たつやさんのそば会#2

P1060239.jpg

武生の旧料亭「春駒」で行われたたつやさん主催のそば会に参加してきました。

ブリリアントな夕餉。
そば打ち名人の打つそばに,フレンチのシェフやパン屋さんなど本業の方が作ってくれた妥協のない数々の食べ物に酒屋さんからは厳選された日本酒。

日常的に「餃子の王将」や「CoCo壱番屋」「吉野家」あたりを食べまくっている私の下品な舌は,この非日常的なご馳走とのあまりのギャップにびっくりしまくってました・・実はこの日のお昼もマクドナルドでした←またたつやさんに叱られちゃう(笑)

P1060238.jpg
うまい(3杯も食べちゃいました)

P1060241.jpg
おいしい。

P1060242.jpg
デリシャス。

P1060240.jpg
ワンダフル。

P1060248.jpg
激ウマ。

P1060249.jpg
まいう~。




午後3時に始まってから終了まで約7時間。あっという間の楽しいひととき。
わたしのようなモノともお話してくれた皆様,ありがとうございました。普段全く飲まない日本酒などを飲んだ勢いでいろいろと失言もあったかもしれませんがご容赦ください。
また,このような会にお誘いいただき,たつやさんには本当に感謝しています。この場を借りてお礼申し上げます。

【前回のそば会の記事】
たつやさんのそば会



(以下,おまけです)

そばを喰らい,ケーキをほおばり,酒を飲みながらワタシにマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」の素晴らしさ,さらにはlove & peaceについて懇々と語ってくださった女性が約2名いらっしゃいました。

美味しいそばと地酒と地肴。この日,それに勝るとも劣らぬ印象を僕に与えてくれたのはマイケルに対する彼女たちの熱い魂の叫びだった!!

この集まり,正式名称は「美味しいそばと地酒と地肴でふくいを語る会」なのですが,ワタシにとっては「美味しいそばと地酒と地肴でマイケルを語る会」として記憶に残るでしょう。

いつものごとく,主題であるはずの「そば」とは全く関係ない方向にベクトルが向いてしまいましたが,何が言いたかったかというと
やっぱり美味しいものを食べながら素敵な人たちに囲まれてのおしゃべりは,たとえそれがマイケル・ジャクソンの引き締まった少年のようなお尻の話だったとしても,あるいはヨン様の話題だったとしても(←ヨン様の話題はありませんでしたけどね)楽しくてたまらないってことなんですよ。








【だん吉・ひとみの「おまけコーナー」】

ワタシがリスペクトしてやまない
病み上がりのダンディ,レジェさん。

今回も,酔いつぶれておねむになっていらしたので
集合写真のときに起こしてさしあげました。

「おお,レジェ。あなたはどうしてレジェなの?」

"たつやさんのそば会#2"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: