2018年11月22日

星乃珈琲店のモーニング トーストにつぶあんトッピング

つい先日,余っていたコーヒーチケットを使い切るために,そして週刊文春で情報収集のために星乃珈琲店でモーニング。税込み400円だったコーヒーが税抜き432円になってしまったのは大変残念。それに加え,僕が通い詰めた鯖江神明店は営業時間が8:00〜と遅くなっちゃったのよね。とほほ。

s-IMG_9267.jpg

s-IMG_9268.jpg

モーニング♪
モーニング♪
きみの朝だよ♪




モーニング♪
モーニング♪

s-IMG_9269.jpg

黄身の朝だよ♪

・・・おあとがよろしいようで。

別の日に食べていたモーニングの画像で締めくくりたいと。

s-IMG_0247.jpg

s-IMG_9899.jpg

なお,星乃珈琲店神明店は全日営業時間が朝8時からとなったようです。以前は7時からだったので使い勝手が良かったのですが・・・やはり人手不足でしょうかね。もう,外国人を積極的に受け入れていくしか日本の人手不足を解消する手立てはないのでしょうね・・・




posted by poptrip at 23:15 | Comment(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

いきなりステーキでお誕生会はやめたほうがいいねw

僕のお誕生日。
両親が「いきなりステーキ」に招待してくれました。

いきなりステーキに来るのは2度目。
そして鯖江のお店ははじめて。ディナーもはじめて。
さすがに平日のディナータイムには行列などはなく。

「いきなりステーキ」というお店は,基本的には立ち食いスタイルなのですが福井県内のお店は着席して食べることができます(それがいいか悪いかは判断できない)。

いちおう4人用テーブルに案内されるのですが,調味料の台をはさんで2人と1人が座るという形になってしまい調味料の間から父と母の顔が見えたり見えなかったり。もちろん会話もままならない(笑)

s-IMG_9663.jpg
調味料の向こうには父親の姿がチラリと見えるはず

こんな会話しづらいパーリー。
ぼくのお誕生日会は残念な結果に・・・
ズバリ,3人以上でやってきて会話を楽しむためにこのお店に来るのは愚の骨頂と言わざるを得ないでしょう。こういうお店は回転率を上げる必要があるためこういう造りになっているのだと思われ(もともと立ち食いスタイルだからね)。さっさと食ってさっさと出て行ってくれっていうお店なんです。

ま,肉を食うのが主目的なんだと手段を目的に。目的自体を変更。

「3人全員のお肉のオーダーが決まったらテーブル番号?が書かれた紙を持ってカット場へ来てください。」とのこと。サイドメニューはテーブルでオーダー。僕はライスとサラダ(350円)を。
非常に会話しづらい中,3人があれこれ相談した結果,父親は一番安いワイルドハンバーグ300g,僕は国産リブロース(11円/g)を300g,母親は国産リブロース200gにすることに。なにを食べてもいいぞと言われたので一番高い国産リブロースにしたのです。

そしてカット場へ。
前回,福井大和田のお店ではランチ利用だったため目の前でカットしてもらうのははじめて。

リブロース300gお願いします。と言うとあらかじめある程度の大きさにカットされた肉が出てきて端っこを切り落としてだいたい300gにしてくれました。ここで僕らは大きな過ちを犯していたのですが「いきなりステーキ」初心者の僕たちは気づかなかったのです。

s-1828.jpg s-1829.jpg

ここで焼き具合を聞かれます。レアがオススメです。というのを軽く無視して(笑),ミディアムをお願いします。

3人が注文を終え,席へ戻ると

s-IMG_9662.jpg s-IMG_9664.jpg

サイドメニューが到着。
ライス小ってこんなに少なかったのね。ま,ダイエット中だから幸いかと。

そしてステーキが。

s-IMG_9665.jpg

父親はマイレージカードを持っており,母親とも何度か来ているので「ステーキのタレはドバっと出るから気を付けね!」とありがたいアドバイスを母親からもらうわけですが,それがもう親が子どもに注意するような言い方なんだから。おれ,この日をもって48歳になったんだけど。

で,実際にタレをかけるときドバっと出てきてビビったww

s-IMG_9668.jpg

メチャウマって感じじゃないけど,肉食ってるわ〜って心の底から実感できるステーキ。前回も多分同じような感想だったと思われ。

食べ終わって先ほど撮影した画像を確認していときにとんでもない事実に気づいてしまいました。

これ,国産じゃなくてアメリカ産のリブロースだったということを。
ほら,カット場の画像見るとマイリブ6.9円になってるじゃない。おれはグラム11円の国産リブロースを注文したつもりだったのに・・・

せっかくの誕生日,何食ってもいいぞと言われて一番高いやつを食べたつもりでいたのに。自腹では3,000円以上も出してステーキを食べようとは思わないから,もうこんな機会はないかもしれないというのに(僕はステーキ食べるなら焼肉に行く派なのです)。

食べ終わるとせっかちな父親が「おい,もう出るぞ」と,特に僕の誕生日に着いての会話も弾むわけでもなく失意のまま店を出たのでした。

s-IMG_9669.jpg

今度は,国産を・・・

両親の奢りなら(笑)

ほら,父親は肉マイレージカード持ってるから行列ができていても並ばずに優先的に入れるのよ(本人ともう一人だけ)。それに70歳以上で肉マイレージカードを持ってるとソフトドリンクが無料サービスされるんだよね。父親に連れて行ってもらうか。

48歳になってもこういうことを考えてしまうのは,両親の前ではまだまだコドモだからなんだよ。


posted by poptrip at 16:30 | Comment(6) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

味見屋の中華そば大盛630円

ヨメ不在につき,孤独のグルメ。

ムスコに声をかけたが返事がない。
二階で寝ていて起きてこないので,やっぱり孤独のグルメ。

鯖江のいきなりステーキに行こうかとクルマを走らせていたんだけど,なんか行列できてそうだしなあ・・・(福井の種池にもオープンするみたいですね),やっぱ違う店にしようと手ごろで無難なお店を。

久しぶりの鯖江の味見屋です。

此処へ来ると,ほとんどいつも醤油カツ丼を食べてしまうのですが,今回は封印。

中華そばにイッてみます!

ふむふむ。中華そばは530円。
大盛は100円増しか。

中華そば大盛をおねがいスマッシュ。

s-IMG_9383.jpg

豚バラにかまぼこ,ハムにもやしにメンマとネギ。

s-IMG_9386.jpg

ほんのりと魚介の香りがする,豚骨っぽいラーメン。
どうしてもこれを食べに来たくなる,っていうラーメンではないけど食堂で日常的に利用するためにはこういう飽きのこないラーメンがやはり好まれるのだろうと思われ。

味見屋に来ると,マンガ「アカギ」を読むのが恒常なのですがいつも間があいちゃうので何巻まで読んだかわからなくなるのよ。本棚の前にいき,何冊かをパラパラとめくりどこまで読んだかなあと12巻から20巻くらいまで斜め読みしてみたのだけれど,どれを見ても鷲巣マージャンなのでさっぱりどこまで読んだのか分からない。

で,初心に帰ろうと今回は第一巻から読み始めることにしました(どないやねん!)

s-IMG_9387.jpg s-IMG_9390.jpg

スープを4口飲み,アカギ1巻を読み終えるとお店を出ました。
ごちそうさまでした。
次は,やっぱり醤油カツ丼をいただきにきます。

s-IMG_9391.jpg

なお,僕が店に入ったときは時間がちょっと速かったので客は僕一人。
その後,入ってきた二組の家族のいずれもが「駐車場はどこですか?」ってお店の人に尋ねていたので,親切な僕はこのブログでこのお店の駐車場について解説しておきます。

本町商店街(コアロード)は,路上駐車可なのです。
月によって駐車できる車線が変わるので歩道の表示を見て確認してください。

s-IMG_9392.jpg s-IMG_9393.jpg

こちらからは以上です。





posted by poptrip at 20:10 | Comment(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

こっしぇるん。かふぇ

ヨメと休日ランチ。
お店はヨメにお任せ。

鯖江市文化の館にある喫茶室が「こっしぇるん。かふぇ」という名前のお店に変わったんですがそこに行きたいと。僕は図書館にはしょっちゅう行ってるのでもちろん喫茶室がリニューアルオープンしたのは知ってたんだけど行こうなんて全く思わなかったんすよ。なんかこういう公共施設に入ってるテナントってなんとなく入りづらいというかね。

s-IMG_0345.jpg

ヴィーガンって言うのか,ベジタリアン料理って言うのかオーガニックとでも言うのかグルテンフリーとでも言うのかまあとにかくそっち系のお店です。

ヨメも僕も800円の日替わりランチを。

s-IMG_0340.jpg

s-IMG_0342.jpg

レンコンのハンバーグみたいなやつ(メイン)。
たぶん肉は含まれていないと思われ。

s-IMG_0341.jpg

みずべこのスープ。
もずく入り。

s-IMG_0344.jpg

揚げ出し豆腐。

お漬物も薄味でSKKSの僕にはとてもやさしいお料理。
ヴィーガンのお店でも味つけのこいお店を経験しているもので,これはいいと思うんです。

そして,福井の郷土料理。

s-IMG_0343.jpg

たくあんの煮たの。
なんでたくあんを煮る必要があるのか。
子どものころから食卓にあがっていたこの食べ物。決して手を付けることのなかった茶色い食べ物。年を取るとこういうのも食べれるように,というか好んで食べるようになっちゃうんだね。

しかし・・・このたくわんの煮たのっていう身もふたもないネーミングはなんとかならないものかね。たくあんの煮たので宇野重吉を思い出す方は間違いなくアラフィフ以上。なんか70〜80年代のCMで宇野重吉が「たくあんの煮たの」ってナレーションするやつがあって(Youtubeでは見つからなかったが福新聞のCMだったようだ),当時の僕と友人にはあれがツボで「たくあんの煮たの」だけでゲラゲラ笑っていたという若気の至りを思い出します。いや当時からレベルの高い笑いを好んでいたようでw

と,こういうお店なんですがガッツリ行きたいときには不向きです(見りゃあ分かると思うけど)。
また,1日限定10食の500円ワンコインランチもありました(この日は残り1食でした)のでお安く済ませたいときはそういう選択肢もありかと。

他のサイトの受け売り(というか引用w)では,「その日の仕入れでメニューは変わりますが、鯖江産の野菜をメインにしたメニューが多い」だそうです。

なお,鯖江市立図書館は毎月第4木曜日だけが休館日なのですが,このお店の定休日は異なりますので注意が必要です。

posted by poptrip at 21:00 | Comment(8) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

鯖江のマーシンで新発見

本日は,三床山の登山道整備でした。そして来週は狼煙リレーがあるのです。

s-1446.jpg

お昼はいつものごとく白樺ホルモン。その後ヨメとベルへ行ったのだが,今日は福鉄フェスタの日だということをすっかり忘れておりました・・・orz

---

昨日のつづき。
日野山を下りた後,早めのランチ。
週イチのラーメンをと武生の「鶏っぷ」へ。駐車場には1台分の空きがあったんだけどあそこの駐車場狭くてね・・・僕のミニバンをうまく駐車できる自信がなくスルー。

久しぶりに鯖江のマーシンにでも行ってみるか。

たぶんツギロウ氏よたよた氏の3人で,チームOPP結成記念登山の時のランチに行って以来(チームOPPの活動は停滞していますが解散はしていませんw)。

【参考過去記事】
マーシンの日替わり?週替わり?ランチ(2016年4月)


久しぶりだけど,僕のこと覚えているだろうか。
だって,オレってさあ・・・キャラ薄いじゃん。
こう見えてモブキャラなんだよ(笑)

まずはお店が営業しているかどうかが問題なのだが・・・

s-IMG_0615.jpg

青色灯が回転している。
営業しているようだ。

お店へ入り,ランチ(800円)をオーダー。
奥さんに「こんにちは」とあいさつすると。驚いたような顔でこんにちはと。果たして僕を僕と認識しているのだろうか。僕が僕であるために勝ち続けなくちゃならない。

s-IMG_0603.jpg

s-IMG_0604.jpg

相変わらずイナカの街の洋食屋とは思えないような食い物を出してくるんだよ(笑)
画像にはありませんがライスがついてきます。

店に会ったマンガ「美味しんぼ」を1冊読み終えたので,お勘定を。

厨房から出てきたおやじさんに,「こんにちは」というといつものごとく「あんた誰だっけ?」って顔をする。ただ,これが本気で忘れているのか忘れているふりをしているのかこのおやじの行動・思考は読めないから困りものである。
僕はこうこう,こういう素性のものであれやこれやと毎回同じ説明をする。もうこのパターンやめにしたいんだけど。するとやっと僕を僕と認識してくれたようで「山田さんだよね」とまたとぼけたことを言うわけだ(笑)
いや,だからオレ山田じゃないって今言ったばっかじゃん。このおやじさん,奥さんの前ではおとなしいんだけど一人になるとこういうボケを連発してくるのな。

自宅に帰ってから今日マーシンでメシ食ってきた。って家人にいうとムスコが「オレ,たまにあそこ行くけどいっつもあそこのおやじさん勘定のとき『10万円です』って言うんだよ」と。ああ,想像つくわ。いかにもって感じだよねww

店を出たらちょうどどこかへ出かける奥さんとばったり出会い改めてご挨拶。奥さんの方は僕の名前もちゃんと覚えていてくれてちょっぴり雑談。そしてお別れの挨拶とともに「ちょっと鳥を見させてくださいね。」と僕は鳥小屋へ。

そう,マーシンでは鳥を何羽か飼っていてけっこうでかい声で鳴くのよ。
はじめてこの店に来た時はびっくりしましたからね。なんじゃこの店はと。

そして僕はここで衝撃の新発見。

なんと,

ここにいるオウムは

s-IMG_0607.jpg

足羽山動物園で飼育されている,僕に惚れまくっているあのアオメキバタンのミルクちゃんと同じ種類の鳥だったということに初めて気づいたのです。アオメキバタンかどうかはわからないけれどキバタン系の鳥であることは間違いない。動物に興味を持ちだしたのはここ数年だからマーシンにいる鳥の種類なんて全く無視してたんだけど,これには驚き桃の木山椒の木。

もちろん僕はキバタンたちに「こんにちは」と話しかける。

ケージのなかには4羽ほどのキバタンがおり,それぞれがそれぞれの鳴き声で喚くもんだからうるさいったらありゃしない(笑)
ちゃんとこんにちはって返してくれる子もいて僕は大満足。

久しぶりにミルクちゃんにも会いに行ってやるかな。
きっと寂しがっているに違いないから(←思い込み)。


posted by poptrip at 18:10 | Comment(2) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする