2018年05月02日

高速道路で矢場とん

新東名高速道路の岡崎SA。
2月13日にオープンしたばかり。

s-IMG_3296.jpg

フードコートには

s-IMG_3297.jpg

ヤバいとんかつ。
やばとんが。いや矢場とんが。

去年の夏,名古屋にムスコと行ったときに行列を見て泣く泣くあきらめたお店。この日は,ムスコもちょうどいっしょにいる。よし,二人でリベンジだ。

s-IMG_3300.jpg

矢場とんは,その名の通りやばばだった(笑)

僕は名古屋のみそ文化をあまり好ましくは思っていなかったのですが,やっぱうまいね。年を取るといろんな好みが変わってくるもんだな。





posted by poptrip at 20:15 | Comment(8) | グルメ(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

「炭焼きレストランさわやか」でランチ

東京へ向かう途中に新静岡セノバの「炭焼きレストランさわやか」に,爽やかに振られた僕。もちろんリベンジをひそかに誓っていました。

観光客や出張族が訪れるであろう繁華街にあるお店は避けつつも(繁華街にある店の方が少ないようだがw)なるべくは駅から近いロードサイド店を探す。

ありましたよ。うってつけのお店が。
岳南電車ジヤトコ前駅から約1.3kmのところにある富士錦店。十分徒歩圏内です。

あ,ここ一週間の記事に何度も「さわやか」という単語が出てきましたが知らない方のために簡単に説明すると,静岡県のみにチェーン店を持つステーキ、ハンバーグレストランで静岡県民のソウルフードなのである。近年テレビで採りあげられることも多くなりとんでもない行列ができていることも日常茶飯事なので注意が必要。

ジヤトコ前(←ジヤトコって何?)で岳南電車を降り,

s-IMG_3773.jpg

カメラを首から下げて歩きます。

s-IMG_3747.jpg

開店10分前には着いてしまいそうだったのであたりをぶらぶらすると,まだ桜が少し残っていました。

s-IMG_3754.jpg

本来なら,富士山を眺めながら歩くことができるんだろうけど,残念ながらそれは叶わず。

s-IMG_3764.jpg s-IMG_3765.jpg

ここから富士山に登るようなバカは・・・いるんだろうなきっと。僕のブロ友さんには行っちゃいそうなひとが何人か(笑)

11:05に炭焼きレストランさわやか富士錦店に到着。

s-IMG_3763.jpg

平日ということもあってさすがに行列もなく,先客は5〜6名。

このお店のウリはお店の人が目の前でまん丸いハンバーグを真っ二つに切ってくれて鉄板でジュージュー焼いてくれるげんこつハンバーグ(3年半前に実食済み)なわけですが,行きのランチでさわやかに振られ別の店に行く羽目になり想定外の出費があったため一番安いランチメニュー「手作りハンバーグ(799円)」を選択。ランチのセットにはスープとライスまたはパンがついてきます。

s-IMG_3755.jpg

ソースを店員さんにかけてもらうときには,鉄板の下に敷かれたペーパーを持ち上げてルーシーが跳ねるのを防ぐよう指示されます。

s-IMG_3757.jpg

s-IMG_3756.jpg

表面はカリっと焼き上げられているのだけれど,中は赤みが残るという独特のハンバーグ。

s-IMG_3759.jpg

これが,困ったことに美味いのです。
ああ,こまったこまった。マジ困ったちゃんなのです。

店を出たのは11:30過ぎ。
席は3割程度埋まっていたかな。

レジからハンバーグを焼いているところが見えたのですが,網の上に乗るハンバーグの姿はなかなか勇壮なものでした。

僕は再び岳南電車ジヤトコ前駅を目指して歩きます。
ちょうど吉原行の電車が発車していくのが見えました。岳南電車は30分に1本しか運行しておらず寒い中じっと駅で待っているのは辛い・・・ということで近くに何か観光スポットはないかと駅でもらった「岳南電車沿線MAP」を広げてみると,左富士などというものがジヤトコ前駅から徒歩圏内にあることが判明。

岳南電車は30分に1本しかないから往復しても十分時間が余る。行ってみるか。

s-IMG_3771.jpg

東海道を東から西に進むと,富士山は右手に姿を見せますが,この辺りは松並木の間から左手に見えたことから「左富士」と呼ばれ,街道の名勝となりました。(中略)歌川広重が描いた「東海道五十三次内吉原」は,左富士の名画として大変よく知られます。
今日,周辺には工場,住宅が建ち並び,かつての風情はありませんが,わずかに残る一本の老松が往時の左富士をしのばせてくれます。
(案内文より抜粋)

s-hidarifuji.jpg

敦賀に帰ってから,4〜5年前に僕に「さわやか」の存在を教えてくれた後輩に仕事の連絡をする機会があったためついでに「さわやかに行ってきたよ」とメールすると「先日行った浜松のさわやかは120分待ちで,しかも知らないおばはんにクルマをぶつけられて最悪でした。」と文字通りブルーなメールが帰ってきた(笑)
ただ「今は広島の汁なし担々麺にハマっています。」とまた新たな情報が。広島の汁なし担々麺か・・夏の青春18きっぷは広島かもね。

ここ1週間ほど僕のブログには幾度となく「さわやか」という単語が出てきていましたが,爽やかさとは縁のない僕ですからしばらくこの単語を使うこともないと思います。



posted by poptrip at 20:25 | Comment(2) | グルメ(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

沼津魚がし鮨新静岡セノバ店

僕は新静岡セノバにいた。
静岡名物である「炭焼きレストランさわやか」のハンバーグを食べようと目論んでやってきたのに

s-DSC_0400.jpg
画像には写っていないが店の中にも待ち人多数

150分待ちという狂気の沙汰に,さわやかのハンバーグを諦め,すぐ向かいにあるお寿司屋さんに入ることにした。

沼津魚がし鮨でございます。

s-DSC_0399.jpg

こちらは,さわやかとは打って変わって客は誰もおらず,僕がこの日最初のお客さん。カウンターに案内されます。あ,ここ回らない寿司だったんだ。

迷った末,桜エビとシラスに釣られ特選地魚ランチ(1,980円)を。

しかし,なんかデジャヴのような・・・とスマホで自分のブログの過去記事を検索してみると,なんと10年近く前に三島駅店でほとんど同じメニューを注文していたことが判明。思考パターンが全く変わっていないことに驚きを禁じ得ない。成長してねえな,オレ(笑)

店に入るまで三島で同じお店に入っていたことを忘れていたということよりも,なんとなく来たことがあるなと思い出したことの方をほめてほしいと思うわけだ。僕は褒められて伸びる子なんですよ。

s-IMG_3555.jpg

s-IMG_3556.jpg

おいしいです。
やっぱ渋谷の回転寿司よりはネタの大きさも,シャリの大きさも全然違うしやっぱ魚の質が一番違うわけで。

s-IMG_3557.jpg s-IMG_3558.jpg

そして納豆巻き(細巻)2つ追加。

s-IMG_3559.jpg

ええ,SKKS(心筋梗塞)になって以来毎日1回は納豆を食べるように心掛けているのです。一日2回食べていたこともあったのですが,プリン体が多く含まれているのとナットウキナーゼはなかなか強力な菌であるため採り過ぎには注意という情報を得て以来一日1回と決めているのです。

〆て2,462円。ちょっと予定外の出費だったな。さわやかで想定していた倍以上の金額。まいっか。ほかでケチれば。自分でケチと言いながら食い物にはそれほど極端にはケチらないという矛盾。

とは言え,この出費はちょっとイタイ。
ま,ほかでケチればいいだけのことさ。

と気を取り直し,僕は静岡鉄道新静岡駅へ向かった。



(つづく)

posted by poptrip at 22:45 | Comment(0) | グルメ(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

うなぎ・はまぐり・赤福餅

東海地方と言えばなんといってもウナギなのです。
三重にも岐阜にも名古屋にも浜松にも三島にもたくさんの名店があります。三重県では過去に津でうなぎを食べております。過去記事を読んでいたらどうも地元のおばさんと相席になりロマンスが生まれていたようだ(ウソ)

さて,四日市のうなぎ屋さんと言えば・・・喜多川なのです(食べログによる情報ww)。

s-IMG_9761.jpg s-IMG_9767.jpg

開店5分前に店に到着するも,すでに10数人の行列ができていました。さすが人気店。なんとか1巡目に着席することに成功。

時間がもったいないので着席すると同時にオーダー。

s-IMG_9765.jpg
上うな丼(3,240円)

s-IMG_9766.jpg

いやあ・・・うまいよ。
うまいに決まってる。食べる前からうまいということは決まっていたのです!!

食べ勧めていくとご飯の中にうなぎのしっぽの部分が埋没しているのを発見。これは意外とうれしい。

ごちそうさまでした。
いいうなぎでした。

喜多川ってなんか聞き覚えあるなあと思っていたら岐阜で食べたうなぎやさんも喜多川というお店でした。




そして,夕食は桑名で。
桑名の名物はなんじゃろな。と相変わらず食べログで検索するとはまぐりが名物だということが判明。
「その手は桑名の焼き蛤(その手は食わない)」という江戸時代から続く古典的なギャグがあるようなのですが・・・知らんかったわぁ。

実は,前日に図書館へ行って「るるぶ」を探したのですが,四日市,桑名あたりの地域ってのはなんとも可哀そうな地域でして,このエリアを紹介している本がないのです。伊勢,南紀白浜,名古屋・・・という本はたくさんあるのに。

で,食べログで見つけたのがこのはまぐり食道なのです。

s-IMG_9954.jpg

特に蛤が好きというわけでもないけれど,嫌いでもない。という常識的な平凡な男が蛤づくしのはまぐりセットをオーダー。2,500円と強気の値段設定です。この日の昼食と夕食を合計すると驚異の5,740円!
僕は自分がお酒を飲まない人種であることに感謝する。これにビールが加わってたらこの日1日のエンゲル係数はとてつもない数字になってしまっていたはず。

前々回の記事に書いた通り,広角レンズを壊してしまったためスマホによる撮影となりました(ズームレンズ頑張って撮ろうと思ったけど・・無理でした)。

s-DSC_0231.jpg s-DSC_0232.jpg


s-DSC_0233.jpg s-DSC_0234.jpg

やはり,蛤にはうなぎほどのワクワク感というか高揚感というか何かが足りないのだけれども,普通においしかったです。つーか蛤が思ってたのより小さいのな。久里浜とか千里浜で食った焼き蛤はもっと大きかったような気がしたのは想い出補正のせいだろうかね。

ごちそうさまでした〜。

今回の旅で思ったこと。
二兎を追うものは一兎しか得ず。食い物に関しては予定通り食べることができたんだけどテツ分補給はちょっと不足気味。メシを食う場所を決めてしまうとその時間に(なるべく混まない時間を狙う)その場所にいなくちゃいけないから自由度がかなり限定されてしまうんだよね。
山登りでも僕は一人で遠くの山へ行くときは食事はほとんどパンかおにぎりでお湯を沸かす時間も節約してるようなせっかちな男。欲張りな男なもので・・・

今度は三岐鉄道三岐線のみを狙って,メシにもあまりこだわらずに再訪したいと思っております。でも結局食い物にもこだわっちゃうんだろうな・・。

自宅に着くと赤福を2つ食べて,歯を磨いてすぐに眠りについた。

s-IMG_9963.jpg

s-IMG_20180108_0002.jpg s-IMG_20180108_0003.jpg

このしおりみたいなやつ,日替わりなのかね。細やかなサービスには好感を持ちました。お家騒動があったように記憶しているがさすが腐っても赤福。




posted by poptrip at 20:45 | Comment(2) | グルメ(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

青春18きっぷの旅 豊橋・名古屋1泊2日#4 名古屋めし5連発

名古屋めし5連発。
名古屋めしのスターマインです(違うか)。

名古屋というところは独特の文化があり食べ物に関しても言うを待たない。今回は高額なひつまぶしはあきらめ,比較的安価な名古屋めしを食べたのでそのレポートです(手羽先,名古屋コーチンについては前回の記事参照のこと)。

【1発目】

豊橋で動物園のあとに食べたものはあんかけスパゲッティでございます。豊橋駅前の「スパゲッ亭チャオ」。店名にツッコミを入れるのはマナー違反(ウソ)

s-IMG_0793.jpg s-DSC_0058.jpg

ここはサロンか!ってツッコミたくなるようなイスにステンドグラス。
いろいろとアレな感じでしたが

s-IMG_0789.jpg

s-IMG_0790.jpg

本日の日替わりランチ・ハンバーグのあんかけスパゲッティはとてもおいしかったです。ドリンク,サラダ付き900円はお得感あり。

福井だとナポリというお店であんかけスパが食べれますが,あそこは鉄板ではなかったような・・・



【2発目】

いろんなアレをコレして名古屋で泊まったホテルは1泊3,000円ほど(朝食なし)と格安での利用。

朝食なしにしたのはもちろん名古屋のモーニングを食べるためなのです。前日夜にホテル周辺で調べてみたところ伏見地下街にレトロなお店があるとのこと。
まず,伏見地下街というのが初耳なのだが・・・

伏見駅なんて乗換でしか利用したことがないから地下で迷い,いったん改札をくぐりまた出るという(笑)
あ,地下鉄のフリーきっぷ(400円)を購入してますので。

s-IMG_0892.jpg s-IMG_0893.jpg

s-IMG_0897.jpg s-IMG_0896.jpg

むき出しの配管類にむきだしの電線・ケーブル・・・謎のトリックアート。かなりディープな地下街です。その一番奥に目指すお店はありました。

s-IMG_0894.jpg
ゴルドカフェ

お店に入ると,ドリンクを注文すると無料でサンドイッチがついてくるモーニングサービス以外はちょっとお時間がかかりますとのこと。モーニングサービス以外にちょっぴりお金を追加するとセットメニューが選べるという仕組みらしいのだが,せっかちな僕は待つのが面倒だったのでじゃあサービスで。と。

s-IMG_0895_1.jpg

こんな感じで350円でございました。しばらく待ってちゃんとしたセットメニューを食べるべきだったかな・・・

はい次行きましょう。


【3発目】

2日目のランチは矢場町で。

s-IMG_0948.jpg

台湾ラーメンの名店味仙矢場町店です。でかい店です。2階もいれて320人収容とのこと。
僕が学生時代に何度か利用した今池本店,焼山店,八事店はなななんとランチ営業をやっていないとのことで初めての矢場町店。なお僕が一番通った台湾ラーメンのお店「台湾ラーメン本山」は閉店しちゃいました・・・orz

テーブルにつくとだまっていても瓶ビールがでてきます。

s-IMG_0945.jpg

というのはウソで中身はお水。こんなに大量の水,必要ねえだろ。と思うのは素人の浅はかな考え。これくらいの水の量でちょうどいいんです。

s-IMG_0946.jpg

久しぶりの本物の台湾ラーメン。
福井などでも(王将などのチェーン店でも)台湾ラーメンという名の料理を食べることができますが,全くの別物。辛さがちがいます。麺をすするとむせます。スープを飲むと唇がヒリヒリします。さすが本場の台湾ラーメンだ(台湾が本場ではない。台湾には台湾ラーメンはないのだww)

s-DSC_0064.jpg s-DSC_0065.jpg

あ〜おいしかった。
定番の青菜炒めなども我慢してラーメンのみで680円也。


【4発目】

この日もいろいろと動き回ったわけで(次回記事にします),小腹が空いた。レベッカのライブは17:00〜という中途半端な時間なので軽食をいただこうか。

これは間食ではない(ということにしておきたい)。

s-IMG_0985.jpg

名古屋駅近くの「リヨン」。名古屋のモーニングをネットで検索すると必ず出てくるお店です。
一日中モーニングを食べれるお店なのです。
じゃあモーニングと呼べないんじゃないかっていうベタなツッコミは不要。名古屋の食い物はたいていツッコミをいれたくなるものなのです。

s-IMG_0986.jpg

アイスコーヒー(410円)に定番の小倉あんトースト(無料でついてきます)を。
おいしかったよ。ちょうどいい具合に腹も満たされたのでライブへ向かいます。



【4発目】

息子と合流し,ライブ鑑賞。
ライブがはねたらムスコは「名古屋に詳しいんやろ。どっか名古屋名物を食べれるところに連れて行ってくれ」と言うのですが僕は自分の食べたいものは2日間で食べてしまっているわけで・・・あまり気が進まないけれど味噌系のお店を目指します。名鉄百貨店のレストラン街のみそカツの有名店「矢場とん」に行ってみたのだけれど長蛇の列。しょうがないのでとなりの「山本屋総本家」へ。

名古屋には「山本屋本店」と「山本屋総本家」とふたつの味噌煮込みうどんの有名店があるわけですが,特にこだわりもなく。

s-IMG_1000.jpg

s-IMG_1001.jpg

s-IMG_1002.jpg s-IMG_1003.jpg

蓋をお皿代わりにして少し冷まして食べるのが流儀。ええ,僕そんなこと知らずに直接うどんをすすって痛い目に合った過去を持つ男ですw
でも,周りを見渡すとほとんどの人が直接食ってるわけで・・・

僕はもともとうどんは好きではなく,また味噌煮込みうどんには全くいい思い出がなく,ずっと敬遠していたんですが・・・うまいじゃないか。
でもね,うどんに1,500円とかって僕にはあり得ないんだけど。ご飯を一緒に注文している人が多数。うん,量も少なめだし味も濃いのでごはんのおかずとしてもいいかもね。

こんな名古屋めし5連発でした。
今回紹介した5食分の値段をすべて足してもひつまぶし1杯分の値段に全く及ばないという・・・

息子には今度来た時には「ひつまぶし」をぜひ食べるように(自分で金を稼げるようになってから自分の金で)と。だってさ,僕が学生の時はとにかく金がなくて喫茶店でモーニングなんて食べたことないし,ひつまぶしももちろん食べたことがないんですよ。名古屋名物でけっこう口にしていたものは台湾ラーメンだけなのです(みそカツは好きじゃないから敢えて食べなかった・・)。



(まだつづく)


posted by poptrip at 19:30 | Comment(2) | グルメ(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする