2016年05月15日

彩華ラーメン本店(天理市)

人よりはずいぶんとラーメン好きだと自分では思っているのですが,天理ラーメンというジャンルを恥ずかしながら僕は2年ほど前まで知りませんでした。

「水トク!/全国!大繁盛チェーン 地元の人には当たり前の知られざるチェーン店 11連発」というテレビ番組でケンコバがオススメしていたのです。

・奈良県天理市発祥で女・子供は近寄ってはいけない。
・関西の人は免許を取ったらまずは彩華ラーメンに向かう。


などというウソかホントかわからないエピソードを交えながら紹介された彩華ラーメン。一度食べて見たかったんです。

せっかくなんで本店へ行こうと,法隆寺から天理市内へ向かいます。

しかし天理市内ってのはやっぱり独特な雰囲気ですね。
市内をクルマで走っていると宗教的な巨大な建物などがときどき目に入ります・・・宗教団体の名称が市名となっている唯一の都市ですからなあ。

【参考サイト】ここは本当に日本!?国内唯一の宗教都市「天理市」

s-IMG_0051.jpg

到着したのは午後3時という中途半端な時間ですが,数組のお客さんがいました。
もともと屋台から始まったお店で,テレビで紹介されていたのも屋台だったので,できればディープな屋台に行ってみたかったのですが,屋台の営業は夜からなのです。

カウンターに案内され,彩華ラーメン(小)と餃子をオーダー。(あわせて973円だったと思う)

s-IMG_0049.jpg

小といいながら出て来た丼はなかなかの大きさ・・食えるかな。
ご覧の通りニラ,白菜,豚肉などで麺が隠れております。
そして,醤油ベースのスープ(台湾ラーメンっぽい気がしました)の中には大量の刻んだニンニクが隠されておるのです!

s-1463249580627.jpg

チャーシューは追加トッピングをオーダーしないとデフォではないんですね。これは知らなかったよ。
しかし,このニンニクはききますね〜
ただのキムチラーメンかと思ったのですが,そうじゃない。これは紛れもなく彩華ラーメンっていうオリジナルのラーメンでございまして,ジャンキーでおいしい。

s-IMG_0050.jpg

もちろん焼き餃子にもニンニクが含まれておりまして・・・口の中は大変な騒ぎになっております。
ただでさえ山で大量の汗をかいているのに(また汗をかいていなくても自覚のない加齢臭もあると思われる),そこにニンニクと言う危険物がミックスされるという。
まさにまぜるな危険!状態なわけです。

ニンニクパワーで僕の風前のともしびだったライフも回復。
満足して店を出て,帰路についたのでございます。
無事,敦賀まで帰ることができたのは彩華ラーメンによるスタミナ補給によるものだといっても過言ではないのです!(いや,過言ですけどw)

ありがとう天理ラーメン。
ありがとう彩華ラーメン。
posted by poptrip at 04:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ(関西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

中華そば福松(滋賀県長浜市)

これは牡蠣にあたる前に行ったときの記事です

福松というラーメン屋の存在を知ったのは1年くらい前か。
滋賀県の長浜市(旧西浅井町)の8号線沿いにあるんですが,火事で燃えてしまったんだと。「結構好きなラーメン屋さんだったのになあ。」と誰かが飲み会で話してたんすよ。何度もクルマで通っている8号線沿いのお店・・不覚にも気づかなかったなあ。

その福松が,リニューアルオープンしたとの情報をよたよた氏のブログから入手した僕は,機会をうかがっていたんですがなかなかタイミングがなく。ネットで調べると営業時間は「11:00〜売切まで」と書かれているため行くならなるべく早い時間に行かないといけない。敦賀からは20分ほどの距離とはいえ,行ってみて営業時間が終っていて空振りに終わるのは怖い。

この日,仕事がうまく片付き久しぶりに定時で帰れそうな雰囲気。よし,今日は福松に行こう。と気分は福松一色だったんですけど就業時間直前になって若手社員が「今日締め切りの仕事が終わりそうにないので手伝ってほしいんですけど・・」と。どうみて一人で,短時間で終わるようなボリュームの仕事じゃあない。えーっと・・なぜこの時間になってからそんなことを言うんでしょう。「そういうことは朝いちばんに言えよ,アホか。おれは福松に行くって決めてるんだよ。(心の叫び)」放っておくわけにもいかず,よしわかった。みんなでお前を手伝うから・・などと言うはずもなく,締切を明日まで延ばしてもらってこい。と厳命し,僕は福松に向かったのでした(笑)・・もちろん締切を延ばしてもらったのを確認してから退社しましたからね。それに締切が延びてもほとんど影響のない仕事だとわかってたから。ああ,ブログで仕事のことを書いたのは初めてに近いかもしれませんね。ちゃんと僕も仕事してるんですよ!

s-IMG_8021.jpg

やってきました。
コインランドリーに併設されたラーメン屋さん。ラーメン屋さんにコインランドリーが併設されているというべきか。広大な駐車場にはトラックが何台も停車中。


ドライブイン的な食堂風の中華料理屋さんじぇねえか。

s-IMG_8018.jpg s-IMG_8019.jpg
シャワールーム完備ww

なんか,僕のようなブルジョワジー(ウソ)が入るのを躊躇するようなたたずまい。

s-IMG_8017.jpg
ホッピーののぼりもあったり

カウンターに案内されるわけですが僕が座るべき席にはどんぶりがすでにふたつおかれています。えっここに座るの?前の人の食器を片づけてから案内してよと思ったんですが,この丼にはどうも客が自由に食べることのできるキムチと唐辛子がはいっている模様。そして座った瞬間に「何にします?」と矢継ぎ早に尋ねられるわけですが初めての店でそんなすぐにメニューが決まるわけないじゃないかw

「新・わしが福松ファミリーオリジナルメニュー」とタイトルからしてツッコミどころ満載のメニューを見てみると

「生ビールも出前OK」
「田んぼ・畑・作業場 電話1本出前OK」


などという香ばしい謳い文句が。

そしてなぜかメニューの1/4くらいのスペースを洗濯機の紹介が占領しているという謎。「超大型洗濯乾燥機増設」「業界初」の文字が躍る。
業界ってのはこのラーメン業界のことなのか。いや違う。併設されているコインランドリー業界のことでしょうきっと。そうじゃなかったらおかしい(笑)

そんな中から僕が選んだのは焼き飯セット(ミニ)。

あっという間に焼き飯が出てきました。

s-1456744688425.jpg

腹が減ってたということもあるのかもしれませんが,このなんの変哲もない焼き飯がどうにもうまくてねえ。ここ1年ほどで食べた焼き飯の中では一番うまかったかも(僕は焼き飯にはかなりうるさい男です)。

そして焼き飯を食べ終わったころに中華そばが供されます。

s-1456744670681.jpg
ミニ中華そば

ストレートの細麺でスープはしょうゆ味でほんのり魚介系が。あっさりしててなかなかノーマルな中華そばなわけですがこれはこれで意外とイケてたりするわけで,満足してお店を出たのでございます。






posted by poptrip at 21:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(関西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

モジャカレー

去年の12月の神戸出張の時のネタがまだ残ってたので、

神戸駅で昼食を。

何も下調べしてこなかったし,適当なお店に入ることにします。
目についたのがビッラルさんの特製カレー「モジャカレー」と言うお店。ビッラルって発音しにくいなしかし。いや実際には声に出さないから全く支障はないし,人の名前にケチをつける権利なんてぼくにはないんだけどね。

カレーとかラーメンってとりあえず高くはないし時間もかからないし大きくはずすこともないのでこういうときには便利。ただカレーに期待などは全くしておりません。カレーで大当たりなんてことはね,もはや夢なんですよ。大外れはないけれど大当たりはないんだよ。と僕は思いながらとんでもなく狭いカウンターだけのお店に足を踏み入れます。

まあはじめての店ではカツカレーを食べるというのが鉄則。はじめてのラーメン屋さんではチャーシューメンを注文するのと同じ(ただし最近のチャーシューメンは1,000円を超えたりすることがあるのでなかなかチャーシューメンも食べにくくなってきているのですが・・・)。

インド人っぽい男性店員とインド人っぽい女性店員がコの字のカウンターの中にいます(インド人なのかどうかわからないのでインド人っぽいと表現してます)。インド料理店とかではこういうインド人っぽい男性店員はよく見かけるんですがインド人っぽい女性は初めて見たような気がします。なかなかいいですねインド人っぽい女性も。

しばらくしてカレーが出てきます。

s-1449096138286.jpg

う,うまいじゃないか。
うれしい誤算。
ココイチに匹敵するぞこれは。

大阪では阪急三番街のインデアンカレーを食べたことがあるのですが,モジャカレーのほうが僕にはフィットします。

s-DSCF1751.jpg

ビッラルさん,あなたは偉大だ。

s-bi.jpg

・・・調べてみたらビッラルさんは東京生まれヒップホップ育ちだそうです。あ,すみません間違えました。バングラディシュ生まれ大阪育ちだそうです。悪そなやつはだいたい友達だそうです(ウソ)

心斎橋や新大阪駅などにも店があるようなので,機会があればまた食べちゃおうかと(たぶん機会はないと思うけど)。


posted by poptrip at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(関西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

京都拉麺小路 博多一幸舎

京都駅に来たらつい寄ってしまうのが,京都拉麺小路
過去にはここで,「ますたに」と「すみれ」を食べているわけですが今回行ってみるとこの2軒を食べてしまうとあまり魅力的なお店がなかったりして・・・京都のラーメンと言えば新福菜館が最近東京にも進出したようですね。

時間をずらして14:00過ぎに行ったのに,どのお店も大行列ができております。やっぱ甘かったか。

大勝軒って実は食べたことがないんだけど,やっぱあそこはつけ麺でしょ。僕はつけ麺はあんまりアレなんで・・結局とんこつラーメンに。京都でとんこつかよ・・あ,木屋町の「博多長浜ラーメンみよし」にも行ったことありますw

とんこつラーメン(博多ラーメン)に僕がはまったのは以前書いた通り15年ほど前に行った博多ラーメンツアー。そして僕がはじめて博多ラーメンというものを意識したのは,中学生の頃。

そうあのCMですよ。



鮎川誠の「はかたんもんラーメン」ですよ!
シーナ&ロケッツなんてもちろん知らなかったし,鮎川誠も知らなかった初心な少年だった僕もあのCMにはぶっとびましたね。わけもなくカッコイイんだもん。
ただ・・・食べた記憶はないという(笑)
これって九州限定発売だったのかなあ。でもCMを見て衝撃を受けた記憶はあるんだよなあ・・不思議なことに。



ということで

博多一幸舎でございます。

もちろんこのお店にも行列ができてます。嵐山を歩きまわった後なので結構足に来てるんですけど・・並ぶしかないわな。結局30分並びましたよ・・・トホホ(死語)
スーツ姿にビジネスシューズというのはやはり歩きまわって活動するには不向きなようで(笑),かなり足にきておりまして,この30分はきつかったっす。

s-IMG_6004.jpg
味玉ラーメン 麺硬め(たしか850円)

うん,控えめですがとんこつ臭がそれなりにします。
おいしいじゃないか。まあ,とんこつラーメンを盲目的に信仰している僕の場合,とんこつラーメン専門店のラーメンではずれたことはほとんどないんですけどね。

s-DSC_0051.jpg

都会の人たちと違って「おいしいものを食べるためには並ぶのが当たり前」という感覚がまったくないイナカモノのワタクシにとっては,30分並ぶ価値があるかと聞かれたらはっきりいってビミョーです。

s-DSCF1778.jpg

ごちそうさまでした〜


未確認情報ですが,僕の好きだった敦賀のとんこつラーメン屋津津が閉店したようです・・・残念です。


posted by poptrip at 19:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(関西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

串カツさくら〜心斎橋お散歩

難波で串カツを。
やっぱ大阪と言えば串カツだろっ!ってことで

s-DSCF1769.jpg

串カツさくら南海難波店です。

s-IMG_5728.jpg

s-IMG_5729.jpg

紅ショウガ,チューリップあたりが大阪っぽいっすね。

s-IMG_5730.jpg

串カツ,堪能いたしました。しかし,串カツって生ビールのあう食べ物ベスト3にはいるんじゃないかと私は思うわけです。焼肉,焼き鳥,串カツ。この3つには普段はお酒を飲まない僕もビールが必須なのです。
ソースはもちろん二度漬け禁止ですから。

ここで連れと別れ,僕は心斎橋の方まで歩いてみることにしました。

s-IMG_5752.jpg

何度見てもここのディスプレイには圧倒されます。

s-IMG_5740.jpg s-IMG_5736.jpg

s-IMG_5737.jpg s-IMG_5734.jpg

s-IMG_5739.jpg s-IMG_5735.jpg

しかしですよ,とにかくこの辺りも中国人がすげえたくさんいるわけです。こんな人混みででっかいスーツケースを持って歩いてる人は100%中国人です。喫煙所もあるんですが,タバコ吸ってる半分以上が外国人の方・・orz

ここ数年,旅先に行くと中国人を意識せずにはおれません。中国人が増えた分(という言い方が適切なのかどうかわかりませんが),韓国人は減りましたよね〜
中国人旅行客がたくさん来るのでホテルもなかなか予約できないし,ホテルでは中国人がドアを開けっぱなしにして隣の部屋の人と大声で話していたり,下着姿でホテルの廊下を歩いていたり(笑)

今回の出張をアテンドしてくれた若い訪問先の社員さんによると,若くて都会から来ている中国人たちはものすごくマナーもいいし,傍若無人な振る舞いをする中国人観光客には正直迷惑していると。マナーの悪いのは中国でも田舎の方に住んでる金持ち連中なんだとか(真偽は不明)。

今回の旅ではそれほど不快な思いをすることはありませんでしたが(京都では民家の敷地に入って写真を撮ってる人たちはいましたが・・),どこにいっても存在する彼らの圧倒的なパワーを思い知ったわけです。

s-IMG_5745.jpg

s-IMG_5748.jpg

30分ほどぶらぶらしてから,地下鉄に乗って梅田まで。
梅田から荷物を預けた大阪駅のコインロッカーまでたどり着くまで20分以上を要しました。ええ,また迷ったんです。どう考えても大阪駅ってさあ分かりにくいよね。何度来ても覚えられないんすわ・・・


ここから宿泊先である舞子へ向かったのでありました。


posted by poptrip at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(関西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする