2019年01月18日

レグザで録画したデータをREC BOXを使ってダビングしてみよう。【前編】

僕は自宅でも単身赴任先の寮でもテレビは東芝のレグザを使用しています。
録画はUSBで接続したHDDに。問題は,このHDDの保存された録画データは別のテレビにつないでも見ることができないってこと。同じレグザでもダメなんだって。なんでこんな訳の分からない仕組みになっているのか僕は合点がいかないのだけれど,そういうもんなんだと電気屋さんの兄ちゃんも言っていたのでどうしようもないことなのだろう。僕はDVDのファイナライズとかDVD videoとかVRとか互換性がどうこうとかあのわけのわからないシステムくらいからAV機器には全くついていけてないのです。

s-IMG_1692.jpg

何が問題かって言うとテレビが壊れたらHDDに録画されたデータはただのゴミになってしまうわけですよ。マジか。このことに気づいたのはずいぶん前のことなんだけどまあ消えたら消えただなと思っていたわけ。

ところがどっこい(←古いな),寮のHDDに入っている番組をムスメが見たいといいだしたわけ。あ,ムスメが見たい番組ってのは鉄オタ選手権ではないですよ(笑)

困ったことに寮のテレビにUSB接続されたHDDの録画データをDVDにダビングする手立てがない。自宅にはレグザのブルーレイレコーダーがあるため,自宅のHDDにある録画データはレグザリンクというものを使ってダビングできるのだが,僕の寮にあるブルーレイレコーダはシャープ製。

ムスメを寮に連れてくると言うのは非現実的。
寮のテレビとHDDを自宅に持って帰るのもアホらしい。いくらムスメのためだと言ってもそこまではやれないww

たぶん何か楽な手はあるんだろうけど・・・うーん。なんだか面倒くさそう。電気屋さんに行って最新の家電やパソコンやAV機器を見るのが大好きだったのは20代後半まで。家電芸人だって別にもう楽しめないんだよ。そう・・・これが紛れもない老化というもの。老いには勝てない。

さて,現状を整理すると

@自宅のテレビ:東芝 REGZA Z1(2010年発売)
A寮のテレビ :東芝 REGZA RE1(2010年発売)
B自宅のブルーレイレコーダ:東芝 DBR-Z150(2011年発売)
C寮のブルーレイレコーダ:SHARP BD-S560(2014年発売)

bds560.jpg dbrz150.jpg

@に接続したHDDで録画したものはAでは視聴不可(逆も真)。
@とBは同じメーカなのでダビングが可能
AとCはメーカが異なるためダビング不可能

という問題が発生しているのです。

ムスメのためにネットでいろいろと調べてみたところ・・・I-O DATA製のREC BOXというものが見つかりました。
これを使えばレグザ同士,あるいは異なるメーカの機器同士のダビングが可能となるのです!(知らんかったわ〜)

しかし,さらなる問題が。

僕の持っている機器がひとむかし前のモデルであり最新のRECBOXは僕の持っている旧機種には対応していないのです。デジタル機器ってほんとに面倒くさいわ。アナログのビデオデッキなら互換性なんて全く問題にならなかったんだけど(ベータは論外ね)。

ということでひとつ前のモデルであるRECBOX HVL-AT1.0S(2015/10/7生産終了)をAmazonで購入。
Amazonでは残り1点のみでした。グッドタイミング!!
このタイミングでダビングを試みようとした僕に自画自賛。

12dh9400001n5fpt.jpg

HUBとLANケーブル2本をAmazonで購入し寮の中にちょっとしたネットワークを構築。

s-IMG_1643.jpg s-IMG_1690.jpg

やりました!
ついにホームネットワーク(インターネットには接続していない)が完成したのです!

テレビとレコーダとRECBOXのトリセツを何度も何度も読み。
西野カナよりもトリセツを何度も使ったんじゃねえかって言うくらいww

ということでブルーレイディスクをAmazonで購入。



実は生のブルーレイディスクを購入するのは初めて。
よくわからないのでとりあえず繰り返しカキコミ可能のBD-REを。

残った問題は・・・コンセントが足りないということ(笑)
以前いた七尾の寮でも同じ問題が発生していたんだが,懲りない奴です。
テレビ,ビデオデッキ,ブルーレイレコーダ,ノートPC,RECBOX,テレビ用外付けHDD,PC用外付けHDD,HUB・・・

ま,最近の電化製品は消費電力が小さいからタコ足でも大丈夫やろ(笑)
コードは全く発熱してないからオッケーす。

そうそう,ギモンに思っている方もいらっしゃるかと思うのでいちおう説明しておきます。
なぜ,寮のレコーダはレグザブルーレイじゃなくSHARP製なのかってこと。ええ,たまたま買いに行った電気屋さんで一番やすかったレコーダがこれだったからです(笑)
あはは・・・はは・・・クスン。
まあ,マジメなハナシをすると以前使っていた東芝のHDD/DVD/ビデオレコーダーが僅か数年でHDDのデータがすべて消えてしまうという噴飯ものの悲劇を味わっているため東芝製のレコーダはあまり信用していないというのもあるのです。あのHDDにはヒムロックが出たHEY!HEY!HEY!などの貴重な映像がたくさん入ってたんですよ。あの恨みは今でも忘れていないのです。マジで。

さて,無事にレグザからRECBOXへのダビングは成功したのか。さらにレグザからSHARPのレコーダへのダビングは成功したのか。ながくなったので・・・



(つづく)


posted by poptrip at 21:00 | Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

クルマのオイルとバッテリーを交換する

いや〜,昨日と今日の錦織くんにはシビれましたね(テニスに興味のない人にはワケワカメだと思いますが)。ホント強かった。錦織らしくない勝ち方で(笑)

---

突然,自宅の固定電話にクルマのディーラーから電話がかかってきました。僕はクルマは友人のクルマやさんから買っているのでディーラーさんとはリコールのときに1度行っただけのお付き合い。何度か点検や車検の案内はがきが来ましたがもちろん無視を決め込んでおりました。

電話のお姉さんは「ただいまキャンペーン中で,オイル交換と点検を1,000円で実施しておりますがいかがですか。」と。

一般的にいうと,いわゆるジェネラリー・スピーキング,こういう勧誘というものにはろくなことがない。という経験則があるので適当に返事していたんだけどグイグイくるわけよ。この肉食系女子が電話越しに。

ほら,僕って女の子の押しに弱いじゃん(←知らんがな)。
気付いたら僕は翌日の夕方に予約を入れていました。

予約した時間どおりにディーラーへ到着。

s-IMG_0271.jpg

バッテリー交換と点検を待つ間,ドリンクがサービスされます。
僕はホットコーヒーを。

うん。
間違いなくインスタントだな。
予想はしてたけど,クルマやさんとかで出てくるコーヒーってたいていインスタントなんだよね〜。ぼく高いコーヒー豆を専門店でしょっちゅう買いに行くほどのコーヒー好きじゃあないんですけどインスタントだけはすぐ分かっちゃうからダメなんだよな。メニューにインスタントコーヒーって書いてあれば頼まないのに(←さすがにそれは無理だろう)。

図書館で借りてきた小説を読みながら待ちます。
「お待たせしました。タイヤの溝は〇〇mmですね,あとバッテリーの電圧がちょっと下がってきてますので冬になる前に交換することをおススメします。料金は1,080円です」と。
もっと部品交換とかをグイグイ押してくるのかと思ったらあっさりしてて拍子抜け。だって向こうから売り込んできたんだからもっといろんなアレとかコレをしてくるかと思ってたんだけど・・・工場と工員を遊ばせておくくらいなら1,000円でもオイル交換とかしたほうがマシっていう考え方なのかな。

ということで帰ったらすぐにAmazonで一番安い国産バッテリーをポチっとな。

ワタシ,ワイパーのゴムとバッテリーくらいなら自分で交換します。
カーステとかナビも自分でつけちゃう人もいますが,

オレメカに弱えから
オレメカに弱えから♪




オレメカなもんで。

2日後にバッテリーが届きました。

s-IMG_0651.jpg

交換は,週末の朝に。

ボンネットの中は

s-IMG_0652.jpg

恥ずかしいくらい汚いな。
できれば見たくないし見せたくないくらい。
ナットとかサビサビだし。

でも,あと2年持てばいいので。

僕のクルマ,平成17年式で走行距離は160,000km。
次の車検で15年になるのでさすがに買い替える予定。
今のクルマ,けっこう気に入ってるのでまた同じ車種にするかも(僕はクルマにはコダワリがないのです)ww
あ,もちろん中古車を買いますよ〜。


s-IMG_0653.jpg

モンキーではなくちゃんとスパナを使っていることを褒めていただきたい。
たまには褒められたいのよ僕も。
ラチェット使えよとか言わないでほしい。
僕はそんな工具は持っていないんだから。

s-IMG_0658.jpg

作業時間は15分ほど。
バッテリーはヤスサキワイホームで回収してくれるので持っていきました。
オイル交換も自分でやれないことはないんだろうけど廃油の処理がね・・・

さて,バッテリーを交換してエンジンを始動します。
ちょっぴり緊張します。オレメカだから。バッテリーの交換なんて失敗のしようがないんだけど,素人と言うのは設計者が想定しないことをするからね。

エンジンがかかり,カーナビが起動。

ふふふ。

ミニスカートとハイヒールを履いて
「わたし,失敗しないので」と言いたい気分。

s-IMG_0659.jpg

ナビは初期化されちゃったかな・・・

ナビの時刻も最初は--:--だったのがちゃんと表示されるようになったので大丈夫だろう。エリもちゃんと挨拶してくれました(笑)

ところが,駐車場でバックしようとしてバックモニターに切り替わったら・・・

s-IMG_0660.jpg

マジか〜。
以前交換したときはこんなことにならなかったと思うんだけどなあ。

あ,最初になんかよくわからんけど「はい」か「いいえ」を選ぶ画面が出てきて,つい何も考えずに「はい」を押しちゃったのがいけなかったんだな(笑)
ナビの設定とかを確認してもバックモニターの調整とかの項目はなさそうだ。弱ったな。

こういうときにこそエリちゃんがナビゲートしてくれるといいんだけど,ホントにあの女は肝心な時に出てこないんだから。プンスカ!

困った僕はもちろんネットの力をお借りします。

”トヨタの純正ナビは「情報ボタン」を押しながらスモールライトを3,4回つけると裏メニュー(メンテナンスメニュー)になるのでそこで車種の設定をすればオッケー”みたいなことがYahoo!知恵袋に書かれておりました。ありがとう,知恵袋さん。

s-IMG_0771.jpg

s-IMG_0772.jpg

これにて一件落着。

今年の冬もバッテリーの心配はしなくてよさそうです(たぶん)。

posted by poptrip at 23:00 | Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

さよならプラント1

今日は実は当ブログにとって記念日というか節目の日なんですよ。

何の日だか分かる人がいたら手を挙げてください。

ふふふ。
絶対分からないと思うんだよ。
もし分かったら怖いよ,オレ。
どんだけ僕をウォッチしてるんだってね。

今日が何の日なのかはこの記事の最後に!(最後まで読めよw)


郡山に行ったときに会ったUさんと飲んでいた時に,福島にはプラント5っていうでっかいホームセンター(スーパーセンター?)があるんですよ。というハナシになった。そう,福井県ではおなじみのお店だ。
「PLANT」では、店舗によって1〜6の数字が付いているが、これは売り場面積の大きさを表すもので、数字×1000坪が目安となる。(wikipediaによる)

プラント5っていったら相当でかいんだろうな(まあ行くことはないけど)。

で,現行店舗をwikipediaで見てみると

PLANT  :4店舗
PLANT-2 :2店舗
PLANT-3 :5店舗
PLANT-4 :1店舗
PLANT-5 :6店舗
PLANT-6 :1店舗

とある。PLANT-1というお店は存在しないのだ。
ていうかつい最近まで存在していたんだよ。僕のお膝元である鯖江に。

s-IMG_7183.jpg

ところが,僕がよく利用していたこのPLANT-1が6月に閉店してしまったのである。
ガーン。

IMG_7182.jpg
2018年6月末撮影

いまはもう建物も取り壊されて更地になってしまっている。
PLANT-1ができたのはいつだったか忘れたのだけれど,このお店のトイレもOPP対策で何度も利用させていただいた。屋外にあり,あまりきれいとは言えない和式便所なのだが,クスリのアオキなどのドラッグストアがなかったころは貴重なトイレだったのだ(僕は脳内に自分のテリトリーのトイレマップがインプットされているのだww)。

残念だけれどもこれも時代の流れ。
旧清水町にPLANT-3があるだけどあまり利用しないなあ。
ちょっと大きすぎるし(鯖江の店はこじんまりとしていてよかったんだよ),PLANT-3に行くくらいならヤマキシに行っちゃうから。

なお,この旧PLANT-1の近くにある謎のお店






マハラジャとジュリアナ東京は,

いつの間にか

ななんと

IMG_18579.jpg

バブリーダンスのお店へと微妙に進化し,現在も営業を続けている模様。

ワンレンボディコン舘ひろし。

あ,そうそう。
冒頭の問いの答えはね,

今日で365日連続でブログを更新したことになるのです。

お前は芸能人か!辻希美か!海老蔵か!
すまん。ただのOPPですw

しかしオレ,すげえな。
この日のために結構頑張ってきたんだよ,こう見えて。

明日からの更新は少しペースを落としていきたいと・・・


posted by poptrip at 18:20 | Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

スマホが壊れてしまいまして。

スマホが壊れました。
壊れたっつーか壊したっつーか。どっちかというと後者だな。

s-IMG_6591.jpg

で,auショップにもっていったら翌日に新品が届きました。僕は380円/月も支払って故障紛失サポート契約をしているのと,25ヶ月以上auと契約しているため3,000円で新品交換が可能なのです。au Walletポイントとかいうのが3,000円近く残ってたので実質ほぼゼロ円。
オレなんかさ,MNP(←懐かしい言葉だww)が導入されて速攻でsoftbankからauに乗り換えてるからもうお付き合いは12年になるんですよ。

【参考過去記事】Good Bye vadafone(or SoftBank)(2006年11月)

だったらもう3000円なんて言わずタダにしてくれないかと思うわけだが,そういうサービスはないのです。4年以上契約している人にはデータ容量を3ヶ月に1回2GBプレゼントしてくれるんだけど・・・

s-IMG_6592.jpg

さて,新品が届いたのはいいんだけど,壊れちゃった旧品はショップでいろいろやってもらっても結局電源が入らない。ということはデータを移行することができないということでして。
こんなときに,499円/月も支払っている僕のようなauスマートパスプレミアム会員(←どんだけauの売り上げに貢献してんねん!)ならデータ復旧サポートというものを受けることができるのです!!

申し込んでから数日後にスマホ送付用のレターパックが送られてきて

s-IMG_6692.jpg s-IMG_6696.jpg

壊れたスマホを入れてポストに投函。

しばらく音沙汰がなかったのですが忘れかけていた1週間ほど後にメッセージが。

s-291.jpg

そして自宅に送られてきたのは

s-IMG_7165.jpg

本人限定受取郵便物到着のお知らせ(転送不要)という初めて見る郵便物。

復旧されたデータはバリバリの個人情報のため本人受取というシステムを使っているようです。時間指定で配達してもらうこともできるのですが面倒くさいので郵便局に電話してから翌日に免許証とこのお知らせをもって郵便局へ取りに行きました。

s-IMG_7246.jpg

入っていたのはUSBメモリ。
Zipで圧縮されたデータが保存されており・・・その解凍パスワードはメッセージに書かれていたやつなわけで二重三重にセキュリティがかかっているというわけ。

で,あんまり期待してなかったんだけど・・・復旧できたデータというのはクラウドに保存していたものにちょっぴり毛が生えた程度のものでして動画は全滅でした。データお預かりサービスに保存していたから問題はなかったのですがねw

データ復旧ってのは難しいんですよね。特に物理的な故障の場合は。
以前,ムスコがUSBメモリのデータが読めなくなったのでデータ復旧サービス会社に見積依頼だけしたんだけど,復旧できませんということで戻ってきたことがありましたからね。

ああ,あともう一つ。スマホが壊れて困ったことは・・・

旧機種の電子マネーが使えなくなったこと。
旧機種に紐づけされていた1,000円弱の電子マネーを新機種に移行するにはかなり面倒くさい手続きが必要なようでして・・・これ盲点だったね。で,結局その分のEdyは今のところ移行するつもりがありません(ケチなくせに!)。だってさ,なんかauで旧機種が故障しましたっていう証明書を書いてもらって,それを楽天に送ってとかそんな面倒くさいことやってられっか!ってハナシですよ。1万円とかだったら何が何でも手続きしますけどね(笑)

ま,数千円の出費で新品が手に入ったと・・・レッツ・ポジティブ!(byベッキー)っつーことですよ。

あ,さすがに懲りた僕は,はじめてスマホケースというものを購入しましたよ。てへへ。


posted by poptrip at 21:40 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

悲劇すぎる

2月13日の悲劇。
これは我が家ではずっと語り継がれる一日となるだろう・・・備忘録として記録にとどめておく。後で読み返すといろいろツッコミどころもあるだろうが。長文です。


前日夜にようやく家の前の道路に除雪車が入り,

s-IMG_1239.jpg

やったー。神降臨!
と思っていたのだが朝起きて外を見ると僕が大人になってから初めて経験するような積雪量に唖然とする。ぬか喜びだったか。前夜に,ムスコが「大学で試験があるからどうしても送って行ってほしい」と頼まれ,朝4時半に起きて,5時に我が家の頼みの綱である軽四を出動させるが(大学からは休講の連絡は一切なし),車庫を出たところで突然,軽四が逝ってしまった。クルマを車庫に戻すだけで小一時間(数日後,クルマやさんに来てもらったら3気筒のうち1気筒が死んでしまっていてパワーが全くなくなってしまっていたのだ。雪のせいでこうなったとは思えないが故障するタイミングが最悪だった・・・)。

ムスコは大学のサイトをチェックしたり友達と連絡をとったりしているが,埒が明かないみたいで大学に対する不信感が募るばかり。高校からは早朝になって休校のメールが入る・・・

今日は一日家でのんびりしよう。ムスコと2人で除雪に精を出そう,と決意しヨメ実家と自宅のカーポートの除雪。その後,近くの道路を掘り起こし消火栓のある場所を探し当てる。さらに家の周りの除雪(この日の僕の消費カロリーは観測史上最高値の3,700kcalを記録した)。

クルマやさんにも電話。軽四はたぶん現場では直らんだろうと。代車かレンタカー手配しようかと言ってくれるが代車を持ってきてもらっても家にたどり着けるかどうかも怪しい。それにこれまでに積もった雪とカーポートから落とした雪で駐車スペースは山のようになっていて代車を置くスペースもないのだ。

この雪も午前中にはやむだろう。と思っていたが容赦なく降り続く雪が僕らを焦らせる。翌日は朝からムスメと東京へ行かなくちゃいけない。受験日は翌々日だが,段取り八部。どうしても前日入りしておきたい。調べてみたところ試験当日,朝いちばんの「しらさぎ」に乗れば計算上は試験会場に開始20分前に着くはずだが,僕も行ったことのない土地でありちょっとでも運行のトラブルがあれば試験に間にあわない可能性がある。ムスメのコンディションもイマイチだろう。
降りやまない雪とテレビから流れる「雪の峠は間もなく越えるが明日朝までに嶺北の多いところで●●cmの積雪」というあやふやな情報に,「明日ももしかしたらJRが動かないんじゃないか。」そんな思いに駆られる。ヨメの不安そうな顔がその考えに拍車をかける。
僕もずいぶんと混乱していた。ムスメの受験だけでなくムスコの試験という荷物は意外と重かったのだ。肉体的にはもちろん,精神的にも疲労していた。

今まで雪に対しては後手後手に回っていた。
たぶんだいじょうぶだろう,がすべて裏目に出ていた(福鉄はこの日10時をめどに運転再開しますとあったが結局19時半だった,高校は始業時刻を遅らせるといっていたが当日朝になって休校とメールが来た等々)・・・
自分から攻めてみるか。
今日のうちに何としてでもクルマで米原まで行こう。

県道はいちおう動いてはいるようで,北陸道も動いている。

いつやる。
今でしょ。

鯖江駅に電話して(何度か書けたが話し中でつながらず),切符の払い戻しは鯖江駅でなく米原駅でもできるのか確認。翌日のしらさぎはどうなるのか聞いてみたがもちろん「わからない」と言う(それしか言いようがないだろう)。

ネットでホテルを探し予約すると,パッキングを始める。
なお,米原のホテルはダブルしかなかったためツインがある彦根のホテルを選択。

そして出発しようとしたとき,電話が鳴った。

義父からである。
「今,北陸道の武生〜敦賀間が通行止めってテロップが出たぞ」
という悪夢のような有難いお知らせが。

出鼻をくじかれた。
弱り目に祟り目。
泣きっ面にオオスズメバチである。

心が折れそうになる。
間違いなくヒビは入ったな。
寝不足に加え,考えなくちゃならないことが多すぎて思考回路がショートしそうになる。

うーん。どうするか。
どうしようもないのでいったんベッドに横になる。

体も心も疲れているときはとりあえずどちらかを休めることだ,と誰かが言っていた。
まずは体を休めよう。

8号線は動いてるけど,先日の1,400台の立往生も北陸道の通行止めがきっかけだった。ネットを見ると今回の通行止めは事故ではなく「雪による通行止め」とある。もっと具体的に表現できないものか。

武生〜敦賀間の8号線はカーブが多く,敦賀まで行くと融雪装置のない区間もある。それに片側1車線でありトラックやトレーラーが道をふさいで通行止めになることが平時でも起こるデンジャラスな酷道である。北陸道の通行止め解除を待つほうがリスクは低い様な気がする。

いったん寝よう。
通行止めが解除されるまで数時間はかかるだろう。

果報は寝て待て。
急がば回れだ。
昔の人はホントにうまいこと言うよな。

が,気が高ぶって寝れない。
ベッドに横になり,スマホでfacebookやtwitterを見る。
母親に電話。先週病院に行けなかったから頑張って日赤までやってきたという。
自宅では気丈に振舞い,泣き言は言えないが母親には言える。
僕も少し落ち着きを取り戻す。

そうこうしているうちに北陸道の通行止め解除!との情報。
いちばん情報が早いのはやはりネットである。

善は急げ。
行くなら今でしょ(←まだこの古い流行語を使うか!)。

死んでしまった軽四はあきらめ,FF車であるミニバンにムスメを乗せスタート。
生活道路は近所の人が小型除雪機である程度除雪してくれたが,その人もボランティアで手弁当。すべての道路を除雪してくれるわけではない。車庫の前の道路は雪がこんもりと。ここさえ抜ければあとはなんとかなるのだが,予想どおりというかここでスタック。先ほどの軽四の件があるからまた故障したんじゃないかなどと疑心暗鬼にもなるし弱気になる。

ここで近所の奥さん(Hさん)がスコップを持ってかけつけてくる。「今旦那も呼んだから!何としてでも●●ちゃん(←ムスメの名前ね)には行ってもらわないと!」
義父,ムスコ,ヨメにHさん夫婦が加わりクルマを押す。まるで昔国語で習った「大きなかぶ」のような状況である。それでもクルマは動きません。おじいさんはおばあさんを呼びに行きました。ってあれね。
タイヤの下に木を敷いたが空回りしたタイヤから煙が上がりゴムの焼けた匂いが立ち込める。

動いた!
おじいさん,クララが動いた!クララが動いた!
アルプスの少女ハイジの気持ちをこのとき僕には100%理解した。

僕はHさん夫婦に御礼をいい,車に乗り込む。
ご夫婦は「頑張ってね!」とヨメたちと一緒に僕とムスメを見送ってくれた。
本当にありがたい話である。

今回の大雪で,ひとつよかったことと言えばご近所の方をより身近に感じることができたことである。雪かきをしてても「よう降るなあ。」「ほんとに!」そういった気軽なあいさつがあちこちで交わされる。僕は単身赴任をしているし,知らない土地に家を建てた。壮年会には入っているものの近所の老人たちとはそれほど付き合いはなかったのだが。
軽四が身動き取れなくなったときも近所の別の人が手伝ってくれた。今回もHさん夫婦がいなかったらもっと時間を浪費してたことは火を見るよりも明らかである。

鯖江インターまでの道路は圧雪と凹凸が酷く,まさにモホロビチッチ不連続面。神経を使い慎重に運転する。クルマは少ないが,対向車が大型車の場合その都度極力左によって停止しなくてはいけない。変な場所で停止すると動けなくなってしまう可能性があるため停止位置にも気を遣う。

後部座席からはムスメの英語の発音が聞こえる。こんな状況でもリスニングの勉強をしているようだ。
普段なら15分もかからずにたどり着ける鯖江インターまで50分近くかかった。それでもクルマが少なかった(西川知事が会社を休業するよう要請した効果があったのかどうかは不明)からこれだけの時間で来れたとも言える。

北陸道には,雪が1mmもなかった。
僕個人の悲劇は,ここでようやく終わったのだ。

除雪のための通行止めだったんだな。
じゃあそう言ってくれよ。

普通の速度で走れることが幸せ。何でもないようなことが幸せだったと思う。虎舞竜状態。
滋賀県に入ると雪は少なくなり,米原まで来るとまったくなくなった。

彦根の街で雪をクルマに纏って走っているのは僕だけだ。

s-IMG_1253.jpg s-IMG_1252.jpg
子どもたちがふつうに学校に行けるのも幸せなことだと感じる

ホテルで落ち着いてからHさん(旦那の方ね)に御礼のLINEを送ると,「東京のコンビニでプルームテックがあったら買ってきてくれない?お金はらうから。」いやいやいや。お金なんていりませんよ。あなたに受けた御恩はプルームテックで返しますよちゃんと(笑)
まあ売っていればの話だけどね。今なら(笑)なんて書けるがそのときはそれどころじゃなかった。オリンピック?勝手にやってくれ。

東京に着いてから,三重のナローゲージに乗りに行ったときに壊してしまったカメラのレンズが直ったとの連絡があった。ようやく福井の物流も回復しつつあるようだ。


本日,ムスメ1校目の受験完了。
僕もようやく体も心も完全に落ち着きを取り戻した。

s-IMG_1368.jpg
物見遊山の体で僕も試験会場まで(笑)

そして僕はムスメが頑張っている間に,ひとりで羽を伸ばした。

ムスメの動揺が小さかったこと,そして仕事のことはあまり考えずに済んだ(長期休暇をとっていたため)ことは不幸中の幸いだった(新幹線に乗ってたら会社から電話がかかってきたけどw)。雪かき中に骨折した人もいるし除雪中に亡くなられた方もいる。それに比べたら僕の悲劇なんて大したことない,悲劇ですらないとも言える。もっと悪い事態に陥る可能性だって十分あったのだ。でも対峙している真っ最中は,間違いなく悲劇だったんだよ。

僕が福井に帰るころにはほぼ外見は元通りに,平穏に見えるようになっているだろう。ただ,まだまだ解決しなければならない問題はたくさんあるし心に残った傷が消えない人もいる・・・
東京に来てすぐ(14日)に新聞を読んだが朝日,毎日,読売各紙は福井の豪雪のことなどもう忘れてしまったかのように記事は1行もなかった。日経が野菜高騰か?というような記事を載せていただけ。
東京で働いていた時の同僚たち(女性2人)とメシを食ったのだが福井がそんなに大変だったとは全然知らなかったと。なんか国道がとまったってのはニュースでやってたわね,程度。

今回の豪雪で受けたダメージに加え,福井に住んでいることがちょっぴり悲しくなった。でも,東日本大震災の被災地から比べたら・・・福島県に住む方からfacebookで励ましのメールをもらった。人と人との繋がりというものを感じた豪雪でもあった。


(了)

posted by poptrip at 22:15 | Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする