2017年06月09日

ボーリングからのはるむに

恒例となった地区のボーリング大会からの打ち上げ。

過去に何度も書いてますが僕はボーリングがそこそこ得意でハイスコアは248。学生時代は名古屋の本山ボウル,今池ボウル,星ヶ丘ボウルにしょっちゅう行っていたのだ。
くろべえ(黒部幸英)司会の「スターボーリング」なんて番組も時々見てましたからね(ただ,僕はストレートのボールしか投げれませんw)。

仕事を終えてアルプラザボウルへ向かう。4人で1チームなのだが,うちの町内のほかのメンバーは誰も来ていない・・・時間通りにやってきたのはSくんのみ。ありえへん・・開会式が始まっても残り2人は来ない。

ということで,2人で4人分を投げることに(笑)

s-1495835903403.jpg
1人目と3人目をSくんが,2人目と4人目を僕が投げてます

すぐに自分の番(といっても本来はほかの人の番なのだが)が回ってくるので,オッサンにはなかなかのキツさ。タバコを吸う暇もない。おざなりなプレイ。でも2人ともまずますの調子で下手したら3位以内に入ってしまいそうな勢い。役員さんに「もし,賞に入っても辞退しますんで・・・」とお詫びを言いひたすら流れ作業のように投げまくる(笑)
実際にはダブル(ストライクが2回連続)をとってもスコア上は別の人なのでダブルにならないし,逆に一回おきにストライクとってもスコア上はダブルになってしまうという。もうワケワカメ。
8フレーム目になってようやくもう一人のオッサンが現れた・・・そして最後まで4人目の男は現れなかったという。なんちゅういい加減な奴らなんだw
まあみんな仕事してるからしょうがないんだけどね・・・(ボーリング大会は平日に行われるのです)

結局僕のスコア(僕の名前の正式なスコアw)は131と159。4人の2ゲームトータルスコアで各町内で競うわけだがどうも2位か3位に入りそうな感じでして。ただ僕らは潔く賞を辞退しているので「お先に失礼します」と早退し,予約していた鯖江の「はるむに」へと向かった。最後までメンバーがそろわなかったのは前代未聞だということだ(爆)

s-IMG_9834.jpg

そして,鯖江の「はるむに」ではちゃんと4人がそろっていたというミステリーw
「はるむに」のある場所は鬼門である。「神明食堂」→「2525亭」→「塩荘」→「むっしゅ」→「はるむに」と目まぐるしく店が閉店と開店を繰り返している。「むっしゅ」はわらびグループなのだが,わらびグループのお店で閉店に追い込まれたのはここだけじゃないかと。1度利用したときはけっこうはやっていたと思うんだけど・・・

食べ放題のお店で90分2,800円(80品),3,450円(110品),3,980円(125品)の3コース。もちろん一番安い2,800円を選択。こういうお店でいい肉を食うくらいなら,ちゃんとしたお店でふつうの肉を食ったほうが美味いし,この日の我々は特に美味しいものを求めてやってきたわけではないのだ。

s-IMG_9839.jpg

いちおう飲み放題(1,500円)をつけたのだが,もちろん僕がモトをとれるはずはなく・・・生中3杯で撃沈(生中はフツーに頼むと470円)

s-IMG_9840.jpg
豚トロ,ハラミ,ハツ,白ホルモン

想像していたよりは,質はいい。食べ放題にしては頑張ってるほうじゃないかな(いちおうメニューにはかなり高価な肉も存在します)。

2,800円のコースにはタンは含まれていないという悲劇にあとから気づいたのですが,特にタン好きというわけでもなく(焼肉屋のルーティーンに含まれてるだけで)ノー問題。

s-IMG_9842.jpg
野菜盛り合わせ

s-IMG_9845.jpg
ジンギスカン

は,予想したのよりも柔らかかったけど臭みあり。

s-IMG_9846.jpg
卵かけごはん

デザートのみ一人1品限り。これは牛角と同じシステムですな。Sくんはデザートは食えないというのでワタクシメがふたついただきました。

s-IMG_9848.jpg
プリンとバニラアイス

この日いちばんうまかったプリン。
あと2個はいけたな・・・

s-IMG_9851.jpg
梅昆布茶

で〆ます。

ごちそうさまでした〜。

次回はちゃんと4人がボーリング場で顔をそろえられることを祈っております。ちなみにソフトボール大会でも去年は8人しか集まらなくてほかの町内から1人借りてるし,先週あった地区の運動会の発育リレーでも僕の町内には中学生女子がひとりもいなくてほかの町内から陸上部だという女の子を借りたというね(それでも順位は最下位w)。とにかく人材が不足している。そろそろこういう行事の開催も限界がきているんじゃないかと。以前はバドミントン大会なんかもあったんですが今はもうやってないし。事態はけっこう深刻だと思うわけですが,これはどうにもならないんだろうな。



posted by poptrip at 23:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

かんきちのランチ

この日,福井市にヨメとふたりで行く用事がありまして。
ついでにランチでもと,久しぶりに鯖江の立待あたりの中華料理屋さん「花湖」に行ってみたのですが,ななんと予約でいっぱいでカウンターなら空いてるけどちょっとお時間がかかりますとのこと。むむう・・・仕方がない。ほかをあたろう。

この近くだと,「丹波屋」のすし&ラーメン,「二男坊」「木々亭」「みきちゃん」「マクドナルド」あたりか。と丹波屋へ向かっていたところ普段はほとんど自己主張をしないヨメが「かんきち」でいいんじゃね。などと言うものだから「かんきち」へ。

夜は何度も行ったことのある居酒屋さんなんですが,ランチははじめて。

カウンターでよろしいですかと。もちろん。

結構はやってるね。カウンターからは厨房がよく見えるのですが4人ほどの料理人が。店員さんもたくさんいてびっくり。お昼なのに・・・
で,メニューを見てすごく悩んだ結果,僕は「ソースカツ丼(ミニ)+おろしそばのセット」(1,080円)を,ヨメは別のランチセット(1,080円)を。

まず,ヨメのランチセットが運ばれてきた。

s-IMG_9852.jpg


つづいて僕のソースカツ丼(ミニ)+おろしそばのセットが。

s-IMG_9853.jpg

s-IMG_9854.jpg
パプリカトッピングのソースカツ丼は初体験

やっぱりか。
残念なおろしそばと残念なソースカツ丼だった。いやまあこれは90%くらい僕が悪い。これまでの経験からこういうお魚が売りのお店でそばとかソースカツ丼を注文しちゃいけないんです。でもね,条件反射のようにこのふたつのセットメニューを見ると注文しちゃうんだよ。もうほとんどビョーキ(笑)

あ,アサリのはいった茶碗蒸しはとてもおいしかったです。
ヨメも満足したよう。オレもアレにしておけばよかった・・・トホホ。

その後,福井市内で用事を済ませてヨメに運転をしてもらい僕は助手席でカメラを持って福鉄撮影会w

s-IMG_9859.jpg s-IMG_9858.jpg

s-IMG_9860.jpg

s-IMG_9863.jpg

s-IMG_9866.jpg

最初,福井市内まで電車で行こうかと思ったんだけど・・・この日はヨメの都合でいろいろと時間制限がありまして。そして待ち時間とか駅までの往復時間等も考えると電車よりもクルマのほうが圧倒的に早いもので(駐車料金400円かかっちゃったけどしょうがない)・・・



posted by poptrip at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

チキチキ第1回福鉄・えち鉄ワンデーマーチ【前編】

職場にあった,ふだん滅多に読まない中日新聞を見ていたらあまりにも内容が左の方向に曲がっているのに笑ってしまったわけだが,こんな良記事が目に留まった。

スイレンにえち鉄そろ〜り 坂井・淵龍の池(中日新聞Web)

えちぜん鉄道下兵庫こうふく駅近くの池に睡蓮が咲き始め,また水面に電車が映り睡蓮と美の共演をしているのだという。

ふむ。行ってみるか。課題店である三国の無化調のラーメン屋さんもセットで。そしてもちろん移動手段は福井鉄道とえちぜん鉄道の共通1日フリーきっぷを利用してで行きますよ〜。ラーメン屋さんは水居という駅から片道3.7km歩くという・・・

名付けて

「チキチキ!第1回福鉄・えち鉄ワンデー・マーチ」

がこのたび開催される運びとなったのだ。お偉いさんの挨拶もセクシーインストラクターのセクシー準備体操もなくひっそりと厳かに執り行われたその顛末を。ひとりで歩くんだからマーチじゃねえだろ!とかそういうツッコミはなしでお願いしたい(だいたいほとんど電車移動なんだしw)

まずは腹ごしらえと,いつもの星乃珈琲店へと向かう。

途中の水田で,コウノトリはいないかな〜なんて田んぼを見ていると

s-IMG_9872.jpg s-IMG_9874.jpg

あまり見かけない(と思う)よくわからない鳥を発見。この2羽が5mほど離れて見つめ合っていた(笑)のでペアにも見えたんだけど・・別の種類なのか雄雌の違いなのかそれすらもわからないという浅学ぶり。この前,三床山で日本野鳥の会の人のありがたい話を聞いたはずなのに(笑)

s-IMG_9876.jpg

星乃珈琲店でサラダモーニングをいただきながら週刊新潮と週刊文春を2冊ずつ読み終えるとちょうどいい時間になった。せっかくあっちのほうに行くのならフェニックス田原町ライン(福鉄・えち鉄相互乗入運転)の終点である鷲塚針原(わしづかはりばら)まで乗ってみたいじゃない。朝いちばん早く鷲塚針原まで直通運転する列車は9:14越前武生発。僕はこの時間に合わせて行動していたのだ。

もう星乃珈琲店では店員さんに顔を覚えられてしまっているようで店を出るときには「いつもありがとうございます」と言われる。ちょっとうれしいのな,こういうの。

水落駅に着くと,ちょうど

s-IMG_9878.jpg

オレンジのフクラムが武生方面に発車していった。

ちょっと早く来すぎたかな。
でも,ちょうどいい。

この日はあいにくのOPP(おなか・ぴー・ぴー)日和。星乃珈琲店のトイレでも一回戦を戦ってきたのだが,水落駅で二回戦を戦うことにした。

s-IMG_9881.jpg
水落駅前のさわやかな画像をいちおう挿入しておく

s-IMG_9882.jpg

田原町行きの普通電車を1本見送ります。

しばらく待っているとやってきましたよ。

s-IMG_9885.jpg

越前武生行きのさくら色のフクラムが。思わず条件反射で乗り込みそうになりますが,はやる気持ちを抑え,鷲塚針原行きを待つ。ていうか自分,駅に早く着きすぎじゃね。そうなんです。武生発が9:14なんですけど水落駅発が9:14だと勘違いしてまして・・トホホ。

ようやく,待ちに待った鷲塚針原行きの

s-IMG_9890.jpg

グリーンのフクラムがやってきた。

この列車は福井駅前には行かないので注意が必要。
田原町駅に着くと,福鉄の運転士からえち鉄の運転士に交代する。そのまま運転しちゃだめなのかねえ。相互乗入なんて都会じゃ当たり前なんだけどこんな風に交代してたかなあ。
運転士は交代するのだが,アテンダントさんは乗り込んでこない(←どうなってんだよ!)

アテンダントさんが乗り込んでこないのは当たり前。
市役所前で半数の乗客が降り,残りの半数が田原町で降り,この列車に乗っているのは僕ともう一人だけ。そのオッサンもカメラ片手に先頭にいったり最後尾に行ったりと忙しそうである。僕が密かに師匠と崇める例のブログの表現を借りると明らかに「同好の士」である(笑)
そして結局,終点の鷲塚針原まで誰一人乗り降りしなかったんだもの(帰りの鷲塚針原〜田原町間もほぼ同様だった)。こんな路線に貴重なアテンダントさんを投入したら人的資源が勿体なさすぎる。
いやまあ僕らののようなマニアにとってはアテンダントさんを独占できるから一部の人には喜ばれるとは思うのだが・・・

えちぜん鉄道は基本,鉄道用のホームしかないのでフクラムやキーボのような低床車両用のホームは別に設けてある。鉄道用の高いホームの横を通ると

s-IMG_9892.jpg

こんな感じでちょっと面食らう。

車窓に田園風景が広がると,間もなく終点の鷲塚針原に到着した。
鷲塚針原には別の同好の士と思われるオッサンが待機しており三国行きのホームに。僕と一緒に乗っていたオッサンはどうもここで引き返すようだ。

s-IMG_9895.jpg

低床用ホームと鉄道用ホームってこんなに高さが違うのね。

鷲塚針原行きの電車にこだわった理由は実はもうひとつある。
この駅舎が登録有形文化財となっているからなのだ。

s-IMG_9896.jpg

s-IMG_9901.jpg

というと建築物に造詣が深いのかと思われると困るのでちゃんと言っておきたいのだが僕はただ単に権威に弱いだけ。なんか国の文化財っていうと,それだけでありがたがってしまうタイプなのだ(僕がミーハーだからという説もあるw)

三国港行きの電車が来るまでは約20分ある。
どうも乗り継ぎの利便性はあまり考慮されていないようだ。

前述の通り絶好のOPP日和ということもありどうもいまいちお腹の座りが悪いというかもやもや感が拭えないため,鷲塚針原駅のトイレで3回戦を戦うことにしたのだが,鷲塚針原駅のトイレは非常に困ったことに和式であった(泣)
OPP体質でありながらうんこ座りのできないという困った男である僕にはかなり酷なハナシである。なにか摑まるものがないとうんこ座りができないのだから踏ん張りがきかないのである。ハイヒールを履けばうんこすわりができそうな気がするんだけどこれ以上不審者的要素を僕に加えるわけにはいかない。

・・・苦節5分。
なんとか少しだけ絞り出すことに成功した。

s-IMG_9902.jpg

最初のチェックポイントである「下兵庫こうふく駅」にすらまだたどり着いていないのだが本日は此処まで。鷲塚針原って覚えづらかったんだけど今回の記事を書いてさすがに覚えましたよ。鷲塚針原ね。最近の駅名やインターチェンジ名は長くてあまりよくないと個人的には思います。

(つづく)



posted by poptrip at 20:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

チア☆ダンからのケンチキ

ちょっと前のオハナシ。

ゴールデンウィークのとある日。
ヨメが暇なのでまたどこかへ連れていけと言う。
いやたまには自分で企画してみれば・・と言いたいところだけれどまあ僕のボランティア精神がそれを許さない。うん。じゃあこの前ボツになった企画,映画「チア☆ダン」鑑賞でもいかがしら。

福鉄に乗って福井まで出て,テアトルサンクで見るというのもアリなんだけど,鯖江アレックスシネマだとHOPカードで割引がある。

鉄をとるか金をとるか。

天秤にかけたところ物理学通り金のほうがかなり重たく,僕らは鯖江アレックスシネマへ行くことになった。

s-IMG_2490.jpg
JR福井構内にて

映画を見る前にはOPP対策は欠かせない。
チケットを購入するとトイレにこもる。

出すべきものを出して館内へ。
座席は半分ほど埋まっていたが,年配の人が多かったように思う。

「チア☆ダン」は,ご存知福井商業チアリーダー部「JETS(ジェッツ)」が全米チアダンス選手権で優勝するまでの軌跡を描いたエンターテインメント作品。
広瀬すずと天海祐希以外は知らない俳優ばかりだし,結果がわかってる(全米で優勝する)ってことであまり期待していなかったんですが・・・意外や意外。面白い!単純で分かりやすくてこういうストレートな青春ものって僕は意外と好きなのかもしれない。
映画が始まるまでは眠くて眠くてしょうがなかったんですが目が覚めました。涙あり笑いあり(恥ずかしながら何度か涙を流しましたw)。福井弁の再現度もかなりの高レベル(笑)

これはオススメしますよ。

最近映画館で見た映画は「君の名は」や「四月は君の嘘」(←これも偶然千葉広瀬すず主演)しかないのだけれど,このふたつよりも面白かったと僕は思うわけです。僕はJETSを生で見たことがあったり,JETSと関わりのある人を知ってたりするから思い入れがあるってのもありますが。

JETSを見たのは・・そう,甲子園で。

s-IMG_0780.jpg
ネット裏より

s-IMG_1160.jpg
アルプススタンドにて

以前記事にしたことがありますが友人のムスコが選手として甲子園に出場したため何人かで応援に行ったのですよ。彼女たちのあきらめない懸命の応援に僕は素直に感動したのです。

僕も素直に人を応援できる人間になりたい。

s-IMG_1109.jpg s-IMG_1103.jpg

そして,先日えち鉄で三国に行った帰り。
福大前西福井駅からJETSの女の子が乗り込んできた。
祝日の20:00過ぎ。こんな時間まで練習してたのか。

s-IMG_9006.jpg

映画で見た通りおでこを出している彼女たち。
かっこいいぜ。

そして映画を見終わった僕らは久しぶりにケンタッキー・フライドチキンへ。ええ,広瀬すずが唐揚げを食べるシーンが何度も出てくるもんでね(笑)
フライトチキンと唐揚げは厳密には違う(らしい)のですが,どちらもうまいのには変わりはないからノー問題。ケンチキの問題は脂っこすぎて量を食べれないということか。唐揚げだったらもっと食べれるのになあ。

ということで2ピースのセット(サイドメニューはコールスロー)にアイスコーヒーで。

s-IMG_9024.jpg

s-IMG_9026.jpg

コールスロー,お口直しにぴったり。

数年に一度食べたくなるフライドチキン。
やっぱり美味しかったっす。ただしばらくはいらないっす。
まず割高感があるんだよね・・・

s-IMG_9027.jpg



その後,紫式部公園に藤棚を見に行ったのですが・・・

s-IMG_9038.jpg s-IMG_9032.jpg

なんか想像してたのと違う。
時期が悪いのかね・・今年は桜もツツジも遅かったみたいだからその影響かな?

s-IMG_9030.jpg



posted by poptrip at 20:30 | Comment(8) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

雨の日には雨の中を【後編】

キーボに乗り込んだ僕は,お目当ての食堂を目指す。

とある駅で下車しお店の前へ行ってみるが,店は閉まっていた。
このお店に振られるのは2度目である。ネットの情報では営業時間中のはずなのだが,もしかしたらもう営業してないのかな・・・

仕方がないので第二候補であった別のお店へ向かう。駅からちょっと離れているのでもし休業日だったらちょっとショックだがしかたない。もしこのお店もお休みだったらおとなしく味見屋かふたばやに行こう。

s-IMG_9295.jpg
さくら色のフクラム

に乗りこむ。

この日はグリーンのフクラムだけが運行していないみたいだ。

目的のお店の最寄り駅はサンドーム西駅(旧下鯖江駅)または西鯖江駅。
僕はサンドーム西駅を利用したことがないので,そっちで降りることにした。

s-IMG_9302.jpg

サンドーム西駅から10分ほど歩くと,お店を発見。

このお店,ネット上にはほとんど情報がないので(このブログでも検索除けのため店名は記載せずにおく),営業時間や定休日もよくわからないのだが・・・

s-IMG_9297.jpg
店のすぐ隣は田んぼである

回転灯がついているのが確認できた。
どうやら営業中のようだ。

それにしても,こんなところに食堂があるなんて全く気付かなかった。近くは何度も通ってるんだけどね。

メニュー・価格・客層・店内の雰囲気と四拍子そろった典型的な昭和的食堂で,地元のおっちゃんやおばちゃんたちで店内はそれなりににぎわっていた。おひとりさまということでカウンターへ。僕以外はみんな顔見知りなんじゃないかっていう雰囲気にアウェイ感を覚えるが許容範囲内。
「百戦錬磨」とあだ名をつけたいようなおかみさんに玉子カツ丼(750円)をオーダーする。オムライスやラーメンも気になったのだが,安全牌を選択したのだ。
となりのおじいさんは食べ終えた食器類をカウンターの上に戻していた。いいね。ルールとして決められているんじゃなくて自主的に行うこのような行為には僕は手放しで拍手を送りたい。

s-IMG_9296.jpg

うん。うまい。
玉子に紛れたタマネギもいい具合である。
こういうのが食堂の正しいカツ丼のあるべき姿なんですよ。
って誰かに紹介したくなるような見事にスタンダードなカツ丼である。

うれしいのは味噌汁にタケノコがはいっていたこと。やる気のない味噌汁を出すお店ってけっこうあるんですが,ちゃんとまともな具のはいったおいしいお味噌汁を出すお店ってのは少ないから,味噌汁好きの僕は気に入ってしまった。
そう,僕は味噌汁が大好きなんです。出張で2週間ほどアメリカに行ったときにワシントンの日本料理店でファーストオーダーで味噌汁をオーダーし,女将さんに笑われたというエピソードを持つほどの(←いや大したことないけどw),根っからの味噌汁好きなんです。
そんな味噌汁大好きっ子の僕はもちろんタケノコの味噌汁も大好物に決まってます。なお,僕の最も好きなのはナスとミョウガの味噌汁。そして豚汁の具にはゴボウとかコンニャクはナシでお願いしたい。と味噌汁について書き出すときりがないのでこの辺で。

満足して店を出ると,雨は上がっていた。

s-IMG_9298.jpg

電柱広告があるってことは全く商売っ気がないってわけではないようだが,某口コミサイトにも掲載されておらず,インターネッツとは殆ど無縁の営業を続けているこういうお店,いいと思う。

ここまでの歩数は17,000歩ほど。
充分歩いたし,今日のミッションは終了だ。フリーきっぷなので田原町まで車内で昼寝するつもりで乗って帰ってきてもよかったのだが,自粛しておこう。550円のモトは十分にとった。ていうか550円でこれだけ楽しめたんだからもうお腹いっぱい。

再びサンドーム西駅へ向かう。西鯖江から乗ってもよかったのだけれどクルマを停めてあるスポーツ公園駅には急行は停まらないのでおとなしくサンドーム西駅へ。

s-IMG_9299.jpg

線路の向こう側に,一度行ったことのあるオサレカフェが見えた。
一人でカフェに入ってティータイムを過ごすほど僕はイケメンじゃないのでスルー。

駅に着くとちょうど武生方面行きの列車が出た直後だったようで,次の電車まで30分近くある。田んぼを眺めていたらツバメがやってきて巣作り用の泥を集めていた(あるいは虫を捕食していたのかもしれない)。

s-IMG_9309.jpg s-IMG_9335.jpg

つがいのようで時々2羽が寄り添うように土をくちばしでつついていた。

s-IMG_9301.jpg

田んぼに反射する電車。

ちょっと絵になるな。

さくら色のフクラムとかオレンジのフクラムが来るともっときれいだろうな。

と思っていたらやってきたのは越前武生行きの急行,

s-IMG_9329.jpg

ブルーのフクラムだった。

ちょうど水面が波打っていてあまりきれいに反射していない・・・orz

しかし・・・危なかったな。
急行だったからこの駅を通過したけれど,もし西鯖江からこの急行に乗っていたらまたあの運転士さんと会うことになっちゃうからね。マジで勘違いされてもおかしくないw

撮り鉄であれば,オレンジやさくら色が通過するまで辛抱強く待つのだろうが,僕にはそんな忍耐力はない。せっかちでじっと待っているのが苦手な男なのだ。つまり僕はリアルガチな撮り鉄にはなれないということを意味する。

次の普通電車(880形)に乗って,しばらくして僕は気づいた。
さっきの食堂に傘を忘れてきたことに。

僕はスポーツ公園駅で下車すると傘をとりに行くためにクルマでさきほどの食堂へと向かった。

s-IMG_9348.jpg
スポーツ公園駅の駐車場は屋根付き(高架下にあるため)

結局食堂までクルマで行っちゃってるオレ・・・ww


(おわり)



posted by poptrip at 20:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする