2018年07月27日

2018夏の青春18きっぷの旅 広島1泊2日(ウニホウレンを求めて)

今回の旅の飲食状況をご報告。

まずは岡山駅。
乗換えの時間は約50分。

店に入ってメシを食ってる時間としては不十分。

これを。

s-IMG_7544.jpg

いんでいらのえびめし。

s-IMG_7546.jpg

えびめしとは、ご飯に海老などの具を入れて油炒めしソース味に仕上げた料理で、焼き飯やピラフの一種である。岡山県近辺で食されており、特に岡山市(中心市街地)の郷土料理として有名である。(wikipediaより)

見た目を全く裏切らない,想像通りのお味でございました。特にオススメはしません。ソースを使った料理は福井のソースカツ丼,あるいは敦賀のゆのくにのトンチャンという破壊力抜群のメニューがあるもので。

そして広島の夜。
今回の目的のひとつがウニホウレンなる未知の食べ物を実食すること。

宮島を観光したのち,ネットで目を付けていた海平というお店に行くも満席・・・orz
そしてもう一軒の五エ門も,同様の仕打ち。ひとりなら大丈夫という油断があった。それに豪雨の影響やこの日はカープ戦があるってことで広島の繁華街の居酒屋もそれほど混んではいないだろうと思っていたのだけれど,全くの誤解でした。それは魚介です(ウニだけに)。

スマホのバッテリー残量が残り20%を切った状況では,検索するにも躊躇し(ホテルの場所をスマホで調べないとチェックインできないからムダにスマホを使いたくなかったのだ)その辺をぶらぶら歩いてテキトーなお店に入ることにしました。

s-IMG_7690.jpg

陣太鼓というお店です。

まずはハイボール。

オススメだというでべら。尾道の名産品だそうで。

s-IMG_7684.jpg s-IMG_7685.jpg

まずは頭をとり,二枚におろしてから細かくして食べる,というやり方を伝授していただき,2匹のうち1匹は自分で細かく。

s-IMG_7687.jpg
牡蠣の塩辛

無類の牡蠣好きの僕ですが,牡蠣の時期ではないこともあり牡蠣の塩辛(SKKSには不向きな食べ物だが旅先ではリミッターを外すw)。これはうまかったっす。初めての味。牡蠣独特の苦みに鯖江のへしこに勝るとも劣らないくどさ(福井弁で塩っ辛いということね)にノックアウト。ちびちびつまみながらハイボール2杯。ポテトサラダを加え,合計3,100円。ちょっとお高め感があったかな・・・
子鰯の刺身を食べたかったんだけどどうも品切れだったようで,もしないと分かってたらお好み村にでも行っていたんだけどな。

2軒目へ。はしごです。
旅先でははしごが常識。

ウニホウレンのある2軒振られた僕の最後の砦へ。
ウニホウレンをちょっとアレンジしたウニクレソンなるメニューがあるというお店,中ちゃんです。

s-IMG_7693.jpg

カウンターに着席すると,ウニクレソンとハイボールを。
すると,「ウニホウレンは終りました」という最も聞きたくなかった言葉が店員さんの口から。いやいやいや。ないと分かってたら別の店に行ったんだけど・・・

仕方がないのでオススメだというステーキを。

s-IMG_7691.jpg

そして〆にお好み焼き(野菜入り)。

s-IMG_7692.jpg

ソースがたっぷりかかった,ソースに浸かったような不健康を絵にかいたようなお好み焼きはまあふつうにおいしかったぞと。ハイボール1杯にステーキとお好み焼きで3,050円。いやぁ,なんか普段なら考えられないような金の使い方をしてますがまあたまにはね。

なんか不完全燃焼のまま,僕はホテルへ向かいました。

しかし,被災地支援のつもりで広島でたくさんお金を落としてこようなんて考えはおこがましいものでした(この日に限っては)。広島市内は普段通り(たぶん)に賑わっており,2軒断られましたからね。もしかしたらいつもはもっと人が多いのかもしれませんが・・・




posted by poptrip at 17:30 | Comment(6) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

広島駅で汁なし担々麺

いやあW杯サッカー日本代表・・・惜しかったっすね。結果は残念だったけれどわざわざ起きて見た価値は十分あったかと。そして今日からはウインブルドンテニスに錦織が登場。眠れない夜が続きそうです。

---

5月に行った九州一周の旅。
その帰途に寄り道した広島ネタをまだ処理してなかったのでここいらで・・・

汁なし担々麺。
そんなものつい数か月前まで聞いたことすらなかった。

汁なし担々麺(しるなしたんたんめん)は、広島市のB級グルメ料理。汁なし担担麺の表記もある。
日本では中国四川省出身の料理人陳建民が日本人向けに改良した汁麺として担担麺が普及しているが、担担麺発祥の地である四川省では汁のない担担麺が一般的である。四川省の担担麺に店舗独自のアレンジを加えて、広島の汁なし担担麺が誕生した。
元祖は2001年(平成13年)に広島市中区で創業した「きさく」であると言われており、同店でアレンジされた担担麺は知る人ぞ知る名物となった。
続いて、広島市中区の「くにまつ」が2010年頃から起きた第二次ブームを牽引する。くにまつは具体的なレシピを公開することで汁なし担々麺の普及に寄与した。
味の基本である五味に、唐辛子による辛味、山椒による痺れ(麻味)を加えた七味が特徴。店舗によっては、山椒を入れないものから、大量に入れるものまで客が選べる。また、更に麻味を求める客のために、テーブル上には山椒が調味料として提供されている。(wikipedeiaより抜粋)


数年前,僕が知らなかった「静岡のハンバーグレストランさわやか」の存在を熱く語ってくれた同僚Sくんがくれた「最近広島の汁なし担々麺にはまっています」というメールでその存在を知ったのだ。更に情報求むとのメールをおくると律義に以下のようなすごく丁寧な返信がやってきた(ほぼ原文通り)。
まあこれも僕の人徳のなせる技(ということにしていただきたいw)。


@キング軒
 必ず地元民が勧めてくる店。紹介してもらい初めて食べた店。
 本店は広島駅から遠い(たしか大手町)。支店が2,3件ある。
 山椒+ラー油好きにはたまらん,半ライス,温玉必須。
 最近,東京銀座のアンテナショップ2Fにもオープンしたらしい。
Aくにまつ
 必ず地元民が勧めてくる店その2。私は昔,行列のため断念した。
B武蔵坊
 必ず地元民が勧めてくる店その3。行ったことはなし。
※広島駅内コンコースにABの店がコラボした店ができた。
 時間・距離的にはココが一番近い。両方のメニューが一緒に食べれる。
 ハーフ&ハーフなるものがあるらしい。
 私は5月末にカープの試合を見に行くので立ち寄る予定。
C一平や
 個人的には前から気になっている店。同じく5月末に行くかも。
 山椒は少な目。山椒が苦手ならここ。
 ラー油・唐辛子の味だけでなく,他店よりコク?があるらしい(噂)
D川奈味(担々麺専門ではないが)
 個人的には好きな店。広島に行くと必ず行く。
 中華料理店であるため何でもあるが,汁なし担々麺もうまい。
 陳健一の直弟子(よく聞くけど何人いるのか?)らしいが詳細不明。
 広島新幹線口から6分くらい歩く。(迷わず行けた場合)

身体に良い食べ物ではありませんが,2軒はチャレンジしてきてください。

×似たような感じの広島つけ麺屋がかなりあるが近づかないように。
 過去に失敗しました。
 


なるほど。もちろん食べ物の嗜好というものは千差万別,個人差が激しいのでこれを鵜呑みにすることはできないが貴重な口コミ情報である。路面電車も楽しみたいため時間が限られているので,安直にABのコラボした店でハーフ&ハーフ(1,000円)を頂くという無難な選択を。

s-IMG_5499.jpg

券売機で食券を購入。
ライスの量を選べた(ライスはデフォでついてくる)のですが,小を。
しばらく待つとやってきました。

s-IMG_5495.jpg
白とびしてますが奥にあるのはライスと温玉

よく混ぜて食べてくださいとのご説明をいただきます。
あとは,カウンターにあった「おいしい召し上がり方」に書かれた通りに食べることにします。

えっと・・・左がくにまつの担々麺だったかな・・・いやね。もうずいぶん前のことだし・・・忘れちゃったんだよ(笑)
武蔵坊は「ごま」と「醤油」が選べたんだけどたぶん「醤油」を選んだような(この記憶もあやふや)。

s-IMG_5496.jpg

s-IMG_5497.jpg

まずはそのまま食べて,その後に酢やラー油,コショウなどを投入しいろんな味を楽しみます。

最後に残ったタレにライスを投入し(もちろんライス,と温玉は半分ずつ投入)

s-IMG_5498.jpg

いただきます。

うん,フツーにおいしかったっす。
でも・・・ハマりはしなかったな。

健康的ではない食べ物だからという理由ではなく。
ただ,ちょっと慌ただしかったためじっくりと味わうことができなかったのは反省点。

なお,南極で食べるラーメンは汁を残せない(廃棄物を極力減らすため)とテレビで見たので

s-IMG_7242.jpg

南極では重宝される食べ物なのかも(笑)


次回広島に来た時には,無難にお好み焼き食っとくかな。
いや別の汁なし担々麺のお店に行っちゃうか。悩みは尽きない。


posted by poptrip at 18:00 | Comment(6) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

長崎・ツル茶んのトルコライス

長崎市内でランチ。

長崎名物トルコライスも一回は食っとけ。ってことで連れて行ってもらったのがこのお店。

ツル茶ん(つるちゃん)です。

なんか店主がヨガをやっていたり,125歳まで生きるとか言ってたり,食事を2時間かけて食べなきゃいけないような店じゃないよな(←それは鶴ちゃん!)。

店内はフツーの昔ながらの喫茶店という感じ。

s-IMG_5411.jpg

過去2回,長崎でトルコライスを食べたのは,いずれもボルドーというお店だったのでこちらは初めて。店内にはたくさんのサインがあるわけですがかなりメジャーな芸能人のサインが多く,長崎を代表するトルコライスのお店なのだと思われます。ボルドーもそうだったけど席が狭いのな。

トルコライスまたはトルコ風ライスは、長崎県、主に長崎市を中心としたご当地グルメ。一皿に多種のおかずが盛りつけられた洋風料理。
大阪市、神戸市にもトルコライスが存在するが内容は各所で異なる(なお、九州では長崎県以外ではほとんど見られない)。最も一般的なのはピラフ(ドライカレー風も有)、ナポリタンスパゲティ、ドミグラスソースのかかった豚カツという組み合わせである。盛り付けとしてはピラフとスパゲティとサラダを皿に盛り、その上からカツカレーのごとく豚カツをのせる。
(wikipediaより抜粋)

s-IMG_5410.jpg
昔なつかしトルコライス(1,180円)

見ての通りのお料理で見た目通りのお味でした(←手抜きすぎだろ!w)

このお店はトイレがなかなかアレでして,

s-DSC_0475.jpg

s-DSC_0474.jpg

トイレが気になっちゃうのがOPPの本能なのでお許しください。
ここね,階段の下のスペースを利用しているため奥に行くほど天井が低くなっていきます。
僕はおしっこをしただけなのですが,男子がおしっこをするときに立つ位置からは水を流すためのレバーに届かないため,「うんこをするための場所」へ一段あがらなきゃいけないという(笑)

ごちそうさまでした〜。



posted by poptrip at 21:40 | Comment(4) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

長崎・はまのやで調子乗っちゃてハイボール4杯

思案橋の「はまのや」という居酒屋さん。

鉄板焼き・お好み焼きのある地元のフツーの居酒屋という感じでしょうか。

オッサン4人でまあテキトーに。

s-IMG_5416.jpg s-IMG_5420.jpg

長崎らしさの

s-IMG_5417.jpg s-IMG_5427.jpg

かけらもないという

s-IMG_5421.jpg s-IMG_5424.jpg

居酒屋メニューの

s-IMG_5425.jpg s-IMG_5419.jpg

バーゲンセール。

s-IMG_5423.jpg

で,僕はと言えば

s-chousi.jpg

ゆりやん状態で

s-IMG_5418.jpg s-IMG_5422.jpg

ハイボールを

s-IMG_5426.jpg s-IMG_5428.jpg

4杯も。

普段の僕からしたらちょっと考えられない量なんだけどあまり酔ったという感覚もなく,またタバコを吸いたいともほとんど思わないという不思議。

電車に乗ってホテルに帰った同行者たち。
僕はもちろん歩いてホテルまで帰るのです。
そしてもちろん寄り道も。

s-IMG_5106.jpg
長崎新地中華街

店はほとんど閉まっていました。

s-IMG_5108.jpg s-IMG_5109.jpg

s-IMG_5111.jpg
出島

s-IMG_5120.jpg
稲佐山の鉄塔が見える

次回,長崎に来た時には絶対稲佐山に登ってやる!


posted by poptrip at 21:00 | Comment(2) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

長崎・群来軒の高級中華

九州編はまだネタが残っているので処理しておきましょう。
ビキニラインのムダ毛とブログネタの処理は適切に行う必要がある。

取引先との会食。

ええ,今回の旅のメインはお仕事ですから。

何が食べたいか事前に聞かれたのだが,お任せしますと。
以前,2度仕事で長崎に来た時には中華街(会楽園),思案橋(酒菜処のさ庵)で会食しています(ブログをやってるとこういうことがすぐ分かるのな。いいことなのか悪いことなのか・・)。なお,今回の同行者は前回とは別の取引先です。

中華街ではないところにある中華料理やさん。
群来軒というお店です。
長崎の中華街はどうも閉店時間が早い(20時ごろには閉店してしまう店が多いらしい)ため,この店をチョイスしたとのこと。

入り口には「本日予約で満席です」との張り紙があり,人気店であることをうかがわせます。

s-IMG_5104.jpg

1杯目は生中。

s-IMG_5097.jpg

2杯目からはお決まりのハイボールを。

s-IMG_5095.jpg

s-IMG_5096.jpg

s-IMG_5098.jpg
フカヒレのスープ

s-IMG_5099.jpg
アワビの姿煮

こんな大きなアワビを食べるのは久しぶり(いや初めてかも!)
「これは,ナイフとフォークを使って食べるんですよね?」とお店の人に聞くと「はい。お行儀が悪いんですけど,ひっくり返してからナイフで切ると切りやすいんですよ。ほら今上になってる方が平らだから」とのこと。
なるほど,勉強になったな。ただこの知識を生かせる場はしばらくは(もしかしたら一生かもw)なさそうだ。

s-IMG_5100.jpg

s-IMG_5101.jpg

s-IMG_5102.jpg

s-IMG_5103.jpg

お代は先方持ちだったのですが,いちおういくらくらいだったか尋ねる無粋な男,それが僕の僕たる所以。僕が僕であるために(by尾崎豊)
いやそいういう関係を取引先と築いているということなんだよ(決してパワハラではない)。僕が普段食べている中華料理屋さんである,「餃子の王将」の●倍でした(←さすがに書けないよ)。

電車でホテルへ帰るという同行者たちを横目に僕は歩いてホテルへ帰ったのです。

posted by poptrip at 22:15 | Comment(2) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする