2017年10月20日

お茶会へ行こう

お茶会へ誘われました。

ムスメは茶道部と吹奏楽部(大会のときだけのヘルプ)に属しておりまして,学校祭で開かれるお茶会の券をムスメから買って僕の両親とヨメの4人で参加したわけでございます。

まあ僕のような育ちのいい男はもちろんお茶も生け花も俳句もたしなみとして・・・やってるわけないだろ!!

だいたい僕は和菓子も抹茶も苦手というお茶会に来ちゃいけない種類の人種なんですよ。生け花だってプレバトで生け花になった瞬間チャンネルを変えちゃうような男なんです。
抹茶味のお菓子とかももちろん大嫌いで,レストランでコースメニューを食べたときにデザートとかで有無を言わせず抹茶アイスなんかが出てきたりすると閉口するタイプなのです。勿体ないからちゃんと食べますけどw

去年のムスメの学校祭でお茶会デビューをしたワタクシですが,そのときももちろん作法などもわからず,うちの母親に聞きながらもうお菓子食べてもいいんか。どうやって食べるんや。この紙(懐紙)はどうやって使うんや。お茶はどうやって飲めばいいんや。とイチイチ聞きながら見様見真似で緊張しながらなんとか乗り切ったのですが,今年は去年の経験を活かし・・いやもうすべて忘れてるし。

s-DSC_0429.jpg s-DSC_0430.jpg
昨年のお茶会の模様

去年は,けっこう本格的なやつで上座に座った人(正客)が,ちゃんとした茶道の知識のある方で「この掛け軸はなんですか」「それではみなさんいただきましょう。」「結構なお手前で」とかなんかどうでもいいシステマチックな上っ面だけの世間話(笑)をするという異次元の世界を味わってなかなかのショックを受けたんですが(実はあやうく上座に座ってしまうところだったんです。危なかったよ・・・・),今年はかなりフランクな感じで和室ではなくテーブルでしたし,お孫さんのお茶を飲んであげてくださいって先生がうちの父親を上座に案内するもんだから,うちの家族が上座に。
大丈夫か。どちらかというと品格とは無縁で恥ずかしくて一緒に高級レストランとかにはいきたくないタイプであるうちの父が上座に座っちゃったけど。

s-IMG_1405.jpg

お菓子が運ばれてきました。

うむ。和三盆がすばらしい(って和三盆が使われているのかどうかも不明)。
だいたい漫画「美味しんぼ」を読んで和三盆っていう単語を知っているだけの,浅薄な男ですから僕は。

IMG_20170916_00012.jpg

そして

s-IMG_1406.jpg

赤コーナーよりムスメ入場(入場とは言わないと思う・・・)
ムスメ,ボンバイエ。ムスメ,ボンバイエ。とアントニオ猪木のテーマ「炎のファイター」にのって(もちろんウソ)

今回は,何もこちらからアクションをとらなくても向こうからお菓子の説明をしてくれて「どうぞ召し上がってください」とちゃんとタイミングまで教えてくれるという親切なもの。

s-IMG_1410.jpg

お菓子はお茶が出てくる前に食べきらなくてはいけません。それが作法。
いやいやいや。お菓子半分食べたところでお茶飲んで,残りのお菓子を食べてまたお茶を飲むってのが僕の理想的な甘味の食べ方なんだけど。コース料理でデザートが出てくるときもドリンクと一緒に出てこないと文句を言いたくなるタイプの僕ですから(実際には文句を言わず,コーヒーが出てくるまでデザートには手をつけないw)

さて,お茶の飲み方もちゃんと教えてくれました(笑)
器には正面があって正面からずらして飲んで飲み終わったら正面を向けて器を置く・・というようなことを説明してくれていたような。

s-IMG_1415.jpg

ムスメのいれたお茶は一杯ぶんだけなので僕たちに配られるのは裏で誰がいれたのかもよくわからない抹茶なのです(←書き方に悪意があるなw)。

s-IMG_1416.jpg

えっと,どうやって飲むんだったっけ?
説明をマジメに聞いたなかったバカは,隣にいる母親に聞きながら器を回して飲み,飲み終わるとまた回し方を教えてもらって・・・去年と何も変わってねえじゃねえか!!

結構なお手前でした。

つーか,あと10年ほどしたら僕も茶道の神髄を理解するようになりたい・・とはあんまり思わないので(抹茶と和菓子が嫌いという致命的なアレがあるので・・というイイワケ)すが,好奇心だけはあるので機会があればまたゆるいお茶会には参加してみてもいいかな。とは少しだけ思ったり思わなかったりラジバンダリ。



posted by poptrip at 21:00 | Comment(6) | グルメ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

グルメ小ネタ

まあいろいろとありまして。

s-IMG_0973.jpg
某所で食べた白いカレー

なお,ワタクシ数年前に流行った「白いたいやき」いまだに食べておりません(っていうかもう売ってるところがなかったりしてw)


s-1480289076153.jpg
福井・若生軒のカツ丼セット

おっさんには量的にちょっとキツクなってきたね,こういうの。おいしいんだけど。


s-IMG_0998.jpg

s-IMG_0999.jpg
グルメ博で家族が買ってきた手羽先

大好きなんですわ。「世界の山ちゃん」本店には7年ほど前に家族で行ったことがあります。こんだけメジャーになっちゃったらもはや幻ではない。しかしうまいよなあ。


s-1480289120701.jpg
鯖江・みきちゃんのチャーシューメン(小)

うちの父親がみきちゃん好きなんですよ。


s-IMG_0982.jpg
鯖江・ちせんのお好み焼き(テイクアウト)

相変わらずおいしいお好み焼きなのです。


s-IMG_1293.jpg
福井・ダイニングレストランショパンで食べたケーキとコーヒー


s-1481458446947.jpg s-1481458459730.jpg
某所で食べたみそカツとソースカツ丼

いやあ,このお店・・・久しぶりのアレでした。
レジで「ごちそうさまでした」って僕が言うと,奥から店主らしき不愛想なおっさんが出てくる → おっさんは「〇〇円です」も言わない → 僕がお金を支払う → おっさんがそれをだまって受け取る → おっさんはだまってお釣りを返す →「ありがとうございました」もなし。
久しぶりでした・・こういうの。20年前くらいの福井ならこういう不愛想なお店はたまーにあったんだけど,いまどきありえない接客でございまして。最近はコンビニの接客もすごく改善されてますしね。すごく気持ちよくコンビニを出ることができることもあるくらいで。
・・・さようなら。もうこのお店に行くことはないでしょう。


最後に,鹿児島に住んでいる従姉のおみやげを実家で調理。なぜかキクラゲもあったためそれっぽくなりました。

s-IMG_1318.jpg s-IMG_1319.jpg

もちろんお店で食べるものとは比較できませんが,じゅうぶんおいしいとんこつラーメンでした。



posted by poptrip at 20:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

牡蠣にあたるといいこともある・・ような気がするのです

牡蠣にかきまわされた(←ダジャレです)お腹の調子も漸く落ち着いてきたようなので本日コーヒーを解禁しました。待望のラーメン解禁は明日以降となる模様です。

そして・・まだ牡蠣ネタで引っ張るのです。
まあ,牡蠣にあたって(←犯人が牡蠣と確定したわけではないのですが)大変な思いをしたわけですがいいこともあったんです。


まずはプチ禁煙。
あまりの辛さに・・約1日半くらいタバコも吸う気にならず禁煙成功(意図したわけではないのだがそれくらい辛かったということ)。
このままオレ,タバコやめちゃうんじゃねえか!って思ったんですけど・・今もタバコを吸いながらブログを書いているわけです。
ちょっとでもタバコをやめれたってのはいいことのような気がしません?しませんね。
下痢の連続攻撃と,まる1日の断食により胃腸の中はほぼ空っぽ。ウイルスと一緒に今まで大事に蓄えられていた悪いものがうんこに紛れて排出されたはずです。きれいさっぱり胃腸がパージされた気がしたよ。
病み上がりの僕はニコチンも抜け,体内の毒素も排出されてとてもピュアな人間になっていたはずなのです(ウソ)


次いきましょう。
病院に行って,処方されたお薬は錠剤とカプセルと粉薬。
実は僕はおこちゃまなので錠剤とかカプセルを飲むのがとても苦手でして・・・特にカプセルは飲めないもんでカプセル破って中の粉だけ飲んでたりしたこともあったんですが(←恥ずかしいカミングアウトw),ネットで調べるとそういうことすると薬が効かないと。しかも今回のカプセルは今まで見た中で最大級のもの。これはでかすぎるやろ!

s-IMG_8042.jpg
全長22mmというバケモノですよ奥さん!

でもね,今回ばかりはあまりにも下痢が苦しくて,なんとしてもカプセルのまま飲まなくちゃいけない。逃げてはいけない。ネットで調べまくりましたよ。するとちゃんとあるんですね。「薬の上手な飲み方」が書かれたサイトがたくさん。安心しました,僕と同じような人がいるってことに。まあ主にサイトは子供向けだったりするんですけど(笑)
そして,無事に僕は45歳にしてようやくカプセルをちゃんと飲める男になったんです!パチパチパチ



はい,次いきましょう。
体重計に乗ってみまたんですよ。
ええ,僕はまだワンダーコアの実証試験を継続しているため結構マメに体重と体脂肪率と腹囲を計測してデータをコツコツと蓄積しているのです。

graph2.gif

どうです。
体重は-1.4kg,腹囲は-0.5cmと,ワンダーコアを2ヶ月近くやっても達成しえなかったような結果を見事に牡蠣は残してくれたのです!これはすごい!「結果にコミットする」ってのはまさにこのこと!(違うか)



という牡蠣にあたったことによるメリットというものをいくつか挙げてみましたがいかがでしたでしょうか。特にダイエットには最適な食材だということがよくわかったんじゃないでしょうか(ウソ)

posted by poptrip at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

牡蠣のせいじゃないんじゃないの?

僕は大学生の時に牡蠣にあたったことがありまして・・・
ちょうど布袋寅泰のライブの前日だったか前々日。前の晩にみんなでかき鍋パーリーをしてですね,次の日死亡ですよ。もう上の口からも下の口からも液体が出たがって出たがって。半日ほどトイレにこもりっきりでした。水をひとくち飲んでも吐くんですから。あれは辛かった。七転八倒するとはまさにこのこと。この世の終りかと思うくらい。
ライブ当日も,体調不良だったわけでホントは男2人,女2人でいくつもりだったんだけど,すったもんだで男女別行動となり,男2人だけで行くことになってしまい,さらに会場でも体調がすぐれず,前座のガラパゴスというバンド(布袋の妹がボーカルだった)のライブ中はずっと座席でうずくまっておりまして,会場の警備員みたいな人に「大丈夫ですか」と声をかけられる始末。またこの前座が長くてね・・・30分くらいやってたんじゃないのかな。布袋がでてきてもイマイチもりあがることができず,ライブのことはほとんど覚えていないという悲しい牡蠣にまつわる想い出なのです。



これは,1991年12月の出来事(チケットが残ってるから日にちまで特定できてしまうのだ)・・・



そしてここからは前日の記事の続き。
牡蠣パーティーで焼き牡蠣を食べたのは金曜日の夜。そして上記の文章を書いたのが土曜日の夕方。
土曜の夜は某料亭で宴会があり,翌日曜日の朝は某喫茶店でモーニングをして昼は某ラーメン屋へ。その後,まなべの館で行われるハービー山口のトークショーにでも行こうかと思っていたところ・・・

お腹の辺りに不穏な空気が。
なんとなく嫌な感じだったので外出をとりやめ家でゴロゴロしていたら3時ごろになって猛烈な下痢に襲われまして。部屋でゴロゴロしていたらおなかもゴロゴロになったという。
慢性OPP(おなかぴーぴー)である私は,下痢には造詣が深いwのですが,今回のやつはかなりヤバイやつだと分かりました。だって,吐き気を伴ってるんだもん!
なにかにあたったパターンです。あるいはいわゆる胃腸かぜってやつ。

夕食は何も取らず,水分補給のためにアクエリアスを少しずつとりました。
その後,トイレに行く感覚がだんだん短くなり,夜中には30分〜1時間おきに目が覚めるという。もうね,水みたいな奴しか出てこないんですよ。37℃程度の微熱も。眠れないのはつらいし,ケツの穴が痛くて痛くて・・翌日は仕事を休みまして病院へ。

s-IMG_8041.jpg

もちろん原因は特定できないのですが,疑われるのは牡蠣。自分でも思いつくのは牡蠣しかないんだもん。牡蠣を1〜2日のうちに食べた場合にはすべて牡蠣のせいにされてしまうのです。可哀そうな牡蠣(←って別にそんなことは思ってませんが)。

ただ,今回の場合吐き気がすると言っても我慢できる程度のもので一度も嘔吐はしなかったんですよね。ノロウイルスの場合,激しい嘔吐・腹痛が伴うようなのですが今回はそれもなし。ノロウイルスの潜伏期間は12〜72時間だということなのですがやっぱり牡蠣のせいなのかなあ。

なお,牡蠣はちゃんと加熱して食べればまずあたることはありません。
僕は,何度も焼き牡蠣食べてますがあたったことはなかったんですよね・・・体調(免疫力の低下)にもよるんじゃないかと思います。
炭火で焼くよりもレンジでチンした方が危険性は下がるような・・おばはんの「レンジでチンしよう」という案を却下して「炭火で焼くべきです」って強く主張したのはボクなわけでこれはまた自業自得ということかもしれませんね。ハハハ(泣)

なお,一斗缶で牡蠣を購入した場合,一斗缶に水をいれ直火で蒸し焼きにするってのがもともとの食べ方だということを今回牡蠣パーティに参加した若人から聞きました。なるほど,次回はそうするか(←懲りない男ww)
一度牡蠣にあたるともう二度と食べたくないっていう人は結構いて(それくらいひどいんです),今回も何人かに断られているのですが,僕はそんなことにはめげないのです!

いちおう経過を時系列で残しておくことにする。

金曜日:夜,牡蠣を食べる
土曜日:すこぶる快調,夜は宴会
日曜日:朝食はカフェでモーニング,昼食ラーメン
    昼過ぎになんとなく違和感
    午後3時ごろから下痢が始まる(牡蠣食べてから43時間)。
    微熱,吐き気も少しずつ
    食欲なし,夕食抜き
    夜から翌朝にかけて30分〜1時間間隔でトイレに駆け込む羽目に
    トイレに起きてしまうためあまり眠れず
    口にするのはアクエリアスのみ
    夜中が吐き気のピーク,体だるい
月曜日:食欲なし,朝食抜き
    熱下がる,吐き気もおさまる
    下痢相変わらずのため会社休んで病院へ
    昼食ぬき
    昼過ぎからトイレに行く間隔が数時間になる
    夕食お粥,ウィダーインゼリー
火曜日:朝食お粥
    昼食パン,バナナ,ヨーグルト
    夕食お粥
    下痢は治まらないがトイレには1日3回
水曜日:朝食バナナ
    食欲あり,下痢おさまる?
    昼食うどん
    夕食は消化のよさそうなものだけ食べる
    (大好きなトンカツも一切れだけに・・・)
    体調戻ったような気がする(←いまココ)


posted by poptrip at 20:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

poptrip,越前おろしそばを語る

先日,全国ネットの某TVショーで福井県の代表的グルメである「越前おろしそば」が紹介されておりました。僕は週3でラーメン食べてますが,そばも週2で食べてるんです。ええ,そばにはほんのちょっぴりだけうるさい男,一家言を持っている男(←これはウソかも)なんですからこの番組を見たら黙ってられません。

s-IMG_8133.jpg

s-IMG_8125.jpg s-IMG_8129.jpg

実態は全くわかっていない・・・んだそうですよ。福井県のみなさん!

s-IMG_8132.jpg s-IMG_8130.jpg

この番組のいつものパターンで越前おろしそばが大好きっていう県民へのインタビューが。やらせじゃねえかってくらいの勢いなんですがまあ番組構成上これは許容範囲。
そば屋さんにおろしそばがなかったらどうするかと尋ねられて「暖簾ちぎります」と答えるネキとおろしそば食ったら他のそばは食えないというオヤジ。ええ,僕も福井のおろしそば食べてたら東京のそばなんて食べれませんでしたから。東京に2年間住んでましたが魚と蕎麦とお水は間違いなく福井の方が上だったというのは紛れもない実体験。
もちろんどこにも異端児というのは存在するわけでそばが苦手な人は福井県民の中にもいます。僕のムスメはソースカツ丼は大好きなんだけどそばが嫌いなんです。だからムスメとそば屋さんには行けないのです(泣)

s-IMG_8134.jpg s-IMG_8135.jpg

まず,福井の見吉屋が登場。
うっ・・いきなり僕が行ったことのないお店じゃないか。こんな僕がエラそうにおろしそばを語っていいものか。などと葛藤したりしません。そんなこと考えるのは時間の無駄です。番組に出てきた見吉屋以外のお店は行ったことのあるお店ばかりだったことを一応付け加えておきます。

s-IMG_8138.jpg s-IMG_8140.jpg

s-IMG_8142.jpg s-IMG_8149.jpg 

s-IMG_8145.jpg s-IMG_8146.jpg

そばはぶっかけで食べる!こりゃあまあ確かに常識ですな。僕もおろしそばをつゆにつけている旅行者を見て何度ツッコミをいれようとしたことか。もちろんどういう食べ方をしようと個人の自由ですし,地元の人でもぶっかけにせず食べる人もいますしそういうお店もあります。
そして,ざるそばを選ぶわけがない。これも同意です。禿同です。見吉屋では,一日にざる10杯におろしが200杯出ると言ってましたがざるが10杯も出ていることに驚きました。考えてみたら大人になってから福井でざるそばを食べた記憶がありません(マジで)
大根おろしはそばつゆに溶かれている場合が多いってのはどうなんだろ。
いちおう7年ほど前の記事「おろしそば30連発」で確認してみたところ・・うーん。なんとも言えないなかなあ。割合としては5割くらいのような気がしないでもないんだけど。まあ最初からぶっかけの状態で出てくるおそばやさんもあるしね。

s-IMG_8150.jpg s-IMG_8152.jpg

寿司ややバーでもおろしそばを出す店があるという。
確かに居酒屋とかでもおろしそばがある店はときどきありますな。ただそういう店で食べたおろしそばが当たりだったことは僕の経験ではあまりない・・(番組で紹介されていたお店のことは知りません)

s-IMG_8155.jpg s-IMG_8156.jpg

天おろしとかとろろおろしとかはまあ全く違和感ないですね。スタジオでは結構驚かれてましたが。ただ天おろしは値が張るからなかなか僕の口に入ることはありません。またそばやさんでとびきりうまい天ぷらを出す店があるから侮れません。

s-IMG_8158.jpg s-IMG_8164.jpg

自宅でそばを打つひとは珍しくない。まあそれは確かですが多くはありません。僕のリアルな知り合いでは一人二人って感じですかね。一流大学を卒業した後そば屋を開いた同級生はいますけど。
ちなみに僕が以前いた職場の寮にはなぜかそば打ちセットがありまして,年に一回そばを打ってましたわ。
年越しそばがおろしそばだというのももはや常識。

s-IMG_8172.jpg s-IMG_8167.jpg

おお,橋詰製粉所の橋詰さんぢゃないか。私が毎年参加しているとあるそば会では橋詰製粉所のそば粉を使用しております。橋詰さんも時々お見えになってそばについて熱く語ってくれるのです。
また,このそば会では全国素人そば打ち名人大会第九代名人の岡本さんがそばを打ってくれています。
番組では紹介されていませんでしたが福井では新そばの時期になるとそば会があちこちで開かれております。僕の会社でも昔は某有名そば店の方に来て頂き,おそばを打ってもらい食べる会が開かれていましたし,先述の通り以前の職場では年に一回自分たちで打ったそばを食べる会を開いていました。

s-IMG_8173.jpg s-IMG_8165.jpg

s-IMG_8174.jpg s-IMG_8175.jpg

福井名物おろしそばとソースカツ丼のセット。こういうセットメニューを用意している店は多いです。この日の出演者であった長州と天龍並の最強タッグと評されておりましたが,いやいやいや。猪木と馬場の最強タッグ(GI砲)ですよこれは。

紹介VTRを見ながら番組出演者たちはいちいち驚くわけですが,長州さんの場合

s-IMG_8176.jpg s-IMG_8177.jpg

相変わらずの安定感のあるコメント。
ええ,彼はこの番組で「ソースカツ丼の真実 福井VS長野VS群馬」っていう回で,3つのうちどれがいちばん好きですかと尋ねられて


僕はやっぱり卵でとじたやつのほうが好きです!

と言い放った過去もありますから(笑)


信州そばの長野出身のタレントさんのコメントは

s-IMG_8180.jpg

なんか余裕のコメントww
つうかこの女性だれなのか僕分からないんすけど。

そして人口あたりのそば屋の数が日本一だという山形県出身のタレントさんのコメント。食べているうちに空きが来るんじゃないかと思うんですよね。って。

s-IMG_8181.jpg

いやこの男性も誰なのかぼく分からないんですけど。

ということで最後は試食会が開かれみんな「おいしい」「ぶっかけにするからおいしいと分かった」などと誉めちぎっておりました。さきほどの山形県のひとも飽きが来ない,味が変化していくなどと言っておりました。そうなんです。越前おろしそばはダシと大根とそばのハーモニーを楽しむものなんです。そばの香りとかは二の次なんです(←これは言い過ぎ)
ということでこの番組のこのコーナーも大団円で幕が閉じたのです(いつものことだけど)。

s-IMG_8192.jpg

で,まあ越前おろしそばというものを全国にアピールするにはよくまとまった内容だったとは思いますけど,最後に地元民としてpoptripの全体を通しての感想と不足していたと思う情報を。

・そば湯がついてきて,食べ終わった後はそば湯でだしを割って飲み干すっていう暗黙のルールもあります。いちど頑固なオヤジの店でご指摘を受けたこともあります(笑)
・地元民は「越前おろしそば」などとは言わない。単に「おろしそば」である。これは全国ネットであるからしかたがないのかもね。
・「越前おろしそば」の名前の由来をもう少しくわしく紹介してほしかった。昭和天皇のひとことから越前そばという名前になったというアレね。
・嶺北地方(敦賀より北)はそば文化だけれど,嶺南地方はそうでもない。嶺南地方にはおそばやさんはあまりないし,「うどん」と「そば」を混ぜた「うそば」などというメニューもあったりする。文化的に敦賀より西は関西圏ですからなあ。敦賀にもおそばやさんはそれなりにありますがやっぱり嶺北のおそば屋さんにくらべると・・
・お値段についての言及も必要じゃないかと・・量が少なくてその割に高いという県外の人の声をよく聞きます。
・福井のそばが大好きだという観光大使中尾彬をなぜこの回に出さない!?



まあ本日はこんな感じで。




posted by poptrip at 21:30 | Comment(14) | TrackBack(0) | グルメ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする