2018年01月15日

うなぎ・はまぐり・赤福餅

東海地方と言えばなんといってもウナギなのです。
三重にも岐阜にも名古屋にも浜松にも三島にもたくさんの名店があります。三重県では過去に津でうなぎを食べております。過去記事を読んでいたらどうも地元のおばさんと相席になりロマンスが生まれていたようだ(ウソ)

さて,四日市のうなぎ屋さんと言えば・・・喜多川なのです(食べログによる情報ww)。

s-IMG_9761.jpg s-IMG_9767.jpg

開店5分前に店に到着するも,すでに10数人の行列ができていました。さすが人気店。なんとか1巡目に着席することに成功。

時間がもったいないので着席すると同時にオーダー。

s-IMG_9765.jpg
上うな丼(3,240円)

s-IMG_9766.jpg

いやあ・・・うまいよ。
うまいに決まってる。食べる前からうまいということは決まっていたのです!!

食べ勧めていくとご飯の中にうなぎのしっぽの部分が埋没しているのを発見。これは意外とうれしい。

ごちそうさまでした。
いいうなぎでした。

喜多川ってなんか聞き覚えあるなあと思っていたら岐阜で食べたうなぎやさんも喜多川というお店でした。




そして,夕食は桑名で。
桑名の名物はなんじゃろな。と相変わらず食べログで検索するとはまぐりが名物だということが判明。
「その手は桑名の焼き蛤(その手は食わない)」という江戸時代から続く古典的なギャグがあるようなのですが・・・知らんかったわぁ。

実は,前日に図書館へ行って「るるぶ」を探したのですが,四日市,桑名あたりの地域ってのはなんとも可哀そうな地域でして,このエリアを紹介している本がないのです。伊勢,南紀白浜,名古屋・・・という本はたくさんあるのに。

で,食べログで見つけたのがこのはまぐり食道なのです。

s-IMG_9954.jpg

特に蛤が好きというわけでもないけれど,嫌いでもない。という常識的な平凡な男が蛤づくしのはまぐりセットをオーダー。2,500円と強気の値段設定です。この日の昼食と夕食を合計すると驚異の5,740円!
僕は自分がお酒を飲まない人種であることに感謝する。これにビールが加わってたらこの日1日のエンゲル係数はとてつもない数字になってしまっていたはず。

前々回の記事に書いた通り,広角レンズを壊してしまったためスマホによる撮影となりました(ズームレンズ頑張って撮ろうと思ったけど・・無理でした)。

s-DSC_0231.jpg s-DSC_0232.jpg


s-DSC_0233.jpg s-DSC_0234.jpg

やはり,蛤にはうなぎほどのワクワク感というか高揚感というか何かが足りないのだけれども,普通においしかったです。つーか蛤が思ってたのより小さいのな。久里浜とか千里浜で食った焼き蛤はもっと大きかったような気がしたのは想い出補正のせいだろうかね。

ごちそうさまでした〜。

今回の旅で思ったこと。
二兎を追うものは一兎しか得ず。食い物に関しては予定通り食べることができたんだけどテツ分補給はちょっと不足気味。メシを食う場所を決めてしまうとその時間に(なるべく混まない時間を狙う)その場所にいなくちゃいけないから自由度がかなり限定されてしまうんだよね。
山登りでも僕は一人で遠くの山へ行くときは食事はほとんどパンかおにぎりでお湯を沸かす時間も節約してるようなせっかちな男。欲張りな男なもので・・・

今度は三岐鉄道三岐線のみを狙って,メシにもあまりこだわらずに再訪したいと思っております。でも結局食い物にもこだわっちゃうんだろうな・・。

自宅に着くと赤福を2つ食べて,歯を磨いてすぐに眠りについた。

s-IMG_9963.jpg

s-IMG_20180108_0002.jpg s-IMG_20180108_0003.jpg

このしおりみたいなやつ,日替わりなのかね。細やかなサービスには好感を持ちました。お家騒動があったように記憶しているがさすが腐っても赤福。




posted by poptrip at 20:45 | Comment(2) | グルメ(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

青春18きっぷの旅 豊橋・名古屋1泊2日#4 名古屋めし5連発

名古屋めし5連発。
名古屋めしのスターマインです(違うか)。

名古屋というところは独特の文化があり食べ物に関しても言うを待たない。今回は高額なひつまぶしはあきらめ,比較的安価な名古屋めしを食べたのでそのレポートです(手羽先,名古屋コーチンについては前回の記事参照のこと)。

【1発目】

豊橋で動物園のあとに食べたものはあんかけスパゲッティでございます。豊橋駅前の「スパゲッ亭チャオ」。店名にツッコミを入れるのはマナー違反(ウソ)

s-IMG_0793.jpg s-DSC_0058.jpg

ここはサロンか!ってツッコミたくなるようなイスにステンドグラス。
いろいろとアレな感じでしたが

s-IMG_0789.jpg

s-IMG_0790.jpg

本日の日替わりランチ・ハンバーグのあんかけスパゲッティはとてもおいしかったです。ドリンク,サラダ付き900円はお得感あり。

福井だとナポリというお店であんかけスパが食べれますが,あそこは鉄板ではなかったような・・・



【2発目】

いろんなアレをコレして名古屋で泊まったホテルは1泊3,000円ほど(朝食なし)と格安での利用。

朝食なしにしたのはもちろん名古屋のモーニングを食べるためなのです。前日夜にホテル周辺で調べてみたところ伏見地下街にレトロなお店があるとのこと。
まず,伏見地下街というのが初耳なのだが・・・

伏見駅なんて乗換でしか利用したことがないから地下で迷い,いったん改札をくぐりまた出るという(笑)
あ,地下鉄のフリーきっぷ(400円)を購入してますので。

s-IMG_0892.jpg s-IMG_0893.jpg

s-IMG_0897.jpg s-IMG_0896.jpg

むき出しの配管類にむきだしの電線・ケーブル・・・謎のトリックアート。かなりディープな地下街です。その一番奥に目指すお店はありました。

s-IMG_0894.jpg
ゴルドカフェ

お店に入ると,ドリンクを注文すると無料でサンドイッチがついてくるモーニングサービス以外はちょっとお時間がかかりますとのこと。モーニングサービス以外にちょっぴりお金を追加するとセットメニューが選べるという仕組みらしいのだが,せっかちな僕は待つのが面倒だったのでじゃあサービスで。と。

s-IMG_0895_1.jpg

こんな感じで350円でございました。しばらく待ってちゃんとしたセットメニューを食べるべきだったかな・・・

はい次行きましょう。


【3発目】

2日目のランチは矢場町で。

s-IMG_0948.jpg

台湾ラーメンの名店味仙矢場町店です。でかい店です。2階もいれて320人収容とのこと。
僕が学生時代に何度か利用した今池本店,焼山店,八事店はなななんとランチ営業をやっていないとのことで初めての矢場町店。なお僕が一番通った台湾ラーメンのお店「台湾ラーメン本山」は閉店しちゃいました・・・orz

テーブルにつくとだまっていても瓶ビールがでてきます。

s-IMG_0945.jpg

というのはウソで中身はお水。こんなに大量の水,必要ねえだろ。と思うのは素人の浅はかな考え。これくらいの水の量でちょうどいいんです。

s-IMG_0946.jpg

久しぶりの本物の台湾ラーメン。
福井などでも(王将などのチェーン店でも)台湾ラーメンという名の料理を食べることができますが,全くの別物。辛さがちがいます。麺をすするとむせます。スープを飲むと唇がヒリヒリします。さすが本場の台湾ラーメンだ(台湾が本場ではない。台湾には台湾ラーメンはないのだww)

s-DSC_0064.jpg s-DSC_0065.jpg

あ〜おいしかった。
定番の青菜炒めなども我慢してラーメンのみで680円也。


【4発目】

この日もいろいろと動き回ったわけで(次回記事にします),小腹が空いた。レベッカのライブは17:00〜という中途半端な時間なので軽食をいただこうか。

これは間食ではない(ということにしておきたい)。

s-IMG_0985.jpg

名古屋駅近くの「リヨン」。名古屋のモーニングをネットで検索すると必ず出てくるお店です。
一日中モーニングを食べれるお店なのです。
じゃあモーニングと呼べないんじゃないかっていうベタなツッコミは不要。名古屋の食い物はたいていツッコミをいれたくなるものなのです。

s-IMG_0986.jpg

アイスコーヒー(410円)に定番の小倉あんトースト(無料でついてきます)を。
おいしかったよ。ちょうどいい具合に腹も満たされたのでライブへ向かいます。



【4発目】

息子と合流し,ライブ鑑賞。
ライブがはねたらムスコは「名古屋に詳しいんやろ。どっか名古屋名物を食べれるところに連れて行ってくれ」と言うのですが僕は自分の食べたいものは2日間で食べてしまっているわけで・・・あまり気が進まないけれど味噌系のお店を目指します。名鉄百貨店のレストラン街のみそカツの有名店「矢場とん」に行ってみたのだけれど長蛇の列。しょうがないのでとなりの「山本屋総本家」へ。

名古屋には「山本屋本店」と「山本屋総本家」とふたつの味噌煮込みうどんの有名店があるわけですが,特にこだわりもなく。

s-IMG_1000.jpg

s-IMG_1001.jpg

s-IMG_1002.jpg s-IMG_1003.jpg

蓋をお皿代わりにして少し冷まして食べるのが流儀。ええ,僕そんなこと知らずに直接うどんをすすって痛い目に合った過去を持つ男ですw
でも,周りを見渡すとほとんどの人が直接食ってるわけで・・・

僕はもともとうどんは好きではなく,また味噌煮込みうどんには全くいい思い出がなく,ずっと敬遠していたんですが・・・うまいじゃないか。
でもね,うどんに1,500円とかって僕にはあり得ないんだけど。ご飯を一緒に注文している人が多数。うん,量も少なめだし味も濃いのでごはんのおかずとしてもいいかもね。

こんな名古屋めし5連発でした。
今回紹介した5食分の値段をすべて足してもひつまぶし1杯分の値段に全く及ばないという・・・

息子には今度来た時には「ひつまぶし」をぜひ食べるように(自分で金を稼げるようになってから自分の金で)と。だってさ,僕が学生の時はとにかく金がなくて喫茶店でモーニングなんて食べたことないし,ひつまぶしももちろん食べたことがないんですよ。名古屋名物でけっこう口にしていたものは台湾ラーメンだけなのです(みそカツは好きじゃないから敢えて食べなかった・・)。



(まだつづく)


posted by poptrip at 19:30 | Comment(2) | グルメ(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

青春18きっぷの旅 豊橋・名古屋1泊2日#3 名古屋の夜

はじめての豊橋を満喫した僕は宿泊地である名古屋へやってきました。

僕が学生の時,名古屋に住んでいたのはもう20数年前。
すっかり変わってしまった駅前に度肝を抜かれます。

s-IMG_0981.jpg

大名古屋ビルヂングもモダンなビルに。

s-IMG_0854.jpg

伏見あたりのビジホまで歩きチェックインして一息つくとスマホで手羽先の食える店を検索。おひとりさまということでたぶん飛び込みでもすぐに案内されるだろうと特に調べてこなかったのです。山ちゃんでも風来坊でもよかったんだけど(どちらかというと風来坊が好み),徒歩5分以内のところに風来坊伏見店があることが判明。

ガラガラガラと引き戸を開けて入店。
すぐにカウンターに案内されます。

生中ひとつ!と勢いよくオーダーすると「手羽先は今お伺いします」と。2人前いっちゃってもいいんだけどとりあえず1人前で。そして野菜サラダを間髪いれずオーダー。

s-IMG_0857.jpg

s-IMG_0858.jpg

ドレッシングがキツイ。
いやね,退院してから薄味が好みになってしまってですね。
習慣というのは根付くもんですねえ。
水でドレッシングを洗い流したくなるくらい。

サラダをつまみにビールを半分くらい飲んだところでやってきました本日の主役。

s-IMG_0859.jpg
手羽先(1人前)

でらうまいがね。

と思わずニコチャン大王(←古いなw)のように名古屋弁も出てしまうもんです(もちろん心の中で)。

いやね,手羽先だけ食ってビール1杯だけ飲んでどこか次のお店に行こうかなどとも考えていたのですがもう根が生えてしまった。別の店を調べるのも面倒くさいしここに腰を落ち着けようと追加オーダー。

生中2杯目に突入。

s-IMG_0863.jpg
名古屋コーチン(タレ)

s-IMG_0860.jpg
鯖の塩焼き

鯖江の人間はみんな鯖が大好きなのです(大ウソ)。

s-IMG_0865.jpg s-IMG_0867.jpg
手羽ギョーザ

左隣のカップルが注文しててうまそうだったもんでね(追加オーダーもしてたし)。

サラダにしても鯖にしても半分の量で充分なんだけど,おひとりさまというのはこういう点で不便です。おかげでお腹いっぱいになっちゃって手羽先の追加オーダーする気は失せてしまい,お勘定をお願いします。

s-IMG_0868.jpg
サービスのデザートとお茶

s-IMG_0869.jpg

ごちそうさまでした〜。
これで3,700円くらいだったと思います。

店を出た僕は酔い覚ましにと名古屋一の歓楽街である錦三丁目・通称錦三(きんさん)を通って栄まで歩くことにしました。

s-IMG_0871.jpg

怪しげな店もたくさんあるのですが,首からデジイチをさげた更に怪しげなオッサンには客引きも声をかけてきません(笑)

s-IMG_0872.jpg

s-IMG_0873.jpg

名古屋ってこんなに都会だったっけ?
最近都会に行ってない(神戸は先週行ったけど比にならんね)のでちょっぴりビビリます。イナカモノがここでイナカモノを自覚。

s-IMG_0877.jpg

久屋大通を渡り,地下へもぐります。
名古屋・栄の地下街はすげえんだから。

僕が大学1年生の時にアルバイトで家庭教師をしていたとき,東区のマンションまで地下鉄栄駅からずーっと地下街を通って歩いて行ってましたからね(1,2年後に地下鉄桜通線が開通し高岳駅で乗降するようになった)。

ただ,僕が名古屋にいた学生時代から名古屋人はモグラか。すぐ地下に潜る。とか8時にはシャッターが下りてしまう地下街をバカにされたり(自虐的にバカにしたり)してたわけですが,ホントに地下街が発達しすぎてて困っちゃいます。そもそも名古屋は日本の地下街発祥の地なんだそうで。

当然,合コンの待ち合わせも地下街。
クリスタル広場の日産ギャラリー前というのが定番中の定番でした。

久しぶりに行ってみると

s-IMG_0879.jpg

ガビーン!
クリスタルのオブジェは無くなり,さらに日産ギャラリーもなくなってドコモショップになってる・・・

【参考サイト】クリスタル広場の日産ギャラリーがなくなっていました。名古屋ご出身でしばらく戻られてみえない方へ

しょうがないか。

s-IMG_0881.jpg

s-IMG_0883.jpg

丸栄(名古屋のローカル百貨店,当時のブランド力は一部の名古屋人のあいだでは三越をも凌いでいた)もプリンセス大通も健在だったし,僕はドトールでコーヒーを飲んでホテルへ戻ったのでした。


(まだまだつづく)



posted by poptrip at 20:00 | Comment(2) | グルメ(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

うな千(多治見市)

恵那山を下りた後,夕食はうなぎを食べることに決めていました。

うなぎ好きの僕は,東海地方に来たらうなぎを食べないと気が済まないのです。
ネットで適当に調べたターゲットは多治見市のうな千というお店。

多治見市はうなぎが名産で市のマスコットキャラクターは

unagappa.jpg
うながっぱ

いや,もちろん知りませんでしたけど。
やなせたかしデザインだとか。

登山口に一番近い園原ICから多治見まで高速に乗るのももったいないし,時間も中途半端だったので一般道で多治見へ向かいます(疲れてるのにケチというのは困ったもんで条件反射的に一般道優先でナビを使ってしまうのですw)。

南木曽岳登山口の横を通りました。
南木曽岳・・・なつかしい山です。学生時代に所属していた登山サークルでは毎年秋にここのバンガローっつーか山小屋みたいなところで宴会をして宿泊して南木曽岳に登る(登り納め)という会が開かれていたのです。元気があれば南木曽岳に登るんですがもちろん登るはずはありません。

s-IMG_20160424_0003.jpg s-IMG_20160424_0001.jpg
1989年11月

s-IMG_20160424_0004.jpg s-IMG_20160424_0002.jpg
たぶん1991年11月

当時乗っていたカリーナロードランナーUがなつかしい。FR(後輪駆動)でハンドルは当然重ステ。時速100km/hを超えるとキンコンキンコンと速度警告音が鳴る(←当時はこの機能は必ず付いてたと思う)うるさいクルマでしたw


そして妻籠・馬篭宿あたりを通過。
南木曽岳に来るたびに気にはなってたスポットなんですが一度も行くことができておらず。元気があればここも寄るんですがもちろん元気はありません(笑)

国道19号線を走り,2時間ほどでお店にようやく到着しました。一般道だとかなり遠回りになるんですよ・・

s-IMG_9394.jpg

入店します。
予習はしてあったんで,パッとオーダー。
うなぎ5切の上丼。

s-IMG_9391.jpg
上丼(2,780円)

ごはんにはタレがかかっていないためテーブルにあるタレを好みの量,自分でかけるという初めてのパターンでした。

s-IMG_9392.jpg

おいしい。
幸せをかみしめる瞬間。

パリパリ感というかカリカリ感というかサクサク感というかまあなんていうんですかね,皮の焼き方がアレなんでそういう食感がすげえんだよ。なんかね,油で揚げてんじゃねえのっつーくらいパリっと仕上がっているのです。

ごちそうさまでした〜。

むかしはこれくらいのやつが,2,000円くらいで食べれたと思うんだけどなあ・・・うなぎのインフレーションは他の食べ物と比べても飛びぬけていると思うんです。値段的には庶民的な食べ物とはとても言えない食べ物となってしまいましたが,もうしょうがないんでしょうかね。

posted by poptrip at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

一蘭 岐阜店

航空祭に行ったあと,岐阜で食事を。

目を付けていたのが一蘭岐阜店
「一蘭」は,僕がとんこつラーメンにはまるきっかけになったお店です。

15年くらい前に会社の同僚たちと博多に遊びに行って,「一蘭」「博多一風堂」「元祖長浜屋」「一竜」と食べ歩いたわけでして。どれもおいしかったんですけど,なかでも一番気に入ったのが「一蘭」だったという(チェーン店好きの真骨頂www)

それ以来,たぶん4〜5回は食べてると思うんですけど・・・5〜6年振りかなあ。久しぶりだよ。だって北陸には出店してないんだもの・・
直近では六本木で食べたような記憶があるんだけど,ブログで過去記事にあったのは川崎店のみ。

国道21号線沿いにある岐阜店は,郊外型の店舗。
ロードサイド店ははじめてです。

s-IMG_4864.jpg s-IMG_4863.jpg
ロードサイド店だとやっぱこういう品のない外装になっちゃうのね・・

入口と出口が別になっております。

店に入ると食券を購入します。
ああ,ここには明太子ごはんとか餃子とかなかったんだったな(ちょっとがっかり)。

食券を購入して,パネルで空席を確認して席に着きます。このお店は店員と一切顔を合わせることなくラーメンを集中して食べることができるというコンセプトのお店なのです。
15時という中途半端な時間にもかかわらず半分くらい席が埋まってました。

隣の席と衝立で仕切られたカウンターは一人用の半個室みたいな感じ。
周りを気にせず集中してラーメンを食べることができる,味集中システムというやつです。まあちょっと後ろに下がれば隣の人とも話はできるんですけど,子連れにはちょっと厳しい環境ですね。郊外型の店舗なんだからテーブル席とかもあればいいのに,などと思うのですがやはりコンセプトは曲げないということでしょうね。

席には,オーダーシートが置いてあるのでそこに好みを記入していきます。
麺の固さ,ニンニクの有無,ネギの種類,辛さ等々いろいろと選んでいき,書き終わったら店員さんを呼んで簾のあるカウンター越し(店員さんの顔は見えません)にそのシートを渡せばオーダーが終了というシステムなんですけど・・・

ひさしぶりにやってきた僕は,舞い上がっていて紙に記入する前に店員さんを呼ぶボタンを押してしまい,店員さんと「紙に記入してから呼んでくださいね」「ごごごごめんなさーい」という会話を交わしてしまいました。

ええ,このお店の店員さんと話をしなくても注文ができるように構築されたこのシステムを見事に破壊(笑)してしまったのです!

いや,ちょっぴり恥ずかしかったっす。

ちゃんと用紙に記入した後,店員さんを再度呼んで紙と食券を渡します。

ほどなくしてやってきました。

s-IMG_4859.jpg

ラーメンが出てくるまではこの簾があがってるんですけど,ラーメンを運んでくると店員さんはこの簾を下げてくれるんです。

見事な味集中システムです!(←ほんとはこんなのいらないと思ってるんですけどw)
まさに孤独のラーメン。オレにぴったりな環境じゃないか(ウソ)

s-IMG_4860.jpg

ほとんどデフォルトに近い,ドノーマルなラーメンです。

味の濃さ:ふつう
こってり度:基本
にんにく:なし
ねぎ:青ねぎ
チャーシュー:なし
秘伝のタレ:基本
麺のかたさ:かため


まったく僕の人間性をそのまま表したような平凡すぎる,つまらない・あまりにもつまらないノーマル加減(笑)

s-IMG_4861.jpg

あ,いちおうキクラゲだけトッピングしてます。
トッピングや替え玉も基本は入店時に券売機で購入するんですが,追加注文する場合は

s-IMG_4858.jpg

この箸袋の裏面に追加注文を記入する欄がありまして(←じゃあその写真を撮っておけよ!),現金といっしょに店員さんに渡せばよいのです。とにかく会話をしなくてもオーダーができるというラーメン屋なわけですが,冒頭のとおり僕はここで店員さんとふつうのお店のような会話をしているという・・・orz

s-IMG_4862.jpg

あまりにも美味しかったので,いけないとは思いながらスープを飲み干してしまいました。

それにしても790円はちょっと高いよな・・替え玉したら910円になっちゃうんだもんなあ(替え玉を前提としているため量は少な目です)。でも大好きなお店なんで福井にもオープンしてくれないかなあとずっと僕は思っているのです。





posted by poptrip at 21:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする