消費税増税前最後の晩餐

消費税が増税になると当然飲食店のメニューも改定となり軒並み値上げされてしまうわけで。あんまり値段をあげちゃうと便乗値上げだ~なんて騒ぐ人たちもいるのでお店も頭を悩ませたんじゃないかと。 テレビでは3月31日の24時をまたぐとコンビニで支払う消費税はどうなるんだとかタクシーはどうなるんだとか電話料金亜はどうなるんだってことばっかりやってたんですが,そんなややこしい時間に買い物する人が世の中に…

続きを読む

「ランボー最後の戦場」を見ていたら・・・パ軒のアレが

いやあ,まだ正月に録画したテレビ番組の処理が終わっておりませんで・・ 先日,ようやく録画してあった「ランボー 最後の戦場」に手を付けたわけです。 するとまず, ドクラーシーラボとかいうわけのわからん(←わけのわからんとか言うな!)CMが流れた後に・・ なんかみたことのある丼が画面いっぱいに現れたではないですか。 こじゃれたミュージックが流れるわけでもなくシンプルに丼だけが。 …

続きを読む

いつもの席でいつものやつを。

この日は無性にソースカツ丼が食べたくなったのでいつものあのお店へ。 敦賀ヨーロッパ軒本店でございます。 そして座るのはもちろんいつもの特等席。 昭和56年 五木ひろしさんと当店と専務 五木ひろしの写真と桜田淳子のサインと小林カツ代のサインが一望できるテーブル席でございます。最近はこの席に座るのが常となっておるのです。 そしていつものやつをメニューも見ずにオーダー。 …

続きを読む

パ軒のオムライス

空にそびえる 白亜の城 久し振りにやってきた敦賀ヨーロッパ軒本店。通称「味のお城」 福井の生んだ大スター五木ひろしの写真(昭和56年と書かれていた)とかつて敦賀に住んでいた大スター桜田淳子のサインの目の前というこのお城の中のVIP席(ふつうのテーブルですがw)をひとりで占領し,メニューをじっと眺める。 カツ丼を食べる気満々でやってきたのだが,メニューを見ていたらオムライス…

続きを読む

敦賀ヨーロッパ軒では,カツ丼誕生100周年記念キャンペーンは開催されていなかったのである。ガーン

7月1日~9月30日まで,ヨーロッパ軒全店で,創業100周年(カツ丼誕生100周年)と銘打ってキャンペーンを実施している・・・と思っていたのですが敦賀ヨーロッパ軒においては,我が道を行くといった感じでこのキャンペーンが開催されていなかったのです。チーン。 どどどどうなっちゃってんだよ! 激おこぷんぷん丸っすよ,僕は。 あ,これも「激おこぷんぷん丸」を使って見たかっただけです(笑) …

続きを読む

カツ丼誕生100周年

カツ丼が誕生して100年なんだそうである。 ソースカツ丼の起源は諸説あるようだが,東京・早稲田にあった洋食店“ヨーロッパ軒”が,1913(大正2)年に料理発表会で披露し,その後早稲田の店で提供した,という説が有力とされているらしい。(僕の記憶では,wikipediaではこの説が有力だと書かれていたはずなのだが今は他の説と併記されている) これが正しければ確かに今年はカツ丼誕生100年(ヨ…

続きを読む

パ軒岡山店ってやっぱり・・

敦賀ヨーロッパ軒岡山店。 ここはやっぱり数あるヨーロッパ軒のなかでもひと味違う。・・・と思う(断言できないところが僕の弱さなのだw)。 なにが違うって・・ その量ですよ,量。 カツ丼セット(並)1,050円 僕の体感では他のお店よりも1.2~1.5倍くらいのボリュームに感じます。 量が多いせいか,味は0.8~0.95倍といった感じ(笑) だっ…

続きを読む

フランスのアルサス風の白い館で親子丼を食べて丼コンプリート

敦賀市にある「フランスのアルサス風の白い館」 アルサスってなんだよ! って男ならだれでもツッコミたくもなるもんです。 とにかくここは,フランスのアルサス風の白い館。 中に入ると普通の食堂。 そう,ここはヨーロッパ軒金山店。 五木ひろしのポスターが数多く貼られていることでも有名な白亜の怪しい庶民の為の館。 昭和の雰囲気あふれるツッコミどころ多数のヨーロッパ軒なので…

続きを読む

ソースカツ丼とともに

僕がはじめてソースカツ丼を食べたのは,小学生の時だ。 あるいは僕のちっぽけな脳ミソの片隅に残っているソースカツ丼を食べたという最も古い記憶が小学生のころのものだといったほうが正確かもしれない。 敦賀へ海水浴に行った帰りに敦賀ヨーロッパ軒本店(味のお城)で食べたのだ。 もちろん僕はそのときからソースカツ丼に恋に落ちた。 その後,僕のお気に入りのソースカツ丼は今は亡き鯖江市丸山の「とらや…

続きを読む