2018年12月08日

神保町の欧風カレー

ブログ上ではまだムスメの学祭で東京に来ていることになっているワタシ。

s-IMG_0267.jpg

東京に来ていたムスコと合流し神保町。
ムスコが神保町で行きたいところがあるからと神保町で一緒に夕食をとることに。
ムスコは鯖江から鈍行でやってきています。ま,若い時から新幹線で旅行なんて贅沢だからな。

神保町と言えば古書店街。
そしてカレー激戦区。

せっかくなのでカレーにしようと定番中の定番である「キッチン南海」へ行ってみるも営業していない・・・まいったな。じゃあ回転寿司にするかと(回転寿司って便利なんすよ)。道すがら何かめぼしいお店があればそこに入ればいいとしばらく歩いていると目に付いたのがこのカレーやさん。

s-IMG_0281.jpg

欧風カレー ガヴィアルでございます。
何の情報もないのですが,飛び込みで店に入るのも一興かと。

10分ほど待って席に案内されます。
意外とゆったりしたテーブルで,いい感じ。東京のお店って席が狭いのよね〜。

ちょっぴり悩んだ末に僕はシーフードミックスカレー辛口。
ヨメとムスコは野菜カレー(だったと思う)をオーダー。

サラダはシェアできるくらいの量ありますかと尋ねるとこちらの〇〇サラダ(メニュー名失念)は2〜3人で取り分けれるくらいの量がありますよということでそいつも注文します。

s-IMG_0268.jpg
先に出てきたサラダ

s-IMG_0272.jpg
シーフードミックスカレー

s-IMG_0273.jpg
野菜カレー

s-IMG_0276.jpg s-IMG_0275.jpg

ライスにはチーズが。
そしてなぜかじゃがバター。

どうも神保町の欧風カレーのお店はじゃがバターを出すのが暗黙の了解となっているようで。
僕はじゃがバターはどちらかというと苦手なので手を付けず。だいたい炭水化物の化け物であるカレーにじゃがいもって組み合わせはなかなか悪魔的なコラボレーション。

s-IMG_0278.jpg

なかなか辛いんだけどうまい。まあ1,800円くらいしますからね,これ。
カレーはれっきとした洋食なんだなと(洋食なのか?)再認識させてくれる逸品。

ごちそうさまでした〜。
どのあたりが欧風だったのかはよく分からず。僕はココイチ専門ですから。

このお店,

s-IMG_0280.jpg

1982年オープンのようなのですが,サイトによっては老舗と書かれています。
老舗か。36年間も営業を続けるということは大変なことだと思いますが,「老舗」っていう表現にはちょいと違和感もあり。おれなんか48年生きてますから・・・

ヨメとはここで分かれて,ムスコに付き合い閉店セールをやっているレンタルCDショップ「ジャニス」へ。
そう,ムスコの行きたかったところはこのお店。

s-IMG_0282.jpg

神保町レンタルCD店「ジャニス」閉店で「タモリ倶楽部」“空耳アワー”存続の危機!?(ZAK ZAK)

ちょいとした音楽オタクのムスコは閉店する前に行っておきたいと。
僕もちょいと店の中をひとまわりすると,宿に帰ったのでした。ムスコはCDを漁った後,ネカフェで泊ったとのこと。ムスメはサークルの打ち上げの後友達の家に泊まり,ヨメはムスメのアパートに泊まり・・・家族4人が東京に集ったのに全員が別々のところで寝泊まりするというね(笑)



posted by poptrip at 22:10 | Comment(0) | グルメ(関東甲信越東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

新丸子・三ちゃん食堂の焼肉丼

朝,目を覚ますと宿で朝食と洗濯を済ませ,武蔵小杉へ向かいます。ムスメは来年からキャンパスが日吉から三田へ変わるので今住んでいるところでは遠いから引越しをしたいと言い出したわけです。ということでヨメとふたりで目を付けていた武蔵小杉あたりのアパートの下見に(外観だけね)行くことになったのです。そしてその後ムスメの学園祭のステージを見に行こうという算段。

東急目黒線直通東京メトロ南北線に乗り,

s-IMG_0209.jpg s-IMG_0210.jpg
営団9000系(9812)

武蔵小山で急行に乗り換え

s-IMG_0217.jpg s-IMG_0219.jpg
東京都交通局6000形(6325)

武蔵小杉へ。

タモリ倶楽部で「真のムサコ決定戦 武蔵小山 VS 武蔵小金井」というのを最近見たのですが(北陸では3ヶ月ほど遅れて放送されているんですww),東京都民によるムサコ選手権を実施した結果,武蔵小山14人に対し武蔵小金井18人とムサコは武蔵小金井に決定したわけですが,実は42人が武蔵小杉をムサコだと認識しているという見事なオチが。

偽ムサコで乗換えて真のムサコで下車したというわけ。

s-IMG_0220.jpg s-IMG_0221.jpg
(左)東急5000系(5153)/西武車(武蔵小杉駅にて)

今回,東急線4〜5回は乗ったんだけど東急車には一度も乗れなかったんだよね。全部東京都の車両か東京メトロの車両だったという・・・相互乗入だからこういうこともあるわけで,東急目黒線には上右の通り西武鉄道の車両も乗り入れてきているのよ。

おっと,いかんいかん。
今回の記事はグルメが主,鉄道は従という関係のはず。
話を先に進めましょう。

ヨメからLINEが入り吸った揉んだ(←こう書くとエロくなるな),いやすったもんだがあっていっしょに行けなくなったと。直接大学に行くから大学で集合することに。
じゃあ一人で見てくるわ〜とムスメの入居予定のアパートを見て,駅からの導線を確認。

ついでにムサコで年末ジャンボ宝くじを購入。
あたりますように。

新丸子あたりをウロウロしていると新幹線が見えたので近づいていくと持病のOPP(おなか・ぴー・ぴー)が発動したため,

s-IMG_0223.jpg

このお寺のトイレをお借りしました。危機一髪でした。
OPPは,酒を飲んだ翌日は気を付けなければならないのです。

ヨメが来ないということでやることもなく,初めて足を踏み入れた土地でひとりで時間を潰すことに(昼食もひとりぼっちだよ)・・・

新丸子のドトールで飲みたくもないコーヒーを飲み(←オイ!),

s-IMG_0226.jpg

小説を読みながらお目当てのお店の開店時間を待ちます。ええ,お目当ての食堂は12:00にならないと店が開かないのですよ。

5分前に店に到着すると10人くらいが並んでいます。その最後尾に僕もつきます。開店と同時に入店。

s-IMG_0229.jpg

三ちゃん食堂です。

このお店,孤独のグルメSeason2の第一話に登場しているわけでして

s-s-IMG_0671.jpg s-s-IMG_0670.jpg

「孤独のグルメ」で「この人何をしている人なんだろう」と松重豊が心の中で言っていたオッサン(上左画像)が座っていたカウンターへ。そして食べるものもこの「孤独のグルメ」で3人のお客さん(上右画像)が注文していた焼肉丼(650円)と決めていました。

s-2068.jpg

このお店も昼飲みができるお店なので,ほぼすべての人間がアルコールをオーダーしているという。

s-2067.jpg

僕もつい調子に乗っちゃって

s-IMG_0227.jpg

レモン酎ハイ(350円)をオーダーしちゃいました。
一品料理をいくつか頼むという楽しみ方もあったのですが,この日のメインイベントはムスメの学園祭デビュー。ヨメとの待ち合わせは13:00に三田。時間がないときに丼物は便利なのよ。

出てくるのが異常に早いと聞いていたんだけど,けっこう時間がたってから出てきました。入店と同時に皆がいっせいにファーストオーダーをしたからですねきっと。

s-IMG_0228.jpg

・・・思っていたより量が多い。
なかなかの強敵でした。

ごちそうさま。味・・・あんまり覚えてない(笑)

ムスメがこの辺りで独り暮らしを始めたら,こんなお店にひとりで来ることもあるんだろうか(いやコドモにはちょっとディープすぎるよなきっと)。などと考えながらお店を出たのでした。

s-IMG_0230.jpg

そしてほろ酔い気分のまま学園祭では,とちゅうで眠くなって居眠りをしてしまいました(ムスメの出番はちゃんと起きてましたよ!)。


posted by poptrip at 21:30 | Comment(2) | グルメ(関東甲信越東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

2018秋の赤羽飲み歩き【後編・いこい支店,そして〆はサザンオールスターズ】

昨日,初代タイガーマスクが好きだったというページへのアクセスが増えたので何があったのかと思ったら,ダイナマイト・キッドがお亡くなりになっていたのですね。ご冥福をお祈りします。

さて,本編に戻ります。

まるます屋を出ると,宇ち中氏が次に向かったのは(あ,もちろん僕はただついていくだけw)・・・

どうも丸健水産というお店だったようなのですが,店の前には大行列。
なお,宇ち中氏とキーボードをタイプするのが面倒なので以降,宇さんと表記します。

s-IMG_0181_1.jpg s-R0014692.jpg

そして行列の最後尾には「閉店」のプラカードが。
・・・もう閉店だと?まだ20:30過ぎだぜ。赤羽の夜は早いのです(たぶん)

じゃあ別の店へ行こうと,次に向かったのが立ち呑みいこい支店でございます。

「もうすぐ閉店だけど,ひとりワンオーダーはしてね」とぶっきらぼうに店員さんに言われます。ははあ,このお店も21:00閉店なのね。ま,こちらは朝の7:00から営業しているっていうんだから・・・赤羽の懐の深さ。

しかし,東京のこういう大衆居酒屋のおねえさんとかお兄さんって結構強め口調で話すことが多いのよね(そうしないと酔っ払いの相手はできなんだろうな)。イナカモノの僕はビビってしまいます。以前宇さんと行ったお店でも宇さんが女将さんにしかられたことがありましたからね(笑)
それでも懲りずにそのお店には通っているという宇さん。いやあの店の女将はいろんな人を叱りつけてるからエンターテインメントのひとつなんだよ,などと言うのですが僕のような小心者は二度と行かないよねw
それにその店その店で独特の暗黙のルールみたいなのがあるから飛び込みで一人で入るにはかなりの勇気が必要でして。正直言ってそういうお店は僕は苦手。この「いこい」もどちらかというとそっち系の部類に入ります。宇さんがいるから来れるだけで独りだったらまず行かないお店です(先ほどのまるます家はそういうお店ではない)。ネットでも接客が最悪だとかそういう情報も散見されますがそれも含めてエンターテインメントだと・・・言われてもねえww
一部の立ち飲み屋では強靭なメンタルも必要。

で,こちらの「いこい」は,キャッシュオンスタイルのお店。

焼き物揚げ物はすでにオーダーストップだったので

s-R0014693.jpg

アン肝に鳥皮,チューハイを1杯ずつで700円ほどだったかな。まさにせんべろってやつです。

s-R0014694.jpg

「いこい」は上述の通りいいよく言えば硬派なお店なので,デジイチなんか取り出して写真なんか撮ってたら怒られる可能性があるためデジイチはなし(まるます家ではデジイチ使用)。こういうその店それぞれのマナーというかそういうのは宇さんに確認してから写真を撮影するのです。今回の記事の一部は宇さんの撮影の画像を拝借しております。
このようなお店を楽しめるのがモノホンの呑兵衛なんだろうな。

閉店間際に飛び込んだこともあり,滞在時間は10分くらいだったかも(笑)

この「いこい」から派生した立ち飲み屋が増殖しているようで(大井町で宇さんと行った「晩杯屋」など),この「いこい」は呑兵衛にとってはちょっとした聖地的な意味合いもあるのかもしれません。

s-IMG_0182.jpg

店を出ると,そのままふたりでカラオケへ突撃。

s-IMG_0205.jpg

学生時代,ちょうどカラオケボックスが流行り出したころに僕と宇さんとは二人きりで名古屋・今池のカラオケボックスに朝っぱらから行って歌いまくったという淡い想い出があるのです。
カラオケブームが訪れたのは大学1年生のころ(18歳)だったから,宇さんとのカラオケタイマンバトルはたぶん30年振り。

この日は,サザン(桑田)しばりで。

この日のセットリストは

【poptrip】
スキップ・ビート(KUWATA BAND)
ミス・ブランニューデイ
涙のキッス
真夏の果実
Ya Ya あの時代を忘れない
チャコの海岸物語


s-IMG_0198.jpg
熱唱するpoptrip(宇ち中撮影・酔っ払ってるから手振れがムゴイ)

【宇ち中】
ボディスペシャルU
栞のテーマ
希望の轍
Oh!クラウディア
いとしのエリー
エロティカ・セブン


s-IMG_0189.jpg
ノリノリ(死語)の宇ち中(poptrip撮影)

1時間でカラオケは終了し,赤羽駅で解散。
飲んでいるときに僕が「明後日は京成線や東武博物館あたりをうろつこうと思っているんだ」というと,「じゃあ明後日うちに来ない?ヨメさんも喜ぶし,メシも用意するから」と宇さんに誘われたわけ(宇さんは京成線沿線に住んでいる)ですが。快諾。
しかし,これって酔っ払ってて覚えていないっつーパターンじゃないかしらと一抹の不安を覚えつつ・・・

僕は赤羽岩淵駅まで歩き,地下鉄南北線で市ヶ谷まで。

s-IMG_0207.jpg s-IMG_0208.jpg

s-1935.jpg

おつかれっした〜

この日は3次会のカラオケまで含めて5,000円弱(交通費含まず)。せんべろとまでは行きませんでしたが福井で飲むのとは全く訳が違うわけよ。東京ってところは呑兵衛には優しい街だと思ったのよ。



あ,「dancyu」1月号にも宇さんが載っているようです。しかも,お店は昨日の記事の「まるます家」っぽい。そんなハナシは聞いてなかったんだけどなあ。
で,この本買おうかどうかちょっぴり迷ったのですが・・・図書館で探してみることに(笑)
福井県内の図書館においてあるのかどうか。それが問題だ。


posted by poptrip at 18:00 | Comment(6) | グルメ(関東甲信越東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

2018秋の赤羽飲み歩き【前編・まるます屋】

前回のuchidaholic(宇ち中)氏との大井町・野毛飲み歩きから3年半。

満を持して,持しまくって久しぶりにサシで飲むことに。
もちろんお店,場所のチョイスは宇ち中氏お任せで。

東京には気軽に声をかけられる友人が二人いるのですが,ひとりはどちらかというとハイソ路線。恵比寿とか中目黒の洒落たお店に連れて行ってくれるKくん。そしてこの宇ち中氏は大衆居酒屋専門。両極端な二人の気のおけない友人がいることに感謝。

そして,宇ち中氏が提案してきた肝心の飲み歩きの場所は・・・

赤羽です。

東京都北区ですよ,北区。
埼京線ですよ。京浜東北線ですよ!

s-IMG_9400.jpg

そう。
みちょぱが20歳になったので赤羽で飲むのです(ウソ)

赤羽なんて行ったことがない。ていうか東京都北区などというところは一般の観光客が足を踏み入れるところではない(←コラ!)。
僕は都電荒川線に乗ったときに王子駅前電停で乗降したくらい。ほら,普通の滞在と違う特殊な訪問でしょ。

なお,宇ち中氏は先日BS日テレの番組でバカリズムとの共演を果たしました(この記事の僕との飲み会はオンエア前のものです)。

バカリズムの大人のたしなみズム 〜せんべろ 立石編〜(BS日テレ公式サイト)

※せんべろは、「1000円でべろべろに酔える」ような価格帯の酒場の俗称。

uchida.jpg
一番左が宇ち中氏(BS日テレWebサイトより)

宇ち中氏は立石に関しては異常に詳しい男で,東京の居酒屋に関してもかなり詳しい男であることは間違いありません(ま,ただの酔っ払いといういい方もできるw)。そんな彼が僕との飲み歩きの場所として提案してきたのが赤羽だったわけです。そして「せんべろ」が楽しめる街のひとつが赤羽なのです。

大宮から

s-IMG_0148.jpg s-IMG_0153.jpg

湘南・新宿ラインで赤羽まで。
新宿まで行くヨメとは赤羽でお別れ。

改札を出ると赤羽駅周辺を徘徊。

s-IMG_0154.jpg s-IMG_0155.jpg

なんかイルミネーションの点灯式みたいなのやってました。

s-IMG_0160.jpg s-IMG_0166.jpg

ほどなく宇ち中氏がやってきました。

合流した時点ですでに酒臭い宇ち中氏(笑)。
しかも待ち合わせに15分の遅刻。
だから,僕は駅周辺を徘徊していたのですよ。

「泥酔せずにやってきてくれ」と頼んであったのだが・・・いちおう普通に会話も成り立つし相変わらず歩くのが早い。ま,いちおう依頼した条件はクリアかなww

そして「酒は抜けている」・・・んだと本人は主張。許そう。無条件に。

さっそくお店へ向かいます。1軒目は僕を絶対連れていきたかったお店だという鯉とうなぎのまるます家 総本店です。

s-IMG_0171.jpg s-IMG_0170.jpg

行列に並び20分ほど待ったかな・・・入店。

コの字のカウンターが2つ。

s-1936.jpg s-IMG_0172.jpg

ホント,こういうお店・・・いいよなあ。活気があって店員さんがキビキビと動く。客のあしらいもうまくつかず離れず。そして安いつまみがすごい種類そろっています。以前連れて行ってもらった南千住や月島の居酒屋と同じような感じ(ていうかそういう店にしか連れて行ってもらってないのよw)

僕が普段行くようなお店とは全く勝手が違うのでもうオーダーは宇ち中氏にお任せ。次から次へと客のオーダーが入るので注文するタイミングも難しいのよ。まあ,僕は熊本の立ち呑み屋で洗礼を受けてますけど郷に入っては郷に従えということで。

ドリンクはジャン酎モヒート。
ジャン酎ってのはジャンボ酎ハイのことらしい。モヒートというオーダーをするとライムとミントがついてきます。それらを投入し,自分でペットボトルからグラスに酎ハイを注ぎます。この一連の所作はもちろん宇ち中氏の指南によります。

s-IMG_0173.jpg
鯉の洗い(400円)

s-IMG_0174._1jpg.jpg
どじょうとぢ(750円)

どじょうはもしかしたら20年近く前に浅草で食べて以来かも。
なお,どじょうはコウノトリの大好物ですw

s-IMG_0175.jpg
鯉の生刺(600円)

鯉の刺身ってのはたぶん生涯ではぢめて。

s-IMG_0178.jpg s-IMG_0176.jpg
名物たぬき豆腐とカニミソ

カニミソは冷凍なので溶けるのを待って食べます。冷凍のまま出てくるところが・・・なんともはやw
そして,このたぬき豆腐が絶品。となりのあんちゃんは席に着くなり「ジャン酎とたぬき」ってオーダーしてましたからな。その気持ち,わかるわあ。

s-IMG_0177.jpg
うなぎの肝焼き

これはタイミングを逃すと食べれないもので,肝焼きが出来上がるとお客さん全員に「オーダーする人いますか?」って店員さんが尋ねるわけで早い者勝ち。僕らは運よくありつくことができました。これもまいう〜なわけで。となりのあんちゃんは彼女(奥さん?)との会話に夢中でこのタイミングを逃しちゃったようで。そう,ここでは会話に夢中になりすぎるとごちそうを逃してしまうのです。

うなぎを2日連続で食べたのなんて初めてかも(前日,三田でうな丼を食べている)。

シラスウナギの不漁により今年から国産ではなく台湾産に変更になったという張り紙がありました。うなぎ,そのうち庶民には手の届かない存在になっちゃうかもね。

s-IMG_0179.jpg
なまずの唐揚げ

なまずを食べたのはたぶん初めて。
えっと・・・特にうまいというわけでもないけれどどんな食材も唐揚げにすればそれなりに食べれる味になるのよ。だいたい僕って唐揚げ大好きっ子だからさ。

鯰に鰌に鰻に鯉(←読めますか?w)。
東京っていろんなものが食べれて・・・シアワセ。
スッポン鍋もあったのですがオーダーするのを失念。

s-IMG_0180.jpg

↑これはよくわからんけど在庫処分みたいな感じで,回ってきたもの。これ食べますか〜みたいな感じで店員さんがカウンター内でお客さんに聞いて回るわけで,じゃあせっかくなのでといただいたもの。

20:30前に店を出ます。
ええ,もう閉店の時間なのです(早っ!)。
朝10時から開いてるお店なのですが,夜も早いようです。ケンコウテキーッ!!

ていうか朝から酒飲んでる人がいっぱいいる東京って,まさに


車田正美「リングにかけろ!」第1巻より

としか言いようがない罠。

さて,2軒目に移動しましょう。

あ,ジャン酎2つと上記のおつまみで7,000円ほどだったと記憶しています(安いなオイ!)

さて,次の店へ移動します。

なお,この「まるます家」はテレビドラマ「孤独のグルメseason3」の第1話にちらっと登場しております(原作の漫画ではガッツリ紹介されているらしい)。

s-IMG_0963.jpg s-IMG_0964.jpg


(つづく)

posted by poptrip at 21:00 | Comment(2) | グルメ(関東甲信越東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

トレインレストラン日本食堂

日本食堂とは「日本レストランエンタプライズの前身(旧社名)。日本国有鉄道(国鉄)、東日本旅客鉄道(JR東日本)のエリアで車内販売、食堂車、駅構内の食堂などを営業していた会社。」(wikipediaより)だそうです。

鉄道博物館には日本レストランエンタプライズが運営するトレインレストラン日本食堂があるのです(行ってみて初めて知ったのだけれどw)。

s-IMG_9985.jpg

30分ほど待って案内されます。座って待つことができたのでよかったっす。待ち時間はもちろん読書w
待っている間,鉄道のビデオでも眺められたらいいんだけどね(個人の感想です)。

s-IMG_9986.jpg s-IMG_9987.jpg

店内は食堂車をモチーフとしたような内装となっております。
かなりゆったりした造りで快適です。もちろん揺れません。
ちょっぴり揺れて,ガタンゴトンってBGMがあるといいんだけどな(←それはテツオタの思考)

僕が子どものころにはまだ食堂車というものがあったと記憶しているのですが,残念ながら利用したという記憶はなく。あれだけスピードがアップしたら食堂車なんて誰も利用しないよな。だいたい北陸線なんて特急のワゴン販売もなくなっちゃいましたからね。

さて,メシのハナシを。

僕は

s-IMG_9988.jpg

s-IMG_9993.jpg

寝台特急の牛フィレステーキ(2,500円)を。パンかライスかでライスを選択。
「北斗星」「カシオペア」で提供していたフランス料理コースのメインディッシュだそうです。

はい,ふつうにおいしかったです。

ヨメは

s-IMG_9989.jpg

オムライス(1,200円)を。
メニューの写真と違うとブツブツ言っておりました(笑)

さて,先日の記事でボツになったてっぱく(鉄道博物館をこう呼ぶらしい)の画像を。

s-IMG_9995.jpg

s-IMG_9996.jpg

s-IMG_0094.jpg s-IMG_0095.jpg

s-IMG_0041.jpg

s-IMG_0017.jpg

ごちそうさまでした〜。
なお,このレストランのお支払いはもちろん楽天カード。



posted by poptrip at 20:30 | Comment(2) | グルメ(関東甲信越東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする