2015年10月17日

そば処 浅田(松本市)

美ヶ原から下山して松本市内へ向かいました。

うちの兄は,長野県へしょっちゅう出張で行くのですが長野県ってあんまり食べたいものがないから困るんだと言っておりました。確かに・・・
長野県って言えば真っ先に思い浮かぶのはもちろんそば
だけど福井のおいしいおそばを食べている我々福井県民にとってはそれほど食べたいと思う食べ物ではなかったりもするのですよ。
あとは,ソースカツ丼か。ソースカツ丼も福井にはおいしいお店がたくさんあるからなあ


・・・・ってオイ!

カンペキに食い物が福井とかぶってるじゃねえか(笑)

だいたい先週に鳳凰三山に行ったときに諏訪で2回ソースカツ丼食ってるんだよね。

うーん。
そばにしてみるか。

ラーメンはもちろんアリなのだが,実は前日の夕食で食べており撃沈しているのです。

s-IMG_1960.jpg
松本市内で特に調べもせず入ったラーメン屋は残念なものだった・・・

どうせ食べるなら評判のおそばやさんにしたい。頼れるものは「食べログ」と「るるぶ」。ええマニュアル男子なんです,オレ(笑)
POPEYEとかHOT DOG PRESSの愛読者だったんです(ウソ)

お店は速攻で決定いたしました。
どちらにも載っていたお店。

そば処浅田でございます。

開店直後に行ったところ駐車場が満車でしかも行列ができておりまして・・近くのコインパーキングに車を停めます。ちょうど1回転目が終わったようですぐに案内されました。

ざるそば(900円)と十割ざるそば(1,100円)があり,大盛りはできないと。二枚頼むと1,800円という超贅沢なランチになってしまう。

消去法で,あっさりざるそば1枚に決定。

10分ほど待って運ばれてきました。

s-IMG_2259.jpg

s-IMG_2260.jpg

s-IMG_2258.jpg

信州そばを食べるのなんてずいぶん久しぶり。何度も長野県には来ているんだけど・・そばを食べなかったんだよね。だいたいおろしそば以外の冷たいそばを食べるのもかなり久し振り。いつ食べたか思いだせないくらい。

でもね,とても美味しかったんですよ,これがまた。
おろしそば一辺倒だったワタクシですがざるそばについても再考する必要がありそうです。
ただね・・・量が少ない。
福井のおろしそばから比べたら量は多少は多目ですが1枚では腹いっぱいにならないよな。

s-IMG_2263.jpg s-IMG_2262.jpg

ちょうどタイミングが悪かったようで店を出る頃には駐車場も空きが数台。
店内も空席が半分くらいになってました。


posted by poptrip at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

はな禅(上越市)

新潟県ってさあ・・何が名物なんだろう?
笹だんごとか柿の種とかル・レクチェとかお土産にはまあそれなりのものがあるようなんだけど,現地で食べるものは何がいいのかね。
高校生まで高田にいた父親に何がいいかと聞いても「思いつかない」と(笑)
たつや氏おすすめのお寿司屋さんに行ってみたのですが,残念ながら定休日。

魚はどう考えても福井の方がうまいし・・食べログを見ると,「そば」「ラーメン」が上位を占めております。ラーメンに関してはなかなか熱いのかも。以前はとんかつ銭形家系ラーメン「上越家」を利用したことがあり,今回も「上越家」でいいんじゃね,と思ったんですがあそこはちょっぴりこってりしていて両親にはきつそうだったので別のラーメン屋を探します。

食べログで高評価の「龍馬軒」というお店に行ってみたら大行列のためあえなく撤退。
近くにある別のお店へ。

はな禅というお店です。

高田商業高校の横にあるということだったんですが,ちょっぴり分かりにくい。
住宅街にあり,またちょいと引っ込んだところにあり看板等もないので一旦通り過ぎました。
父親のクルマのナビは8年前のものなのでまったく役に立たないしw

s-IMG_0715.jpg

民家を改造したような,ていうか店舗の2階が住宅になってるんだな。

s-IMG_0713.jpg

s-IMG_0711.jpg

ラーメンは2種類のみ。
Vintageの「しお」と「しょうゆ」。あとホワイトボードに限定〇〇食のラーメンもありました(メニュー名失念)。ラーメンのVintageってよく分からんけど僕はしょうゆに味玉子トッピングで。

s-IMG_0710.jpg

説明によると・・・

・麺は国産(北海道・群馬)100%の全粒粉乱切中太麺です
・スープ,タレ,その他に使用する水は天然水(清水)です
・香味油・メンマは不使用です
・国産豚使用です

だそう。

s-IMG_0712.jpg

魚介系のダシですな。
超あっさり。ここまであっさりしてるスープはそうはないんじゃないかと。
しょうゆラーメンなんだけど,しょうゆ感があんまりないという。
優しすぎるスープは,化学調味料や背油に犯されちまってる僕の舌にはちょっぴり物足りなさもありました。
あっさり系の好きな人にはよいかも。
なんかヘルシーで健康的なラーメンっつう感じっすかね。

s-1442911347983.jpg

麺は平打ち中太の縮れ麺。
これは,なかなかいい感じです。

店主はラーメン屋さんにしては珍しく女性のようですな。
店内のいろんなところにそんな感じの雰囲気が出てました。

ごちそうさまでした。


posted by poptrip at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

駒ヶ根のソースカツ丼「明治亭駒ヶ根本店」

木曽駒ヶ岳を下りたらやはり駒ヶ根名物ソースカツ丼を食わなくては男が廃る(おばはんも同行しているけどw)ってことでスマホでお店を検索します。駒ヶ根と伊那では何度かソースカツ丼を食べているのですがお店の記憶がほとんどないのです。

調査の結果,一番メジャーと思われる明治亭 駒ヶ根本店へ。駒ヶ根ICのすぐ近くにあります。

s-DSCF9445.jpg s-DSCF9453.jpg

表には信州駒ヶ根明治亭ソースカツ丼は夕焼けの味がする(嵐山光三郎)とあります。夕焼けの味ねえ・・

入口には壊れかけた傘立て。レジの前にはたくさんの有名人のサインが飾られていました。店内はファミレスみたいな感じです。
さて,席に案内されてメニューを拝見。
そば,うどん,刺身,フライ,とんかつ等々いろいろとあります。

ソースカツ丼は2+2種類。

信州産ロースソースカツ丼(200g)・・・1,340円
外国産ロースソースカツ丼(200g)・・・1,190円
信州産ヒレソースカツ丼(160g) ・・・1,445円
外国産ヒレソースカツ丼(160g) ・・・1,295円

えっと・・・

高くないっすか?

もう一回言います。

高くないっすか?

カツ丼単品(味噌汁,野沢菜付)に1,000円以上払うのはちょっぴり,いやかなり抵抗があります。しかも外国産と信州産を区別する必要性がよくわからないのであります。
なんか悪意を持った見方でしかもdisってるような気がしますがすみませんこれは地元福井のソースカツ丼を愛するが故の所業でありましてどうしてもこう書かざるを得ないのです。
外国産と信州産を並べられたらやっぱ信州産を選んじゃいますよね。我々ケチ御一行3人様もみな信州産ソースカツ丼を選択。ええ,僕たちは食い物にはちょっとうるさいんです。

s-DSCF9442.jpg

s-IMG_0010.jpg

いやはや。すげえボリュームです。
駒ヶ根のソースカツ丼はご覧の通り分厚いカツ,ご飯とカツの間にある千切りキャベツというスタイルが一般的なようです(福井でもたまにキャベツののったソースカツ丼もありますが)。

キャベツは一面に敷き詰められているため,カツとキャベツの一部を丼のふたにうつして食べることにしました(こういう食べ方が正しいのかどうかはもちろん分かりません)。キャベツがぽろぽろこぼれるんだなこれがまた(オレの食べ方が下品だからかもしれませんが)。

s-DSCF9443.jpg

ちょっぴり甘目のソースはまずますのお味。ボリュームも満点で・・うん,悪くないんじゃない(←福井のソースカツ丼至上主義のため上から目線w)。ええ,おいしくいただきましたよ。お腹もいっぱいになりました。
もちろん夕焼けの味がしました。夕焼けの味ってどんな味なのかわかりませんが。

しかしこの1,340円っていう値段はどうかと思います。沢山のキャベツがのってて野沢菜と味噌汁がついてくるからヨーロッパ軒でいうとセットメニューと同じようなもんなんですけどパ軒はカツ丼セットが1,080円ですからね。
カツの厚さはこちらに軍配が上がりますが,パ軒のカツは薄いけれど3枚のってたりするのでボリューム的には大差ないような気もしますし(パ軒のカツは何グラムなのかネットでしらべてみたんだけどよくわからなかった・・)

で,レジへ行ってみたら1,447円ですって!
久しぶりに消費税マジックにやられました・・・やっぱり税込み価格で書いていただいた方が親切だと思うんですけど・・・

ソースカツ丼に1,447円って・・・ないと思います。

福井VS駒ヶ根のソースカツ丼対決はトータル的に福井のコールド勝ちといったところでしょうか(かなり贔屓目にみていることはご容赦くださいw)



posted by poptrip at 20:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

四国で食べたうどんとかそばとか

四国グルメといったらまずなんといっても「讃岐うどん」でしょう。というか正直「讃岐うどん」以外思いつかないのです。
僕はあまりうどんは得意ではないのですが,「讃岐うどん」だけは結構好きでして過去2度四国を訪れているのですがそのときはそれぞれ2〜3軒ずつうどん屋さんで讃岐うどんを食しました。
なお当然のことですが,村上春樹の名著「讃岐・超ディープうどん紀行」はもちろん何度も読んでおります,ハイ。


さて,高知で食べたものは既に記事にしているのでそれ以外の食べ物についてまとめて記します。

まずは香川県の高松自動車道・豊浜サービスエリアで食べた讃岐うどん。

s-IMG_9074.jpg

s-1433643441411.jpg

これで680円でした。
讃岐うどんってもうちょっと安いイメージがあったんだけどセルフじゃないからなあ。以前,どこかのPAかSAでセルフの讃岐うどんを食べた記憶があるんですけど・・どこだったか思い出せない。やっぱせっかく四国まで来たんならセルフで食べたい気はするなあ。
うどんの方は,ちゃんとコシはありまくりでそれなりの満足感。
ただ,これを食べた時間は夜中の2時50分だったという・・


徳島県・剣山を下りたところで食べた祖谷そば。

s-DSCF6895.jpg
山菜そば(500円)

ふつうでした。


そしてかずら橋から福井へ帰る途中,わざと遠回りの一般道を通って坂出まで。ええ,もう一杯だけ讃岐うどんを食べておきたかったんです。

坂出には「がもううどん」「日の出製麺所」という超有名店がありますが,閉店時間が早いので前回来たときには振られておりましてリベンジ・・と思ったんですがこの日も坂出に入ったのは夕方。道沿いにいくつものうどんやさんや製麺所があるのですがいずれのお店も閉店しております。
15:00までとか16:00までっていうお店もあるのですがそんな時間にうどんを食う奴いるのかよ。ああ,もしかしたらおやつ感覚でうどんを食ってんのか。いやそんなことよりも
うどん県民は朝からうどんを食うのに夕食にはうどんを食わないのかよ!と心の中で誰にも届かない虚しい叫びが・・・


そして坂出市内を走っていると

ようやく営業しているうどん屋さんを発見。

s-IMG_9275.jpg s-IMG_9274.jpg

はなまるうどんかよっ!!

香川県ではなまるうどんが営業しているということには驚き,また「讃岐うどん」を求めてここまでやってきている僕はちょっぴり心が動いたのですが,冷静に考えてスルー。スルーするのです(ダジャレ)。
瀬戸大橋のPAでうどんを食おうと瀬戸中央自動車道に乗って与島PAへ。

そして瀬戸大橋。
ありましたよ。
ちゃんとセルフの讃岐うどんやさんが。

s-IMG_9277.jpg
CLOSE 16:00ってオイ!

PAのうどんやも閉まるのが早いのかよ!(豊浜SAはちゃんと夜中もうどん出してたんだけどあれは例外だったのかもね・・・クスン)

ということで傷心の僕は隣のレストランへ。

s-IMG_9308.jpg

冷凍讃岐うどんはかなり残念なお味でございました・・・・orz

今回は,讃岐うどんにはあまり恵まれませんでしたがその分高知でおいしいものを堪能させていただいたのでヨシとしたい。だいたい今回の旅行のメインは百名山にふたつ登るってことだったんだからね。と自分を納得させるのでした。


posted by poptrip at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

「ひろめ市場」で高知の珍味たちを味わう

「ひろめ市場」です。

s-IMG_9204.jpg

高知県の地場産品の販売、特選品の販売などをしており、他には鮮魚、精肉、総菜、花屋、衣料品、酒屋、ゲーム店、マッサージなどもある。市場内の通路には「龍馬通り」「いごっそう横丁」といった高知にちなんだ愛称がついている。ひろめ市場のシステムは、食器の共同管理など屋台村のイメージであり、観光客にも地元の人にも支持されている。(wikipediaより)

さて,まずはひろめ市場では数少ない店舗型のお店でゆったりと。

s-DSCF6760.jpg

「ひろめ家」というお店でございます。

とりあえず,高知って初めて来たんでオススメをお願いしますと言ったら出てきたのはこういうやつ。

s-IMG_9196.jpg
チャンバラ貝

食べ方が分からないんでおねーさんに教えてもらいました。
つまようじで身を差してくるっと回して身を取り出すんです。サザエみたいな食べ方ですね。ただなかなかテクが必要でけっこう難しくて・・いくつかはプチッて途中で切れちゃいました。残念!


さて,突然ですが高知が生んだ偉人と言えばだれを思いだしますかね。

僕の場合は,まずなんといっても坂本龍馬でしょ。

そして広末涼子(笑)

さらに最後の一人はこの人を挙げたい。

京極さんです。

えっ,京極さんを知らない?
それはマズイですねえ。
ちゃんと「美味しんぼ」を読み返してください。
初期のころの名作ですよ,京極さんが初登場した回は。

kyougoku4.jpg
海原雄山の用意した,故郷の四万十川の鮎を食べて号泣する京極さん

kyougoku.jpg
土佐の丸干し(鰯)に大喜びの京極さん

海原雄山の用意した京極想い出の料理に感動して涙する京極さん。「山岡さんの用意した鮎はカスや」とまで言い放つ「美味しんば」史上に残る名シーンですよ。

そんな京極さんオススメの一品がこちら。

s-IMG_9197.jpg
鰹の塩タタキ

わさびとニンニク,そして塩でいただきます。
しかし鰹のでかいこと。

kyougoku2.jpgkyougoku3.jpg
山岡士郎に「塩タタキ」を教える京極さん

山岡士郎もゆう子知らなかったカツオの塩タタキ。
いろんなお店で提供されていましたわ。

そして,これ↓はもちろん初めて食べました。

s-IMG_9198.jpg
ウツボのタタキ

ウナギとちょっぴり似た感じの食感です。
なかなかです。

魚介類だけじゃあれなんで・・と

s-IMG_9199.jpg
地元・春野の馬刺し

もちろん京極さんが食べて泣き出してしまった四万十川の鮎や土佐の丸干しやらその他の川魚・野菜類も食べてみたかったんですが,このお店のメニューにはなかったような。あとはうちの兄貴が「クジラも食っといた方がいいよ」って言ってたのでクジラを求めて屋台村のほうへ。

s-DSCF6761.jpg

「珍味堂」というお店でビンビールと以下のふたつを購入し,席につきます。
ショッピングセンターのフードコートみたいな感じで好きなところに座ればよいのです。外人さんもチラホラいらっしゃいました。

s-IMG_9200.jpg

s-IMG_9202.jpg
鯨のサエズリ

s-IMG_9201.jpg
花鯨

どちらも珍味ですね。
専用のタレでいただきます。
クジラ専用のタレがあるんですよ・・しかも部位によってタレを使い分けるという手の込んだ。捕鯨についてはいろいろな意見があると思いますが完全に立派な食文化ですよね。

珍味堂やその他のお店には,ほかにも香ばしい魚介類があったんですけどもうね,おなかいっぱい。四万十川の天然アユも川エビも食べてなくて名残惜しいんですがこの辺で「ひろめ市場」とはさよならします。

いやあ,高知って侮れないね。
海の幸も川の幸も両方楽しめるという・・・ラーメンとかは死んでるっぽいけど(鍋焼きラーメンというものが名物らしいけれどイマイチ食指が動かなかった)。

えっとこの2軒で食べたものは飲み物(生ビール1杯,ビンビール1本)含めて合計で3,750円+1,640円=5,390円。いや安くはないね。大勢で行っていろんなものを少しずつつまむというほうが絶対に楽しめると思います。おひとりさまは気楽なんですけど食事に関してはやっぱマイナス面もありますなあ。
いやしかしホントもう一度来て,ここで食事をしたいと思いましたよ。高知が好きになりました。

睡眠不足と疲労度満点の状態で普段ほとんど飲まないビールを飲んじゃったもんだからかなり酔っ払っちゃいまして・・酔い覚ましにホテルまでは歩いて帰ることにしました。

(つづく)



posted by poptrip at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする