加賀屋のお食事

加賀屋で食べた料理。
部屋食ではなく,2階の大部屋で。

さあ
張り切って
いってみよう。

IMG_3029.jpg
アングルが悪くて非常に分かりにくいのですが・・

梅貝と蛸の酢味噌掛け
さざえ糀漬け
海老黄身寿し
からすみ(←これ食べたのは初めてかも)
鰆西京焼き
ふきのとう味噌
鯛の子煮凝り
ずわい蟹サラダ


IMG_3030.jpg
この日は,ちょうど2月3日だったため
恵方巻きと豆がサービス。
しかし恵方巻きっていう習慣はどうなんでしょうね。
作られたブームってこういうことを言うんでしょうな。


IMG_3031.jpg
造り 鰤 まぐろ 烏賊 甘海老


IMG_3032.jpg
牛朴葉焼き

「能登牛ですか」ってたずねたら「国産です(笑)」との回答。



IMG_3034.jpg
鱈揚げ煮

IMG_3035.jpg
あんこう鍋

IMG_3038.jpg
鱈白子玉蒸し

IMG_3040.jpg
蟹ごはん

IMG_3041.jpg
ヨーグルトムース あまおう

ビールをそれなりに飲みつつも,ほぼ100%完食したら仲居さんに褒められました(驚かれたといったほうが正確かも)。
「全部食べる人ってあんまりいないんですよ。お酒が入るとほとんど手をつけない人もいるし・・・」って。
僕,昔から思ってたんですけどこういう宴席の料理って絶対量を少なくしてもいいんじゃないかと(その分よい素材を使うとか高級食材を使うとかのほうが満足度は絶対高い)。料亭なんかでも完食できた例がありません。お酒が入るとどうしても食欲が減っちゃうもので。もちろんいろんなルールがあるのは分かってるんですが・・・。

大量に残った料理を見ると悲しくなりますよね(料理人の人はもっと悲しいんじゃないかな)。日本ではアメリカのように「ドギーバッグを持ってきて」なんていう習慣もないし。

なお,僕らのような地元のお客さんには通常とは少し違う料理を出すそうです。まあ僕は地元とは言いつつ地元じゃないので,普通の料理を出してもらったほうがうれしいんだけど(地元の食材とかを使ったものが出てくるのかもね・・・)


お味のほうは・・
まあ前回も同じ感想だったんだけどびっくりするほどおいしいものはなくフツーにおいしかったぞと。ここは食事目的で来る宿ではないと思います。これだけの大きな旅館ですからね~いろいろと制限もありますわな。刺身がうまけりゃたいていその店の料理はうまいと判断できるのですが,まあ刺身もそれほどではなかったかなあ。

僕らのような団体客用プランでなく,もっと高い料金での個人での利用で部屋食の場合は,もう少し高級食材が出てさらに加賀屋流のいろんな細やかなサービスも味わえるのかもしれません(あくまで想像です)。

こういう旅館で気をつけなければいけないのがビールのお値段。まったく気にせず飲んでましたが,たぶん大瓶一本800円くらいだったんじゃないかなあ(明細書をまだ見てませんが・・明細書を見る機会があれば,値段はまた追記します)。



朝食です。

IMG_3045.jpg

前回の写真と見比べてみましたが,ほとんど同じでしたね。

でも,いつも書いていることですが旅館やホテルの朝食ほどうまいものはないと思う。この少食な僕でもごはんをお替りしちゃうくらいですから。もちろん完食いたしました。


そして,おみやげは能登名物「みそまんじゅう」でキメッ!





【おまけ】
夕食であれだけ食って飲んでも,お酒のあとはラーメンが食べたくなるもので・・
宴会が終わった後,Yくんと二人で浴衣のままあたりを散策し(めちゃくちゃ寒かった),居酒屋みたいなところで

IMG_3042.jpg

いしりラーメン(630円)をいただきました。

「いしり」っていうのは,能登の名産の魚醤油ですね。
あっさりしすぎていて塩ラーメンみたいで物足りないなあと思いましたが,これこそが「いしり」なんだな。

なお,加賀屋の近くにはラーメンやさんが2軒あり,加賀屋から一番近い店がバスの運転手さんたち御用達のお店で,2軒目は早朝までオープンしているお店で水商売関係のお方御用達のようです。

"加賀屋のお食事"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: