2019年11月05日

王朝喫茶でランチ

レトラムを下りた僕は,どこかでランチをとろうと彷徨う。
ホントはラーメンが食べたかったのだけれど駅周辺で僕好みのラーメン屋さんはなさそう・・・旅行代理店へ行く前にちょっと予習もしたかったから食後にコーヒーなんかを飲めたりするほうとベター。

じゃあ,ひさしぶりにあそこにいっちゃう?

地下にある王朝。

s-IMG_9465.jpg

王朝喫茶 寛山でございます。

勇気を出して

s-IMG_9464.jpg

階段を下りると,

そこには

s-IMG_9463.jpg

異国情緒此方に在りらむ。
といった趣の昭和感バツグンのエントランスが目に飛び込んできます。
初めてじゃないのでそれほどの驚きはありませんが,インパクトは相変わらず。

s-IMG_9454.jpg

このパンチのきいたインテリアは落ち着くと言えばいいのか逆に落ち着かないと言えばいいのか(笑)
店内にはジャズが流れています。

先日行った「イタリア」は1970年創業,そしてこちらの「王朝喫茶寛山」は1974年創業とのこと。僕と同世代。そりゃあ古さがあるのは仕方がないだろう。その分味があるんだよ。アラフィフにはww

お客さんは僕一人でした(僕が食事をしている間に2組のお客さんがやってきた)。

s-IMG_9456.jpg

しかし・・・前回と同じ席に座ってしまったような。
人間の行動パターンというのは不思議なものですね。

s-IMG_9462.jpg s-IMG_9455.jpg

お尻が沈み込む椅子に座ると,店員さんがメニューを持ってきてくれました。
ランチメニュー3種類のなかから,五目チャーハン(サラダ,コーヒー付き880円)を。

s-IMG_9457.jpg

紙ナプキンにまかれたスプーンとフォーク。
完璧だ(何が?ww)

s-IMG_9458.jpg

チャーハンというより,ヤキメシといったほうが個人的にはしっくりきます。
まあお味については特に感想はなく。いやぼくね,玉ねぎのはいったチャーハンはいまいち苦手で(笑)

s-IMG_9459.jpg

なかなか,味のあるグラスに注がれてやってきたアイスコーヒー。

さて,「地球の歩き方」や旅行代理店のパンフを見ながらいろいろと勉強。
しかし・・・問題は地下だからか,このインテリアのせいか(笑),携帯の電波が弱いということ。
前回来たとき(2011年)はそんなこと気にならなかったんだけど,当時はスマホ依存がまだすすんでなかったんだろうなきっと。
ていうかスマホというものがまだなかったのかもしれない,と思い調べてみたところ僕がスマホを初めて買ったのは2012年8月でした。やっぱりか。

s-IMG_9466.jpg

posted by poptrip at 20:00 | Comment(6) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

天下一品で「こってり」と「あっさり」

s-IMG_9016.jpg

ちょいと前の話なんですが,ヨメとラーメン。
略してヨーメン。

福井市の家具屋さんにある人気のラーメン屋さんに行ってみたのだがとんでもない人であふれかえっていたため敢え無く退散。並ぶのも待つのも好きじゃないから。東京では並ぶけど福井では並ぶ気にならないのよね〜。このお店に振られるのは2度目。一回目はもう売り切れましたーって言われたし。移転してからはまだ一度も利用できていないのです。

ということで方針変更。
近くにある「天下一品」へ。

s-IMG_9025.jpg

今回はヨメがついてきているため「あっさり」と「こってり」を一つずつオーダーしてシェアすることができるのです。まあ僕が一方的にヨメの「あっさり」を二口ほどもらっただけなんだけどな。

s-IMG_9017.jpg
あっさり(ニンニクなし)

久しぶりに食べたあっさりも美味しい。
飲んだ後の〆には「あっさり」が適。
無化調のあっさりした専門店のラーメンより化調上等のこういうラーメンの方がやっぱうまかったりするんだよな・・・。

こちらが僕のオーダーしたお馴染みの

s-IMG_9018.jpg
こってり



s-IMG_9019.jpg
唐揚げ丼

過去には塩ラーメンやしょうゆラーメン,マイルドこってりなどというものもあったんですが(今もあるのかな),僕の頭の中では「あっさり」と「こってり」の二択しかないのです。

s-IMG_9022.jpg

相変わらず麺に絡みつくどろどろのスープはとびっきり美味い。

s-IMG_9026.jpg

もうすぐ僕は49歳になりますが,
まだまだ天下一品のこってり,

いけます。

いけてます。

いかせてます(意味不明)。


posted by poptrip at 20:00 | Comment(15) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

福井市の老舗「スパゲティ ピラフ イタリア」初体験

以前から気になる店ではあった。
その存在を意識したのもずいぶんと前田。いや前だ。
でもなんとなく入る勇気がなかったというのが正直なところ。

この日も実は別のラーメン屋さんに行くつもりだったのだけれど想定外の土砂降りで福井鉄道福井城址大名町電停から歩く気がなくなってしまったので屋根のあるところだけを使っていけるお店でどこかないかと頭をフル回転させて思いついたのがこのお店だった。

ユアーズホテルの地下1階にあるスパゲティ・ピラフ専門店「イタリア」である。

s-IMG_8772.jpg

なかなか降りるのに勇気のいる階段である(笑)

あ,小心者のオレだから感じる妙な圧迫感なのか・・・でも昭和が残るその外観は意外と僕ら世代を引き付けることがあるのも確か。相反するこの磁石のS極とN極のようなその狭間で,僕は無心で足を踏み出していた。

s-IMG_8770.jpg s-IMG_8771.jpg

SINCE 1971 スパゲティ ピラフ イタリアと最近ではほぼ使われなくなったであろう昭和っぽい手書き感グンバツのフォントがふんだんに使われた看板に僕はノスタルジーをほんの少しだけ感じずにはいられない。

スパゲティという単語自体がもう遺物と化している感すらある令和の時代。でもwikipdeiaによると

近年、懐かしさや目新しさを求め、単体料理としてのナポリタン人気が再燃している。
この点について、片岡義男は、ナポリタンが復興したのではなく、バブル崩壊に伴う経済的縮小により本格イタリアンが衰退したのだという論を紹介している


人気が再燃しているの・・か?
まあこうして僕も来ているくらいだからな(笑)

なお,wikipedeiaのナポリタンの説明はかなり充実しています。こんな引用も。

正統のナポリタンは、アルデンテなどであってはならぬ。きのう茹で上げて冷蔵庫に眠っていたような、ブヨブヨのスパゲッティが好もしい。それを少々の玉葱とウインナソーセージの薄っぺらな輪切りと、真赤なトマトケチャップで炒める。実に素朴な、変えようも変わりようもない、完成された味であった。
− 浅田次郎、『パリわずらい 江戸わずらい』小学館、2014年、p.148



思っていたのとは違っていて,店内はカウンターのみのまさに昭和の喫茶店というかラーメン屋さんといった様相。照明もどちらかといえば暗めで今風のイタリアンレストランとは明らかに一線を画している。

メニューを一通り眺めた結果,シェフおすすめの一言に釣られナポリタンをオーダー。
カウンターの一段上の部分にスプーンとフォークが置かれる。

しばらくして出てきたナポリタン。

s-IMG_8769.jpg

うん。
アルデンテなどではあったはならぬ。
浅田次郎の言うとおりだ。

でもね・・・美味しいけど,950円はちょっと高い気もするな・・・
もう一品なんかがついてくるといいんだけどな。

でも懐かしさ満点のこのお店。
悪くないね。




posted by poptrip at 20:25 | Comment(2) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

福井市・まほろばの泡白湯

福井市のまほろばに初訪問です。

3度目の正直。

1度目は店の外まで続く行列にげんなりして別のお店へ。
2度目は臨時休業(だったと思う・・・)。
そしてついに入店しました。

ここで営業していた「めん屋さる」と金沢の「そらみち」と合体してできたのが「まほろば」ということでいいのかな。「さる」には一度行ったことがあるんだけど,とくに印象はなく。「そらみち」はいしかわ動物園とセットでいつか行こうと思っていて行けなかったお店。

福井新聞の記事になったくらいだから界隈ではなかなかの事件。

fukuishinbun.png
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/801491

平日の夜,仕事が終わり19時前に店に到着。
明かりが灯っている。店に入ると席は半分くらい埋まってるという感じ。いいじゃない。これくらいの客密度が僕には理想的。券売機で食券を購入。

おねえさんの愛想がいいというか元気がいい声が店内に響き渡ります。椅子はちゃんと引いてくれて高級レストラン並みのサービス。ただ,この女性店員のはなす言葉のアクセントが妙に僕は気になってしまいまして・・・「おねいし〜す」っていう独特な。千鳥ノブ風に言うと癖がすごいんです(笑)
気にならない人は気にならないんだろうけど,どうも僕は気になってしょうがないんです。ま不快になるとかそういうのではなくむしろ接客に関しては素晴らしい。ラーメン屋もここまできたかという感じ。
鈴木健二の「気くばりのすすめ」を読んでんじゃねえかって言うくらい。

さて,本日の特製泡白湯(850円)。
確かに「本日の」という修飾語を付けて持ってきてくれたのです。
日によってスープの出来が違うのか,内容を微妙に変えているのか。水質が毎日ちょっとずつ変わるからか。

s-IMG_5206.jpg

スープの表面だけをすくって飲んでみた。
泡を食べると言った体。
なんていうんだろうか,すげえフルーティな感じがしたのな。ミックスジュースみたいな。
二口目からはそんな感覚なかったけどね。不思議。

s-7855.jpg

細麺ストレート。
レアチャーシューに水菜。
シンプル。
お味の方は「鶏っぷ」の泡白湯とほぼ同じ(僕の舌ではそう感じました)。
つまり,美味いってこと。

「めん屋さる」で食べた味玉にぼしらーめんは「別に」って感じだった記憶があるんだけど・・・僕はただ単に鶏白湯が好きなだけな気もするな。
無化調のこだわり醤油ラーメンとか塩ラーメンってどうも高尚すぎて,僕のようなラーメンは大好きだけどそれを語るほどの知識も舌も持ち合わせていない人間にとってはわかりにくいんですよね。「鶏っぷ」も移転前の福井のお店で食べた煮干白湯はそんなにうまいと思わなかったんだけどねえ・・・僕の舌なんて所詮そんなもん。食べログのレビュー見るとすげえ専門的なこと書いてる人たちばっかりでもう僕は全くついていけてません。あんなレビューが書ける人たちはよっぽど自分の舌に自信をもってるんでしょうねえ。僕にはムリ。うまいか,うまくないか,ふつうか。この3択しかないのです(笑)

家系,とんこつ系,そして鶏白湯。

sanbon.jpg

これが今の僕の好きなラーメンの3本柱。
例えるなら桑田,斉藤,槇原(←古いな)

ごちそうさまでした〜。
行列に並んでまでは食べたいと思わないけれど,並んでなかったらぜひまた食べに来たいラーメンでした(泡白湯に限る)。

s-IMG_5207.jpg


posted by poptrip at 19:40 | Comment(2) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

8番の野菜トマトらーめん

行列のできるラーメン屋さんの代表格ともいえる福井市渕のお店に行ってみると,なんと臨時休業かお店の明かりがともっていない。なにか張り紙がしてあるんだけどクルマを下りてまで内容を確認するのが面倒くさいので,別の店へ。

もし行列ができてたりしたら,気になっていた8番らーめんの季節限定メニューにチェンジしようと決めていたんですがこんな形での目的地変更となるとは。

向かったのは8番らーめん若杉店。
このあたり,ラーメン屋さんがいっぱいありますよね〜。

s-IMG_5189.jpg

まず,入店してびっくりしたのは受付が機械だってこと。あの,回転ずしとかにあるようなあんな感じのやつね。使い方がよくわからないので(もう俺も年なんだよww),店員さんに直接1人です!って告げてカウンターへ着席。こういうのはやっぱりアナログのほうがいいと思うんだ。

オーダーはタッチパネル。
8番でタッチパネルを使うのは初めてではないけれどやっぱり味気ない。

s-7662.jpg

カウンターだから目の前に店員さんがいるのに・・・まこれも時代の流れだ。慣れの問題ですきっと。そしてこっちのほうが効率的なんだ。たぶん。オーダーミスもないし。

s-IMG_5184.jpg

福井県特産のトマト「越のルビー」にひき肉,唐辛子が混合された餡のようなものがトッピングされております。カウンターからは,レトルトパックを湯煎するのが丸見えなんですがそれは仕方がないことです。どのお店で食べてもほとんど同じ味にするための企業努力なのですこれは。

s-IMG_5186.jpg

太麺です。
8番と言えば太麺。
納得の太麺。

越のルビーの甘味と唐辛子の辛味が中和されて・・無味になるということはなくトマトっぽい味とピリ辛を僕の鈍感な舌は感じつつ,それなりにおいしくいただきました。悪くない。チーズトッピングとかリゾットセットなんてのもありまして,これはまさに中華とイタリアンの融合いや化学反応。ていうかラーメンって中華なのか。
問題は,値段ですね。

このラーメン単品で907円もするんですよ。
リゾットセットにすると1,079円になってしまうんです。
次はないかもしれないな・・・うん。
僕,8番らーめんに関してもすごく保守的で,基本的に野菜らーめんしか食べないんですよ。
ざるラーメンって食べたことないし,唐麺は一回食べたっきり。

s-7661.jpg s-IMG_5190.jpg

で,うれしいこともありましたよ。
なんと8番らーめん若杉店ではクレジットカードが使えたんです!
消費税対応でしょうかね。楽天ポイント中毒者の僕にとっては最上級の喜び。

ごちそうさまでした〜。

posted by poptrip at 16:30 | Comment(6) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする