アナログ音源をiMacに取り込んでみる

imac.jpg最近iTunesにはまってます。
なによりいちいちCDを入れ替えなくてもパソコン上でワンクリックで曲を選べるし、シャッフルプレイも面白い。CDを1枚取り込むのに10分もかからないというのがまたすごい。
音楽の聞き方が自分の中では劇的に変わりました。

さて、自分の所有する数百枚あるアナログレコードもMacに取り込んでiTunesで再生しない手はないと思い立ち、早速EDIROL UA-1XというUSBオーディオインターフェイスをAmzonで購入(8,800円)。
悪戦苦闘の末、2時間後無事NENAの84年のヒットシングル「ロックバルーンは99」を取り込むことに成功。
この機器と付属ソフトにはいろいろ不満もあるのだがそれはまたいずれ。
パソコン上でワンクリックするだけでアナログレコードを聴けるというのはやはり感動ものです。

パソコンに取り込むには1曲あたり5~6分。全部のレコードを取り込むにはいったいどれだけの日数が必要なのだろうか。考えたらうんざりしてきた。

"アナログ音源をiMacに取り込んでみる"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: