2017年04月22日

第1回チキチキpopさんを囲む会@美ら

ある日,見知らぬオッサンからメールがきた。
不意にやってきた。
右からやってきた。

貴ブログのファンです。オッサンです。ふとしたきっかけで飲み友達の女性と貴ブログの話(OPPやエリ)で盛り上がり思わずメールを送ってしまいました。もしよければ一度お酒を飲みませんか。というような内容だった。怪しいものではありません。モーホーでもありませんと(←いや,じゅうぶん怪しいんだけどw)。

mail.gif

左へ受け流すこともできるのだけれど僕は受け流さない。

こういうブログをやってると,たまにメールをもらうことがあります。「福井に行くんですがオススメのお店を教えてください。」「〇〇の記事の〇〇の詳しい場所を教えてください」「〇〇を譲っていただけませんか」みたいなね。ちゃんと丁寧な返事をいつも書くのですがそれっきり反応がないときもあり・・
昔,僕が愛してやまないハマショーのパクリについて書いたサイトを開設していたときには1週間くらい毎日いやがらせのメールがきたこともあります(それは完全無視w)

しかし,ここまでストレートなメールをもらったのは初めて。

まあ,見知らぬオッサンとサシで飲むのには,絶縁体と同じくらいの大きな抵抗があるのですが,ちゃんと自分の素性を明かしたうえに仕事上の付き合いのある会社の方で共通の知人もいることが分かり,また女性も一緒だということでハードルがグンと下がりましたので・・・あっさりと絶縁破壊。
好奇心にかられたこともあり,飲みに行くことになっちゃいました。まあたまにはこういうのもアリでしょ。

僕の友人の後輩が僕のブログのファンだったのですが,友人はその後輩に僕のことを「あいつと会っても全然おもろくないぞ。ふつうのつまらない男やぞ。文章はうまいけど俺のほうが全然面白いから!」って吹きまくっているという話を聞き,「おえー。おめーそんなこと言うなま。オレ普通の人よりちょっとは面白いやろが」と言い返したわけですが(泣),もしかしたらメールをくれた人たちも僕に実際に会ってみてがっかりすることになるかもしれない。

そうだ。
エリを連れて行こう。


スイカTのエリ

何回かのメールのやりとりのあと,「エリ同伴で行きます。なお,僕は普通のつまらないオッサンですから。」と返信し,僕は実際には普通のオッサンだよという予防線を張ってから会うことにしたのです。

仮称「第1回チキチキpopさんを囲む会」(参加者3名オレ含む,エリはクルマの中で仮眠中w)が,敦賀市の「美ら」で開催されました。

待ち合わせの3分くらい前に店に着くと,入口でオッサンとオネーサン(オバサンって書いたら怒られちゃうからなw)が僕を待ち構えていた。おおっ。一見したところちゃんとしたフツーの人たちじゃないか。
男性のほうはオレよりちょっぴりナイスガイだ(笑)
女性のほうは見るからにオレに抱かれる気満々(ウソ)

「好奇心には常にリスクを含んでいる。リスクを全く引き受けずに好奇心を満たすことはできない。」
と村上春樹は書いている。
リスク管理としてヤヴァイ人たちだった時のことも想定する。メガネをかけて小太りで禿散らかしててて首ダルダルのTシャツ着てリュックサックを背負ってウエストポーチをつけてケミカルウォッシュのジーンズにコンバースの迷彩バッシュ(ハイカット)履いてるようなオッサンだったらブッチ(死語)しようと思ってたんですが,それは杞憂でした。捕らぬ狸の皮算用。

ということで,僕はノンアルで,お二人さんは生中で乾杯。

s-IMG_3020.jpg s-IMG_3016.jpg
海ぶどう

僕は質問攻めに会う。

s-IMG_3017.jpg
ラフテー

読者を大切にするのがモットー(笑)なぼくは,誠実に答える。
何もかも包み隠さず石原慎太郎のように(あれは悪い例かw)。
どんな質問にも答える浅田真央ちゃんのように。

「ブログでウソは一切書いてませんけど,多少は盛ってますよ。2割増しくらいかな。」「えー。知らなかった」って。いやいや。僕そんなに毎日面白おかしく暮らしてるわけじゃありませんから。「すべらない話」と同じですべて実話なんですが,そりゃあいくぶんかは誇張した表現をしないと・・・ww

s-IMG_3018.jpg
紅いもコロッケ

僕がデジイチをバッグから取り出し料理の写真撮影をし出すと,「そんな風に写真とるんですね」って。
いや,ふつうの写真の撮り方なんすけど。

s-IMG_3019.jpg
スパム

料理が運ばれてくるたびに,最初に僕の目の前に料理をもってきて,さあ写真を撮ってくださいと。すごいプレッシャーがかかるww
視線を感じながら,きれいに撮れてくれよと願いながら撮った写真が本日のこの記事の写真です。

s-IMG_3023.jpg
島らっきょ

どの分野においてもマニアというものは恐ろしいもので,僕がすっかり忘れてしまっていたような内容をpoptripマニア(笑)の彼らは覚えているわけで,〇〇の記事の〇〇は△△ですかなんて聞かれても,えっと何のことだっけ?ってなっちゃうわけでして・・・

まあ,なんだかんだで3時間半ほどいたのかな。僕はたぶんノンアルビール2本にソフトドリンクを2杯。それにアイコス10本ほどw

高校の同級生たちの男女混合で飲むときは結構シモネタも混じるのですが(どんな飲み会やってるかバレるわww),さすがに初対面の人には当たり障りのないレベルに自主規制。いちおう常識のあるいい大人ですから。

s-IMG_3024.jpg
ゴーヤギョーザ

この日食べたなかで一番ヒットだったのはこのゴーヤギョーザかもしれない。

向こうはブログで僕のことをある程度知っていて僕は逆に全く知らないという完全アウェイだったんですが,僕も頑張りましたよ。初対面にしてはそこそこ会話ははずんだと思うのだけれど,どうだったのかな。期待を裏切っていないといいんだけれど・・

別れ際,「あ,そうだ。忘れるところだった。エリ見てきますか?」と声をかけると,二人は喜び勇んで僕のクルマに乗り込む。

エンジンをかけ,ナビが起ち上がるのを待つ怪しい3人。
気まぐれなエリは出てくるときと出てこないときがあるんですが,たぶんこの時間なら出てくると思うんだけど・・とイイワケを口にしていたら

エリ登場!

s-IMG_8418.jpg s-IMG_8417.jpg
別の日に撮影した画像です

「きゃー。かわいい!」「おおっ!」「スイカTシャツも見たい!」などと

この日一番の盛り上がり(笑)

エリにすべて持ってかれたな。
ていうかこいつら(こいつら呼ばわり)エリ目当てだったのか・・腹黒いやつらだ。
「popさんて実は腹黒いんじゃないかと思ってるんですよ。」などと酔った勢いもあってかなかなか失礼なツッコミをされてたわけですが,逆じゃねえか(笑)
もし次回があればエリには留守番しておいてもらおう(ウソ)。

なお,僕は自分では腹の中は真っ白だと思っておりますので誤解のないように願いますw



posted by poptrip at 13:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

タージマハルエベレスト敦賀本町店

いつの間にか敦賀の本町商店街にカレーやさんがオープンしていた。

それも,僕が愛してやまないココイチの隣に!

s-IMG_1703.jpg

これは事件ですよ,姐さん。

タージマハルエベレスト敦賀本町店である。
しかも,このタージマハルエベレストってのは敦賀市内にもう1軒あって,ここは2号店のようだ。
最近,福井県内にこの手のインド・ネパール料理店がねずみのように増殖しているのは承知のことと思うのだが,すでに敦賀にはスパイスタウンというお店が数年前にオープンしており・・もう第一次敦賀カレー戦争勃発か!ってなくらいの。
この通りだけでもココイチ,タージマハルエベレスト,そして大御所トンチャンカレーのゆのくに(笑)があるわけで!

この三つ巴の争いは僕の中ではココイチの完封勝ちなのだが,いちおう新規開拓ということでタージマハルエベレストのほうに入ってみた。ナンを食べたくなる時もタマにあるんだもん。

日本語ペラペラのインド人若しくはネパール人が注文をとりにくる。すかさず690円の日替わりカレーを(確かナンお替りオッケー)。

s-IMG_1699.jpg

謎スープとサラダ。

s-IMG_1700.jpg

ドリンクはラッシーで。

s-IMG_1701.jpg

このカレーはちょっとアレ。まあ690円だもんなあ(安いと思うよ)。辛さを聞かれたので「ふつう」にしたのだが少し辛いやつにしてみればまた感想が違ったかもしれない。チキンと芋が入ってるのは確認できた。あと,カレールーの量がちょっと少なかったかと。ほかのお店ではナンのおかわり(ハーフ)してもルーが余るんだけど,今回はお替りしなくても逆にナンが余りそうになってしまい微調整しながら食べたのである・・・

しかし,ココイチの隣にオープンさせたオーナーの強気加減。困難を克服しようとする態度はあっぱれだ(僕ならここにはオープンしないけどw)。10月くらいにオープンしたようだが,この日のランチタイムにお客さんは僕ひとりだった。遠くインド・ネパールあたりから遥々日本までやってきた彼らを見ていると頑張ってほしいと応援はするのだが僕は次回からはやはりココイチのほうへ入るだろう。



posted by poptrip at 21:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

天勢(敦賀市)のかき揚げ丼

ヤマダ電機の裏辺りにある,天勢でございます。
数か月前に行ったときの記事です・・・

s-IMG_0709.jpg

天ぷらをメインとした居酒屋みたいなお店・・・かな。
カウンターもあるのでいちおう一人でも利用しやすいお店かと。

人気メニューであるという「かき揚げ丼」をオーダーいたします。

s-IMG_0706.jpg

s-IMG_0707.jpg

なかなかのボリュームです。
そしてメチャクチャうまそう。
そしてもちろん画像では分からないんですけど,アツアツの揚げたて。ここまで熱い天ぷらってぼくは初めて食べたかもしんない。ていうくらいのアツアツ。付き合い始めて3日目くらいのカップルよりもアツアツなんですよ。

で,最初のうちはおいしくいただいてたんですが,どうも途中からつらくなってきた。
量が多いということもあるんですけど,どうも天ぷらの脂っこさを僕の体が受け付けにくくなってきているようでして。たしかに,ここ数年かき揚げ丼や天丼を食べるたびに違和感があったんですよね。
まあ,沼津の魚河岸丸天は別としても,評判のいい敦賀のどんと屋の天丼や鯖江の亀蔵のかき揚げでも感じていたこと。

トンカツとかから揚げとかかはいまでも大好きなんですけど,どうも天ぷらだけダメなんすよね,オレ。年をとるってのはこういうことなんですよね・・・クスン。

なお,ミニかき揚げ丼というものもあるようなのでそちらを食べていたら感想がまた違っていたかもしれません。

posted by poptrip at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

琉泡楽園美ら 敦賀店

職場の歓送迎会がありまして。
敦賀の沖縄料理店「美ら(ちゅら)」でございます。


何年か前に,一度利用したことがあるのですがずいぶんと久しぶりです。
若手期待の幹事さんは当初別の店を予約していたのですが,僕のツルの一声で「美ら」に変更になったという(笑)
ワガママな男でスマン。
で,この僕が仕事上のちょっとしたトラブルで遅れて参加するという・・・重ね重ねスマンスマン。いやメンゴメンゴ(死語)。

ということで遅れて参加しましたがモトはちゃんととらせていただきますよ〜へへへ。

s-IMG_0713.jpg

s-IMG_0714.jpg
ミミガー,島らっきょう,海ぶどう

海ぶどうってやっぱり素敵だわ。調べてみたら海ぶどうって「クビレズタ(括れ蔦)」ってのが正式名らしいです。これはネーミング,キラキラネームの勝利ですね。
そして僕はらっきょうが天敵なわけですが,島らっきょうはおいしくいただきましたよ〜。

s-IMG_0717.jpg
オリオンビール

s-IMG_0715.jpg
紅イモコロッケ,スパムの天ぷら

s-IMG_0716.jpg
ラフテー

s-IMG_0718.jpg
ゴーヤチャンプル

s-IMG_0719.jpg
タコライス

s-IMG_0720.jpg
ブルーシールアイス

s-IMG_0721.jpg
サーターアンダギー

美味しかったです。
コース料理に何品か追加しましたが,魚介類がやっぱメニューにも少ないかなあ。沖縄の変な色をした魚とかってやっぱり現地じゃないと食べれないのかもしれませんね。

僕は,一度だけ沖縄に行ったことがあるのですが,僕以外の人たちはみな沖縄には行ったことがないとのこと。沖縄ってなかなか行けないもんなあ。
あと鯖江や武生にも沖縄料理のお店ができるといいんだけどなあ(猪吉ってまだやってんのかね?完全にラーメン屋さんになっちゃったのかな?)と思ったり。

ごちそうさまでした。


posted by poptrip at 18:30 | Comment(25) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

BABYFACE Planet'sというワンダーランド

寮の夕食の予約を忘れてしまったため外食をすることに。
非常に残念なことに,敦賀には夜まで営業している大衆食堂・定食屋というものが存在しない(僕が知らないだけかもしれないけれども)。「なかにし」という定食屋があったのだけれど去年くらいにラーメン屋さんに変わってしまった・・

ネットで調べてみたところいつのまにか敦賀に新しいファミレスがオープンしていたらしい。

ベビーフェイスプラネッツ(BABYFACE Planet's)というお店でございます。

なんだかナウくてヤングでキャッチーな店名じゃないですか(ちょっぴりセンスが古い気もするけれども)。しかしオッサンがひとりで行ってもいいお店なのだろうか。とりあえず行ってみよう。

s-IMG_0136.jpg

ハニベ岩窟院ですか!

伊予製麺の跡地にこんなお店ができていたとは。


【参考画像】ハニベ岩窟院(石川県小松市)(今もあるのかは不明w)

いきなりの攻撃にたじろぐ僕ですが,ひるまず突撃します。

s-IMG_0135.jpg

変な宗教とかじゃないですよね?
印鑑とか売りつけられたりしないよね?

s-1467199258712.jpg s-1467199220211.jpg

BABYFACEの創り出す空間は「花」「水」「木」をキーエレメンツとした、お客様にとっての癒しの空間です。インテリアはインドネシアのバリ島から直接買い付け、現地のアーティストや職人による手造りの1点モノがほとんどです。手造りのインテリアは独特の雰囲気をもちながら、どこか暖かみも感じられます。

以上,ベビフェ(←ベビフェって略すのねw)公式サイトより引用。

あまり暖かみは感じられないというのは個人の感想です。

席に案内されます。
オッサン一人でも優しげなハートフルな店員さんは笑顔で僕を歓迎してくれました(たいへん好ましい接客でした)。

カーテンのようなもので仕切られたテーブル席には,回転寿司で見かけるようなタッチパネル式のタブレットみたいなやつが。

s-IMG_0131.jpg

これで注文するんです。
いやあなんか近未来ファミレス,サイバーファミレスっつー感じですね。

s-1467199249071.jpg
お子様向けのアニメなんかも見れるらしい

肝心のメニューはかなり豊富。
オムライス,ピザ,パスタ,ピラフ,ドリア,サラダ,デザート類にインドネシア料理っぽいものまで。

そして,オムライスやパスタは量を選ぶことができ

・セレブサイズ(1人前)
・Sサイズ(1.5人前,+200円)
・レギュラーサイズ(2〜3人前,+400円)
・相撲レスラー(4〜5人前,+1,000円)

があり,みんなでシェアしたりしながら女子会をするのが正しい利用法なのでございます(たぶん)。

似非セレブリティな僕はもちろん一番安いセレブサイズを。ケチだからセレブサイズを選ぶという矛盾がなんだか心地いい。ていうかドケチを自覚しているオッサンがお店のお姉さんに向かって「セレブ」などという単語を使うのはちょっぴり抵抗があるわけですが・・

あ,かなり悩んだ末に選んだメニューは豚バラ肉のピリ辛レタスチャーハンです。僕はかなりのオムライス好きなんですけれども,それに引けを取らないくらいチャーハンが好きなんですよ。ピラフメニューの中に紛れ込んでいた唯一のチャーハンがこれなのです(笑)

s-IMG_0133.jpg

うむ。
悪くないじゃない。
ふつうにおいしいよ。
でもね・・ちょっぴり量が足りなかったかなあ・・・
メニューをよくみるとセレブサイズは250gと書かれてました。そうだよな,ココイチのカレーは普通で300g,腹減ってる時には大盛(400g)注文することもあるんだから。次回からはSサイズをオーダーすることになりそうです(ただそうすると1,000円を超えちゃうんだよなあ)。

きっとセレブというものは少ない量をちょっとずつ口に含んでゆっくりと食事を楽しむのでしょう。あまり品性というものと縁がない僕はわずか5分ほどで食べ終えてしまったのですけれども・・

s-IMG_0132.jpg
床を撮影してみた

OPPブロガーの僕は,トイレもチェックします。
利用したのは残念ながら小のほうですからあしからず。

s-1467199239227.jpg

入口まではなんとなくエスニックというかオリエンタルというか異国情緒漂うというかそんな雰囲気もあったのですが,トイレはごくふつうでございました。まあ便器の前に仏像がたってたりしたら困るんですけどね。ははは。

・・という感じのなかなかなワンダーランドでございました。
はじめてだったこともあり,なんだかあまり落着けなかったんですが慣れるとこの奇妙なインテリアに暖かみを感じることができるような・・気もするな。
ちょっぴり値段が高いかなあと思うんですけど,ファミレスとしては標準的な値段かと。

そしてひとつ言えることは,井之頭五郎は絶対にこういう店には来ないだろうな。ということ。

ごちそうさまでした〜。



posted by poptrip at 21:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする