今立に来たら森六に来てしまうのだ

今立で同僚と昼食をとることになった。

そしてやっぱりここに来てしまった。
このお店には,「そば」しかないので家族でななかなか来れないし(家族だとラーメンとかヤキメシなんかもある「大福」とか「勘助」とかに行っちゃうんですよね),こういう機会でもないと行くことができないのだ。

ここ「森六」は,福井を代表するおそばやさんだと思う。必ずと言っていいほど県外ナンバーの車が駐車場に停まっているし(福井ナンバーより県外ナンバーのほうが多いんじゃなかろうか),店内には有名人のサインがたくさん並んでいることからも全国区のお店なんだろうと想像している。

s-P1310055.jpg

ここでいつも注文するのはおろしそば大盛。
初めて来たとき(10年くらい前か)に何も知らずにフツーのおろしそば(600円)を注文して,あまりの量の少なさにびっくりしてその後2杯おろしそばを追加したのだ(トータル1,800円!)。それ以来大盛(1,100円)を注文することにしている。

食べてみるとやっぱり

うん,これこそが森六のそばだ。

と実感する。
数年に一度の周期でしかこのお店には来ないため,この極太麺を食べると毎回,以前食べた時の記憶が蘇る。体中の細胞がこのそばを思い出すといった感じだ。

s-P1310054.jpg

太くて固いのがたまらない(なんかいやらしいww)んですよね~

そしていつもいつもやっぱりこの量でこの値段は高いよなあ・・と食べ終わった瞬間に思うのだ(笑)
もともとおろしそばってのは量の少ない店が多くて割高感があるのだが(僕の場合),「森六」に来ると特に,そばというのは庶民の食べ物と言うよりは嗜好性の強いマニアやリッチな人たちの食べ物なんじゃないかとすら錯覚してしまう。

ま,うまいから食いに来ちゃうんすけどね~

"今立に来たら森六に来てしまうのだ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: