2018年01月10日

ポルボロン

昨年末のお話です。

ヨメと平日ランチ。
店はヨメに任せる。

夕方のテレビで紹介されていたというお店へ。

s-IMG_8945.jpg

こちらです。
ベーカリーレストランポルボロンです。

お店の入り口には
ランチ 男性1,550円 女性1,280円(+税)という表示が。

いやな予感がする。

店に入ると・・やっぱりか。

そう。
このお店はバイキングで食べ放題のお店だったのです。
僕が来てはいけないお店。

僕はSKKSに起因した絶賛減塩ダイエット中の身。たぶんこのお店のお客さんの中でも最もこの店にふさわしくない客。それに僕はバイキングって好きじゃないんですよ。出来立てじゃないってのと何度も席を立たなきゃいけないのが。だけど僕はドのつく吝嗇家。わかりやすい言葉で言い直すとドケチなのです。モトをとらないと気が済まない男。食べ過ぎちゃう予感。
そしてご存知の通り,僕もヨメも小食。絶対に料金に見合った量は食べれないことは確実。

健康のためにはたくさん食べてはいけない。スイーツやジュースもなるべく控えたい。でもケチな僕はモトを取ろうと思うとたくさん食べなければいけない。という自動思考が顕著。この相反する心中,察するに余りあると思いませんか(←知らんがな)。

30分ほど待ちました。待っている間,バイキングコーナーを見る以外することがないので人間観察。

s-DSC_0223.jpg s-DSC_0224.jpg

おいおい,お前そんなに食えるのかよ。
アンタ,そんなにスイーツばっかり食べるから太ってんじゃないの。などと大きなお世話を心の中で焼いているとようやく僕らの名前が呼ばれテーブルに案内されます。

で,最初は

s-IMG_8946_1.jpg
お皿一杯のサラダにドリンクはウーロンティーで

からあげとかタコ焼きとかチヂミとかスープとかはパス!

・・ってダイエット中の女子か!

二皿目はいちおうベーカリーレストランってことだからパンを。

s-IMG_8947.jpg

僕ね,小食だしぜったい女性料金でいいと思うんですよ。
男性と女性で料金が違うというシステムは男女差別じゃないのか。とこういうときだけフェミニストになる僕。

オーダー製のパスタが運ばれてきました。
そう,パスタとグラタンだけはテーブルで注文するというシステムなのです(もちろん食べ放題)。

s-IMG_8948.jpg

ペペロンチーノはまあふつう。

さて,第三弾は

s-IMG_8949_1.jpg

コーヒーとパン。
焼きたてのパンはさすがにうまいのです。

さて,そろそろデザートに移ろうかと思ってバイキングコーナーに行くと,モトをとらないといけない症候群が突発的に発症してしまい

s-IMG_8950.jpg

主に煮物系を。

・・・老人か!

どちらかというとヤング向けとは思えないメニューがいくつもあるのは,お客さんに老人が多いから。そして老人が多い理由は,シルバー料金は1,000円のためと思われ。

小食なpopさんはさすがにデザートに。

グレープフルーツゼリー,コーヒーゼリー,プリン,ガトーショコラをチョイス。

s-IMG_8951_1.jpg

そして僕はソフトクリームには目がないのです。たまにはリミッターを外してもいいんじゃなかろうかという悪魔のささやきも聞こえてきて・・・

s-IMG_8952_1.jpg
ソフトクリームとエスプレッソ

こんなに糖分をとったのは久しぶりじゃないかと。
糖分は当分控えようかね(popさんのダジャレ炸裂!)。

うむ。
余は満足じゃ。

と周りを見渡すとほとんどお客さんの入れ替わりがないことに気づきます。女子2人がドリンクとデザートだけが置かれたテーブルでおしゃべりの花が咲きまくっているのです。居酒屋か!っつーくらいの騒々しさ。そうなんです。ここの最大のウリは時間無制限だということ(個人の感想です)!

こりゃあ,老人と女子にはたまらんサービスだよなあ。

とここで最後の一皿に(ケチの習性)。

s-IMG_8953_1.jpg

コーヒーとパン3つでフィニッシュ。
結局パンを9個も食べちゃったと。まあパンはどれも小ぶりでおっぱいに例えるならAカップ程度なので,カロリーはそれほどでもない・・・てことはないな(笑)

店を出ると,僕らは生まれて初めてドン・キホーテに行ってみました。いやなかなか面白いところじゃないか。

そして翌日。

絵に描いたような因果応報

s-Screenshot_20171220-230659.jpg

ここしばらく61kg台で推移していた体重が,この翌日には久しぶりに62kgの大台にww
いちおう僕の身長だと標準体重は61.4kgなのだそうで,61kg台をキープするのが今後の課題。
さらに翌日からは再び61kg台に戻ったので,たまにはリミッターをはずすのもアリだなと,しみじみと感じた冬の日。



posted by poptrip at 19:00 | Comment(6) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

らーめん田中で久しぶりの替え玉

朝からフクラムの続編です。

ラーメンが食べたくなってネットを見てみるとめぼしいラーメン屋さんはみんな福井市の北の方。心のずっと奥の方。鯖江からだとアクセスが良くないんだよね。電車を利用する場合はえち鉄ということになるんだけど,土日は福鉄の線路補修により代行バスを利用することになる可能性が高く,それを考えただけでテンションが下がってしまう。しょうがない。福鉄沿線でとんこつ系となると・・・やっぱりここしかなかろう。

博多らーめん田中です。

s-DSC_0221.jpg

一昔前はとんこつラーメン(博多ラーメン)といえば鯖江の博龍軒くらいしかなかったんですが(現在閉店),いまや老舗の風格。まあラーメン業界は盛者必衰ですから田中は長く続いているほうだと思いますからね。

カウンターに座り,とんこつらーめん(730円)をオーダー。麺硬めで。スープも濃さを選べたのですがふつうで。薄めにしておけばよかったかな。

s-DSC_0217.jpg

キクラゲとネギとトロトロのチャーシューのみというシンプルな正統派。僕のブログと同じ道を歩んできている(ウソ)

s-DSC_0218.jpg

極細麺も久しぶりかも。
カウンターのトッピング(無料)には手をつけず。
僕はどのラーメン屋さんに行ってもデフォのまま食べるんですよね。普通のラーメンでもコショーなど一切使いません。

博多ラーメンというものは替え玉を前提としているとしか思えない量の少なさが特徴的なので,いつもは明太ご飯みたいなサイドメニューをつけていたのですが,久しぶりに替え玉してみました。替え玉はタイミングが難しい。完全に食べ終わってから替え玉するとちょっと持て余すし,タイミングが早すぎると1発目にきた麺が残った状態で混ざってしまうわけで。

麺がほんの少し残った状態で替え玉(150円)をオーダー(硬めで)。

替え玉ってどうやって受け取るんだったかなあ。
もうあまりにも久しぶりでちょっぴりドキドキ。

はい,替え玉です。
と小皿に載せられた替え玉を店員さんが持ってくると僕は自然に丼を差し出します。ああ,体が覚えていた(笑)
小皿から滑り落ちるように麺が丼の中に。
つるんと丼の中に収まる様子を眺めるのは快感w

s-DSC_0219.jpg

替え玉するつもりはなかったので具材はほとんど食べつくしてしまっていたわけですが,ノー問題。とんこつスープさえ残っていれば。

しかしさあ,とんこつスープってさあ,世界中にあるスープと名の付くもののなかでいちばんうまいスープなんじゃね。ミソスープのように毎日飲みたいとは思わないけれど。そしてすべてのスープの中で一番不健康なスープにも思えるわけで。

健康オタクの僕は,当然スープは残させていただきます。

s-DSC_0220.jpg

丼の底が見えるまで飲み干したい欲望に駆られますが,ここはガマン。汁だけに苦汁の決断です。いや苦渋の決断。ま,慣れですな。汁を残すのも。

ごちそうさまでした。
やっぱりおいしかったっす。





posted by poptrip at 20:00 | Comment(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

つるきそばで越前

福井を代表するショッピングセンターであるショッピングシティ・ベルに行くことなんて大人になってからはめったにないのですが,今でもそこそこの賑わいを見せています。福鉄電車に乗っていてもベルでの乗降客はなかなかのもの。お年寄りと中高生とブラジル人と鉄ちゃんばかりなのですが(笑)

ベルで食事をとるとなると高確率で行ってしまうのが,つるきそば。
そしてつるきそばに来るとほぼ100%の確率で誰かが注文するのが「越前」というメニュー。ソースカツ丼とおろしそばがセットになったメニューです。

義母とムスメと3人で利用するといういままであまりないパターンだったわけですが,今回は僕が迷った末に「越前」をオーダー。

s-IMG_9653.jpg

運ばれてきた「越前」を見て義母が「昔はわたしもこれよく食べたわ〜」と。やはりこの「越前」は定番と言えるようです。

s-IMG_9655.jpg

やる気のなさそうなソースカツ丼はまあアレなんですが(笑)

s-IMG_9654.jpg

ムスメはカツうどん(って名前だったような)にオニオンスライス単品という風変わりな組み合わせをオーダー。

s-IMG_9656.jpg

s-IMG_9657.jpg

うん。
いつものつるきそばだったよ。

食事をしていると思い出したように

「ショッピング・シティベルの歌の歌詞ってどんなのか知ってる?」とムスメが聞いてきました。
歌なんてあったっけ?ああ,「ベル!」ってあれか。あの一節以外は全く歌だと認識していなかったな(笑)
「友達が言ってたんだけどあの歌の歌詞ってとんでもないんだよ。」と。

調べてみました。
http://kameiru.diarynote.jp/201203100026393046/より引用

「ショッピングシティーBELL」イメージソング 〜5分遅れの恋人〜

1)
ショーウィンドウ 映してみた 
今日の私は パーフェクト!
髪型から つま先まで バッチリ決めた
な・の・に あなたは まだー来ーなーい
RING RING RING 携帯はまた留守電モード
早く来てよ 待っているのよ
RING RING RING 5分遅れのメールの文字は
すぐに行くよ ショッピングシティー BELL

2)
ごめんねと あわててきた
今日のあなたは 最低ね
髪もとかず ヒゲも剃らず おしゃれもせずに
さあ行こうかと 歩ぅきー出ーすー
RING RING RING 友達以上恋人未満
二人の距離が 離れていくわ
RING RING RING 店の中から手をふるあなた
こっちにおいで ショッピングシティー BELL

君のために 銀の指輪 見つけていたと
赤いリボンの プレーゼーンートー

RING RING RING 女の子なら誰でもきっと
こんな時は 許しちゃうかも
RING RING RING そんな二人が肩を並べて
歩いてゆく ショッピングシティー BELL


・・・何からツッコんでいいのやら。
じゃあ私からはひとつだけ。
5分遅れの恋人て!!(笑)

上記サイトによると30分おきに店内に流れるそうなので,今度ベルに行くことがあればみなさんぜひ聞いてみてください。僕も覚えていたら耳を傾けてみたいと・・・(たぶん行ったら忘れてるなw)







youtubeで探してみたのですが,ベルの歌は見つかりませんでした。見つからないとわざわざ聞きに行きたくなるのが乙女心。行ってみるか。週末あたり(笑)





posted by poptrip at 19:00 | Comment(4) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

鉄道会社はややこしい(中編)〜二郎系から家系へ〜

日華化学前駅からカメラのキタムラへ。
ネットプリントで注文していた写真を取りに来たのです。

そこから,じゃないほうの二郎系のお店を目指します。

しばらく歩くとお店を発見。
でも,驚いたことに店の外まで行列が・・・orz
待ってまで二郎系を食べようという気概はもちろん僕にはない。
残念。

いやこれでよかったのさ。
二郎にはトラウマがあって20年近く食べてないんだから。
今回は縁がなかったってことで・・

ということで僕のお気に入りのお店に目的地を変更。

家系ラーメン英でございます。
二郎系へ行くつもりが家系になっちゃったと,こういうわけなのです。

途中,道すがら

s-IMG_9407.jpg

三六サラダ焼を買い食い(死語)しそうになりましたが,なんとかガマン。しかしこんなところに三六サラダ焼があったとは・・・

s-IMG_9408.jpg

英に到着すると店に入ってラーメン(700円)の食券(プラッチックのやつ)を購入。
店に入った瞬間メガネが曇ってほとんど何も見えない状態で(笑),プラッチックの札みたいなのを店員さんに渡します。

ほぼ満席で,けっこう待ちました。
僕より後に注文した人でも麺硬めのひとが先に出てくるのね。

s-DSC_0203.jpg

麺の硬さやらいろいろ好みを調節してくれるのですが僕は,どノーマルで。

s-DSC_0205.jpg

うん。
うまい。
英は裏切らない。

僕が今福井で一番好きなラーメン屋さんはここかも。

s-DSC_0206.jpg

スープも健康維持のために自分に課したルールの上限である6口まですすります。飲み干したいのだけど6口でスープはガマン。
これこそまさにガマン汁(スマン,連日のシモネタでw)
その分,この日は朝食も夕食も味噌汁は具しか摂取しておりません(スマン,ヨメ)。

あーおいしかった。
二郎系に行かなくて結果オーライだったな。

ま,あの店はまたいずれ。

さて,腹もある程度満たされたし,鉄モードへ移行します。

目指すは福大前西福井駅。
この駅は謎のショッピングセンターに併設された謎の多い駅なのだが,未だ利用する機会に恵まれていないため狙いを定めていたのである(鉄モードになったため文体が変わるのだ)。

途中のきったないどぶ川にはなぜか鳥がたくさん。

s-IMG_9411.jpg s-IMG_9412.jpg

カモさんたちが揃いも揃ってくちばしを羽の中に入れているのは,寒さを凌ぐためなのでしょうか(また文体が変わったよ。鉄モードが解除されてしまったようですw)。

Yahoo!知恵袋によると
「鳥は尾羽の付け根に脂を分泌する尾脂線(びしせん)があります。この尾脂線に嘴をこすりつけて羽づくろいをするように、全体に脂を塗りつけて羽の内側に水が入ってこないようにし保温します。また、水鳥は脂で浮力がつき浮く役割もあります。」
素晴らしい回答ですね(真偽のほどは定かではないけれども)。勉強になりました。お堀にいたサギ師たち,いやサギさんたちも同じことをしていたわけね。

s-IMG_9413.jpg s-IMG_9416.jpg

見ての通り,きったないどぶ川なのに(←しつこい。悪意があるなw),鳥の楽園と化しています(楽園は言い過ぎ)。

s-IMG_9414_1.jpg s-IMG_9416.jpg

鳥さんたちに夢中になっていたら

s-IMG_9417.jpg

福井行きの電車が僕の後ろを通り過ぎていった。

走れば間に合うか!
と足を速めてはみたものの,踏切に阻まれ・・・

s-IMG_9420.jpg

いかんともしがたく。

えちぜん鉄道は几帳面というかなんというかきっちり30分おきに電車が来るという整然とした美しいダイヤであるため,次の電車はちょうど30分後。写真を見ての通り,福大前西福井駅で三国港行きとすれ違ったということは三国港行きも30分後ということ。どっちに行くにしてもこの駅で電車に乗るには30分待つしかない。

せっかちな僕はもちろんそんなことができるはずもなく,田原町駅まで歩くことにした。田原町駅まで行けばちょうどいい時間に福鉄があるかもしれない。

工事中,いや交尾中のカモさんカップルを

s-IMG_9423.jpg

じっくりと観察したあと(←悪趣味だなw),僕は歩きます。

s-IMG_9421.jpg s-IMG_9426.jpg

この川は「そこばみがわ」という名らしい。
なんかネガティブな名前だよな(笑)

川沿いの道を通って,僕は田原町駅を目指します。

紆余曲折の末,たどり着いたのは田原町駅。
当初の計画にはなかったのだが,田原町駅。

福鉄の時刻表を見ると,無情にも次の電車は20分後。
えち鉄の方が先にやってくる。
んじゃ,えち鉄に乗るか(←軽いノリw)。

西別院駅まで歩くというオプショナルツアー(無料w)も頭をよぎったが,おとなしくやめておいた。

セイガクさんに混じってえち鉄のホームで電車を待っているとやってきたのは当然見慣れたえち鉄カラーの単行。1両(1編成)くらいラッピング電車とかあればワクワク感もあるんだけどなあ。

s-IMG_9427.jpg
MC6101形(6105)

1980年代後半に製造された愛知環状鉄道300形を改造した車両。福井口駅で勝山行きに乗り換える。必ずここでこの乗換ができるようなダイヤになっているようだ。

s-IMG_9428.jpg
MC7000形(7005+7006)

2両編成で1980年代に製造された国鉄119系を改造した車両だ。
乗り込むとまずは恒例の儀式。

s-IMG_9429.jpg
網棚がちゃんと網状になってるのが新鮮

アテンダントさんのチェック(笑)
さっきの電車ではセイガクさんで満員だったから儀式が行われなかったのだよ。

しかし,この車両に何台も設置されているモニター。真っ暗なんだけどなんか表示されることもあるのかね・・・使わないなら撤去すればいいのに。

さてどこまで行こうか。


(つづく)


posted by poptrip at 20:00 | Comment(4) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

ナポリであんかけスパ

M氏とのカラオケ前の腹ごしらえ。
僕は午前中で仕事を終え,敦賀から北陸道で福井へ向かいます。

福井インターとジャパレンの間で何か適当なお店がないものか。
ココイチ,きょうや,アトム・・・どれもピンと来ないな。

そうだ,あそこにしよう。

ということでナポリでございます。

ずいぶん前に行ったことがあるような・・・

s-IMG_9293.jpg

そう,このお店は名古屋名物であるあんかけスパのお店なのです。

あんかけスパって,何か月か前に豊橋で食べたわけですが,どんな味だったかあまり記憶に残っていません。
とうぜん数年前に食べたと思われる,ナポリのあんかけスパについては何をかいわんや。

席に着くと同時に

s-IMG_9291.jpg

問答無用にミニサラダが運ばれてきます。

三国からやってくるM氏は僕より10分ほど遅れて入店。
あまりにもたくさんのメニューがあるためM氏を待つ間ずっとメニューと格闘していたのですが,M氏が到着してもまだ僕はお悩み中。だってさ,どれも不健康そうなんだもの(笑)

この店をチョイスしたのは僕なんですけど・・・まさに自業自得というやつ。

結局,

s-IMG_9292.jpg
アスパラ(850円)

を。
M氏はあらかじめ調べてきたようで席に着くと同時にハンバーグののったあんかけスパを。ハンバーグて!子どもか!!

うん。
福井で食べるあんかけスパは悪くない。
悪くないんだけど,ここ半年ほど食べた中で最も体に悪そうな食べ物でした(笑)

ごちそうさま。





posted by poptrip at 19:10 | Comment(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする