2017年07月04日

ココイチからの敦賀本町商店街徘徊

※ずいぶん前の記事です

この日,本当はM氏と会食からのカラオケの予定だったんですが(翌日に延期されたその模様は先日の記事の通り),どうしても仕事の調整がつかずキャンセル。しかたなく敦賀で夕食を食べることに。

お昼ラーメン食っちゃったからなあ,ラーメンは除外。王将とパ軒は最近行ったしなあ。となると・・・ココイチ一択(笑),いやまあココイチも最近行ってるんですが敦賀店は久しぶりなものでして。

s-IMG_0311.jpg

メニューを見てかなり悩みます。
1,000円以内に収めたいしサラダも食べたい。
僕の出した結論は
シーザーサラダとフィッシュフライカレータルタルソーストッピングライス辛さ普通。

s-IMG_0305.jpg

シーザーサラダのいいところは,ドレッシングが最初からかかっていること。ほかのサラダはドレッシングが別で3種類ドーンって持ってこられて好きなのお使いください。ってなるんですが有無を言わせずデフォルトでドレッシングがかけられているほうが楽っちゃあ楽。

s-IMG_0307.jpg

s-IMG_0308.jpg

クリーミータルタルソースが別皿で供されるというのはすでに経験済み。
それをフィッシュフライの上に自分でトッピングしてさらにとび辛スパイスを振りかける。

s-IMG_0309.jpg

見た目,逆にまずそうになっちゃうのがアレなんですが,うまい。
うますぎる。

ゆりあんのように「調子に乗っちゃって」カレーソースを贅沢に口に運んでいたらライスが余っちゃったので,

s-IMG_0310.jpg

食べ放題である福神漬けをこれまた贅沢にライス上にトッピングして処理。
もちろんお会計は楽天カードで!

満足した僕は,本町商店街を徘徊することにした。

珍スポットと紹介されたりもしているこの松本零士作品のモニュメント像やラッピングたち。敦賀とはとくに縁もゆかりもない松本零士作品がこれでもかとふんだんに使用されています。

s-IMG_0316.jpg

s-IMG_0318.jpg

僕,何十回ってこの道路わたってますが,この歩道橋一度も通ったことがないんですけど・・・だってちょっと歩けばちゃんと横断歩道があるし。まあ壊すにも費用がかかるからねえ。田舎では歩道橋の必要な一般道路ってあんまりないと思うんですよ。

s-IMG_0319.jpg

バス停の名称が微妙に異なる。
「1丁目」なのか「一丁目」なのか。
僕の個人的見解では横書きの場合は「1丁目」,縦書きの場合は「一丁目」がいいんじゃないかなあと。

s-IMG_0320.jpg

トンチャンカレーに

s-IMG_0322.jpg

赤天か・・・

なにもかもみな懐かしい

ホントは沖田艦長のモニュメント像の画像があればいいんですが残念ながらないのですw

トンチャンカレーも赤天もずいぶんとご無沙汰。まあトンチャンは別に食べたいということではないのですが(笑)
赤天が結構早い時間(19:00)でもオープンしていることが分かったのでまた今度行ってみようかしら。

s-IMG_0323.jpg

メーテルの再現度は・・・イマイチかな。
いや細かいところ(まつ毛)まで頑張ってるんだけど,メーテルは三次元にしちゃいけないタイプの美人なのです!

s-IMG_0325.jpg

s-IMG_0312.jpg

鉄郎とメーテルのコスプレをしたカップルを僕は見かけたことはないのですが,面白そうですな。僕は絶対やらんけど。

s-IMG_0324.jpg



posted by poptrip at 21:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(ココイチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

ココイチのエビカツカレークリーミータルタルソーストッピング

ムスメと二人で夕食をとることになった。
ムラカミハルキの小説のようにとんとんとんとヨメとの離婚が決まり,ムスコはヨメが引き取りムスメは僕が引き取ることになったからだ。というのはもちろんウソでヨメが実家に帰ってしまったからだ。

というのもウソでまあ理由は置いといて,とにかくムスメと二人でメシを食べるところを決めなくてはいけない。

いろいろ悩んだのだけれどムスメはそばが嫌いという福井県民として致命的な欠点があるため,結局ココイチに落ち着いた。自分のムスメがココイチ嫌いだったらと考えたら恐ろしい。もう八方塞になってしまう。

ココイチ某店に行き,2人とも悩みに悩んだ末に僕はメニューの写真に釣られ,未食のエビカツカレー+クリーミータルタルソース400グラムをオーダー。ムスメは「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」をオーダー。

この「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」は甘口にもできるのかと質問したところ「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」は辛口はありますが甘口はありませんと。じゃあ「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」のライスの量は選べるのかと質問すると「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」のライスを小にすることは可能ですとの答え。じゃあ「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」のライス小をお願いします。はい。それではご注文を繰り返します。「エビカツカレー,クリーミータルタルソーストッピングライス400グラム辛さ普通」と「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレーライスのライス小,辛さ普通」をおひとつでよろしいでしょうか。あ,そして二人でシェアしようと「シーザーサラダ+温玉」も追加でお願いします。

長いメニュー名って考え物だよね。
中田英寿は敬語を使うと言葉の伝達スピードが落ちると,ピッチ上では先輩も呼び捨てだったという。

ふと厨房を見ると,知った顔が。知人のムスコじゃないか。ココイチでバイトしているというのは聞いていたが,小さいころから知っている彼の作ったカレーにお金を払って食べるというのはなんとも不思議な感覚だ。

考えてみたら僕の周りには,ココイチでバイトしている(していた)人が何人かいる。従兄のムスメさん,昔社宅で一緒だった同僚の奥さん2人・・・ココイチフリークの僕としてはいろいろと彼らに質問をぶつけたいのはヤマヤマなのだが非常に中途半端な知り合い(笑)だからなかなかそういうわけにもいかないのが悩ましいところだ。まあ知らないほうがいいことってのは世の中にたくさんあるしな。

まずはシーザーサラダが運ばれてきた。

s-IMG_8859.jpg

あっ。

温玉は別皿でくるのね。

メニューでは温玉が乗った状態の写真だったから(それがすげえ美味そうに見えたんだよ),てっきり温玉が乗った状態で来るもんだと・・・

そして,メインのエビカツカレー+クリーミータルタルソースもやってきた。

s-IMG_8861.jpg

・・・えっと。

これも別皿でくるのね。

メニューの写真では・・以下略。

s-IMG_8862.jpg 

ほら,自分でタルタルソースかけたからメニューの写真のような見栄えがよくないカレーが出来上がってしまったじゃないか(泣)

s-IMG_8863.jpg

辛さ普通で注文してとび辛スパイスで好みの辛さに調整するという作業も板についてきて,ルーティーンとなっていることを一応ここでご報告しておく。

しかし,このタルタル。

合うね,カレーにも。

意外な発見だったよ。

アンジャッシュ渡部が明太マヨはなんにでも合うとしょっちゅうアメトークで言ってるわけですが,タルタルソースのほうが何にでも合うんじゃねえか。
そんなことより渡部のせいで僕の好きな女性芸能人ランキングでここ数年1位の座にいた佐々木希はランクダウンせざるを得ない(笑)

知人のムスコは一生懸命働いていて,僕ら父娘がアイコンタクトをとろうとじっと見つめるのだが気づいてくれない。聞こえないガンバレを何度も言うよ。とコブクロの蕾を心の中で歌いながら店を出た。


posted by poptrip at 22:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ(ココイチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

ココイチの宅配

ココイチやヨーロッパ軒について今まで散々偉そうに語ってきた私ですが,実はこの両者の出前というものを一度も利用したことがなく・・・今回初体験いたしまして,恥ずかしながら記事にさせていただこうかと。
あ,パ軒の出前は一度注文しかけたんですが,電話の対応があまりにも横柄でやめたということが・・・

この日,会社のみんなで昼食をとることになった。
ちょっとしたあぶく銭があるということで予算は1,200円。
ただし,会社まで出前をしてもらわなきゃならないので食べるものは限られてくる。

幹事さんからのメールでは「ヨーロッパ軒」と「ココイチ」の2択。
どちらかを選んで,返信してくださいとある。

松田聖子と中森明菜のどちらか一人を選べと言われても選べないのと同じで(例えが古いなw),ヨーロッパ軒とココイチのどちらかを選ぶなんて僕にはできない(笑)ので,
「どちらでもオッケー」と返信しておいたところ,どうもココイチ派が多数を占めたようで,いつの間にかココイチに決定しておりました。


ココイチで1,200円で食える最高のトッピングを検討した結果,

ロースカツカレー  :753円
1辛        : 21円
ほうれん草トッピング:226円
ヤサイサラダ    :185円
----------------------------
合計       1,185円

考えてみたら1,200円ではいつもと変わり映えのしないカレーになってしまうことが判明した。せっかくだから予算2,000円でココイチ!みたいな贅を尽くしてみたいと僕は実感したのであります。

12:00過ぎに会議室に移動すると

すでに8人分のカレー弁当は到着していた。

たくさん並んだカレーのなかから自分のカレーを探し出すというココイチフリークにとっては夢のような楽しい作業が始まります。3辛なんて食べるの誰やねん!なるほど,ササミカツトッピングできたわけね。ポテトサラダもいいじゃないか。などいろんな種類のカレー弁当とサラダのなかから,お目当ての自分のカレーを発見。

s-P1030269.jpg
ロースカツカレー1辛ほうれん草トッピング+ヤサイサラダ

s-P1030270.jpg

うん。
お店で食べるのとはまた違う味わいがある。
そして,やっぱりおいしいよ。
王将の餃子テイクアウトとかマクドナルドのテイクアウトだとね,家に帰ったころには冷めちゃってて味がかなり落ちちゃうわけですが,やはりココイチの宅配はひと味違う。

しかし,こんなに大勢でココイチのカレーを食べるのなんて初めての経験である。みんな知恵を絞って1,200円におさまるようにカレーを選んだのだろう。

そんななか,ひときわ異彩を放っていたカレーがあった。

僕が食べたカレーの画像のようなワンプレートではなく,ライスがひとつにカレーソースの入れ物がふたつという・・・本来カレーとライスがおさまっているはずの容器には仕切りがなくライスのみが。そして,サラダが入るべき容器2つにそれぞれカレーソースが。

僕は思わず若手社員を問い詰める。

オレ:「お前,いったい何を注文したんや?」
若手:「あ,僕いつも700グラム食べるんす。ちゃんと1,200円におさまってますから」
オレ:「・・・」



しかし,700グラムって・・・

お前は,熊本ヴォルターズの助っ人外人か!
ってツッコミかけてやめました。パワハラだと思われると面倒だからな(笑)

s-coco.jpg



なお,後で判明したことなのですが予算1,200円というのは税抜き価格だったと。またやられたよ。消費税マジックに。ふふふ。やっぱオレの背中,煤けてるな。

sanaka.jpg




さて,話は変わってアメトークの「カレー大好き芸人」。

ザキヤマがカレー味のおやつとして紹介したのが,

s-IMG_3204.jpg

まずは,

s-IMG_3205.jpg
カレーせん

そして,

2つめが

s-IMG_3206.jpg
なつかしカレー味

そして3つ目。

これも定番ですよねといって

ザキヤマが袋から取り出したものは




s-IMG_3208.jpg
ココイチのカレー弁当

見事な三段落ちだったよ。

s-IMG_3209.jpg

ごちそうさまでした〜。
僕,チーズトッピングはリッチなやつにしか食べれない,ブルジョワジーのためのトッピングだと思ってます。



posted by poptrip at 19:45 | Comment(10) | TrackBack(0) | グルメ(ココイチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

ココイチ鯖江有定町店で新発見

僕のブログは山登りとB級グルメがメインテーマ(だと自分では思っている)なのだが,ここ最近は電車のハナシばかりでいったいどうなっちゃってんだよ。というご批判をアナ雪批判と同じくらい多数頂戴した(ウソ)。

安心してください。
ちゃんとラーメン週2生活は続けてますから。
ココイチにも行ってますから!

この日,予定外に夕食を一人でとらなくてはならなくなった。
敦賀〜鯖江間にあるどのお店でもよかったのだが・・・結局ココイチ鯖江有定店に行ってしまうオレはダメ人間。まあ,悲しいかな福井県では夜の8時を過ぎると一気にお店の選択肢が減るから仕方がないと自己弁護したくもなるのですが,どうでしょう。

まあせっかくだから,今まで食べたことのないメニューをと豚しゃぶカレーをオーダー。そして久しぶりの大盛(ライス400g)です。辛さは当然,普通。ええ,金をケチるためにテーブルに備え付けの「とび辛スパイス」で辛さを調整するんです!

以前,とび辛スパイスの存在を忘れ使用せずに終わってしまったことがあるため,店に入る前から頭の中はとび辛スパイスでいっぱいおっぱい。

なんとか1,000円以内におさめようと計算した結果,ヤサイサラダを追加してもオッケーだと判明。よし!ヤサイサラダもオーダーだ。
カレーとサラダをオーダーした後,店の奥にあるトイレに行くと・・・なんと新発見。

このお店にも大量のマンガライブラリーがあったのね。
今まで全く気付かなかったよ。カウンターの背面に書棚がありまして・・・
鯖江有定町店では常に入口そばのテーブル席に座るため(僕はカウンターってあんまり好きじゃないから,おひとりさまでも極力テーブル席に座るのだ),盲点でした。

この日,たくさんのマンガの中からチョイスしたのは・・・

s-IMG_1865.jpg
三国志

男ならやっぱり「三国志」っしょ。
カレーに似合うマンガって感じしません?

昔,うちの兄が全巻そろえていたので何度も何度も読み返しているのでストーリーは頭に入っているのだが,10年以上読んでない。というか実家に置いてあったはずなのに最近見かけない。

兄に尋ねてみると,中学校の同級生に貸したまま返ってこないんだと。ここ数年はその友達とはほとんど連絡をとっていないからあきらめてくれと。うんうん。ありがちだよね。僕も友達に貸したまま返ってこないCDは何枚もあるし,逆に借りたまま返せていないCDやマンガがありますから(ゴメンナサイ・・・)

三国志を読みながら待っていると,やってきました豚しゃぶカレー。

s-IMG_1866.jpg

満を持して・・・

s-IMG_1867.jpg

とび辛スパイスをトッピング!

とび辛スパイスビギナーの僕は,どれくらいの量をふりかければいいのかよく分からないのでとりあえず画像の通り控えめに。

上品な食べ方をすることを常に心掛けている僕は,普段はスプーンでルー(カレーソース)を混ぜたりすることはないのだが,今回は下品にまぜまぜする。スパイスが均一になるように。
ええ,子供のころはカレーライスってぐじゃぐじゃに混ぜて食ってたんすよね。カレーが米粒の隙間に入り込みすべてが均された状態にしてから食べてたんですが,いつからかそれはやめた。カレーを混ぜるのをやめるということが大人になったということなのだ!

うむ。

1辛あるいは2辛くらいにはなってる気がする(あくまでも気であるw)。

周瑜が孔明にしてやられるのを痛快に感じながら夢中になって漫画を読んでいたら,ライスだけが残ってしまいました。普段は,ルーとライスのバランスを考えながら微調整を常に心がけ,最後までルーとライスがいい感じで残るように食べているのですが・・・

まあこういうことはたまにあるので,狼狽えたりはしません。
ええ,アレをトッピングすればいいんです。

s-IMG_1868.jpg

無料の福神漬けを。
もちろんライスにとび辛スパイスだけをふりかけて食べるというドM(ドSかな?)な選択肢もあったわけですがパスしておきました。福神漬けってカレーライスと一緒にしか食べない不思議な漬物なのです。

ごちそうさまでした〜
もちろん支払いは楽天カードで!


孔明先生の「だまらっしゃい」が読めるのは横山光輝の「三国志」だけ!


posted by poptrip at 22:15 | Comment(5) | TrackBack(0) | グルメ(ココイチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

ココイチの日替わりバラエティカレー

s-IMG_1017.jpg

ココイチに行ったら新発見。

s-1479615220516.jpg

なんと,日替わりバラエティーカレー(802円)というメニューが。

あとで調べてみたところ,このサービスは店舗によって実施しているところとしていないところがあるようでして。

この日はこんなの。

s-IMG_1016.jpg
カニクリームコロッケ・ウインナー・ほうれん草

通常のトッピングの場合,カニクリームコロッケは2個,ウインナーは4本なのでこのバラエティーカレーの場合その半分となっているようです(たぶんほうれん草の量も半分なのではないかと推察される)。

ということで計算をしてみましょう(ケチの習性)。いったいいくら得してるのか計算せずにはおれないのです。このバラエティカレーの構成要素を積算してみます。

ポークカレー 442円
カニクリームコロッケ  206円×1/2=103円
ソーセージ 290円×1/2=145円
ほうれん草 226円×1/2=113円
-------------------------------
合計 803円

ななんと,1円のお得!

いやわかってますよ。
いろんなトッピングを楽しめるってのがこのメニューの売りですから,価格的にお得感があんまりなくてもね・・・でもどうせならこのメニューを750円くらいだったりするとうれしいんですけどね。

暇なら,ほかの曜日のメニューについても計算をしてみるのですがあいにくそこまでする元気はないので,どなたかが計算してご報告いただければ幸いに存じます(笑)


posted by poptrip at 10:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(ココイチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする