2016年06月12日

青い塔(伊那市)の元祖ソースかつどん

元祖ソースカツ丼と名乗っている地域やお店が全国にはいくつも存在します。
福井県民である僕は,ヨーロッパ軒が元祖であると信じて疑わないわけですが,ここ,長野県伊那市も元祖と名乗っているお店がありまして。

s-IMG_9570.jpg s-IMG_9569.jpg

「元祖ソースかつどん」青い塔でございます。

駒ヶ根,伊那では数回ずつ食べているのですがこのお店ははじめてです。

ナビに従って車を走らせたのですが,まあ住宅街の中の分かりにくいところにあるわけでして,ホントにこんなところにあるのかとカーナビを疑ってしまったわけです。僕のナビは古いこともあってときどきとんでもないルートを選択することもあり,信頼度はかなり低いのもので(エリが悪いわけではないw)

s-IMG_9571.jpg

17:00過ぎにお店に到着。

カウンターに案内され,ひととおりメニューを眺めたあともちろんソースカツ丼(1,000円)をオーダー。

s-IMG_9566.jpg

s-IMG_9568.jpg

やっぱ分厚いっすねえ,この地方のカツは。
肉を噛んだ時の感触が,パ軒のそれとはまるで違います。こうまで違うのかというくらい。ただ,これはこれでアリだと思います。ソースカツ丼を口に運んだ時のむせ具合もなかなかのもの(オレって気管が弱いのかなw)。
もちろんカツとご飯の間にはキャベツの千切りがちりばめられております。キャベツのトッピングされたソースカツ丼は福井でも見かけますが,たぶんキャベツのないソースカツ丼を長野で見つけるのは困難なのではないかと想像されます。

うん,おいしかったよ。福井のソースカツ丼よりは劣るけどw(←郷土愛のためかなりバイアスがかかった感想です)

元祖を名乗っている群馬県あたりのソースカツ丼もそのうち食べに行きたいなあ。山登りのついでに。

なお,伊那市内からは甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳がよく見えます。

s-IMG_9572.jpg

s-IMG_9573.jpg
鋸岳,甲斐駒ケ岳

甲斐駒ってやっぱかっけーよなあ。

帰ってから調べたら,ローメンっていう料理がこの地方にはあるんだという情報が・・・迂闊だったよ(いつものことだけれどw)
やっぱり段取りは大事なんですよ。みなさん。
まあ,次回このあたりに来ることがあればぜひローメンを食べてみたいと(そのときには忘れていそうで怖いww)


posted by poptrip at 17:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ(その他地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

ハルピンラーメン下諏訪町役場前店


蓼科・霧ヶ峰と二つの山行を終えた僕はてきとうな駐車場に車を停めてお昼寝タイム。
睡眠は大事です。疲れたら寝るんです。

30分ほど寝て,自然に目を覚ましたのでメシを食いに。二つの山に登ったんですけどほとんど汗をかいていないので温泉はあとまわしにします。

長野県にきたら,もちろんそばでしょ。と思ってたんですけどネットで調べていたら諏訪近辺にはハルピンラーメンというローカルなラーメンチェーン店があることが分かり,ラーメンを食べることにしました。ラーメンに反対するような細胞は僕の脳の中には存在しないのです。

ナビの案内でたどり着いたのはハルピンラーメン下諏訪町役場前店です。

s-IMG_9509.jpg

s-IMG_9508.jpg

ハルピンというのは中国にある地名。その哈爾濱(ハルピン)との関係性はよくわからないんですが,福井でいうヨーロッパ軒みたいな名前の付け方なのでしょうか。地元の人に愛されているお店のようで,北陸地域における8番らーめんみたいなものと思われます。推測ばかりですみません。

メニューをじっくり見て,結局のところ看板メニューのハルピンラーメン(670円)をいただきます。ランチタイムは無料でライスをつけれるようなのですが,丁重にお断りしました。だって,このあとハシゴする可能性だってあるんだからw

店員は女性ばかり3人。
ラーメン屋にしては珍しいなと思っていたんですが,

ラーメンを運んできたのは若い男性でした。

なんだよ,男がいたのかよ!

この「彼氏がいないと思ってたのに,彼氏がいたとわかったとき」みたいな裏切られた感はなんなんでしょう(笑)

作ってるのが男だろうが女だろうが,運んでくるのが男だろうが女だろうが,そんなことどっちでもいいので早速いただきましょう。

s-IMG_9507.jpg

中細縮れ麺にでっかいチャーシュー。こいつらはまあ特筆すべきもんでもないのですが,やはり特徴はこのスープなんでしょうな。味噌ベースのちょっぴり辛いスープって感じなんですけどそんな単純なものではなく独特の風味がします。悪くない。

地方のラーメンチェーンって天理ラーメンもそうだったけど,ジャンク具合が絶妙ですな。圧倒的なB級感。洗練されてないんだよ。いや8番らーめんもそうなんだけどw

s-DSC_0321.jpg

平日の昼間だったこともあってかお客さんは見るからに地元民ばかり。休日には行列もできるそうな。

ごちそうさまでした〜。

posted by poptrip at 20:35 | Comment(12) | TrackBack(0) | グルメ(その他地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

光麺 三井アウトレットパーク北陸小矢部店

小矢部のアウトレットパークには2軒のラーメン屋さんがあります(たぶん)。
「光麺」と「つくし」。メジャーなのはもちろん光麺。福井のお台場ラーメンPARKにも過去に出店していたと記憶しています。
僕が東京に住んでいた2000年ごろ,今でこそ激戦区と呼ばれる池袋のラーメンといえば「大勝軒」は別格として,「屯ちん」「えるびす」「光麺」だったわけですが,残念ながら光麺を食べる機会には恵まれず,今回いただくことにしたわけです。

s-1458483434310.jpg

光麺が常設店であることは喜ばしいことなのですが,フードコートにあるというのが大きなマイナスポイント。フードコートってさあ,席取合戦が凄まじいじゃないですか。それに自分でテーブルまで運ぶのも混雑してて大変なわけで。みんな慌ただしく動き回ってるため席についてもあんまり落ち着いて食べることができないわけです。テーブルが汚れてたりすることもあるし・・・だからお台場ラーメンPARKとかグルメ博も僕は苦手で1度か2度しか行ったことないんですよ。だいたいあのイベントは容器からして貧乏くさいしなにより入場料をとる(あるいはチケットが高額)というのがどうも納得できなくて。
・・福井の大人気グルメイベントをdisるのはこのくらいにしておきましょうか。まあビジネスだからしょうがないし割り切って楽しめればいいんでしょうけど根っからの貧乏性でして。田舎に有名店を呼ぶってのはいろいろとアレなのも分かるんだけどね。



何とか席を確保し,行列に並びます。フードコートは11時オープンなのですが休日と言うこともありオープン10分後くらいにはほぼ席が埋まってました。残念ながらキャパ的にはアウトレットパークのレストランとかフードコートってどこもピーク時にはとても対応できないレベルじゃないかと思います(トイレもねw)。

s-1458483445192.jpg

注文して5〜6分でベルが鳴りました。

s-1458483423933.jpg
熟成光麺(780円)

s-1458483415568.jpg

とんこつしょうゆのラーメンはやはりおいしかった。僕がとんこつ好きということを抜きにしても食べやすいマイルドなとんこつじゃないかと。チャーシューがちょっぴり残念なものでしたが。
ただ,フードコートじゃなかったらもっと美味しく感じられたんじゃないかなあと・・・あのカオスの中で食べるラーメンとちゃんとした店舗で食べるラーメンは気持ち的にやっぱり違うと思うんだな。僕はとっても繊細だから(笑)


今年のお台場ラーメンPARKには,また庄のも来てるんですね・・行ってみたい気もするけどポリシーは曲げないのです(笑)

posted by poptrip at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(その他地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

GODIVA 三井アウトレットパーク北陸小矢部店

初めての三井アウトレットパーク北陸小矢部。
特に買いたいものがあるわけではないのですが,一度くらいは行ってみようと思っていた観光スポット(笑)
すごい人ですよね。みんなそんなにショッピングが好きなんでしょうか。
僕はショッピングと言うものにほとんど興味がないため,アウトレットにも全く興味がないのですが竜王のアウトレットには行ったことがあります。あのときもあまりの人の多さにうんざりしてしかも途中でOPPに見舞われトイレに行ってみたものの大行列ができていてもう顔面蒼白になりながら列に並んだというとても悲しい思い出しかないのです。

s-1458483261158.jpg

今回も,入店すると同時にトイレへ。「備えあれば憂いなし」ってことです。波動エネルギー充填率は20%ってところでしたが,絞り出しましたよw
僕の波動砲は,充填率20%以上ならいつでも発射できるんです!キリッ
とりあえずアウトドア関係のお店を物色。コロンビアとモンベルとノースフェイス。ええ,どれもびっくりするほど安くなっているわけでもなく何も買わず。
アウトレットでは集合場所と時間だけを決めて家族8人全員別行動にしていたのですが一人で歩いているムスメを見かけたので思わずナンパ。GODIVAへ誘ってみたところホイホイとついていきました。知らない怪しいオッサンにはついて行っちゃだめだぞ。
店の前を通った時にみかけたチョコレートドリンクというものを飲んでみたかったんですよ。ただオッサンがひとりで飲むにはちょっとハードルが高いんだな。でも590円という高級ドリンクなんですが手が出ない値段でもないし。

GODIVAというのはご存じ高級チョコレートブランド。
日本語表記は「ゴディバ」のようですね。福井だと西武にあるみたいです(昔はなかったと思うんだな)。

実は17〜18年くらい前にアメリカに出張に行った時にニューヨーク5番街にあるGODIVAをちらっと覗いてみたことがあります。その頃はいまほどGODIVAは日本ではメジャーではなかったんでGODIVAの読み方がわからなかったんですよね。それで店員さんにGODIVAってのは「ゴディヴァ」と発音するのか「ゴダイヴァ」と発音するのかどっちなんだと尋ねてみたのです。そしたら店員さんは「ゴダイヴァ」ですよ〜って答えてくれたのでそれ以来GODIVAは「ゴダイヴァ」だとずっと思ってたんですけど,日本語表記は「ゴディバ」となっているのでもしかしたらニューヨークでの僕の記憶が間違ってるんじゃないかと・・

s-DSCF0179.jpg
2001年,2度目のニューヨーク5番街
(アウトレットでムスコが偶然BANABA REPUBLICで服を買ってたのです)


wikipediaを見てみたら「名称とロゴマークは、イングランドの伝説に出てくるゴダイヴァ夫人(Lady Godiva)に由来する。ベルギーにおけるチョコレートメーカーとしての発音は「god ee' va(ゴディヴァ)」に近く、因みに英語での発音は「ゴダイヴァ」である。」との記述があり,ああ僕の記憶力も捨てたもんじゃないなあと。

で,ショコリキサー(ダークチョコレートデカダンス)を。
もちろんショコリキサーなんて単語は生まれて初めて見ましたし,デカダンスとかってメニューの意味もよくわからないわけです。最近の日本人は外来語をちゃんと日本語に直すという努力をしないからダメなんですよ。昔の日本人は外来語はたいてい日本語に直してたのに最近は安易にカタカナに直すだけなんだから。
かといってダークチョコレートデカダンスなんてのを「退廃的暗楂古聿飲料」などという強引な日本語にされても困るっちゃあ困るんですけど。

s-1458483270988.jpg

とにかく甘過ぎ。スイーツと呼ぶにふさわしい食べ物というか飲み物。
これをふつうのひとは一人で完飲してるなんてのが信じられないわけです。

s-1458483282445.jpg

私は二口だけでギブアップ。
残りはムスメにすべて託しました。

まあモトモトぼくがチョコレートが苦手ってが原因なんですけどね(←じゃあなぜGODIVAのドリンクなんかを飲もうと思ったんだ!っていうハナシなんですけど)

posted by poptrip at 21:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(その他地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

今年3度目のフグ

うちの父親がずいぶん前からフグを食べたいと。
連れて行ってくれと頼まれていたんですが,今回その願いをかなえてあげることに。

富山県の某所にて。

s-IMG_8186.jpg

子どもたちは牛しゃぶを。
まあフグなんて興味ないんだよね子供たちは。
あ,ウチのヨメも興味がなかったようです(笑)

僕は去年まではフグなんて東京と北九州で1回ずつ,計2回しか食べたことがなかったんですがなんと今冬だけで3度目のフグなんです。こういうこともあるんですなあ。

s-IMG_8185.jpg
てっさ

s-IMG_8187.jpg
てっちり

s-IMG_8188.jpg
皮の湯引き

s-IMG_8194.jpg
白子焼き

s-IMG_8197.jpg
唐揚げ

s-IMG_8199.jpg
雑炊

さすがにフグをウリにしてる美浜の民宿と比べたらアレでしたけどまずまずの満足感。今回はてっちりがおいしかったなあ・・・親孝行をしたぞという満足感もありましたわ。

フグで思いだすのは僕が最も面白かったドラマのひとつだと思っている朝の連続ドラマ「ちりとてちん」です。ご存知の通り(ご存知じゃないかもしれませんが)落語のハナシなんですけど,その中でフグの出てくる大ネタがありまして。「地獄八景亡者戯」という演目です。

いや〜どないして死のう。何かうまいもん食うて死のう。
そうや。今まで命が惜しいさかい フグをよう食べなんだ。
フグにあたって死んだらよかった。それがよかろう っちゅうんでフグにフグを買いに
やりまして フグに料理してフグにあたって フグに死んで フグに冥土に来てしまいました。


っつーやつですな。
一度くらいは落語を真剣に聞いてみたいとは思ってるんですが,なかなかね・・・一度「ちりとてちん」を放送していることに鯖江で開かれた無料の落語会に行ったんですけどマクラでは笑ってた私も,本題に入ったら猛烈な眠気に襲われてしまったというw
CDの館外貸し出しをしていない鯖江の図書館もなぜか落語のCDだけは貸出してるんですよ。そのうち借りてこようかなあなどと思っている次第です。

posted by poptrip at 20:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ(その他地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする