Nyanko Sweeper

あまりにもヒマだったのでWindowsに標準で付いてくるゲーム「マインスイーパー」をやってみた。初級,中級はなんなくクリアできるのだけれど,上級がどうしてもクリアできない。

意地になってやっていたらあっという間に1時間が経過。

その後,約1週間ほぼ毎日30分から1時間近く「マインスイーパー」をやった結果

ついに成し遂げました。

mine.gif

思わず娘をパソコンの前まで呼びつけて感動を分かち合ったのでした。


僕がこの手のゲームに初めて出会ったのは約20年前。大学生のときだ。
大学4年生になると研究室というものに配属されて卒業研究などと言うものを否が応でもやらなければいけない。当時はNECのPC-98が全盛期だったのだが,その研究室のパソコンはすべてApple社製のMacintoshでありSE/30とかMacintoshⅡsiとかQuadoraとかそんなのがずらっと並んでいた。
まだOSも日本語ではなく,System6とかSystem7といった英語版でExcelなんて便利な表計算ソフトはなく,Igorというスグレモノの外国製の表計算ソフトでグラフを一生懸命作ったものだ。当時のMacは,フロッピーのデータがいつの間にか消えてしまうなんてことはしょっちゅうで何枚もバックアップをとっていたし,爆弾マークもよく見かけたが使っていてとても楽しいパソコンだった。

僕の研究を指導してくれたのは,一般企業ではきっと働けないだろうなあというようなMという講師(研究室では教授,助教授(今は准教授っていうのかね),講師,助手とランク分けされて,教授なんてのはほとんど大学院生しか相手にしてくれないのだ)だったのですが,その男がとにかくMacキチガイといってもいいほどのMac好き。

そのM講師,ヒマさえあれば自分専用のMacの前に座り「Mac World」とか外国から取り寄せたMac専門誌とかそんな雑誌を読んでいたのだが,ときおり「ニャーオ」という音がパソコンから聞こえてくる。
何をやっているのかと思ったら「Nyanko Sweeper」というゲームをやっていたのだった。この「Nyanko Sweeper」ってのは「マインスイーパー」の猫版といったらいいのだろうか。爆弾の代わりに猫が隠れていて,ミスをすると猫が鳴くというもの。
フライングトースター(スクリーンセーバー),アクアゾーンとともにOld Macにしっくりくる代表的なソフトだったと思う。


Nyanko.gif
ネットでみつけたNyanko Sweeperの画像


マインスイーパーをやっていて思い出すのはM講師のニヤけた顔と猫の鳴き声なのである。



オンラインでNyanko Sweeperをプレイできるサイトがありました。音も再現されていてちょっぴり感動しました。

http://www.yk.rim.or.jp/~koba/Java/NyankoSweeper/

"Nyanko Sweeper"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: