2019年03月21日

福井と言えばヨーロッパ軒だろ

東尋坊を満喫したムスメ&おともだちたち。

僕たちは夕食をとるためにヨーロッパ軒へ。
福井に遊びに来たらパ軒のソースカツ丼を味わっていただかなきゃアテンドする意味がない,といっても過言ではない。

向かったのはヨーロッパ軒幾久店。
以前来た時に,再訪はないだろうな。と書いたこのお店をチョイスした理由はただひとつ。

火曜日に営業しているヨーロッパ軒は唯一,このお店だけなのだ。
ほとんど持ち帰り専門店でフードコートの一角のような狭い店内。あんまり落ち着いて食べれる雰囲気じゃないからさ。わざわざこのお店で食べる意味はあんまりないとその時は思ったわけよ。

お客さんを連れて行くには適している店とはいいがたいのだがしょうがない。1店舗だけでも営業しているのはありがたい(ていうか全店舗を同じ定休日にしなくてもいいと思うのだが・・・経営方針というものがあるんだろうからそればっかりはどうしようもない)。

s-IMG_3795.jpg

敦賀のパ軒との違いはこのカツの厚さと,サラダ。
それに敦賀ではお茶の入った大きなヤカンが各テーブルに配置されるんだよ。
丼も陶器じゃなかったような気がするね。ソースも微妙に違ってて蓋を開けた時のむせ具合は敦賀の方が上。

どっちも僕は好きで好みは人それぞれだと思うんだけど敢えてどちらかを選ぶなら僕は敦賀のパ軒のほうかな。

s-IMG_3796.jpg

s-IMG_3797.jpg

「カツを蓋に移して食うんだよ。それが福井の多くの人の食べ方。」などとレクチャーしている姿を見て,パ軒大好きっ子が都会の人を連れてきたんだと察したのかどうかは分からないが店主らしき人が出てきていろいろと教えてくれました。

店にたくさんある新聞や雑誌の切り抜きで「支店と分店の違いはこうこうこうで・・」とか「最初は牛カツだったって知ってる?」とか。支店と分店の違いは知ってたんだけど,もともと牛カツだったってのは知らんかったわ。またマメ知識が増えパ軒マイスターへの道をまっしぐらのオレ(笑)

s-3234.jpg
店にあった家系図(たぶんURALAの切り抜きだと思うw)

ああ,勝山のグリルやまだはやっぱパ軒系だったのね。
これ,初めて見た時春江と丸岡は敦賀系だったんだ!ってびっくりした記憶があります。

備忘録として同じく店内にあったヨーロッパ軒歴史年表を転載しておきます(2013年当時の情報のため最新の情報ではない)。

1913 東京早稲田鶴巻町にてヨーロッパ軒創業
1923 関東大震災にて店舗倒壊
1924 総本店を現在地(福井市)に移転し,営業を再開
1939 敦賀分店,開業
1946 城町支店開業(現在は閉店)
1952 大宮分店開業(現在は田原町分店)
1954 松本支店開業(現在は閉店)
1962 木田分店開業
1968 幾久分店開業(現在は閉店)
1969 花月分店開業
1971 みゆき分店開業
1974 豊島分店開業
1976 中央店開業(現在は閉店)
1980 春江分店開業
1981 丸岡分店開業
1981 花堂分店開業
1983 三郎丸分店開業
1987 やしろ支店開業
1989 神明分店開業
2002 幾久店開業
2009 大和田分店開業
2013 創業100周年


敦賀分店の支店?(岡山店,中央店,駅前店,金山店)はこの年表に記載がない。
別会社だからか扱いが雑なのよ(笑)

大宮分店(現在は田原町分店)と記載されてますが,現在は大宮分店に戻っていると思われ。だって,この前大宮分店に行ってるからね,オレ。僕が未訪のパ軒は残すところみゆき分店と花月分店のみ。今年中に制覇しちゃおうか・・・あとパ軒系のサンサワも実は未訪でありそちらも虎視眈々と狙っていたりするわけ。

あ,連れてきたギャルたちの福井名物ソースカツ丼の感想はどうだったんでしょう。
美味しかったと言ってました(本心かどうかはわからないけれどw)。
もう,社交辞令も上手に使える年ごろだからね・・・

幾久店は店の前に3台ほど駐車場がありますが狭いのでご注意を。あと,トイレは一旦外に出てからまた建物の中に入るとあるようです。僕は利用しなかったけどムスメたちがトイレに行っていたので(店主の案内付きw)。

ギャルたちはガソリン代も含めてお代を払うと行ってきたんだけど・・・



いちおうオジサンはちゃんと仕事して稼いでるからさ,これくらい奢らせてくれよ。カッコつけさせてくれよ。オレだって夕陽を見たり夜の東尋坊に行けたりして楽しんだんだし。とお断り。学生なんだから,もっと有意義にお金を使いなさい!

女子大生たちは翌日,何度も何度もお礼を言い,旅立って行った。
京都に行くんだという。精一杯楽しんできておくれ。


posted by poptrip at 23:00 | Comment(7) | グルメ(パ軒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

パ軒大宮分店

ヨーロッパ軒全店制覇への道。

ちょいと前の話ですが。
田原町からラーメン屋へ向かった僕が吸い込まれてしまったのがこのお店。
パ軒大宮分店でございます。

パ軒19店舗のうち未訪の3店舗のうちの一つ。
ラーメン屋さんまでは徒歩20分ほど。歩く気マンマンだったのですが,このお店はアリ地獄のよう。
僕は吸い込まれ他に手立てがなかったのです。

s-IMG_2229.jpg

こちらのお店はオリジナルメニューがたくさんあって・・

非常にわかりにくく・・・

他の店舗におけるサラダと味噌汁のつくセットが

s-IMG_2226.jpg

1,100円。

メニューにあった「当店で最も出るオリジナル商品です」と書かれているカツ丼定食は(ヒレカツ丼3+ミニサラダ+味噌汁)でななんと1,500円。ないわ〜。

s-IMG_2227.jpg

でもパ軒はパ軒。
カツ丼はちゃんとおいしかったです。
ごちそうさまでした〜。

posted by poptrip at 19:50 | Comment(6) | グルメ(パ軒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

ヨーロッパ軒幾久店

ソースカツ丼発祥のお店と言われるヨーロッパ軒。通称「パ軒」
福井県内には(県外にはないと思うけどw),ヨーロッパ軒と名の付くお店は19ある。

なお,分店はのれん分けであり,敦賀にあるヨーロッパ軒は敦賀分店が支店を4つ持っているということで他のお店とはちょっとだけ毛色が違っている。(サンサワ,若生軒もパ軒系だが,サンサワは未訪問)

さて,その19店舗あるパ軒のうち自称パ軒マイスターである僕が行っていない店がまだ4つある(←4つもあるのにマイスターかよ!というツッコミはもちろん享受,いや甘受する)

その4つとは,幾久店,大宮分店,花月分店,みゆき分店である。

いつかは全店制覇を,と頭の片隅で思いつながらもなかなか行く機会がなく。パ軒のカツ丼食べたくなったら近くにある手ごろなお店に行っちゃうもんでね。今回,意を決して向かったのは幾久店である。このお店は支店でも分店でもなく,ただの幾久店となっている。これは唯一のヨーロッパ軒総本店の直営店だからなのである(もちろん後で調べて知っただけの知ったかぶり・・全然マイスターじゃねえなww)。

福鉄田原町駅から天下一品方面へ歩いていくと右手に見えてきた。

s-IMG_8492.jpg

店内に入って

僕は

度肝を抜かれた。

商店街のたこ焼き屋さんのような・・・

ファストフード感に。

カウンターが数席と,4人掛けテーブルがひとつだけの狭い店内。

マジか・・・

席について注文を取りに来るのを待てばいいのかレジで注文すればいいのかもよくわからないので店内で食べたいのですがと声をかけるとどうぞと言われ,ソースカツ丼セットをお願いしますと言って僕は空いていたテーブルに座った。普通のお店と同様,席に着いたら注文をとりにきてくれるのかもしれないが正しい方法がわからなかった(笑)

s-IMG_8493.jpg
これがパ軒幾久店の全貌

もうお分かりだろうが,このお店は出前やテイクアウトを主とした店舗だったのだ。
知らんかったわ〜。こんな形態のパ軒があるとは・・・パ軒の世界はまだまだ広い。
僕はまさしく井の中の蛙だった。

s-IMG_8494.jpg

ほどなくして運ばれてきたカツ丼セット(1,080円)。

蓋を開けて再び僕は唖然とする。

s-IMG_8495.jpg
カメラの設定がおかしくて画像の色合いや明暗がおかしいのは申し訳ない

カ,カ,カ,カカケフさん。
カ,カ,カ,カカツ小さい。

カツが小さいんですよ。

今まで100食以上食べてきたパ軒のソースカツ丼のカツはこの1.5倍くらいはあったはずだ(帰宅してからブログの過去記事を見たがやはり僕の記憶に間違いはなかった)。

全店舗でコストカットの波が起こり,最近になってカツの小型化が始まったのかもしれない。あるいはこのお店だけカツが小さいのか。たまたまなのか。ちょっぴり悲しいカツ丼,「哀愁のソースカツ丼」だった。

他店でも検証する必要があるな。

まあ,8番らーめんでも店舗によって野菜の量が微妙に違ったりするから・・・誤差範囲。にしてはちょっとアレだよな。

s-IMG_8496.jpg

なお,この幾久店のみ定休日が水曜日となっているため他の店舗の定休日である火曜日にどうしてもパ軒のカツ丼が食べたくなったら幾久店に駆け込むのもよかろう。

でも,再訪はないな。
火曜日にソースカツ丼が食べたくなってもここまでは来ねえし。

今年中には残りの3店も行ってみようかというのが47歳の密かな野望。


posted by poptrip at 21:15 | Comment(4) | グルメ(パ軒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

敦賀を去る前に。

ええと,M氏が転勤することになったことは書いたのですが実はその後に僕も転勤することが判明しまして(もうすでに転勤しているのだがw)。
同じ福井県の三国(みくに)というところです。三国志やaikoの名曲三国駅とは全く無関係です。

転勤に伴って,もれなくついてくるのは引越という厄介な作業。
ま,この機会にいろんなものを捨てることができたり行方不明になっていたものが見つかったりするわけで引越にもメリットはあるんですけどね。

s-397.jpg s-398.jpg
ワンダーコアの存在感半端ないって(笑)

これ↑,自分で梱包もできないんだよな。
いちおう捨てずに持っていくことにしました。

これまでの引越履歴。

福井県福井市(生まれ)→福井県鯖江市→愛知県名古屋市→富山県富山市→富山県新湊市(現射水市)→東京都新宿区→福井県敦賀市→石川県七尾市→福井県坂井市三国→石川県七尾市→福井県敦賀市→福井県坂井市三国→福井県敦賀市→福井県坂井市三国(いまここ)

なかなかの遍歴だと思いませんか。

さて,

僕が敦賀を去る前に食べておきたかったものが二つあります。

ひとつは言わずとしれた敦賀ヨーロッパ軒のソースカツ丼。
嶺北にもパ軒はあるじゃないか,と思われるかもしれないけれど敦賀ヨーロッパ軒のソースカツ丼と嶺北の総本店系のお店とはいろいろと違いがあるわけでして。

そしてもうひとつは敦賀の屋台ラーメン。
できれば「池田屋ごんちゃん」か「赤天」が望ましい。
最近,ごんちゃんをあんまり見かけない気がするんだけど・・・

で,

僕の送別会の二次会で

s-279.jpg

久しぶりにスナックへ行ったのち

これまた久しぶりの屋台ラーメンという自然な流れができあがり。

川が海に流れるかのような。

s-274.jpg s-277.jpg

これこれ!
俺が食べたかったのはこれよ。

s-276.jpg s-275.jpg

おいしいっす。
最後に赤天のラーメンが食べれて満足。
でもね,なんか僕の舌が薄味に慣れてしまったせいかちょっぴりくどく感じました。

そして引越準備にいそがしい引越前日。

パ軒に行ってまいりました。

s-IMG_7151.jpg s-IMG_7150.jpg

ミックス丼を。

なぜふつうのソースカツ丼じゃないのかって?

だってさ,お昼は会社の社食がソースカツ丼だったのよ(笑)
そばにしておけばよかったのだけれど,ホンマあほやなあ。オレ。

s-IMG_7144.jpg s-IMG_7145.jpg

そしてミックスカツ丼がやってきて蓋をあけてからもうひとつ間違いに気づく。
そうだ。敦賀ヨーロッパ軒のミックス丼には海老カツが含まれておらず,カツ,メンチカツ,チキンカツだということに。

s-IMG_7147.jpg

まあいいさ。

s-IMG_7149.jpg

敦賀なんて来ようと思えばすぐまた来れるんだから。
わざわざカツ丼を食べるため敦賀に行くことはないと思うけどね(笑)

グッバイ敦賀。
ハロー三国。


posted by poptrip at 20:15 | Comment(4) | グルメ(パ軒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

ヨーロッパ軒豊島分店

ヨーロッパ軒のソースカツ丼に飢えていた。どうしようもなく。

s-IMG_5665.jpg

実は,先日職場で昼食に出前を取ろうというハナシになったのだが,まず僕はココイチを提案。賛同者が多数いたのだが,ひとりの男がその前に立ちはだかった。ココイチだけは勘弁してくれい。ともう消えてしまったお笑い芸人のようなことを言うわけだ。
その男のヨメさんはココイチでバイトしていて,家でヨメさんが持って帰ってくるココイチのカレーをしょっちゅう食べているのだと言う。いやココイチは週2で食ったって週3で食ったってかまわないじゃないか,と僕は粘ったのだが彼の意思は固く,牙城を崩すことはできなかった。

じゃあパ軒にしようぜ。
と,更に僕が提案すると今度は全く違う視点から異論が出た。

「ヨーロッパ軒で出前取ると,器を洗って帰さなきゃいけないじゃないですか。」

ななんと。

このランチ会を仕切っている若手社員からこのような意見が出てしまったのだ。
お,おう。そそそそうだな。洗うの面倒だもんな・・・
ということで無難にお寿司の出前で決着したのだが,

僕は悶々としていた。

47年間生きてきた僕が今まで考えたこともなかった新たなギモンが生まれたからだ。
出前の器って一般的に洗って帰すものなのか?ということだ。だいたい僕は自宅に出前を頼んだことなんて1度か2度くらいしかないから出前については全くの素人なのだ。寿司の出前取ったとき,桶はそのまま重ねて洗わずに返していたような・・・検索するといろんな意見があってびっくり。さっと水で流すくらいが一番スマートなようですね(パ軒の場合はソースがアレだからけっこうキチンと洗わないとダメっぽいな)

さて,そんなこんなで機会に恵まれヨーロッパ軒に行ってまいりました。
敦賀ヨーロッパ軒(ヨーロッパ軒敦賀分店)ではなく,嶺北地方の総本店系統のお店。

福井市のヨーロッパ軒豊島分店でございます。

s-IMG_5667.jpg

s-IMG_5663.jpg

ぺらっぺらのシンスライスのカツと別皿で供される追加ソースを見ると,ああ。福井市のパ軒に来たんだなあとちょっぴりセンチになる(ウソ)。丹南地区に1軒だけある鯖江の神明分店ではこの追加ソース皿はないんだよね。それに敦賀のパ軒のカツはもう少し分厚い(一般的なカツ丼よりは薄いのだが)。

s-IMG_5666.jpg

あー美味しかった。

期待を裏切らない。それがパ軒。
プロフェッショナルとは。パ軒だ。



ケイスケ・ホンダ(笑)ではない。

あと,この

s-IMG_5669.jpg s-IMG_5668.jpg

謎のキャラクター。
これも福井市のパ軒の特徴ですな。
このキャラの名前は・・・ケイスケ・ホンダ(ウソ)

posted by poptrip at 20:15 | Comment(0) | グルメ(パ軒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする