驚愕の山田コレクション#2

P1100126.jpg

週刊誌をいろいろ賑わせている福井県随一の博物館。
スポーツコレクション山田ミュージアムへ久しぶりに行ってまいりました。

ネットでの情報によると以下のいずれかの手段で入場料1,000円が半額の500円になります。

(1)「セブン・イレブン・いい気分」と言う

(2)「クチコミマップを見た」と言う

(3)「ホームページにある割引券」を印刷していく

(4)JAF会員証を見せる


もちろんぼくは(3)を選択しました。
ご存知の方も多いと思いますが,館長の山田勝三氏はセブンイレブンの大株主です。

P1100151.jpg
掛布のスポーツカーの奥に並ぶ2台のクルマのナンバーはいずれも「711」でした

さて,正面に来て建物を眺めてみるわけですが違和感が。


P1100149.jpg
いつのまにかアニキ金本の聖地にもなっちゃってる!

金本って長嶋と肩を並べるほどの存在なのか。
まあ特に気にせず中へ入りましょう。

P1100146.jpg

ミスターのほかに金本の蝋人形が増えておりました。
かなり精巧なもので,手の甲の毛まで再現されていて正直気持ち悪かったです(笑)

以前来たときよりも,展示品はかなりグレードアップされておりまして・・・イチローのグラブのほかに,桑田と清原のグラブもはめて撮影できるようになっておりました。

P1100128.jpg
清原のグラブを手にするムスコ


P1100129.jpg
↑某テレビ番組で山田館長が落札した蛭子さんの絵


P1100139.jpg
金本のユニフォームを着て記念撮影

P1100147.jpg
猪木,馬場のサインとフレッド・ブラッシーのサインまで

もちろんドラゴン藤波,長州力,ジャンボ鶴田等往年の名選手のサインもそろっておりまする。

まあ,このミュージアム。
つっこみどころは100はくだらないと思われるのですが,やっぱりすごいです。

前回はなかったと思われるものとしては
尾崎豊の直筆ノート(「I LOVE YOU」の歌詞を何度も書き直した痕跡があるもの),ハンカチ王子のハンカチ,掛布コーナー,金本コーナー,ビートルズやジョン・レノンのゴールドディスク,荒川静香関係,石川遼関連,セックス依存症のあのお方のグッズ,ジョニー・デップのサイン,マイケル・ジャクソンのサイン入りアルバム,THIS IS ITのチケット,ウサイン・ボルトのサイン・・・・
まあ世界で一流といわれている(そうでない人もいますが)有名人(主としてアスリート)のグッズが雑多に展示されております。

もちろん週刊誌を賑わせているミスター&一茂関連グッズも豊富。一茂の卒業証書や作文,ミスターの家の建築図面とかには流石に,「うーん。」って感じはしましたけどね。
ほかにもどうやって手に入れたんだろうって品物が多数あります。有名プロ野球選手の引き出物とか,愛用していたコーヒーカップとか・・・


運よく?この日も山田勝三館長自らがわれわれのお相手をしてくださいまして,前回のリプレイじゃないかと思われるマシンガントークが炸裂。

「これ,見てください。ヴィトンのスーツケース。1億円しますよ。」
「こっちに来てください。これは手塚治虫がミスターに送った色紙です。」
「この時計は3億円するんです。税務署にもちゃんと確認してもらってます。」
「これはミスターがはじめて送ったファンレターなんですよ。」
「これは世界に100個しかなくて,ここにあるのは3番目のやつです。」
「この前,石川遼くんと写真を撮ったんですよ。あの会場では私だけですよ。一緒に写真を撮ったのは」
「ほら,これは美空ひばりとミスターの・・・」


まあこちらの反応をあまり確かめずに,一方的に自慢のコレクションを次から次へと紹介する,お茶目な山田勝三氏。相変わらず強烈でした。正直ウチのヨメとコドモはミスターには全く興味がないので,話を聞いててもほとんど何を言っているのかよくわからなかったみたいです。
われわれに10分ほど矢継ぎ早に説明した後は,別の方に同じようにお話をされておられました。この日もこのミュージアムで一番印象に残ったのが山田勝三館長だったことは言うまでもありません。

まだ行ったことのない方は,是非。
もちろん山田館長がいなくても十分楽しめますから。
また,館長によれば「2週間から1ヶ月ごとに展示品を入れ替えている。ほかにも数千点のコレクションがある」とのことなので定期的に訪れるのもいいかも。

なお,最近はここが観光ツアーのコースに含まれているようで観光バスもやってきておりました。


【過去記事】
驚愕の山田コレクション

"驚愕の山田コレクション#2"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: