旧銀行の金庫室でいしりを味わう

「まいもん処 いしり亭」

七尾市の御祓川(みそぎがわ)沿いにある大正時代の銀行(旧第十二銀行)を改装して,ギャラリー兼飲食店となっております。


「いしり」というのは,能登の特産物の魚醤のことだそうで,その「いしり」を使った料理を堪能できます。

IMG_7741.jpg

P1110228.jpg

せっかくなので,旧金庫室のテーブル席を利用。

P1110224.jpg

食べるのは定番だという「いしり御膳」(1,050円)

こんな感じです↓

IMG_7733.jpg

このコンロも味がアリマス。

P1110227.jpg

氷見うどんがうまかったりします。
焼き魚もうまかったりします。

ということで,
オススメできるお店だと思います。


ただ「観光客相手のお店」って感じで夜は基本的に営業していないみたいで,以前夕方にふらっと立ち寄ったら,食事はもう終わってます・・って言われたことがあります。夜利用する場合は,予約が必要みたいなので注意が必要です。

"旧銀行の金庫室でいしりを味わう"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: