武生名物ボルガライス、小川家のソースカツ丼

最近は、イタメシとかフレンチとか単価の高いお店にはさっぱり行ってない。
フレンチのランチにでもと思って行ってみたら満員だったり・・

てことで相変わらずB級グルメ。

ボルガ.jpg
武生名物ボルガライスです。

オムライスの上にとんかつがのっかってます。
旧8沿いのカフェ伊万里で食いました。
漫画、雑誌類がそれなりにあるので、一人で来たときはついつい長居してしまうのですが、このお店は漫画家・池上遼一先生の親戚がやってるお店なので、池上先生の作品はほとんどそろってます。
サンクチュアリ、フリーマン、男組・・・・アツすぎる。

ボルガライスはうまいのかと尋ねられたら、そうでもないと答えるかもしれないこの食べ物。
とりあえず、武生の特定のお店以外では見たことが無いので、なんとなく注文してしまうのです。

ちなみに武生市は市町村合併により越前市という信じられない名前に変更しちゃいましたね。
僕の知り合いで合併前にこの名称に賛成してる人を見たことはありませんでした。


ボルガ2.jpg

小川家のソースカツ丼です。
380円という低価格には驚くしかない。

っていうか、前々から思ってたけどヨーロッパ軒のソースカツ丼がものすごく高いんですよ。やっぱり。
味、ボリュームはヨーロッパ軒と比べるのが酷だと思うけど380円でそれなりのもの(客に出してお金をとることのできるレベル)がちゃんとできちゃうんですから小川家を応援せずにはいれません。

いまのところ福井市内にしかないようですが、吉野家のような店舗形態、メニュー構成から判断すると、今後県内全域に展開していくつもりなのかもしれません。(2006年1月追記:すでに東京進出を果たしているそうです。高田馬場にあるようですが、評判のほうはどうなんでしょうか・・)

がんばれ小川家。

それにしても小川家でソースカツ丼を食ってからしばらくソースカツ丼を食う気がおきないのはなぜ?

"武生名物ボルガライス、小川家のソースカツ丼"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: