作品はコンプリートしておりません。ジョンの場合,「ジョンの魂」「イマジン」とベストアルバムしか持ってません。

越前市中央図書館で見かけたジョン・レノンとヨーコ・オノ名義の「ウエディング・アルバム」を借りてみたんですがぶっとびました。A面はジョン・レノンとヨーコ・オノが20分もの間,お互いの名前を呼び続けるだけという迷曲。最初に聞いた時は笑いが止まりませんでした(もちろん最後まで聞きとおすことはできなかった)。この曲,「トリビアの泉」でも紹介されていたようです。

で,まあちょっと暇があったもんで曲の歌詞を文字に起こしてみたいと・・だってアルバムには歌詞カードがついてないんだもん!(当たり前だ)



ようこ
じょーん

よーこ
じょん

よーこ
じょん


よーこ
じょん

よぉこう
じょーん


よぉこぉっー
じょーん


よぅこぉっーー
じょーーーん


よぅこぉぅーーーーー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん
(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

ようこおっ(優しい声)
じょーーん

よーこぉー
はぁん・・じょぉぉん(ほとんど喘ぎ声)

ようこぉ
はぁはぁ・・じょぉん(ほとんど喘ぎ声)

よぉぉこぉお・・(囁き声)
じょぉぉぉぉん・・ハァハァ

よぉこぉっ!
ハァ・・ハァ・・じょぉおぉおん

よぉおこおおっ
じょんじょんじょんじょんじょんじょん

よおこよおこよおこよおこよおこ
じょんじょんじょんじょん・・ハァハァ・・じょんじょんじょん

ようこようこ横横横横横横横横横よーこおっ!
じょぉ・・ヒィ・・グスン・・おおん

ハァハア・ようこぉ
じょぉぉぉぉぉぉんんん・・

ようこ?
じょん?

ようこぉっ?
じょん?

よおこぉぉぉぉぉっ!
じょぉーーーーん

ようこう
じょんうぅぅん・・

よーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこーーーーーーーーーー
じょーーーーーーーーーんーーーーーーーーーーー

(ちゅぱちゅぱ)よーーーっっこっおおぉぉうう・・ハァハァ
(ぴちゃぴちゃぴちゃ)うぅーん,はぁぁああんじょぉおおん

よーこようこようこよこよこよこよーーーこ,ふーん,はあはぁ
じょぉんじょぉんじょおおううん

ようこおぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じょーーーーーーーーーーーーーーーーーんじょーーーーんじょんじょんじょん

ぅよおぅこおーー
じょうんんんん

よおっこおうーー
じょううううんんんん\\

用高おぉっ!
正恩っーー



北の首領様と具志堅用高がお互いの名を呼び合いながらベッドで絡み合っているような感じになってきたところで笑い過ぎと気持ち悪さに文字起こしに白旗を上げました。

このように文字にするとジョジョの奇妙な冒険チックになってしまうわけです。
それにしても,こういうのが22分続くんです。まさに地獄。信者以外にはまさに地獄の黙示録。罰ゲームか,はたまた拷問かっつーくらいの前衛音楽(これを音楽と呼ぶことができるのならば)。
とちゅうなんか食べながらお互いの名前を呼び合ったり(お互いに愛撫しあってるようにも聞こえる),はっきりいって雑音以上のひどさであります。
これを楽しんで聞けるかどうか。これがジョン・レノンの真のファンであるかどうかを見分ける踏み絵なのであります(ウソ)。そして残念ながら僕はジョン・レノンの真のファンではないことがこの曲を聞いて判明したのでありました。

あ,文字起こしするより,実際の音源を聞いていただいた方が早いですね。
この曲を最後まで聞きとおすことのできるあなたは・・・変人です(笑)




この記事を書くために自宅でずっとこの曲をかけていたんですが家族からは苦情の嵐

「うるさいからやめてくれ」(ムスコ)
「なんでこんな気持ち悪い曲をずっとかけてるの?」(ヨメ)

ええ,マトモな感想です。よかったよ,この曲サイコーだね。なんていう家族がいなくて(笑)

こんなアルバムを発売してしまうレコード会社に問題があると僕は思いますけど,正直。そしてそれが図書館にちゃんと置かれているという悲劇。この曲以外に収められている曲もマトモじゃありません。かなりキテますので購入および鑑賞には注意が必要です。
また,ジョンとヨーコはとあるアルバムのジャケットでペアヌード(梅宮アンナと羽賀研二のさきがけw)を披露しておりまして(モザイクなし),ホントにあの2人のアタマの中は僕のような凡人には理解できる範疇を超えているのでございます。

なお,ビートルズ時代の「ホワイトアルバム」にも「Revolution No.9」という珍曲(わけのわからん音とナンバー・ナインっていう声が延々と続く地獄)が含まれておりまして,iPodでこの曲がかかると即スキップするのでございます。

芸術って難しいよね。

実は2ヶ月ほど前に,この「じょううん」「ようこう」って空耳ネタをタモリ倶楽部の空耳アワー係に応募したのだが,いまだにオンエアがないw
政治的にアレなもんでボツになったのかストレートすぎたのか安西さんの琴線に触れなかったのか。まあ,ほかに2つ3つネタがあるのでまたハガキを出してみようと思っております・・・ふふふ。


posted by poptrip at 20:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

Yellow Christmas

某よたよた氏のブログで知ったPV


Yellow Christmas(杉真理 with Pops All Stars)/1986年

これ,僕は知らなかったんですがハマショーが参加してたんですね。

s-hama.jpg

しかもドラム叩きながら歌ってるし。

もともとハマショーはドラマーでしたからね。
ハマショーがドラムをたたいている音源としては

s-yoshida.jpg
竜飛岬(よしだたくろう&かまやつひろし「シンシア」のB面

があるわけですが,映像で見れるというのはうれしい限りです。
この杉真理 with Pops All Starsには,安則まみ,南佳孝,山本潤子(Hi-Fi Set),浜田省吾,EPO,佐々木麻美子,安部恭弘,飯島真理,楠瀬誠志郎,須藤 薫らが参加しているらしいのですがハマショー以外誰が誰だかわからないという(笑)

なお,ハマショーは杉真理の作品にはほかにも

s-vacance.jpg s-sugi.jpg

「バカンスはいつも雨」でハンドクラッピング,「Key Station」では”熱いビートを失くした時 浜田省吾のダンスはどうだい”って杉真理が歌ってるのに対し,浜田省吾が”一晩中でも keep on dancing no no no no no〜”って歌っております。

ということでレコードコレクターであるpoptripさんの浜田省吾コレクションをここらでイッパツ紹介させていただこうかと。なお当記事の画像はYoutubeを除き,poptripのレコードコレクションを使用しています。



s-walkin.jpg
WALKIN' IN THE RAIN(時任三郎)

1985年10月2日発売
レコード会社:EPIC/SONY
レコード番号:07・5H-270
 WALKIN' IN THE RAIN
  作詞・作曲:浜田省吾 編曲:大谷幸
 WALKIN' IN THE RAIN
  作詞:神沢礼江 作曲:吉田建 編曲:大谷幸

s-sanada.jpg
青春の嵐(真田広之)

1981年8月1日発売
レコード会社:EPIC SONY
レコード番号:07・5H-90
 青春の嵐
  作詞:森雪之丞 作曲:森雪之丞 編曲:大谷和夫
 荒野を駆けて
  作詞:浜田省吾 作曲:浜田省吾 編曲:槌田靖識


s-wada3.jpgs-wada.jpgs-wada2.jpg
二杯目のお酒/ひとり酔い(和田アキ子)

1977年3月5日発売
レコード会社:RCA
レコード番号:RVS-1056
 二杯目のお酒
  作詞:千家和也 作曲:平尾正晃 編曲:馬飼野俊一
 夕べの鐘
  作詞:いまむられいこ 作曲:浜田省吾 編曲:小六禮次郎

1978年12月20日発売
レコード会社:RCA
レコード番号:RVS-1144
 ひとり酔い
  作詞・作曲:柳ジョージ 編曲:竜崎孝路
 愛して
  作詞・作曲:浜田省吾 編曲:井上鑑


モモエちゃんのアルバムにも何曲か楽曲提供しております。

la_blue.jpggolden_flight.jpg
L.A.ブルー/Golden Flight(山口百恵)

【L.A.ブルー】
1979年8月1日発売
レコード会社:CBS SONY
レコード番号:25AH769
 BACK TO BACK(背中あわせ)
  作詞:篠塚真由美 作曲:浜田省吾 編曲:B.Fasman
 DANCIN' IN THE RAIN
  作詞:横須賀恵  作曲:浜田省吾 編曲:B.Fasman

【Golden Flight】
1977年8月21日発売
レコード会社:CBS SONY
レコード番号:25AH250
 AIR MAIL
 愛のTWILIGHT TIME
 PORTBELLOの銀時計
  作詞:伊藤アキラ 作曲:浜田省吾
  編曲:加藤ヒロシ

s-attention_please.jpg s-younglove.jpg

1979年1月5日発売
レコード会社:NAV
レコード番号:N-36
 アテンション・プリーズ/フラワー・バス・ステーション
  作詞:喜多条忠 作曲:浜田省吾 編曲:船山紀基

1979年4月5日発売
レコード会社:NAV
レコード番号:N-40
 裸足でヤングラブ
  作詞:浜田省吾 作曲:浜田省吾 編曲:船山紀基
 星空の天使達
  作詞:喜多条忠 作曲:浜田省吾 編曲:船山紀基

s-bush_pailot.jpg s-barano_arashi.jpg

リューベンなんですが,そろそろ面倒くさくなったのでレコードの詳細は割愛。ほかにもハマショー関連のレコードはいくつか持っているのですが,今回はこの辺で。ハマショー本人のレコードを紹介しないのかって?
ええ,またそれも機会があれば・・・

最後に,浜田省吾のクリスマスソングを。





posted by poptrip at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする